日ハム 陽岱鋼に関するニュース

プロ野球「FA・トレード」裏切りと皮算用のマル秘交渉現場!(3)オリックス・糸井は涙した過去が…

アサ芸プラス / 2016年11月21日12時56分

その結果、12年オフ、エージェントが用意した敏腕弁護士が年俸やメジャーへのポスティング移籍を強硬に要求し、古巣・日本ハムと衝突した」 糸井は日ハム残留が本心だった。周囲にも相談を繰り返し「どうしたらいいんですか?」と聞かれた当時のチームメイト・稲葉篤紀氏(44)からは「お前が決めなきゃ」と諭されたそうだ。だが、キャンプ直前にトレードが決まり、糸井は鎌ケ谷球 [全文を読む]

A.F.R.Oが日ハム陽選手オリジナル登場曲の歌詞を募集

okmusic UP's / 2014年02月04日15時00分

陽岱鋼選手 オフィシャルフェイスブック■ライブ情報「♂!!♀!!FES!! 8都市の中心でアーイ!!を叫ぶツアー2014」 5月10日(土) 旭川CASINO DRIVE 5月17日(土) 福岡BEAT STATION 5月18日(日) 熊本Django 5月24日(土) 名古屋ell.FITS ALL 5月25日(日) 梅田Shangri-La 5月30 [全文を読む]

プロ野球「背番号」争奪戦、プライドと実力に影響される

NEWSポストセブン / 2016年12月05日16時00分

糸井が日ハム時代からつけてきた愛着ある番号だ。 ただし、阪神の「7」は今季までメジャー帰りの西岡剛(32)が背負っていた数字でもある。担当記者が語る。 「番号を譲ることになった西岡は、来季から『5』になる。阪神では新庄剛志ら花形選手がつけてきた番号で、西岡は“糸井さんには気持ちよく(背番号を)つけてもらいたい”とコメントしたが、『7』はロッテ時代にもつけて [全文を読む]

今オフFAの目玉は糸井と陽岱鋼 阪神、巨人らで争奪戦

NEWSポストセブン / 2016年11月02日07時00分

オリックスは糸井のFA移籍を何とか思いとどまらせようと4年18億円の条件を用意しているようですが、“打てない、走れない”で苦しんだ阪神も同等の4年契約を提示し、金本監督が直々に説得に乗り出すと見られています」(在阪スポーツ紙記者) 糸井は京都出身で、近畿大からドラフト自由獲得枠で2004年に日ハム入り。2012年オフにはポスティングでメジャー移籍を模索する [全文を読む]

巨人・陽岱鋼の15億円契約 台湾ファン増えるため安い投資

NEWSポストセブン / 2017年01月06日16時00分

日ハムからFA移籍した陽岱鋼(29)は「5年15億円」の大型契約となった。 陽は日ハム時代の10年間で打率3割を超えたシーズンがないだけに、“割高感”を覚えるが、球団には別の皮算用がありそうだ。 「12月の陽の入団会見には母国・台湾から7社が取材に来た。巨人の狙いは、この台湾ビジネスの拡大にある」(スポーツ紙デスク) 昨年、パ・リーグは「FOXスポーツ台湾 [全文を読む]

斎藤、杉内、松坂 エース番号18が期待はずれのイメージに

NEWSポストセブン / 2016年12月06日11時00分

日ハムで「1」をつけていた陽の獲得には巨人、楽天が名乗りをあげているが、巨人の「1」は王氏の番号で永久欠番、楽天では不動のクローザー・松居裕樹(21)がつけている。一方でオリックの「1」は“マイナー帰り”の中島裕之(34)。中島が一番動かしやすいということでオリックスが移籍交渉で有利ではと見る向きもあるのだ。 「オリックスは糸井が抜けて『7』が空いたのも大 [全文を読む]

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(1)「巨人vs日ハム」は遺恨だらけ

アサ芸プラス / 2017年06月03日09時56分

6月9日からの3連戦で鼻を明かすためです」 実は日ハムでは、チーム編成にあたって4通りに選手を分類しており、それは「どうしても必要な選手」「レギュラー」「育てる人材」、そして「代えのきく人材=在庫」だという。「陽はレギュラーだったが、故障持ちもあって大きいピースではなかった。みずからを過大評価していた陽は、水面下で巨人につり上げられた条件をベースに、残留し [全文を読む]

高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

そこに藤村大介(27)や大田泰示(26、昨年11月にトレードで日ハムに移籍)ら若手も合流。 「グアム滞在中の食費や宿泊費まですべて阿部が負担する面倒見の良さに、一時期は内海哲也(34)を中心とした投手陣まで加わる一大勢力になっていた。 ところが一昨年、阿部がコンバート失敗で極度の不振に陥り、昨年は初の単独自主トレとなった。すると坂本と長野は、新たに村田修一 [全文を読む]

巨人「大型補強でも優勝危うい?」ドタバタ裏事情

日刊大衆 / 2017年01月17日11時30分

「今回の補強で、巨人は山口のほか、日ハムから吉川光夫(28)というローテーション投手、森福、カミネロという抑え投手、そして打では、楽天から主軸が期待されるマギー(34)に加え、シュアな打撃が持ち味の陽岱鋼を獲得したため、穴がなくなりました。陽は守備も堅実な外野手ですので、センターラインの強化にもつながります」(前出の巨人担当記者) 一部の評論家や熱心なファ [全文を読む]

【プロ野球順位予測】村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」

NEWSポストセブン / 2017年01月09日16時00分

二刀流で躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 日本人初のメジャーリーガー「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏が注目するのは、古巣であり、MLB挑戦間近の大谷のいる日本ハムだ。 * * * 2016年シーズン、開幕か [全文を読む]

プロ野球契約更改「大物5人の移籍密約」をスッパ抜く!(2)日ハム・中田は阪神・金本監督と相思相愛の関係

アサ芸プラス / 2016年12月17日09時56分

ある意味、どこかの人気球団と違って、すごいと思いますよ」 [全文を読む]

DeNA・山口俊を巨人がFA獲得するメリット。マイナス10勝の意味とは?

