エピソード 増田貴久に関するニュース

NEWS増田が「弁当のしょうゆ」を使わない理由

日刊大衆 / 2017年03月19日15時05分

他にも、メイクルームの椅子に座る前、椅子をティッシュで拭くところを共演者に目撃されたり、ヘアメイク含め、髪の毛を他人に触られるのが嫌だと告白したり、ホテルに宿泊するときには枕に自前のタオルを巻いて寝たりと、増田の潔癖症エピソードは多い。 以前、あるテレビ番組で「そういうのって小さい男じゃないですか」と、潔癖なところを治したいと語っていた増田貴久。このレベ [全文を読む]

手越祐也は“世界が自分中心に回っている”と思っている?

Smartザテレビジョン / 2017年01月26日07時00分

メンバー4人では初出演となり、それぞれの意外な素顔やさまざまなエピソードが明らかになる。 「ホンマでっか!?人生相談」では、小山慶一郎、増田貴久、加藤シゲアキの3人が「“世界が自分中心に回っている”と思っている人とのよいつきあい方を知りたい」という悩みを持ち込む。悪い人ではないが、実は手越祐也が自由奔放過ぎて困っているという相談内容。 例えば、「大切な仕事 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】石井竜也が安倍なつみらと『ズルい女』を熱唱。「つんく♂、お前のために歌うからな!」

TechinsightJapan / 2015年05月21日19時25分

石井竜也が音楽番組『水曜歌謡祭』に出演して忌野清志郎さんやつんく♂とのエピソードを語った。当時、RCサクセションで活動していた清志郎さんとは米米CLUBとして、また、つんく♂とは米米CLUBを解散した直後に思い出があるという。 米米CLUB時代には、MC・ボーカルのカールスモーキー石井として活躍。『浪漫飛行』や『君がいるだけで』などが大ヒットした。1997 [全文を読む]

「感想がこないんだよね」V6・井ノ原快彦の一言に関ジャニ∞・横山裕が冷や汗!

サイゾーウーマン / 2012年10月08日13時00分

【関連記事】・「会った瞬間釣りの話」NEWS・加藤成亮と大野智の不思議な関係・中丸雄一が増田貴久とハワイへ! メジャーリーガーに間違えられる・中居正広と城島茂、合宿所で2人きりのマル秘エピソード [全文を読む]

手越祐也「オーディション当日に雑誌デビュー」伝説

日刊大衆 / 2017年04月15日15時05分

そんなエピソードすら、「手越祐也らしい」と受け入れられてしまうところも、彼の才能なのかもしれない。ブリュレ [全文を読む]

手越祐也「パン投げつけた」ヤンチャ時代を告白

日刊大衆 / 2017年04月08日19時05分

手越がとがっていたデビュー当時のエピソードを告白し、フットボールアワーの後藤輝基(42)らを驚かせる場面が見られた。 この番組はひな壇に座る“ガヤ芸人”50人が、自らの特技を使ってゲストをもてなすというのがコンセプト。まずは手越と加藤の経歴を紹介することになった。この中で手越が中学3年生でジャニーズ事務所に入所し、10か月後にNEWSでデビューしたと説明さ [全文を読む]

NEWSが大嫌いだった!手越祐也がデビュー当時の最下位人気をカミングアウト

アサジョ / 2017年03月25日10時14分

恋愛においては「ビビッと一目惚れしてすぐに欲しいタイプ」という超肉食系の手越は、唯一号泣したという10代の頃の失恋エピソードを披露。「めちゃくちゃ泣きました」と振り返った2年越しの恋も、フラれてわずか1日で立ち直ったなど、そのポジティブな性格はさすがという一言に尽きる。 そんな手越は02年にジャニーズ事務所に入るも、わずか10カ月でNEWSとしてデビュー [全文を読む]

NEWS、非公式本が証明する老害力

NewsCafe / 2016年12月14日11時00分

NEWSより山下の話の方が多い印象ですが、山下とメリーさんとのエピソードは興味深かったですね」 そもそもNEWSは、人気者の山下を中心とするグループとして結成された。山下がジャニー喜多川社長(85)に直談判して実現したという。 「その山下が、ドラマのギャラをめぐり、メリーさんとひと騒動。主演ドラマで、共演の年下女優よりギャラが低かったことを知り、事務所に不 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】手越祐也「小山慶一郎はNEWSの“潤滑油”」ジャニーズの“社交的な人”と“そうでない人”を激白

TechinsightJapan / 2016年07月27日18時13分

そんな小山のエピソードを話す2人の嬉しそうな笑顔からグループの仲の良さがうかがわれる。 8月27日(土)から放送される『24時間テレビ39「愛は地球を救う」』ではそのNEWSがメインパーソナリティを務める。小山慶一郎、増田貴久とともに人見知りな手越祐也と加藤シゲアキがどのように盛り上げてくれるか楽しみだ。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉 [全文を読む]

