片岡愛一郎 片岡愛之助に関するニュース

片岡愛之助の一番弟子・愛一郎がキャラ濃すぎて面白すぎると話題に

AOLニュース / 2015年07月25日12時00分

7月23日に放送されたバラエティ番組『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に、歌舞伎役者の片岡愛之助の一番弟子・片岡愛一郎が出演、ネット上で、そのキャラクターの濃さが話題となっている。 番組では、多忙な毎日を送る愛之助が、仕事の空き時間にドンキホーテで爆買いしている現場に密着した。当日、愛之助の背後には、蝶ネクタイをした男性の姿があり、番組スタッフがその人物 [全文を読む]

「真田丸」関ヶ原の戦いでは片岡愛之助のおネエ愛弟子も活躍

NEWSポストセブン / 2016年09月14日07時00分

その五助を演じていたのは、このコラムでも以前紹介した愛之助の弟子・片岡愛一郎である。かの『半沢直樹』で愛之助が演じたオネエキャラ黒崎のモデルになったという愛一郎。『波瀾爆笑』などで観た彼のしぐさは、さすが歌舞伎の女形という感じのくねくね感とピカピカのおでこが印象的だったが、『真田丸』の五助は、一味違った。 家康暗殺を企て、仲間になってくれと誘いにきた三成 [全文を読む]

“必ず5人の大物歌舞伎役者が死ぬ”歌舞伎座の呪い 片岡愛之助の霊能力と関係も!?

ハピズム / 2013年10月19日20時58分

オネエ検査官としての撮影秘話を聞かれると、部下のゴールデンボールを握って「今度失敗したら潰すわよ」というシーンをあげ、「あまり強く握りすぎると演技ができなくなってしまいますから、弟子で女役の片岡愛一郎と楽屋で、痛くないようにするにはどうしたらいいか何度も練習したんですよ。こう下からさっとやるのがポイントなんです。おかげでコツをつかみました(笑)」と、実際の [全文を読む]

「真田丸」“刑部の介錯人”は愛之助の愛弟子!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日11時00分

その中で、切腹する吉継に命じられて介錯(かいしゃく)を務め、その首をはねる家臣・湯浅五助を演じる片岡愛一郎を直撃。愛之助の弟子として常に行動を共にする彼は、愛之助がドラマ「半沢直樹」(’13年、TBS系)でオネエ口調の国税庁検査官・黒崎駿一を演じた際、役作りの参考にしたという人物。そんな愛一郎に、大河初出演の感想と、“若旦那”と呼んで慕う愛之助の介錯人とい [全文を読む]

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月13日05時50分

普段から物腰が柔らかい弟子の女形・片岡愛一郎を観察し、誇張して演じました。表情の作り方ひとつとっても、一からの勉強でした」 原作にも目を通し、ストーリーにすっかり引き込まれたと言う。 「非常にリアルな小説ですよね。銀行融資の内情、行内の出世争いなど、自分には縁遠い世界の話ですが、本当にありそうで怖さを感じました。原作がしっかりしていたからこそ、ドラマの脚本 [全文を読む]

フォーカス