著作 東野圭吾に関するニュース

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

翻訳作品を出版する磨鉄図書は、東野圭吾の「ラプラスの魔女」以外にも、日本の有名推理作家の湊かなえの「絶唱」、有名映画監督の岩井俊二と作家の乙一が手がけた「花とアリス殺人事件」、日本のファンタジー小説の巨匠である夢枕獏の著作であり、先ごろ中国人映画監督のチェン・カイコー(陳凱歌)によってリメイク映画が撮影された「妖猫伝」の中国語版を立て続けに出版するという [全文を読む]

中国版「容疑者Xの献身」がクランクアップ、東野圭吾作品が初めて中国語映画に―中国メディア

Record China / 2016年09月25日01時10分

●東野圭吾作品が初めて中国語版映画に、全く新しい視点から誕生したリメイク作品 今回クランクアップした映画「容疑者Xの献身」は、推理小説の大家・東野圭吾氏の著作が中国国内で初めて映画化されたリメイク作品で、その意味は大きい。ミステリー映画の原作は、品質面で極めて高い要求が掲げられる。その上、原作の小説「容疑者Xの献身」は、東野圭吾氏の代表作の一つであり、そ [全文を読む]

曽野綾子氏“アパルトヘイト許容コラム”が韓国でも波紋「清廉潔白なイメージが一転……」

日刊サイゾー / 2015年02月25日22時00分

著作の売れ行きも良く、60冊以上が翻訳、出版されている。村上春樹氏や東野圭吾氏になると、200冊くらいが翻訳、出版されているが、その次のクラスには十分に属すことができる人気ぶりだ。 特に、“老い”や“老後”をテーマにした作品は人気が高い。著作を読んだ韓国の高齢者からも、感想がどしどし寄せられているようだ。その証拠に、著作の中の名言は生活系のニュースでは数多 [全文を読む]

アンジャッシュ渡部の新キャラ"渡部プロ"が大人気 「笑いすぎて泣いた」

AOLニュース / 2014年09月11日11時00分

以前にも同企画は放送されており、その際には、自宅に作家・東野圭吾の著作を多数置いていたタレントの芹那に対し、「読書しないヤツほど、家に東野圭吾(の本)を置いてる」といった鋭い指摘を数多くして、視聴者やスタジオの笑いを誘った。 今回は森下千里、河西智美(元AKB48)、水野裕子の3人が登場したこの企画。渡部プロは序盤から何度もVTRを止め、 【河西智美】 ・ [全文を読む]

書評家が解説 たけし「アナログ」は又吉「劇場」と何が違う?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月30日09時26分

芥川賞を受賞した又吉直樹(37)に触発され、自らも小説を執筆中であることを周囲に明かしていたビートたけし(ちなみに、これまでの著作は詩集以外、すべてゴーストライターを介していたらしい)。先週、満を持して発表された「アナログ」は、まさかの恋愛もの! それも韓流ドラマも裸足で逃げ出すくらいピュアなロマンスがモチーフだ。くしくも先輩作家・又吉が発表した2作目の [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月24日付)

ガジェット通信 / 2016年11月25日14時00分

■関連映像:メン・イン・キャット 予告編(http://yahoo.jp/h9uEga) メン・イン・キャット 劇場予告編(http://yahoo.jp/F9Eal8) 4位 『疾風ロンド』(http://yahoo.jp/hY_PiG) ■公開日 :2016年11月26日(土) ■監督 :吉田照幸 ■キャスト:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、 [全文を読む]

巨匠・森村誠一の新たな代表作が誕生! 作家生活50周年記念作品『運命の花びら』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日15時00分

<復刊した8作品>『人間の証明』(宮部みゆき推薦)/『野性の証明』(今野敏推薦)/『高層の死角』(湊かなえ推薦)/『超高層ホテル殺人事件』(東野圭吾推薦)/『腐蝕の構造』(林真理子推薦)/『終着駅』(北方謙三推薦)/『吉良忠臣蔵』(上・下)(京極夏彦・上田秀人推薦) 圧倒的なスケールを誇る50周年記念作品『運命の花びら』は、通算398冊の著作となる森村の、 [全文を読む]

巨匠・森村誠一氏の新たな代表作が誕生。作家生活50周年記念作品『運命の花びら』10月30日(金)発売!!

PR TIMES / 2015年10月30日09時54分

なお、本書をもって森村氏の著作は通算398冊となる。 本書は、300年の時を超えて結実した運命の愛を描いた重層的恋愛小説。「赤穂浪士討入事件」、「二・二六事件」から「九・一一」「東日本大震災」といった日本の歴史の節目に、かつて時代に引き裂かれた恋人の末裔たちが幾度も巡り会う姿を描いた大河ロマンである。[画像1: http://prtimes.jp/i/70 [全文を読む]

阿部寛と土屋太鳳が親子に!池井戸潤原作「下町ロケット」が日曜劇場でスタート!異例の試みも…

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月21日17時30分

生きるうえで必要なこととは? 働くことの意義とは? 幾多の困難を乗り越えながら、絶対に夢をあきらめない男と、社員のプライドとが紡ぎだす未来、下町の雑草魂が今ロケットを打ち上げる! ■日曜劇場「下町ロケット」 原作:池井戸潤 出演者:阿部寛/土屋太鳳ほか 演出:福澤克雄 脚本:八津弘幸 プロデューサー:伊與田英徳/川嶋龍太郎 製作著作:TBS ■『下町ロケッ [全文を読む]

日本初の女性音楽評論家・DJ 湯川れい子の半生を描く1冊

NEWSポストセブン / 2013年02月07日16時00分

著作にはスピリチュアル関連書も多く、その印象を強く持つ人もいるかもしれない。でも、湯川れい子という人の核は音楽、それしかありえないのだとタイトルは強く訴える。 なにせ日本初の女性音楽評論家でありラジオのDJだ。1960年代からずっと、ビートルズやストーンズ、プレスリー、レッド・ツェッペリン、マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパーなどなど、時代の頂点に立つ [全文を読む]

フォーカス