東野圭吾 有川浩に関するニュース

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

流星の絆(東野圭吾) 2008年10月にドラマ化された「流星の絆」。原作は、『週刊現代』に2006年9月から2007年9月まで連載され、2008年に講談社より単行本が刊行された東野圭吾さんの推理小説です。 幼少時、両親を惨殺されるという過酷な運命を背負った三兄妹が、時効の迫る14年後に真犯人を追い詰める復讐劇を、二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さんが [全文を読む]

2013年の文庫小説TOP10は有川浩、東野圭吾など人気作家が独占

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月15日13時00分

有川浩が1・2・4位を、東野圭吾が3・7位に複数ランクインという結果に。『県庁おもてなし課』『植物図鑑』『真夏の方程式』の上位3作に関しては、どれがトップになってもおかしくない僅差の接戦。あらためて2人の圧倒的人気が証明された。 もう1人、複数作品でランクインを果たしたのは湊かなえ。『夜行観覧車』『花の鎖』はどちらも「ドラマがよかったので原作も読んでみたく [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2013、発表!

PR TIMES / 2013年12月05日10時26分

小説ランキング部門 第1位『丕緒の鳥 十二国記』小野不由美 第2位『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹 第3位『旅猫リポート』有川浩 第4位『ビブリア古書堂の事件手帖4』三上延 第5位『死神の浮力』伊坂幸太郎 ※本誌には50位まで掲載 コミックランキング部門 第1位『進撃の巨人』諫山創 第2位『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘 第 [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表!

PR TIMES / 2014年12月05日14時34分

「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表! 小説ランキング部門 第1位『マスカレード・イブ』東野圭吾 第2位『天の梯 みをつくし料理帖』高田郁 第3位『ペテロの葬列』宮部みゆき 第4位『明日の子供たち』有川浩 第5位『銀翼のイカロス』池井戸潤 ※本誌には50位まで掲載 コミックランキング部門 第1位『進撃の巨人』諫山創 第2位『O [全文を読む]

「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2012発表!

PR TIMES / 2012年12月05日12時48分

<「ダ・ヴィンチ」Book of the Year 2012 ※抜粋> 小説ランキング部門 ※誌面には50位まで掲載 1位『空飛ぶ広報室』(有川浩) 2位『三匹のおっさん ふたたび』(有川浩) 3位『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾) 4位『ビブリア古書堂の事件手帖3 栞子さんと消えない絆』(三上延) 5位『楽園のカンヴァス』(原田マハ) 男性誌コミックラ [全文を読む]

投票総数1,000件突破!! 売上順位を当てると賞品がもらえる「秋のB1 未来屋杯 文庫ダービー」キャンペーン、 全国の未来屋書店・アシーネで開催中。

DreamNews / 2017年09月21日10時00分

■途中経過(9/19現在)1位 君の膵臓をたべたい2位 火花 / 仮面荘殺人事件3位 リバース / 烏に単は似合わない ■店頭での展開状況 ■キャンペーン概要【キャンペーン名称】秋のB1 未来屋杯 文庫ダービー【応募方法】・ネットストアmibonの会員登録(すでに会員の方は不要)・対象12タイトルの文庫本の期間中売上順位1位、2位、3位を予想・予想をネット [全文を読む]

予想的中なるか!? 売上順位を当てると賞品がもらえる! 「秋のB1 未来屋杯 文庫ダービー」キャンペーン開催中。 全国の未来屋書店・アシーネとネットストアmibonにて2017年10月31日まで。

DreamNews / 2017年08月18日18時00分

■キャンペーン概要【キャンペーン名称】秋のB1 未来屋杯 文庫ダービー【応募方法】・ネットストアmibonの会員登録(すでに会員の方は不要)・対象12タイトルの文庫本の期間中売上順位1位、2位、3位を予想・予想をネットストアmibonのキャンペーン特設ページ内応募フォームに投稿【対象タイトル(タイトル・著者)】鳥に単は似合わない / 阿部智里残穢 / 小野 [全文を読む]

2017年幻冬舎文庫のフェアキャラクターにGENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太さんが、決定!