週プレNEWS / 2016年11月13日11時00分

これで一気にストーブリーグが過熱するのか? 恒例、現場記者の匿名座談会で、前編記事(「巨人・大田とのトレードで見せた日ハムのしたたかさ。中田翔FA移籍への布石とは?」)に続き、各球団の本音と今後の展開を読む。 ・若手野球ライター(以下、A) ・スポーツ紙中堅記者(以下、B) ・スポーツ紙ベテラン記者(以下、C) * * * A 若返りをシビアに推進する、 [全文を読む]

大逆転V!日ハム・栗山英樹の「奇抜な監督力」(2)口癖は「日本一の中間管理職を目指す」

アサ芸プラス / 2016年10月08日17時56分

栗山監督の愛読書の一つが「韓非子」の解説本。中国の思想家の人心掌握術である。人をどう使うか。選手といかにコミュニケーションを頻繁に取り、信頼感を高めるか。それらも、こうした書物からの知識にヒントを得ているものだ。選手を必ずファーストネームで呼び、来日したレアード(29)に陽岱鋼(29)が「金ちゃん」とアダ名を付けると、栗山監督もさっそく「金ちゃん」と呼びか [全文を読む]

【プロ野球】逃した魚はデカい?日ハムがドラフトで獲得失敗した選手の活躍ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日17時06分

しかし、もしこの中で何人かでも獲得できていれば、鷹の独走を少しは止められた…かも!? 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

プロ球団スカウトが狙うNo.1野手はオコエ! 日ハムが歴代センターの後継に?

週プレNEWS / 2015年08月26日06時00分

そういう誠実さも好感が持てます」 (取材・文/田口元義) ■週刊プレイボーイ36号(8月24日発売)「『甲子園の怪物たち』プロスカウトの赤マル急上昇リスト」より [全文を読む]

故障者続出の首位・楽天 田尾氏「梨田監督はやりくりする人」

ベースボールキング / 2017年07月28日11時00分

【主な故障離脱者】 茂木栄五郎 ペゲーロ 岡島豪郎 藤田一也 今江年晶 松井裕樹 ◆ 日ハム監督時代にも… 梨田監督が、日本ハム監督時代2年目の2009年リーグ優勝を達成した時も、現在と似たような状況があった。 首位を走っていた日本ハムだが8月中旬に、スレッジ、宮西尚生、糸井嘉男、二岡智宏、小谷野栄一など発熱や新型インフルエンザにかかり離脱。 この間、野 [全文を読む]

巨人・石川慎吾、プロ6年目で初のサヨナラ安打「興奮して覚えてないです」

サイクルスタイル / 2017年06月26日12時30分

日ハムコンビが活躍」「石川選手、ナイスバッティング」「九回裏が始まるまで打てず負けを覚悟してましたが、やっと最終回で打線がつながりましたね」などの声が寄せられている。 [全文を読む]

巨人とSB 同じ金満球団でも大きく異なる親会社のスタイル

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

その姿が30億円補強で獲得した陽岱鋼(30、日ハムから)や山口俊(29、DeNAから)が全く機能しない今季と符合して見えるというのだ。高橋由伸監督も今年、3年任期の2年目を迎える。 「5月10日に観戦に訪れた親会社である読売新聞グループ本社代表取締役主筆・渡辺恒雄氏は、FA組が全く活躍していないことにご立腹でした。渡辺氏への前期報告が行なわれる7月までに [全文を読む]

「パ・リーグ優勝予想」第1位は、日ハムか福岡SBか?

日刊大衆 / 2017年04月01日07時05分

日ハムと同様に、「投手陣、野手陣の層が厚い」(50歳男性)と、強大な戦力を理由に挙げる人が多かったです。その一方、「昨年の雪辱」(65歳男性)、「去年優勝できなかったので、全員必死に戦うはず」(54歳男性)など、昨年の雪辱を果たしてほしいと願っている熱烈なファンも目立ちました。 続く第3位(13%)は、昨年Bクラスに低迷した東北楽天ゴールデンイーグルス。「 [全文を読む]

大型補強の巨人に江本氏「一致団結の気分にならんでしょう」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日16時00分

そんな中、5年15億円という大型契約を結んだ陽岱鋼(30、日ハムから)は、川崎市のジャイアンツ球場で新人と一緒に調整している。 「巨人の雰囲気に慣れたいというのが表向きの理由ですが、定位置を競い合う長野のいるグアムや亀井善行(34)のいる宮崎には行きにくいという事情もあるのでしょうか」(巨人OB) 巨人の今年の戦力について、辛口評論で知られる江本孟紀氏は [全文を読む]

フォーカス