長女 黒木瞳に関するニュース

【映画『海街diary』で二作目】女優・夏帆が達成しそうな「ある記録」とは?

しらべぇ / 2015年06月18日07時00分

父の死を機に、長女、次女、三女と腹違いの異母妹四女が、鎌倉で一つ屋根の下、同居しはじめるストーリー。四姉妹役を、上から綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの豪華女優陣が演じることでも話題だ。 本作品は、昔から数多く作られて来たいわゆる「四姉妹もの」の系譜に位置づけられる。 今回注目したいのは、三女・千佳役を演じた夏帆について、今後「ある記録」の達成が期 [全文を読む]

黒木瞳と君島十和子 娘をめぐる「十年戦争」が一応の決着

NEWSポストセブン / 2014年04月16日07時00分

君島の長女は黒木の長女より1学年上。昨年も受験したが不合格だった。そして今年2度目の挑戦で合格。母娘は抱き合って涙した。だが、「本来なら、黒木さんの長女も今年受験するはずだった。しかし、通っていた学校で問題が起き、海外留学を余儀なくされ、今年受験できる環境ではなくなってしまった。少し時期をみて挑戦するのではないでしょうか」(前出・知人)。 こうして2人の [全文を読む]

黒木瞳「愛はまだ始まったばかり」に筧利夫「テクニックを持っている 喜ばせを知ってます」

スポニチアネックス / 2017年10月19日17時29分

その後輩にあたる桜乃は昨年11月に第1子となる長女を出産に、本作で復帰となる。桜乃は「娘は10カ月になりますので、頼もしく成長してくれている。心置きなく、稽古場に集中させていただいています。今はお芝居に集中しているので、(黒木と)私生活の話をすることはない。子育てよりも勉強したいことはいっぱいある」と意気込んでいた。 [全文を読む]

神田うの、夫婦仲良好も夫と別居状態 子育て優先で実家生活

NEWSポストセブン / 2017年08月23日16時00分

かつて黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)の娘たちが通い、今は市川海老蔵(39才)の長女が学ぶ超名門バレエ教室の今年の発表会では、全国から集まった約1500人の生徒がステージに立ったという。 その最終日。まばゆいライトを浴びた子供たちと同じぐらい会場で目立っていたのが、ミニ丈の鮮やかな花柄ワンピースと白いハイヒールで美脚を見せつけていた神田うのだった。「 [全文を読む]

過保護ドラマ出演に黒木瞳と三田佳子に「よく受けたな」の声

NEWSポストセブン / 2017年07月20日16時00分

というのも、ドラマのタイトルよろしく、2人とも実生活でも超がつく『過保護母』で知られてますからね」(芸能関係者) 黒木は1991年に一般会社員と結婚、1998年に長女を出産した。 「娘さんへの入れ込みようは半端なくて、幼少からバレエや楽器など習い事に力を入れていました。それもこれも、娘さんを自分と同じ宝塚に入れたかったからだったそうです。結局、その夢は叶わ [全文を読む]

宝塚合格者 松岡修造長女合格、最後の挑戦・黒木瞳長女は?

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。 「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の [全文を読む]

祖父が宝塚歌劇団の創設者の松岡修造 長女は宝塚ガチ受験

NEWSポストセブン / 2017年01月17日07時00分

「修造さんが子供たちにも熱血指導でテニスを教えていると思っている人も多いのですが、長女はバレエを熱心にやっていて、宝塚を受験するそうなんです」(松岡家の知人) 宝塚音楽学校は今年4月入学のための試験が迫り、1月10日に願書受付が始まった。 「今年は黒木瞳さんのお嬢さんも受験資格のラストイヤー。極秘で関西の教室に通っていて、受験を決意したと噂になっています [全文を読む]

仲間由紀恵主演ドラマに黒木瞳、夏帆らが集結

Smartザテレビジョン / 2016年10月18日11時15分

長女を殺害し16年間床下に隠していた両親の元で思い悩む次女の土井崎誠子役に夏帆。誠子の父親・元役に小林薫が決定。その他、金子ノブアキ、松田美由紀、石坂浩二らの出演も明らかになった。 本作で描かれるのは、宮部みゆきの代表作「模倣犯」の9年後の物語。仲間は「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向かっていく女性ライター・前畑滋子を演じる。 ■黒 [全文を読む]

たかみなも号泣! カホコ「ばあばの最期」に大反響

日刊大衆 / 2017年09月13日06時05分

そして「私にまで謝らないでよ」と涙ぐむ長女の泉に、「だって……あんたには一番厳しく当たったから」と告げ、続けて「その反動で、カホコのこと愛し過ぎたんじゃないの?」「大事なのは、その愛に自由があるかどうかよ。カホコから考えることを奪わないで」と助言する。 その後、カホコと恋人の初(竹内涼真/24)が見舞いに来ると、初代は「カホコのこと、守ってあげてね」とお願 [全文を読む]

市川海老蔵、愛娘のバレエ発表会を“麻耶ママ”に託す

NEWSポストセブン / 2017年08月12日16時00分

黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)も娘を通わせたそのバレエ教室で、市川海老蔵(39才)の長女・麗禾ちゃん(6才)もレッスンを受けている。 「麗禾ちゃんは発表会の最初の演目『バレエスィート』と『眠れる森の美女』に出演しました。白いチュチュがとても似合っていましたよ。『眠れる~』では赤ずきん役で、演目後に子供たちが横一列になって挨拶をするときには、センター [全文を読む]