PR TIMES / 2017年03月30日10時43分

『大河の一滴』(五木寛之)、『1リットルの涙』(木藤亜矢)、『プラチナデータ』(東野圭吾)、『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)、『モンスター』(百田尚樹)、『阪急電車』(有川浩)など、ミリオンセラー作品も数々生まれています。 幻冬舎文庫は、そのキャンペーンキャラクターでも注目されています。毎年、このキャラクターを務めてくださっているのは、今をときめく注目の人 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

初めてフジテレビで書いた『ロケット・ボーイ』(フジ系/01年)は平均18.8%の高視聴率だったし、初めて東野圭吾作品に取り組んだドラマ『流星の絆』(TBS/08年)は、最終回で驚異の22.6%を叩き出した。多分――宮藤官九郎という人は、才能が過ぎるがゆえに、何も制約がないと暴走し過ぎる嫌いがある。ところが初打席だと、周囲も本人も自制が働く。世の中に受け入れ [全文を読む]

長濱ねる「欅坂46センター・平手友梨奈にオススメする一冊? あ、主人公が平手っぽいあの小説で!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月06日18時00分

ミステリーが好きで、東野圭吾さん、有川浩さんの作品も読みました。多い時は、月に10冊くらい借りて、夜も寝ずに読んでいました(笑)「日本語が好き」という長濱さん。印象的だったのは、アメリカに1カ月間ホームステイした時のエピソードだ。「1カ月間、日本語に触れることができない環境だったので、一冊だけ小説を持っていったんです。それが重松清さんの『エイジ』。それまで [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年4月17日~2016年4月23日)

PR TIMES / 2016年04月26日09時38分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/146/resize/d11577-146-963117-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『夢幻花(PHP文庫)』東野圭吾 PHP研究所(http://honto.jp/netstore/pd-book_27 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年4月10日~2016年4月16日)

PR TIMES / 2016年04月19日10時27分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/145/resize/d11577-145-646490-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング(電撃文庫)』川原 礫 KADOKAWA(http [全文を読む]

角川文庫、夏のフェアは「バケモノの子」とのコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月18日18時00分

全世代の読者が涙した100万部突破の大ベストセラー、東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。そして、漱石文学の絶頂をなす名作『こころ』など、90作以上の作品を取り扱う。●毎年お馴染み人気手ぬぐい店「かまわぬ」の和柄スペシャルカバー 今回は太宰治の『人間失格』や、夏目漱石の『坊っちゃん』や『こころ』など8冊が登場する。名作を“かまわぬ”のスペシャルカバーで楽しもう [全文を読む]

トーハン 平成26年度『朝の読書』の人気本調査結果発表~小学校・中学校・高等学校の児童・生徒に人気の本~

DreamNews / 2015年05月11日15時00分

また、有川浩氏や東野圭吾氏など人気作家の作品や定番の読み物シリーズも上位に入りました。 『朝の読書』は1988年に千葉県の私立女子高校で二人の教師によって提唱され、1994年よりトーハンが支援する形で全国に広がった読書推進運動で、今年27年を迎えます。 実施校は、本年5月1日現在で27,879校(小学校16,975校、中学校8,685校、高校2,219校 [全文を読む]

ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2013」発表! コミック部門は『進撃の巨人』、小説部門は村上春樹「多崎つくる」をおさえて12年ぶり刊行のあのシリーズ作品が1位を獲得

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月05日13時10分

■小説ランキング部門(※誌面には50位まで掲載) 【1位】『丕緒(ひしょ)の鳥 十二国記』(小野不由美/新潮文庫) 【2位】『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(村上春樹/文藝春秋) 【3位】『旅猫リポート』(有川 浩/文藝春秋) 【4位】『ビブリア古書堂の事件手帖4 栞子さんと二つの顔』(三上 延/メディアワークス文庫) 【5位】『死神の浮力』 [全文を読む]

『夜行観覧車』が2013年上半期最高の文庫小説に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月11日11時30分

2作がベスト10入りした有川浩や、東野圭吾、伊坂幸太郎などベテラン勢も健在。「この作者の本は出たら買う」という固定ファンに支えられての安定のランクインだ。上位11作中、半分以上が映像化作品という結果に。やはり価格が手頃な文庫ジャンルはメディアミックスの相乗効果が最もよく表れるという証明になった。――本誌より一部抜粋 6位以下の発表は同誌にて。湊かなえのイ [全文を読む]

フォーカス