熊本銀行 福岡銀行に関するニュース

互いに侵食、挟み撃ち…仁義なき銀行再編戦争 一大金融グループ誕生に業界は戦々恐々?

Business Journal / 2015年01月11日06時00分

傘下に福岡銀行、親和銀行(長崎県佐世保市)、熊本銀行(熊本市)を持つ金融グループで、3県にまたがる広域統合のモデルケースといわれている。ふくおかFG入りした熊本銀行の14年9月末の預金量は前年同期比28%増と高い伸びを示し、肥後銀行の地盤を侵食し始めた。福岡銀行は鹿児島県の南日本銀行(鹿児島市)の第4位の大株主となり、鹿児島進出をうかがっている。肥後銀行、 [全文を読む]

あの有力銀行次期頭取候補、謎の自殺で飛び交う噂…学閥と金融庁の意向で目論み狂いか

Business Journal / 2017年01月22日06時00分

06年12月に福岡銀行と熊本ファミリー銀行(13年4月熊本銀行に改称)の経営統合が決まり、07年4月に持株会社FFGを設立。同年10月には、長崎県ナンバー2で長らく十八銀行としのぎを削っていた親和銀行を傘下に加えた。 FFG構築の立役者は、福岡銀行会長の谷正明氏だ。FFGを総資産日本一の地方銀行グループに押し上げ、自身は九州の地銀からは初となる全国地方銀行 [全文を読む]

マニュライフ生命、『未来につなげる終身保険』を福岡銀行、熊本銀行、親和銀行で販売開始

PR TIMES / 2015年08月31日11時03分

~増やしてのこせる、払い込んだ保険料を上回る保障が一生涯続く一時払終身保険~マニュライフ生命保険株式会社は、2015年9月1日より、通貨選択型一時払終身保険(ペットネーム:『未来につなげる終身保険』)を株式会社福岡銀行、株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行を通じて販売いたします。マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン、本社 [全文を読む]

地銀トップの福岡銀行が「COMPANY(R)」会計シリーズを採用~シェアード化を見据えたグループ統合管理を推進~

PR TIMES / 2016年03月04日12時58分

平成19年に福岡銀行、熊本ファミリー銀行(現熊本銀行)、親和銀行の3行の経営統合により設立された、7000人超を有する地銀トップ(※)のふくおかフィナンシャルグループのコアバンクとして、福岡県内を中心に九州全域をカバーし、高度かつ多様な金融サービスを提供しています。同行では、グループ3行の既存システムのデータベースが統一されていないため情報を一元管理できず [全文を読む]

九州、容赦ない弱肉強食の「淘汰」戦争が勃発…止まらない人口減とマイナス金利の衝撃

Business Journal / 2016年03月01日06時00分

福岡銀行、親和銀行(長崎県佐世保市)、熊本銀行の3行を傘下に置く九州最大の地銀グループ、ふくおかフィナンシャルグループ(FG/福岡市)と、長崎県首位の十八銀行(長崎市)が経営統合する。ふくおかFGは2017年4月に十八銀を100%子会社にし、翌18年4月をメドに親和銀と十八銀を合併させる。統合後のふくおかFGの総資産額は18.7兆円となり、横浜銀行と東日 [全文を読む]

森金融庁長官、独裁的「指導」に地銀一斉反発…取引先企業無視の「正義なき金融再編」強行で企業を屈服

Business Journal / 2017年05月29日06時00分

福岡銀行を核に、熊本ファミリー銀行(現・熊本銀行)、親和銀行の統合を主導してFFGを設立した福岡銀の谷正明会長は、十八銀行を傘下に組み入れることを狙ったが、公取委が谷会長の野望の前に立ち塞がった。谷氏は地銀再編について、「県境にとらわれない経済の道州制」と主張、県内シェアにこだわる公取委に対する不満を口にしている。 [全文を読む]

LINE Pay、武蔵野銀行と連携

PR TIMES / 2017年05月15日14時33分

【武蔵野銀行 概要】名称:株式会社武蔵野銀行本店所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目10番地8代表者:頭取 加藤 喜久雄資本金:457億円設立:昭和27年3月6日【LINE Payと連携する銀行】(全30行)みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、親和銀行、福岡銀行、秋田銀行、 [全文を読む]

苦しいのは企業だけにあらず。再編が加速する「銀行」の窮状

まぐまぐニュース! / 2017年03月28日17時00分

北関東では足利銀行と常陽銀行、九州では福岡銀行、親和銀行、熊本銀行がふくおかフィナンシャルグループの傘下で経営の合理化と経営協力を進めようとしている。 ほかにも四国の百十四銀行、阿波銀行、伊予銀行、四国銀行の4行が地域活性化に向け包括提携。三重銀行と第三銀行が18年4月に共同持株会社を設立。千葉銀行と武蔵野銀行が持株比率を高めて連携を強化している。 さらに [全文を読む]

「九州・山口しごとフェスタ~合同会社説明会~」出展企業125社の求人情報公開!!

