結婚 桑子真帆に関するニュース

NHK次世代エース、桑子真帆アナの「心配」

NewsCafe / 2017年02月20日12時00分

ま、おっさんアナの異動はともかく、やっぱり興味は女子アナだよ」 記者「2015年3月まで『ニュースウォッチ9』の担当だった井上あさひアナ(35)が京都放送局から2年ぶりに東京に戻り、『ニュース7』の土日祝日担当になりますが…」 デスク「彼女でもないんだよね、オイラの注目はNHKの将来のエース女子アナ、桑子真帆アナ(29)だよ」 記者「桑子アナは深夜ニュース [全文を読む]

NHK桑子真帆アナ、フジテレビアナとの結婚で、早くも囁かれる「格差婚」

アサ芸プラス / 2017年05月26日17時58分

自身の誕生日の5月30日にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚することが発表されたが、「5月11日放送の『ニュースウォッチ9』のエンディングで有馬嘉男キャスターから唐突に祝福され、笑顔で照れている姿が印象的でした。番組の雰囲気も小物や植物が多く並べられるなどポップで好評のようです。桑子アナは『ブラタモリ』『ニュースチェック11』『ニュースウォッチ9』と、着実にス [全文を読む]

NHK桑子真帆がフジテレビアナとの結婚で「タレント転身」が加速!?

アサ芸プラス / 2017年05月16日09時59分

5月10日、結婚する事が明らかになったNHKの桑子真帆アナ。 お相手は以前から交際が報じられていたフジテレビの谷岡慎一アナで、5月末に婚姻届が提出されるという。 今年4月から「ニュースウオッチ9」で司会を務めるなど、NHKでも屈指の人気アナの桑子アナの電撃結婚は業界内でも大きな話題となっている。「『もうちょっと待ってくれてもよかったのに』というのがNHK上 [全文を読む]

「めざましテレビ」代役の谷岡慎一アナは恋人のNHK桑子真帆アナより下手すぎ!

アサジョ / 2016年08月08日09時58分

今年4月には谷岡の妹が2人の交際を認めたうえで、「結婚という話になったら私も両親も応援しますよ」とコメントしたことで、もはや結婚は時間の問題とも言われているが──。「アナウンサーとしての力量は現在のところ桑子アナのほうが数段優れています。例えば8月2日放送の『めざまし~』では、ニュース原稿を何度もつっかえて読み直し、視線も泳いでばかり。もしかしたら視聴者に [全文を読む]

第24回「女子アナの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年10月06日18時03分

例えば、ウッチャンと結婚したテレ朝の徳永有美アナもその一人だ。彼女は女子アナには珍しい大妻女子大の出身で、彼女もまた学生時代は特に目立った活動はなかった。 しかし入社後、『やじうまワイド』や『内村プロデュース』にキャスティングされると、たちまち頭角を現した。顔よし、ノリよし、喋りよし――の三拍子。その実力は誰もが認めるものとなり、たちまち同局のエース候補と [全文を読む]

草なぎ剛も安泰!?「ブラタモリ」は超あげまん番組だった!

アサジョ / 2017年06月23日18時15分

しかも久保田アナは結婚出産、桑子アナもフジテレビのイケメン・アナウンサーとの結婚を発表するなど、プライベートでも幸せを掴んでいます」(番組関係者) 文字通り、あげまん番組と言える「ブラタモリ」だが、さらにこの番組でナレーションを務める草なぎ剛が、事務所独立後も仕事を継続することがNHKから発表された。これで草なぎの今後も安泰だ!? [全文を読む]

結婚が明らかになったNHK・桑子真帆アナ フリー転向説の真偽とその資質

日刊サイゾー / 2017年05月25日23時30分

同局では、“お局様”的存在の有働由美子アナに次ぐ人気女子アナの結婚とあって、落胆する男性ファンが少なくないようだ。 桑子アナは東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)を卒業し、2010年に同局に入局。長野放送局に3年勤務した後、広島放送局に異動。広島局時代にはBSプレミアムの子ども向けバラエティ番組『ワラッチャオ!』で、“初代お姉さん”に起用され、注 [全文を読む]

NHK桑子真帆アナがフジ谷岡慎一アナとの結婚でフリー転身に現実味!?

