辺見えみり 出産に関するニュース

“紺野まひる、蜷川実花......“ 続々と高齢出産する芸能人の真似は、こんなに危険!!

tocana / 2015年06月01日09時00分

このところ芸能人の高齢出産(35歳以上での初産)が相次いでいるが、過去には、オセロの松嶋尚美(40歳で初産 以下、出産年齢のみ)、永作博美(39)、松たか子(37)、黒木瞳(37)、小沢真珠(37)、宮沢りえ(36)、辺見えみり(36)など、多くの芸能人が高齢出産を経験している。さらに12年には坂上みきが53歳で超高齢出産をしたことも話題となった。 社会 [全文を読む]

辺見えみりは二代目・辻希美!? 胎児を「赤さん」、産後ダイエットで炎上しっぱなし

サイゾーウーマン / 2013年07月16日09時00分

6月に第一子となる女児を出産した辺見えみりが、ネット上で大バッシングを受けている。前夫・木村祐一との間には子どもはもうけていなかったが、2011年に再婚した俳優・松田賢二とは結婚から約2年で妊娠5カ月を報告。念願の出産を果たし、ママタレとして新たなファン層にも迎え入れられると思われていたが……。 一般女性による「えみり叩き」が開始したのは、妊娠後のブログか [全文を読む]

オーガニックコットン配合のプレミアム紙おむつ『Natural moony』新発売!記念イベントに辺見えみりさん、友利新さんが登場

美容最新ニュース / 2016年12月06日17時15分

・ママの手に包まれたような気持ちの良さを実現・やわらかい肌ざわりで、うまれたての赤ちゃんのお肌に安心して使えます2、無添加&弱酸性仕様のシート採用・表面シートに「100%植物由来油剤」の親水剤を塗布・お肌と同じ弱酸性を実現し、赤ちゃんのお肌をやさしく包み、ママにも安心3、新技術!ゆるうんち吸収ゾーン・表面シートを、赤ちゃんの排泄に合わせて前後で分けて、おし [全文を読む]

「やめる」宣言した藤本美貴、見せたがりの優木まおみ……ママタレたちの“子ども顔出し”プライバシー事情

日刊サイゾー / 2015年04月02日20時30分

おととしに長女を出産したタレントの辺見えみりは、産後は素顔を公開していたものの、生後半年で「長女の掲載を控える」と宣言。梨花、小倉優子、神田うの、スザンヌらも素顔の掲載は避けている。 「3児の母である元モーニング娘。の辻希美も、子どもに目線などを入れて掲載していますが、過去に何度か、誤って素顔を投稿してしまったことも。そのたびにネット上で画像が拡散される [全文を読む]

【ウラ芸能】辺見えみり、タレントイメージの限界

NewsCafe / 2015年02月09日15時00分

記者「タレント、辺見えみり(38)がこの前、最新版のスタイルブック『the HANDBOOK』っていうのを出したんですが…」デスク「最近は以前ほど露出も減って落ち着いた感があるけど?」記者「辺見はタレントの木村祐一(52)と2008年4月に離婚し、3年後の11年3月に俳優の松田賢二(43)と再婚。そして13年6月に女児を出産しました」デスク「そうそう、ママ [全文を読む]

産後すぐの激ヤセ! 山田優、田丸麻紀、鈴木えみらの驚嘆スタイル

messy / 2014年12月05日18時00分

倖田來未(32)は3カ月で15kg、小倉優子(31)は5カ月で11kg、さらに辺見えみり(37)は約2週間で7kgも減量したと明かしている。本来推奨されているのは、産後およそ半年かけて徐々に元の体重に戻すゆるやかなダイエットなのだが……。さすがに辺見が産後ダイエットについて明かしたときは、「真似したらダメ!」「体に悪すぎる」と批判コメントが多数出たが、無理 [全文を読む]

市井紗耶香“息子の顔見せ卒業宣言”に見るママタレの危機管理

メンズサイゾー / 2013年07月18日14時10分

また、6月に第一子となる長女を出産したものの、産後直後のダイエットを綴るなどしてブログが炎上していた辺見えみりについても、当初は顔を見せない写真を掲載していたが、時折、横顔などが掲載されており、いま現在、方針は定まっていないようにも見える。 「女性タレントが出産してママタレへと変貌を遂げると、とにかく注目度が高まり、ママとしての行動を逐一チェックされる状態 [全文を読む]

生き残るのは誰?ママタレ最新分布図(2)出産後に好感度が下がった森三中・大島美幸

アサジョ / 2017年03月03日17時00分

若者のファッションリーダーである梨花(43)と辺見えみり(40)は、代官山の一等地でともにセレクトショップを展開中だ。「オープン時はファンが押し寄せましたが、今はどちらのショップも閑古鳥が鳴いていますよ」(ファッション誌編集者) 質のわりに値段が高いことが原因と言われているが、もはや地方のファンが東京観光のついでに立ち寄るだけの店となっているようだ。「梨花 [全文を読む]

なぜ藤本美貴は炎上しないのか~「無難」が一番? ママタレとしてのリスク回避術

messy / 2016年03月01日00時30分

前回の同番組イベントゲストは辺見えみり(39)で、客層は30代後半とおぼしき落ち着いたおしゃれママ達が多かったが、今回は20代の若いママが中心。いや、それよりも……目立つのはパパの姿! 前々回のゲスト、元モーニング娘。辻希美(28)、飯田圭織(34)の時にもパパはわりと来場していたが、それよりも圧倒的に多く、もう会場の半分くらいパパなんじゃないの? と思 [全文を読む]

