放課後 東野圭吾に関するニュース

東野圭吾 書き下ろし最新作『祈りの幕が下りる時』 9月13日刊行決定!

PR TIMES / 2013年08月08日17時29分

1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞を受賞。本書は「加賀シリーズ」8作目であり、最新作は『麒麟の翼』(講談社)。近著に『虚像の道化師』『禁断の魔術』(ともに文藝春秋)、『夢幻花 [全文を読む]

東野圭吾「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」 新刊『ラプラスの魔女』は作家デビュー30周年記念作品

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月10日22時40分

2014年No.1小説は東野圭吾『マスカレード・イブ』! 1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。以降、『秘密』『白夜行』『手紙』など、数々のヒット作を生み出してきた東野氏。また、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズなど、映像化となった作品も多い。 そんな東野氏の30周年を飾る記念碑的作品『ラプラスの魔女』 [全文を読む]

卓球・愛ちゃんが「ほとんど読んだ」と豪語する日本人作家は、中国でも大人気だった!ネットにあふれる共感コメント

Record China / 2016年09月29日08時00分

図らずも自分たちが大好きな福原愛が、同じく大好きな作家の作品が好きだと知ったネットユーザーからは、「俺も東野圭吾の作品が大好き!」「東野さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』はすごくおもしろい」「さあ、『白夜行』について語ろう」「私は愛ちゃんほどかわいくないけど、愛ちゃんと同じ作家が好き」「東野圭吾の本を46冊読んだ俺」「私は『容疑者Xの献身』『放課後』『手紙』が [全文を読む]

中国でも大人気の作家、東野圭吾の意外な過去―中国メディア

Record China / 2017年07月15日21時40分

専業の作家になったのは、1985年に「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞してからのことだ。推理小説には主に本格派と社会派の2つの流れがある。本格派は厳密な推理による謎解きの小説、社会派は犯罪を描くことで社会の現実や人間の複雑さをえぐり出す小説だ。本格推理小説には100年以上の歴史があり、一連のスタイルやモデルが確立されている。探偵にはあまり賢くない助手が [全文を読む]

東野圭吾氏本人が語る「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」の意味とは?作家デビュー30周年記念作品『ラプラスの魔女』、5月15日発売決定!

PR TIMES / 2015年03月11日09時47分

1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。以降、『秘密』『白夜行』『手紙』など、数々のヒット作を生み出してきた東野氏。また、作品の映像化も積極的に行われ、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズの映像化は、書籍・映像ともにメガヒットとなり、エンタテインメント界の一大ムーブメントとして、歴史に名を刻んでいる。 そん [全文を読む]

映画『疾風ロンド』吉田照幸監督インタビュー 「スタッフに“つまらない”と言われて『GoPro』を使うアイディアが出てきた」

ガジェット通信 / 2016年12月02日11時00分

放課後』とか『卒業』とか、東野先生が初版作家と呼ばれていたときから、「なんでこの人の面白さがわからないんだろう」と、ずっと憤りがあったんです。でも『秘密』から世間が知り始めて、『白夜行』『容疑者Xの献身』から本当に大作家になっていますよね。 東野先生の大好きなところは、イタズラ心があるところ。犯人がわからないとか、ブラックな展開もあって、そういうところが [全文を読む]

浅田真央 韓国人男性の間で「女」としての人気はヨナより上

NEWSポストセブン / 2014年11月25日07時00分

韓国人はいわば「昼は反日、夜は親日」であり「男は反日で女は親日」「学校では反日で放課後は親日」「ニュースは反日(日本非難)で企画番組は親日(日本に学べ)」という見事な(?)二重構造になっている。 筆者はそんな韓国、韓国人の不思議さの現状をナゾ解きしつつ、日本社会の過剰な反韓を戒め、その「対韓剥奪感」を癒す意味で新著『韓国人の研究』(角川学芸出版)を書いた [全文を読む]

グラビア界の“絶対次世代エース”星名美津紀が「制服の中」を見せちゃった

週プレNEWS / 2012年11月06日18時00分

放課後や昼休みに、友達とサッカーやバスケットボールをすることもあるし。 ―今年デビューしたばかりなのにDVDの売上げもすごいし、週プレでもこの1年に3回も誌面を飾っているよね。急に注目されちゃって、普段の生活もすごく変わったんじゃない? 星名 そうですね。それこそ去年のいま頃とは180度変わりましたね。一年前の私ってこんなに明るくなくて、もっと地味でした。 [全文を読む]

フォーカス