長女を宝塚に一発合格させた松岡修造の熱血教育5か条

NEWSポストセブン / 2017年04月08日07時00分

松岡修造(49才)の長女・恵さん(17才)が26.1倍という倍率をくぐりぬけ、第105回宝塚音楽学校に合格したことが話題になっている。宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前だが、恵さんは一発合格だった。 古くは八千草薫(86才)や扇千景(83才)、黒木瞳(56才)、真矢ミキ(53才)、天海祐希(49才)、檀れい(45才)といったそうそうたる顔ぶれを輩 [全文を読む]

『就活家族』 エリートから転落する三浦友和が切ないと評判

NEWSポストセブン / 2017年02月11日16時00分

長女・栞は前田敦子、長男・光は工藤阿須加。私立中学の教師の母(黒木)は、明るくほがらかで前向きな人。宝飾メーカーで働く娘(前田)は、要領が良くてちゃっかり系。軽いけど、実は純粋でもある。大学生の息子(工藤)は、まだ社会を知らず体育会ノリでまっすぐ。 [全文を読む]

雨宮塔子、亜希 「シミもしわも隠さない」女の生き方

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

2002年にはパティシエの青木定治氏(48才)と結婚し、翌年には長女を、2005年には長男を出産している。青木氏とは2015年3月に離婚したが、その後も2人の子供たちとパリに在住。しかし今回の復帰にあたり、子供を残して単身日本に帰国してキャスターを務めることや、フランス人パートナーの存在も公表し、話題を呼んだばかり。 復帰初日の視聴率は上々だったが、久々に [全文を読む]

優しいママ?時には厳しさも!?印象に残るドラマの魅力的なママさん達!

日本タレント名鑑 / 2015年10月11日09時55分

岡江さん演じる定子は、叱るところはしっかり叱りながらも、長女の待子の恋心も察知し静かに見守り、「ディスコに行きたい」という申し出も許可するなど、子どもの心や独立心をしっかりと理解しているところが素敵でした。 同じく昼ドラ『大好き!五つ子』もたくさんの子どもに振り回される母が印象的でした。 森尾由美さん演じる五つ子の母は、『天までとどけ』の母よりやや等身大 [全文を読む]

伊藤英明 「フッフッ」と声を出しながら妊娠中の妻と散歩

NEWSポストセブン / 2015年09月15日16時00分

高畑は、亡くなった父親に代わって家族を懸命に支える、3人姉妹の長女役を演じる。 高畑のデビューは2005年。舞台好きの両親に連れられて劇場を訪れていたという彼女は、元々はミュージカル女優志望だった。 幼少からミュージカルのサントラを聞いて育ったという高畑は、歌声も折り紙付きで、『ごちそうさん』(NHK)に出演していたときには、急遽ドラマ内で歌唱シーンが追加 [全文を読む]

<ジャニーズの後継者問題?それとも…>週刊文春がジャニーズ事務所副社長の単独取材を実施した真相

メディアゴン / 2015年02月18日02時19分

インタビューはジャニーズ事務所の後継者問題、とりわけSMAPなどを担当するマネージメント室長・飯島三智さんとメリーさんの長女・藤島ジュリー景子さんとの派閥争いの話になって行きます。ついにはメリーさんがインタビューの席へ飯島三智さんを呼びつけ、飯島さんが否定する中、 『対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい、と言いま [全文を読む]

松嶋菜々子 裁判もあり『ミタ』スタッフが手掛けるドラマ頓挫

NEWSポストセブン / 2014年11月29日16時00分

でも長女も同じ小学校をお受験していますし、その予定は最初からわかっていたことなんです。本当の理由はあの騒動が原因だったといわれています」(テレビ局関係者) “騒動”とは、松嶋と反町が飼っていたドーベルマンが、隣人にかみついたことに端を発する一連の裁判のこと。2011年10月に夫妻は、マンションの管理会社から訴えを起こされた。そして2013年10月10日、東 [全文を読む]

【ウラ芸能】松嶋菜々子、ママイメージは苦戦

NewsCafe / 2014年06月17日15時00分

松嶋は2人目の娘が今年の春に長女と同じ女子校の小学校に入学していますが…」デスク「松嶋も黒木もたたけば何とやらじゃねぇか」記者「そう、特に松嶋に問題ありです。松嶋は昨年秋、飼い犬ドーベルマンのかみつき事件で1725万円もの損害賠償を高裁から命じられ、それを受け入れているんです」デスク「それがあったから大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)の続編出演 [全文を読む]

【ウラ芸能】十和子VS黒木瞳、バトルの行方

NewsCafe / 2014年04月12日15時00分

デスク「4月に入って受験シーズンも終わったけど、芸能界で最難関といえば…」記者「東の東大、西の宝塚と言われる宝塚音楽学校にタレント、君島十和子(47)の長女、憂樹さん(16)が2度めの挑戦で合格しました」デスク「君島の、1996年になくなった義父・君島一郎氏(享年66)は宝塚通のデザイナーだったな…」記者「もともと十和子も宝塚好きですが、娘の合格で『黒木瞳 [全文を読む]

フォーカス