母親 堀江貴文に関するニュース

ホリエモンを最も早くオシャレにする方法【メンズバイヤー特別対談】

まぐまぐニュース! / 2016年09月08日12時31分

結局、母親に買ってもらうのもちょっと抵抗あるし、彼女もいないしって人も結構いるし、通販で注文してる人が多い感じする。 堀江:通販で頼むのは大変でしょう。 まぐまぐ:特にMBさんの場合はちょっと変則的で、これはちょっと大きめなXLで、とかっていう指示も入ったりするんですよね。その場合、通販だと実際どれほどのサイズなのかわからないから……。 MB:そうそう。あ [全文を読む]

【 川奈まり子の実話系怪談コラム】生霊返し【第五十一夜】

しらべぇ / 2016年12月07日21時00分

しかし、羽田から高知へ向かう飛行機に搭乗する際にも、そして飛行機の機内でも、不可思議なことが起こり、とうとう安岡さんの母親も彼女の言うことを信じるようになったそうだ。まずは搭乗直前。お手洗いに行った母親が、搭乗時刻寸前まで戻ってこなかった。チケットを母親に預けていた安岡さんがハラハラして待っていると、目をつりあげ、異様な形相になった母が走ってきた。危ういと [全文を読む]

堀江貴文氏に母からの手紙 内容に感動して泣いた人もいた

NEWSポストセブン / 2013年11月16日07時00分

また、63才になる母親は、堀江さんが生まれたあとも、地元の企業を転々としながら働き続けたという。堀江さんに幼少期の両親との思い出はほとんどなく、記憶にあるのは祖父と過ごした時間ばかりだ。「なにせ田舎ですから、両親が共働きという家庭は、当時はかなり珍しかったですね。授業参観に両親が来たことは一度もありませんでした。両親にとっては、仕事を休んでまで参加するイベ [全文を読む]

パートナーとの対話がカギ|妊活を無理なく続けるコツ【医師監修】

Fuminners / 2017年07月31日17時00分

加齢女性の卵子は、母親の子宮にいるときに一生分つくられ、生まれた後に新たに増えることはありません。つまり、生まれたときから卵子の数には限りがあり、年を重ねるとともに卵子の数が減り、妊娠の可能性が低くなるのです。また、卵子の細胞は加齢とともに劣化していくため、遺伝子や染色体に異常が起こりやすくなるほか、妊娠しても流産を引き起こすリスクが高まります。女性の場合 [全文を読む]

計画どおりに生きる。それが「大人になる」ってことですか? 燃え殻×古賀史健【対談】

ウートピ / 2017年07月02日14時00分

母親も心配性な人なんで、喜ぶというよりは「大丈夫?」くらいの感じだと思います。古賀:へえー。こうやって小説が出るのに?燃え殻:とても真面目な両親なんで(笑)。だから、いつでも「東京でちゃんとやってるぞ」「ご飯が食べられてるぞ」って“張って”ないと、とは思っているんです。古賀:わかるなあ。僕は20代の時にフリーになって、最初思いっきり貧乏してたんですよ。そ [全文を読む]

笑ったら寝ろ!? 爆笑動画を生む“残念なイケメン”の睡眠事情

Fuminners / 2017年03月10日18時00分

だから、雑誌『JUNON』のコンテストのページをわざと開いて家のリビングに置いて、母親に『これ応募してみたら?』と言ってもらえるのを待っていたりしましたね。結局、きれい好きな母親がさっと雑誌を片付けて、それっきりでした(笑)」(もりすけさん) 福岡の大学に進学後、「教室の後ろでだべってバイトするだけのやる気のない生活を送っていた」というもりすけさん。しかし [全文を読む]

【眠りの金言・名言集】堀江貴文さん・棚橋弘至さんなど7選

Fuminners / 2017年01月04日18時00分

自己嫌悪になり、どん底状態だった友野さんを救ったのは、母親の“一度ちょっとリラックスして、ゆっくり寝なさい”という言葉でした。ぐっすり眠る生活をしばらく続けた結果、体調面も精神面もみるみる回復。“当時は特に『ぐっすり眠った』ということだけで、あれほどひどかった過食が自然とおさまったことが驚きだったんです”と、睡眠のチカラについて語ってくれました。かくして友 [全文を読む]

