糸井嘉男 陽岱鋼に関するニュース

糸井が最後の砦…? FA組の苦闘

ベースボールキング / 2017年04月24日12時00分

最後に、野手の目玉として大きな注目を集めた男といえば、阪神・糸井嘉男だ。 春のキャンプでは膝の故障から別メニューでの調整が続き、かなり不安な出だしとなったものの、超人的な回復力を発揮して開幕一軍入り。ここまで全19試合に出場して打率.275、3本塁打、14打点という成績を残している。 打率はリーグで17番目ながら、得点圏打率.412は4番目と勝負強さを発 [全文を読む]

【プロ野球】糸井嘉男、陽岱鋼、中田翔……。気がつけばプロ野球界の「金髪戦士」が絶滅寸前!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■糸井嘉男(オリックスからFA宣言/去就未定) 糸井嘉男といえばド派手な金髪がトレードマークだったが、11月1日にFA宣言すると決意の黒髪に。2015年に黒髪に戻した際は「不調で気合を入れなおした」とも言われたが、実は「娘の学校行事があったから」。 「宇宙人」といわれる糸井だが、もちろん常 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■オリックス≪開幕オーダー≫ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T‐岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西野真弘 ○ 2 遊 安達了一 3 指 糸井嘉男 ◎ 4 左 T?岡田 ○ 5 右 ボグセビック ◎ 6 一 モレル ○ 7 三 大 [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?西武・栗山巧はなぜオールスターに出場できないのか

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日17時05分

また4位・糸井嘉男、5位・鉄平、8位・岡田幸文など、話題性や突き抜けるものがないと上位には食い込めない、ということがあらためてわかるファン投票だった。 2012年 ・ファン投票…9位(14万7794票) ・選手間投票…9位(100票) ファン投票、選手間投票でともに9位も、前年よりも票を伸ばした栗山。しかしこの年の上位は糸井、中田、陽岱鋼という日本ハムの [全文を読む]

今オフFAの目玉は糸井と陽岱鋼 阪神、巨人らで争奪戦

NEWSポストセブン / 2016年11月02日07時00分

FA市場で目玉になりそうなのが、今季3割6厘、17本塁打、70打点という成績で復活を果たしたオリックス・糸井嘉男(35)だ。FA権獲得となる今シーズンは目の色が違っていたという。 「糸井は今季53盗塁で、初めての盗塁王を史上最年長で獲得しました。この活躍を見たら、機動力を重視する阪神の金本知憲・監督は是が非でも欲しいはずです。オリックスは糸井のFA移籍を何 [全文を読む]

糸井に陽岱鋼…摂津まで! 巨人が再び「大物補強路線」に方針転換?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時01分

このオフはマネーゲームも辞さない構えです」(前出・デスク) ■巨人は久々にお得意の大補強!? そんな巨人と阪神が真っ向からぶつかりそうなのが、今年のFA市場の目玉のひとりで、抜群の身体能力を誇るオリックスの超人外野手・糸井嘉男だ。セ・リーグ某球団のプロスカウト(編成部門のFA・トレード担当者)は声を潜めてこう明かす。 「新聞などでは『京都出身だから阪神』だ [全文を読む]

【プロ野球】日本一気の早い2016シーズンにFA権を獲得する選手

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日11時00分

ヤクルト 松岡健一(33歳/投手) 雄平(31歳/外野手) 川端慎吾(28歳/内野手) 巨人 長野久義(31歳/外野手) 阪神 新井良太(32歳/内野手) 広島 江草仁貴(35歳/投手) 天谷宗一郎(32歳/外野手) 中日 平田良介(27歳/外野手) DeNA 山口俊(28歳/投手) ソフトバンク 高谷裕亮(34歳/捕手) 長谷川勇也(31歳/外野手) [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

球団の運営スタッフからすると、自身の労働量の増加や変更に伴う出費など、すでに心情的には戦犯となっているかも? オリックス ・糸井嘉男 前評判を盛大に裏切ったオリックス。戦犯を挙げるとキリがないが、見込んでいた数字と大幅に乖離がある選手となると、やはり筆頭は糸井になりそうだ。日本ハム時代の2009年から6年連続打率3割、20盗塁、ゴールデングラブ賞と日本球界 [全文を読む]

同時FA加入の3選手が大不振のプロ野球・巨人で内紛勃発!? ナベツネ激怒で編成部門に大粛清が下る日

日刊サイゾー / 2017年05月18日21時00分

当初、獲得を目論んでいた前オリックス・バファローズの糸井嘉男外野手が、ライバル球団の阪神タイガースに引き抜かれて今季大活躍してしまい、阪神の好調を支えています。その一方で、巨人は大金をつぎこんで取ってきた3選手が使い物にならず……その影響で、シーズン成績も阪神に差をつけられ、巨人のメンツが丸つぶれ状態となっています」(プロ野球関係者) そんな状況下で、渡辺 [全文を読む]

走攻守を兼ね備える大谷翔平 陽岱鋼と糸井嘉男より補殺多い

NEWSポストセブン / 2017年04月13日07時00分

阪神に移籍した糸井嘉男(35)も、118試合で4補殺ですから、外野手・大谷のスケールの大きさが分かります」 撮影■山崎力夫 ※週刊ポスト2017年4月21日号 [全文を読む]

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

NEWSポストセブン / 2017年03月02日07時00分

今季FA宣言して新しいユニフォームに袖を通した、阪神・糸井嘉男(35)と巨人・陽岱鋼(30)である。 糸井は1月の自主トレ中に右膝関節炎と診断されたにもかかわらず、キャンプの打撃練習が〈糸井「えげつない」〉(2月12日、大阪日刊スポーツ)と報じられた。右肋骨の故障を抱える陽も〈守備力の高さをアピール「まるで新庄(剛志)」〉(2月6日、スポーツ報知)と持ち上 [全文を読む]

プロ野球キャンプ 担当記者間で飛び交う「チャンシ」とは?

