宝島社 新聞広告に関するニュース

【解散総選挙】血税631億円投入、選挙費用の表とウラ

デイリーニュースオンライン / 2014年12月07日07時50分

著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。 (Photo by Dick Thomas Johnson via flickr) [全文を読む]

【宝島社企業広告】「忘却は、罪である。」1/5掲載

PR TIMES / 2017年01月05日09時13分

企業広告のテーマは「世界平和」 ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2017年1月5日(木)、企業広告「忘却は、罪である。」を、朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・産経新聞・日本経済新聞・日刊ゲンダイの新聞6紙(全国版)に同時掲載いたします。 [画像1: https://prtimes.jp/ [全文を読む]

芸能界「ヨゴレ美女」の山あり谷あり“サバイバル力”!(1)元と同じ立ち位置に戻りたいベッキー

アサ芸プラス / 2016年10月22日09時57分

その10日前には宝島社の新聞広告で「上半身ヌード」を披露していたこともあり、マスコミはにわかにベッキー“復活”報道で活気づいた。 不倫ネタにヌードと、ついにヨゴレタレントの道を進む決意をしたかと思いきや、さにあらず。「本人と事務所は、10月スタートのFMラジオ番組で不倫騒動について説明したかったんです。テレビ番組のように共演者からのツッコミが入ることもな [全文を読む]

ベッキー 仕事がないアピールの裏でオファー殺到中

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

最近では宝島社の新聞広告で「背中ヌード」を披露して話題になったり、『ワイドナショー』(フジテレビ系、10月9日放送)に単発出演したりしていたものの、まだレギュラー番組には戻っていない。 スキャンダル報道から1年が過ぎようとしてなお、その影響が大きくて“暇”なのかと思いきや、少し違った事情もありそうだ。芸能リポーターの城下尊之氏が語る。 「実は、ベッキーさ [全文を読む]

ベッキーを脅かす「ヌード・タブー」が発動中!? サンミュージックの不可解な要求に現場困惑

tocana / 2016年10月07日09時00分

9月末に日本経済新聞に掲載された宝島社の企業広告で、突如として背中から写したヌードを披露したベッキー。長かった髪の毛もバッサリと切ってショートヘアとなり、大幅なイメージチェンジをしたのだが、なぜか所属事務所のサンミュージックが各メディアに妙なお願いをしており、困惑させている。 今年初頭に起きたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で芸能活動休止に [全文を読む]

四面楚歌に光が?ベッキーに届いた大物ミュージシャンからのエール

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日19時05分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する。 [全文を読む]

55万部突破の埼玉ディス漫画『翔んで埼玉』に、「新所沢パルコ」から異例のオファー!!

PR TIMES / 2016年04月15日11時40分

「翔んで埼玉」が全面ジャック!?大規模コラボで、広告が続々! ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する書籍『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(2015年12月24日発売)は、このたび「新所沢パルコ」とコラボレーションし、2016年4月28日より、「新所沢パルコ」グランドリ [全文を読む]

【大阪都構想】「17年で2634億円節約」大衆を惑わす橋下徹のウソ

デイリーニュースオンライン / 2015年05月16日11時50分

著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。最新刊『平成闇の権力 政財界事件簿』(イースト・プレス)が好評発売中 [全文を読む]

フォーカス