佐々木心音が“母親と”売春する衝撃キャラに挑む! ドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』まもなく放送

ガジェット通信 / 2016年07月14日21時00分

キャスト 山田孝之 綾 野 剛 光 宗 薫 中村倫也 佐々木心音 本 多 力 久松郁実 小瀬田麻由 今野鮎莉 佐々木麻衣 卯水咲流 希崎ジェシカ 倖田李梨 ムートン伊藤 マキタスポーツ 高橋メアリージュン 崎本大海 やべきょうすけ 放送開始 MBS 7月17日(日)スタート 毎週日曜 深夜0:50~1:20 TBS 7月19日(火)スタート 毎週火曜 深 [全文を読む]

熊切あさ美 愛之助との〝別れ話〟を改めて否定するも「愛情はもうない」と生告白

デイリーニュースオンライン / 2015年06月17日15時50分

しかし一方では、 「でもラインは愛之助からじゃなく熊切や母親からのものに対して返信しただけじゃないの」 「また号泣したのか。しつこ過ぎて同情する気にもならない」 「泣けば同情かえるとでも? 」 「あと何回このネタでテレビ出るんだろう」 「自分から暴露して回る“失恋ビジネス”の匂いがして、次に熊切さんと付き合おうとする方が現われるとは……」 など、熊切の言動 [全文を読む]

子連れの母親は“弱者”なのか? 電車ベビーカー問題が並行線をたどるワケ

ウートピ / 2015年03月12日12時00分

>>【前編はこちら】デパートに乳幼児連れは迷惑か? ベビーカー問題で炎上したライターが語る「子連れマナー」新幹線で泣く子どもに「舌打ちくらいいいじゃない」?小川たまか(以下、小川):ちょうど1年ほど前、新幹線で泣く子どもについて堀江貴文さんとNPO法人フローレンスの駒崎弘樹さんのツイッター上のやり取りが話題になりました。子どもの泣き声に舌打ちした女性を見た [全文を読む]

“奇跡のAV女優H”松野井雅「お母さんに認められたい。そうしたら、私は本当の自分になれるんです」

週プレNEWS / 2014年04月14日06時00分

母親に認められたいから、です。 私のために広島を出てきたのに申し訳ない気持ちがずっとあったんですよね。もともと父と別居していたので上京は母と弟ふたりとでした。売れないアイドル時代は、そんな4人家族で極貧生活を送っていた。だからアイドルで仕事がないよりかは、セックスをさらしてでも仕事があるほうがいいと私は思って、AVに出たんですよ」 AV女優を踏み台にし [全文を読む]

「麻原彰晃がただのモチーフになるとき」国際的アーティスト池田学が語る“法廷画家時代”

文春オンライン / 2017年09月25日11時00分

――たとえばどんな裁判ですか? 池田 少年が母親を殺してしまった事件の裁判とか、新潟少女監禁事件とか、オウム裁判ではVXガスを使った襲撃事件の裁判ですね。ただ、法廷画家の経験や裁判を傍聴した経験が、自分の作品にどう影響しているか、と聞かれると難しいんです。法廷の世界と、僕が描いている世界はお互い関与しないというか、違うんです。法廷が法と社会の人間世界であ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉川ひなの「“家族”という言葉が嫌いだった」 娘の存在で意識が変わったことを明かす

TechinsightJapan / 2016年12月27日11時15分

「今は娘の笑顔が一番」で自分のことを後回しにできるとは母親ならではの気持ちだろう。「毎日キラキラ輝く娘を、彼と同じ気持ちで見つめていること。これが“家族”って言うやつなら、わたしはもうその言葉が、キライじゃない」と思えるようになった。 そんな彼女の告白に多くのフォロワーが共感しており「うんうん。なんかすっごく嬉しい」「なんだか涙が出ました」「すごくいい言葉 [全文を読む]