PR TIMES / 2017年03月01日14時05分

~あなたらしくキラリ輝く人生を~」・講演者 IKKO(福岡県出身)(2)合同会社説明会 (13:00~19:00)・各県の移住・定住、就農や就職相談会も同時開催<主な参加企業(50音順)>【福岡県】九州朝日放送、九州電力、西部ガス、西日本鉄道、福岡銀行【佐賀県】竹下製菓、戸上電機製作所、名村造船所、久光製薬、宮島醤油【長崎県】ANAテレマート、親和銀行、長 [全文を読む]

「九州・山口しごとフェスタ~合同会社説明会~」を開催します!

PR TIMES / 2017年01月17日16時10分

~あなたらしくキラリ輝く人生を~」 ・講演者 IKKO(福岡県出身) (2)合同会社説明会 (13:00~19:00) ・各県の移住・定住、就農や就職相談会も同時開催 ※主な参加企業(50音順) 【福岡県】九州朝日放送、九州電力、西部ガス、西日本鉄道、福岡銀行 【佐賀県】竹下製菓、戸上電機製作所、名村造船所、久光製薬、宮島醤油 【長崎県】ANAテレマート、 [全文を読む]

世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」、「リバランス機能付き自動積立サービス」の提供を開始。

PR TIMES / 2016年08月31日12時33分

■対象金融機関の例○都市銀行、ネット銀行、郵便局:10行三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、ゆうちょ銀行○地方銀行:66行青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、大分銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、北九州銀行、紀陽銀行、 [全文を読む]

ゆうちょ銀行、急速に収益悪化の危険…追い込まれ銀行再編主導か

Business Journal / 2016年03月25日06時00分

福岡銀行、熊本銀行、親和銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループは、2017年4月をメドに十八銀行を子会社にする。ふくおかFGの総資産は18.4兆円となり首位の座を奪還する。 16年10月には常陽銀行と、足利銀行を傘下に持つ足利ホールディングス(HD)が経営統合する。統合後の総資産は14.9兆円で業界3位の地銀グループに浮上する。人口減に直面する地域 [全文を読む]

栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

HANJO HANJO / 2015年10月27日19時00分

この統合が実行されれば、地銀の中で総資産額がコンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行、東日本銀行)の17兆3089億円、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)の15兆6759億円に次ぐ、14兆8833億円で第3位の地銀グループが誕生することになる。 店舗数は2015年3月末時点で足利銀行が103店舗、常陽銀行が152店舗の [全文を読む]

オリックス、地銀再編の主役に浮上、10年間に及ぶ戦略が奏功 再編の目玉は足利HD

Business Journal / 2014年07月23日01時00分

ふくおかFGは持ち株会社のもとに九州最大の銀行である福岡銀行と長崎県の親和銀行、熊本県の熊本銀行がぶら下がる。 足利HDの再編相手として取り沙汰されているのは群馬銀行と茨城県・水戸市に本店を置く常陽銀行だ。どちらも北関東経済圏の中核銀行になるためには足利HDを手に入れる必要がある。 野村FPの撤退を機に、足利HDは広域合併に向けて動きだすとみられており、第 [全文を読む]

アイリックコーポレーション 熊本銀行・親和銀行へ保険商品検索・比較システム『AS-BOX』を2行同時導入

PR TIMES / 2014年07月14日17時56分

保険ショップ『保険クリニック』(全国159店舗 2014年7月1日現在)を展開し、総合保険コンサルティングサービスを行う株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本 竜二)と、株式会社熊本銀行(本社:熊本県熊本市 代表取締役頭取:竹下英)および株式会社親和銀行(本社:長崎県佐世保市 代表取締役頭取:吉澤俊介)は7月14日(月)よ [全文を読む]

中国での製造業ビジネスマッチング老舗 ファクトリーネットワークアジア タイ初の「ものづくり商談会@バンコク2014」を開催

@Press / 2014年05月07日16時30分

一般来場は無料 来場登録、イベント詳細は専用サイトへhttp://fbcbk.factorynetasia.com/【イベント名】ものづくり商談会@バンコク2014 (FBC Bangkok 2014)<出展・来場対象>タイでの部品調達、販路拡大を目的とする製造業企業と、製造業企業にサービス、製品を提供する非製造業企業<日時>2014年6月20日(金)・2 [全文を読む]

フォーカス