宝島社 高校野球に関するニュース

清宮だけじゃない?高校野球・東京大会に集う有名人のJr.たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日09時05分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

あの夏、甲子園の主役は俺だった! 80年優勝投手・愛甲猛が語る「野球漬けのなか、スキあらば必死に遊んだよ」

週プレNEWS / 2014年08月17日06時00分

著書に『球界の野良犬』(宝島社)などがある。 (取材・文/キビタキビオ 取材協力/寺崎 敦) ■週刊プレイボーイ34・35合併号「野球好き上司と盛り上がって出世しよう!夏の甲子園 伝説の瞬間」より(本誌では、年代ごとの名勝負をピックアップし詳説!) [全文を読む]

佐々木希&アンジャ渡部建の”打算と売名婚”に漂う違和感

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日07時30分

主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。 [全文を読む]

とにかく明るい安村、不倫報道で判明した”芸人力の低さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日07時04分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

暴力団が狙うのは「1.5軍」選手……頻発する不祥事の裏側『黒い人脈と野球選手』

日刊サイゾー / 2016年03月29日18時00分

マンガ『クロサギ』(小学館)の原作者として知られる夏原武氏の著書『黒い人脈と野球選手』(宝島社)を読むと、そこには構造的な問題が見え隠れしている。 2015年10月、読売ジャイアンツは、野球賭博に手を関与していたとして福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手を解雇した。賭博そのものももちろん違法だが、野球賭博に野球選手自らが手を染めていたという事実は、球界を激 [全文を読む]

フォーカス