黒木瞳 失楽園に関するニュース

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

渡辺氏の死を受け、映画『失楽園』に出演した女優の黒木瞳は「今、訃報を知り、一人泣いています。先生に初めてお会いした時のことからのことを、思いだしています。28年前のことからです。渡辺先生は私にとって運命の人だったと言っても過言ではありません。語りつくせない思い出は私の今日の宿題です。ありがとうもさようならも、今は、まだ、言う整理がつかない、みたい、です、 [全文を読む]

大胆過ぎて見ていられない!? 名優同士が“禁断の関係”を演じた作品を覗き見!

dmenu映画 / 2017年06月01日07時00分

役所広司と黒木瞳出演の衝撃作『失楽園』(1997年) かつて敏腕編集者であった久木祥一郎(役所広司)と、書道の美人講師である松原凛子(黒木瞳)は、偶然の出会いを機に密会を重ねるようになっていき――。互いに家庭をもつ男女のダブル不倫を描き大ヒットとなった『失楽園』は、「失楽園」という言葉が流行語にもなるほど社会現象を巻き起こしました。 見どころは気品と色気 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

映画版『失楽園』でヒロインを務めた黒木瞳(53才)、さらにドラマ版『失楽園』で主役に自ら抜擢した川島なお美(53才)らとの関係も囁かれた。 渡辺さんと40年以上の親交があり、自伝小説『阿寒に果つ』の担当編集者だった水口義朗さんはこう語る。 「経験したからこそ書けることは、やっぱりあると思うんです。何人かつきあっていた女性も知っています。男として恋愛を楽しみ [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

ところが、蓋を開けてみれば、映画の主役に納まったのは黒木瞳(52)。先の文壇関係者が明かす。 「渡辺氏は『あいつに映画なんかやらせるわけないじゃないか』と、銀座のクラブで飲んでは川島をコキ下ろしていました。愛人として認めても、女優としては認めていなかったんです。その代わり、ドラマ『失楽園』の主役を与えました」 映画、ドラマともに上映、放送は97年。だが、 [全文を読む]

グッとくる「魔性の妖艶女優」総選挙!(4)<50代の「爛熟」篇>黒木瞳が立証する「宝塚出身者は艶っぽい」の法則

アサ芸プラス / 2017年06月20日17時57分

天下無双のミューズたちがここに集結! 40代部門の12位に檀れい(45)、わずかに同部門の着外だったのが天海祐希(49)、そして50代部門で頂点に立った黒木瞳(56)と、宝塚出身者の強さが目を引く。 宝塚の娘役から女優デビューした黒木は、「化身」(86年、東映)や「略奪愛」(91年、東映)、そして社会現象となった「失楽園」(97年、東映)と、大胆な脱ぎっぷ [全文を読む]

黒木瞳、「ワガママ女優」との悪評…監督映画が大コケで55歳の大胆濡れ場解禁か

Business Journal / 2016年09月15日07時00分

あの黒木瞳が齢55にして“脱ぐ”との情報が、芸能界を駆けめぐっている――。 なんと、再び大胆な濡れ場を全面解禁するというのだ。黒木は2005年公開の映画『東京タワー』で岡田准一(V6)を相手に濡れ場を披露して以来、“脱ぎ”をほぼ封印していた。 「前回は黒木が44歳の頃の話ですよ。以降濡れ場のある役を避けてきた理由は、名門校に通っていた年頃の愛娘のことを思い [全文を読む]

黒木瞳が吉田羊&木村佳乃を公開処刑で「監督より出演を!」の声が殺到

アサ芸プラス / 2016年06月20日09時59分

6月15日、女優の黒木瞳が初監督作品となる映画「嫌な女」の完成披露プレミア試写会に出席、出演した吉田羊、木村佳乃と共に映画をPRした。 この日の黒木は真っ白なレースのドレスで両肩を露わにした大人の魅力あふれるもの。吉田はワンショルダーの黒のドレスで、木村は黒のワンピースドレス。3人の大女優が華やかに美を競い合った。「年齢は黒木が一番上ですが肌見せは黒木が多 [全文を読む]

【ウラ芸能】嫌な女・黒木瞳、監督進出で分かったこと

NewsCafe / 2016年03月10日06時00分

デスク「女優、黒木瞳(55)が映画初監督作品『嫌な女』(6月25日公開予定)の宣伝でテレビに出まくってるな」記者「主演ドラマ版(NHKBSプレミアム)の先行放送の番宣を兼ねてます」デスク「ドラマでは、彼女の薄くなった頭皮にばっかり目がいっちゃうよ」記者「高画質化になり、減った髪の毛の分け目や、加齢による首や目じりのシワ、法令線、手に浮いた血管を隠せないとい [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

川島なお美との"失楽園"不倫をはじめ、黒木瞳など、生前は数々の女性と浮き名を流したナベジュン先生だけど、長年秘書を務めていたMさんとも実は長く愛人関係にあったといわれている。生前仕事関係はMさんが仕切っていたから、出版各社が合同で開いたお別れの会も、Mさんと相談しながら進めていたんだよ。ところが、娘さんが勝手に進めないでとクレームを入れ、社長クラスも巻き込 [全文を読む]

渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

そこには、共演NGといわれてきた、映画『失楽園』で主演を務めた黒木瞳(53才)と川島なお美(53才)が同席した。2人とも渡辺さんとはただならぬ関係にあったと言われているが、『お別れの会』でのその胸中はいかに。17年前の映画『失楽園』では川島は主演女優レースで黒木に敗れた。だが、その後は連ドラで見事高視聴率を稼ぎ出し、女優としての評価も高まった。「今思うと [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

「渡辺さんには、『失楽園』のように社会現象にまでなるような作品もあり、映像化の許諾が欲しい制作サイドは、原作者がキャスティングの意向を口にすれば、無視できるはずもなかったですからね」 その映画版「失楽園」(97年)と「化身」(86年)の黒木瞳(53)や、「別れぬ理由」(87年)と「遠き落日」(92年)の三田佳子(72)など、“好色無頼作家”との関係を噂さ [全文を読む]

『失楽園』川島なお美は“枕営業”だった──女と銀座を愛した作家・渡辺淳一さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2014年05月13日13時00分

その直後、ヒット小説『失楽園』の映画化の話が決まり、主演女優に黒木瞳と川島の名前が挙がった。女優経験の浅い川島の名前が挙がることに不自然さを感じる向きもあったが、答えは単純だった。川島は、今でいう“枕営業”で渡辺氏に急接近していたのだ。 その裏付けとして、1996年10月に発売された月刊誌「噂の眞相」(休刊)が2人の“北海道不倫旅行”を報じたが、大手メディ [全文を読む]

若い女性にはない熟女の魅力とは?

週プレNEWS / 2013年09月10日14時00分

それを超える若い世代がいないだけだとボクは思います」 たとえば、長きにわたって熟女好き男性の支持を集めている黒木瞳(52歳)さん。 「上品で色気がありますよね。ボクも大好きです。映画『失楽園』は、もう何回見たか数え切れないくらいお世話になりました(笑)。実は一度、黒木瞳さんをネタにした漫才を誕生日プレゼントに贈ったことがあるんです。そしたら、そのお返しに黒 [全文を読む]

20代、30代男子が“お相手したい”美熟女ナンバーワンは?

週プレNEWS / 2012年09月07日11時00分

図書館で調べ物をしてるところを後ろからイタズラしてみたい」(24歳) 栄えある第1位は、ぶっちぎりの25票を獲得した女優の黒木瞳(51歳)。どう見ても51歳には見えない「美しさ」と「妖艶さ」が高く支持され、20代、30代ともに堂々の支持率1位に輝いた。 「テレビで見かけるたびにキレイでいいなあと思う。うちのオカンより年上とは全然思えないし、機会があったらぜ [全文を読む]

実質“干されている状態”黒木瞳「女版・北野たけし」計画も、霧散で……

日刊サイゾー / 2016年07月13日13時00分

映画『嫌な女』(6月25日公開)で初監督を務めた黒木瞳だが、残念ながら作品の評価は芳しくないようだ。 「W主演の吉田羊と木村佳乃の演技力は称賛されているものの、映画としての評価は0点に近い。無駄なドアップや長回しが多く、照明も暗い。正直、レベルは低いと言わざるを得ない。興行収入は、ヘタしたら1億円もいかないのでは」(映画ライター) そもそも女優が本業で、監 [全文を読む]

黒木瞳 ドラマ「そして誰もいなくなった」撮影現場の「黒木ライト」で見えない部分が透けた!

アサ芸プラス / 2016年06月25日17時57分

黒木瞳(55)が、夏の新ドラマで元ナースの母役を演じる。まぶしいほどの照明の下、実際の放送ではカットされるが撮影現場で大胆な姿を見せていた。特濃「お宝」現場をお伝えする! 7月10日から、日本テレビ系で放送される「そして誰もいなくなった」。黒木は、藤原竜也(34)演じる主人公の母親という役柄だ。 ドラマは、容姿端麗で頭脳明晰、恋人もいる主人公の生活が、同姓 [全文を読む]

“ゲス”ブームは90年代にもあった!? 昔は年上、今は年下が熱い

anan NEWS / 2016年05月19日12時00分

たぶんきっかけは’97年に公開された映画『失楽園』(黒木瞳&役所広司主演。過激なセックス描写が話題になり、同年には川島なお美&古谷一行でドラマ化)だと思うんですけれど、翌年には『SWEET SEASON』とか『Age,35恋しくて』なんかが次々と作られたんです。で、時を経て’10年の『セカンドバージン』あたりからまた再燃しているんですよね。これを比べてみる [全文を読む]

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(4)「女優を知り尽くした三者」座談会-その1-

アサ芸プラス / 2016年04月19日05時57分

同じく喪服エロスでは、社会現象になった「失楽園」(97年、角川映画)の黒木瞳(55)もいい。通夜の晩に役所広司に体を求められた黒木が「してあげますから、今日は許して」と言ってフェラに移行。それでも「‥‥ください」と言って、やはりセックスを求めた名場面でした。 [全文を読む]

川島なお美の陶酔と強さが私たちの不安を救う――失笑されても「私は女優」

ウートピ / 2015年10月02日19時04分

「失楽園」は、枕営業疑惑や激しい濡れ場、映画版主演の黒木瞳との比較ばかりがクローズアップされ、女優として高く評価されたかというとそうではなかったはず。いつも自分に酔っているのか本当にほろ酔いなのかわからないが、「女優」という言葉に陶酔している、ただそれだけの人に見えた。名(迷)言も多い。「私の体はワインでできているの」はよく知られているが、そのほかにも次の [全文を読む]

フォーカス