第二子出産直後から小姑コメント吹き荒れる、木下優樹菜の憂鬱

messy / 2015年11月21日09時00分

一度はインスタを退会し、その後承認制での限定公開という形を取り再開した辺見えみり(38)については、退会前の時期、アップした娘の写真に「中途半端に顔が切れた写真をUPするのは可哀想」など、余計なお世話すぎるコメントが寄せられたりもした。ママタレがわが子の写真をアップする際、コメント欄は「かわいい~♪」との絶賛が大半だが、中にこうしたネガティブコメントが混じ [全文を読む]

MEGUMI、男性を虜にする“縦揺れ“を実践! 破壊力抜群だと話題に

メンズサイゾー / 2015年11月18日17時00分

この日の放送は「男前なオンナ」というテーマで、MEGUMIはタレントの辺見えみり(38)と共にスタジオに登場。番組名物のサイコロトークでは「男の人って!」と書かれた出目を当て、「最近、年齢の割に自分に貫禄があるのではないのか...」とトークを展開した。 MEGUMIは、自身にどっしりと構えた「男前」な性分があることを認めながら、自分よりも年上の男性から" [全文を読む]

木下優樹菜、理想の母親第1位に「絶対嫌」! 「ママタレマネーに屈した」との批判も

サイゾーウーマン / 2015年04月20日09時00分

優木まおみ、辺見えみり以降は新参のママタレも少なくなってきたものだが、木下の存在感は相変わらず健在のようだ。 ※画像は『ユキナ育。』(講談社) [全文を読む]

梨花・えみり・まおみ……ママタレの合戦場“代官山”に住谷杏奈がカフェ出店の展望

サイゾーウーマン / 2014年07月13日13時00分

昨年は代官山にショップをオープンした、辺見えみりに批判が集中していた。 「『赤さん』といったネット用語を多用したり、産後すぐにダイエットを開始したことなどが批判の対象となり、ブログやTwitterが度々炎上していました。さらに年商10億ともいわれる梨花のショップ『Maison de Reefur(メゾン・ド・リーファー)』の、すぐ向かいに自身のブランドショ [全文を読む]

辻希美の激変ぶりに「完全に別人」の声多数! 再び整形疑惑がささやかれる

メンズサイゾー / 2014年07月08日16時00分

7日の放送では「天才の育て方完全公開SP」という内容で、石原さとみやAKB48・川栄李奈、辺見えみり、辻希美らが出演した。 番組では、著書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)がベストセラーとなっている塾講師の坪田信貴氏が登場、「9種類のタイプ別勉強法」などが紹介されたが、それ [全文を読む]

完璧なセレブライフを送る梅宮アンナの暇人ぶり

messy / 2014年04月12日23時00分

かつて辺見えみりもインスタユーザーだったが、投稿内容を巡って批判的なコメントもたびたび寄せられたせいか、早々にこれを退会。独特の世界にうまく対応できない芸能人にとっては、苦労を強いられる厳しい場所となっている。messyでもそんなインスタでの女性有名人らの騒動をこれまで何度も取り上げてきたが、今回、がんばってインスタに参入していながらさほど話題になっていな [全文を読む]

湊かなえ、桜木紫乃、柳美里――文壇で活躍する、ママ作家の光と影

サイゾーウーマン / 2014年01月27日13時00分

辻希美、神田うの、辺見えみり、小倉優子など、ママタレが芸能界を席巻している昨今、文壇でもママ作家が活躍している。最近では、川上未映子が出産で産休に入ったのも記憶に新しいが、育児と並行しながらヒット作を生み出す女性作家はたくさんいる。 「2008年のデビュー作『告白』(双葉社)が、250万部を超えるヒットとなった湊かなえは、現在小学6年生のお子さんがいて、運 [全文を読む]

優木まおみの妊娠報告に、早くも「ママタレとして成功しない」と声が上がる理由

サイゾーウーマン / 2013年11月06日13時00分

「辻希美、小倉優子、神田うの、梨花、東尾理子、千秋、くわばたりえ、藤本美貴、辺見えみり、松嶋尚美、藤本美貴、熊田曜子などなど、現在の芸能界はママタレがあふれ返っている状態。そこにまた優木が加わるとなれば、世間が食傷気味になるのは当然かもしれません」(芸能ライター) そんな飽和状態のママタレ界だが、実際に優木はママタレを目指しているという。「ただ、成功する [全文を読む]

中西(旧姓・山本)モナの芸能界復帰宣言でお蔵入りになった“不倫暴露本”の衝撃的な内容とは

日刊サイゾー / 2013年03月25日11時00分

「大竹まことさんに口説かれた話、辺見えみりさんや小沢真珠さんの知られざる恋愛、また、ロンドンブーツ1号2号の淳さんや、爆笑問題の太田光さんの、ビックリするようなオフレコ話も浮上していたんです」(同) しかし、モナとすれば、サヨナラした芸能界のことならいくらでも書けるが、また戻るとなると話は別ということだろう。最近のブログでは子どもの成長の様子を楽しげに書 [全文を読む]

フォーカス