NEWSポストセブン / 2017年02月12日16時00分

今オフは陽岱鋼(30、日本ハム→巨人)、糸井嘉男(35、オリックス→阪神)といった大型FA移籍があったにもかかわらず、それに伴う記者の担当替えは少なかったという。 しばらく紙面を埋めるキャンプ記事も、裏事情を知って読んでいくと違った趣がある。 ※週刊ポスト2017年2月17日号 [全文を読む]

【プロ野球】巨人と阪神がタッグを組んだ「伝統の一戦 ~THE CLASSIC SERIES~」が今年も開催!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日16時05分

■大補強が目立つ巨人が今年も圧倒か? 今オフには、山口俊、森福允彦、カミネロ、吉川光夫、陽岱鋼、マギーら、投打にわたって大補強を行った巨人に対し、阪神はFA移籍の糸井嘉男が目立つ程度。このテコ入れ具合を考えれば、「伝統の一戦」は今年も巨人有利という下馬評になりそうだが…。 「ほかには負けてもいいから、巨人だけには勝たんかい!」と、巨人戦になるとヒートアッ [全文を読む]

【プロ野球】気が早すぎる来シーズンオフの展望。中田翔(日本ハム)、牧田和久(西武)らFA取得予定選手をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月21日17時05分

岸孝之(西武→楽天)、山口俊(DeNA→巨人)、森福允彦(ソフトバンク→巨人)、陽岱鋼(日本ハム→巨人)、糸井嘉男(オリックス→阪神)の5名がFA移籍し、新たなスタートを切る。 今季はFA移籍選手たちの活躍ぶりに注目が集まるが、同時に注目したいのが今季中にFA権を獲得しそうな選手たち。 来オフの話題の中心になりそうな今季の“FA候補”をチェックしておこう。 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

これならまだ、金本阪神の機動力野球にピッタリの糸井嘉男(35)のほうが、ハマった時の怖さはある。ただ、発展途上の若手が多い戦力を冷静に見れば、糸井が加わっただけじゃ優勝は厳しい。 広島は16勝の野村祐輔(27)と15勝のジョンソン(32)に昨季以上の勝ち星は望めないでしょう。それじゃあ黒田博樹の穴を埋めようにも、ない袖は振れませんわ。 DeNAは山口が抜 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】広澤克実氏「巨人の大型補強は失敗」

NEWSポストセブン / 2017年01月13日16時00分

その理由はFAで糸井嘉男(35)を獲れたからではない。闇雲にFA選手に頼ってもいい結果につながらないのは阪神も同じです。優勝するためには、“超変革”を掲げた1年目同様に、金本知憲・監督が江越大賀(23)、横田慎太郎(21)、板山祐太郎(22)、中谷将大(23)、陽川尚将(25)、北條史也(22)ら若手を積極的に起用し、選手たちのモチベーションを高めていく [全文を読む]

【プロ野球順位予測】篠塚和典氏「巨人の鍵は捕手」

NEWSポストセブン / 2017年01月11日16時00分

阪神の糸井嘉男(35)の補強は巨人よりも的確といえるけど、一人でチームが劇的に変わるほどとも思えない。とはいえ阪神が強くないとセリーグが盛り上がらないので、期待を込めて3位にしました。ただ、昨季は主力のケガに泣いたヤクルトも、中心選手に故障がなければAクラスを狙えるでしょう。 パはやっぱりソフトバンクが頭ひとつ抜けている。2016年は柳田悠岐(28)がケガ [全文を読む]

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

■歴代最強「外野手部門」 【左翼手】 張本勲(1959年~1975年) 【中堅手】 糸井嘉男(2004年~2012年) 【右翼手】 稲葉篤紀(2005年~2014年) 外野手部門は、ほかにも島田誠、SHINJO、陽岱鋼など候補者は多数。特にSHINJOは、日本ハムが北海道に移転してからの象徴とも言うべき存在。総合力ではかなり拮抗しているが、打力を重視して [全文を読む]

中日・落合GM「1月末クビ」決定と「鎌倉デート」の真相(3)大島・平田が残留を決めた理由

アサ芸プラス / 2016年12月11日17時56分

ところが、真っ先に手を出した中日・大島洋平(31)はFA宣言せずに残留を決め、岸孝之(32)は楽天に、糸井嘉男(35)も阪神にさらわれてしまった。これには落合氏の「解任余波」に振り回された実情があるという。 巨人は外野の絶対的なレギュラーが長野久義(31)だけで、シュアな打撃と俊足が際立つ大島や糸井はぜひとも欲しかった。巨人担当記者が続ける。「大島は過去、 [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

フォーカス