KAT-TUN、充電期間前ラストのバラエティ出演! 嵐・櫻井翔が贈る言葉とは……

Entame Plex / 2016年04月28日20時05分

KAT-TUNにとって、充電期間前ラストのバラエティ出演となる今回の放送では、やんちゃだったデビュー当時の裏話、メンバー脱退に関する意外な本音など、今だから語れる赤裸々エピソードの数々を語り尽くす。 番組恒例の「夜会掲示板」では、メンバーが「充電期間前の今こそ、弱点を克服したいので協力お願いします!」と熱望。 亀梨和也の弱点は、スタッフが勝手に「カッコ良 [全文を読む]

充電前KAT-TUNが“脱退”に関してぶっちゃける

Smartザテレビジョン / 2016年04月28日06時00分

やんちゃだったデビュー当時の裏話、メンバー脱退に関する意外な本音など、今だから語れる赤裸々エピソードの数々を語り尽くす! “夜会掲示板”では、メンバーが「充電期間前の今こそ、弱点を克服したいので協力お願いします!」と熱望し、それらに番組が次々と答える。 まずは亀梨和也。スタッフが勝手に亀梨の弱点を「格好良さが狭い」と決め付け、それを克服すべく、亀梨にはない [全文を読む]

嵐・二宮和也、NEWS・増田を“スルー”! 連絡先を知らなくても「困んない」「接点ない」!?

サイゾーウーマン / 2016年04月17日09時00分

続けて『ニノさん』収録時のエピソードを振り返り、 「なんか連絡を取るような用事だったんだけど、『二宮くんに連絡しようと思ったら番号知らなかったんです』って話して。『じゃあ、後でちょっと教えてよ』って話になったんだけど、そのまま二宮くんいなくなってた」 と語り、二宮に“スルー”されてしまったと告白。実際、10日放送の『ニノさん』でも、増田は『第39回日本アカ [全文を読む]

KAT-TUN「充電期間」に悲鳴と希望…3人は何者を目指すのか?

messy / 2016年02月15日23時00分

幾度の解散危機を経たからこそメンバーの絆が深まった側面もあり、小山が解散危機を振り返って涙を見せながら「今のNEWSが一番好き」とテレビ番組で明かしたり、「加藤宅にメンバー全員で泊まった」「テゴマスのコンサートに小山と加藤がプライベートで訪れた」など、4人の仲良しエピソードは頻繁に聞こえてくる。 こうした現在のNEWSを見るにつけ、KAT-TUNもいつか [全文を読む]

NEWS・増田貴久の悲しすぎる思い出を明かす→手越は爆笑! 「つらすぎるwww」「たしかに地獄」

AOLニュース / 2015年11月24日12時00分

たしかにそうした体験の末に手に入れた悲願の免許であれば、首からさげて歩きたくなる気持ちもよくわかるエピソードだ。■参照リンク『テゴマスのらじお』公式サイト(毎週水曜よる11時30分から放送)mbs1179.com/tegomass■11月のAOL特集世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】 [全文を読む]

山田涼介、24時間テレビのドラマ主演「不安でした」

Smartザテレビジョン / 2015年08月17日21時00分

現場でのエピソードを聞かれた増田は「山田君が現場に肉巻きロールを差し入れしてくれまして、みんなおいしいって食べていたんです。けど、山田君は(役作りのため)ダイエット中だから食べないって集中して座っていて。その横で僕は1個食べ始めたら止まらなくなっちゃてずっと食べてました。ちょっと山田君から冷たい目線を感じて…」とポツリ。山田が「そんなことないですよ!」と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】NEWS・増田の“ふなっしー愛”がネットで話題に。梅沢富美男は「喋れなかったなっしー」とガックリ。

TechinsightJapan / 2015年06月21日20時10分

この日の男性出演者とふなっしーのほっこりしたエピソードが、ネット上で話題になっている。 『水曜歌謡祭』2時間スペシャルは“昭和と平成の名曲”と銘打ち、世代もジャンルも異なる歌手がスタジオに多数顔を揃えた。 原田真二が1978年にリリースした『タイム・トラベル』を本人の歌とピアノ、そして増田貴久(NEWS)と三浦大知とのコラボで披露。増田と三浦の確かな歌唱力 [全文を読む]

「JUMPをベタ褒め」関ジャニ∞・大倉忠義、Hey!Say!JUMPとの“親密”交流でにやけ顔?

サイゾーウーマン / 2014年10月18日09時00分

たびたびコンサートを見に行ったり、大倉君がこんなに後輩を可愛がるのは珍しいので、驚いてるファンが多いんですよ」(関ジャニ∞ファン) 当日のコンサートでは、Hey!Say!JUMPメンバーの有岡大貴が、大倉が見学に来ていることを紹介し、「JUMPみんな大倉君大好き」「この前も(大倉の)テレビ局の楽屋に居座ってた」などと、微笑ましいエピソードを話していたという [全文を読む]

フォーカス