11才の哲学者・中島芭旺くん 嫌いな言葉は「未来」

NEWSポストセブン / 2016年10月21日07時00分

しばらくして無事にお目当てのポケモンを捕獲でき、部屋に戻ってくると、「ゲットできた」と、満足気な笑顔を浮かべて母親の隣に座った。 彼は今、日本一有名な11才の男の子、中島芭旺(ばお)くん。大人顔負けのつぶやきをすることから「小さなからだの哲学者」と呼ばれている。 堀江貴文(43才)をうならせ、安倍昭恵さん(54才)は、「へたな大人の言葉より、よっぽど心に響 [全文を読む]

高畑裕太釈放ですっかり“腫れ物親子”に……松本人志「むしろマイナス」、日テレは淳子の声を全カット

日刊サイゾー / 2016年09月13日00時00分

謝罪会見時には、『かわいそう』『いい母親なのに』などと同情の声が集まった淳子ですが、そんな世間の見方はすっかり変わってしまった。その一因は、松本や漫画家の江川達也氏ら有名人が、テレビで『お母さんが、もっと怒らないと』『子どもを甘やかしすぎ』などと淳子に苦言を呈し、これを多くのメディアが報じたことにある。また、淳子は11日放送の『行列のできる法律相談所』(日 [全文を読む]

平均年収3百万台…地獄の保育園業界、高い離職率で保育士免許不要論争が勃発

Business Journal / 2016年08月30日06時00分

「多くの母親は、資格を持たずに出産と育児を経験する。しかし、他人の子を預かるというのはまったく別の責任が生じ、絶対に大変。だから、プロの資格は必要だと思う」 一方で、有資格者からはこんな声も聞かれる。 「まだ資格を取得する前の学生時代、保育園でアルバイトしていました。保育士を目指す学生が無資格で手伝いに入っていることは、少なくないと思う。通信教育では実習 [全文を読む]

「菅直人夫人を見習って」…乙武洋匡の誕生日パーティーは選挙関係者への懺悔でしかなかった

messy / 2016年04月08日00時30分

その後も、彼の友人や母親、妻などの関係者がメディアの取材を受けるなど、後追い報道もいくつかあり、事態はなかなか収束せず。そんな中、5日に都内のホテルで乙武氏の40歳の誕生日を祝うパーティーが開催された。 このパーティーはもともと乙武氏の今夏の参院選出馬表明の場となるとされていたが、不倫が明るみになった後、彼は「出馬の意向はない」と断念。ただ、パーティーその [全文を読む]

宮根、辛坊、そして1位はやっぱりあの人...安倍政権と安保法制を後押しした“戦争協力者“ランキング5位〜1位

リテラ / 2015年09月24日19時47分

子連れでデモに参加している母親に対しては「頭にウジが湧いてるんだね」、徴兵の可能性を指摘するツイートに「その前提知識が、知識不足で間違ってる」、経済的徴兵制の犠牲になる立場じゃないからそんなことが言えるのだという反論には「そんなもん踏み倒せばいいんだよ」と一蹴。奨学金ですらサラ金化しているというのに、元ITバブル長者は"強者の論理"を垂れ流した。 さらに、 [全文を読む]

熊切あさ美、業界内で波紋 愛之助取られた藤原紀香に“完全無視”され完敗

Business Journal / 2015年06月18日23時00分

また、愛之助はこれまで負担していた28万円の家賃を支払わない意向のため「困っている」と吐露するほか、「母親のことも裏切ったことが許せない」などと愛之助への批判を展開している。 そんな熊切だが、『ミヤネ屋』後としては初の本格的なメディア出演となる番組として、大手テレビ局ではなくインターネット「ニコニコ生放送」を選んだことについて「結局、ギャラか」と業界内で波 [全文を読む]

熊切あさ美、連日の愛之助批判&号泣に批判殺到「バカ女」「捨てられて当然」「愛之助商法」

Business Journal / 2015年06月18日08時00分

また、愛之助はこれまで負担していた28万円の家賃を支払わない意向のため「困っている」と吐露するほか、「母親のことも裏切ったことが許せない」などと愛之助への批判を展開している。●一般女性からは厳しい声 一連の熊切の“振る舞い”に対し世間一般の人々からは厳しい見方が聞こえる。「連日メディアに出て、判で押したように号泣しながら自分の別れ話をするなど、正気の沙汰 [全文を読む]

フォーカス