アサ芸プラス / 2017年05月12日17時58分

「ブラタモリ」(NHK)では大御所タモリを相手に丁々発止でアシスタントを務め、一躍人気者となった桑子真帆アナが、5月30日の誕生日に結婚することがわかった。 お相手はかねてより交際していたフジテレビの谷岡慎一アナ。結婚秒読みと言われていた2人だけに驚きはない代わりに、こんな噂が聞こえてきた。「桑子アナが来年3月でNHKを退社するのでは、というのです。その後 [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

ただ、一昨年に結婚してからは、以前よりもフワッとしたブラウスを着ることが増えました。巨乳化が進みすぎてしまった“爆乳”を隠すためでしょう。それでも、ミニスカは健在。肉感的な腰まわりに人妻エロスを感じさせてくれます」(前出・丸山氏) 三十路人妻アナの武器が胸から腰つきに変化していくのは必然かも。 美人すぎる東大卒アナとして人気上昇中なのが「おはよう日本」の和 [全文を読む]

NHK桑子真帆アナ、フジ谷岡慎一アナとの結婚秒読みでフリー転身か!?

アサ芸プラス / 2017年03月14日17時59分

プライベートでは、フジテレビの谷岡慎一アナとの熱愛が一部で伝えられ、結婚も取り沙汰されているのである。 そんな桑子アナには結婚後のフリー転身を見越して、早くも水面下で争奪戦が繰り広げられているという。「結婚となれば、家事や育児と仕事を両立しなくてはなりません。となると、短い拘束時間で効率良く稼げるフリー転身という選択肢も出てきます。そこで、谷岡アナが在籍 [全文を読む]

民放女子アナ軒並み凋落 唯一期待が持てそうなのはテレ東か

NEWSポストセブン / 2016年09月07日07時00分

視聴率低迷によって新人の顔と名前がお茶の間に浸透しないことも、若手が台頭しない理由かも……」 TBSでは雨宮塔子(45)を『NEWS23』をキャスターに抜擢したのに続いて、2014年に広島カープの堂林翔太と結婚、退社した枡田絵理奈(30)も復帰。相次ぐ「OGのカムバック」の背景をTBS社員が語る。 「青木裕子(33)、田中みな実(29)から始まった人気女子 [全文を読む]

桑子真帆アナ「ブラタモリ」降板で囁かれ始めた「NHK退社」「男性アナと結婚」

アサ芸プラス / 2016年03月14日17時59分

谷岡アナは『めざましテレビ』に出演した今年の1月に、先輩の三宅正治アナから『あの彼女とはまだ結婚しないの?』と生放送中にツッコまれて照れていました。桑子アナが寿退社してフリーになる可能性も高いです」(前出・キー局制作スタッフ) TBSは小林悠アナが突然退社。フジテレビは加藤綾子アナが4月1日で退社。桑子アナもそれに続くかもしれない。 [全文を読む]

水卜麻美、「好きな女子アナ」3連覇のウラで……“圏外陥落”の落ち目女子アナは?

サイゾーウーマン / 2015年12月20日16時00分

「大江は、マネックス証券CEOの松本大氏との結婚が尾を引いているのでしょう。また、出演番組が『ワールドビジネスサテライト』ぐらいしかないのも、順位を下げた原因かも。生野も同期アナの中村光宏と結婚しましたが、それより人気番組『めざましテレビ』から低視聴率にあえぐ『みんなのニュース』への配置換えが響いた格好です。井上は、京都局へ異動したために、『ニュースウオ [全文を読む]

NHK桑子アナ一強体制 焦る井上・和久田、有働は高みの見物

NEWSポストセブン / 2017年09月05日16時00分

2人とも独身だけに、今年5月に結婚して公私ともに充実する桑子アナには仕事で負けたくないという気持ちが人一倍強いのでは」(同前) そんなバトルを、“高所”から眺めているのが有働由美子アナ(48)だ。 「最近ではトレードマークのショートヘアをゆるくパーマを当てたようなふわふわヘアにしたことで、視聴者から『ますます綺麗になった』と絶賛されており、どんどん魅力が増 [全文を読む]

NHK桑子アナにフジイケメンアナと熱愛報道 妹も応援

NEWSポストセブン / 2016年04月10日11時00分

まだ彼女とは会わせてもらっていませんが、綺麗で聡明な方だし、結婚という話になったら私も両親も応援しますよ」 [全文を読む]

三船美佳・神田正輝、綾野剛、国生さゆり……なぜ“元日”に芸能スクープが集中するのか

おたぽる / 2016年01月12日12時00分

三船は16歳の時、24歳離れた当時40歳の高橋ジョージと結婚している。今回の神田との年齢差は実に32歳。三船の“ファザコン”ぶりが露呈した形となったが、双方の事務所とも交際を否定している。 その他にもざっと挙げるだけでも、国生さゆりとメッセンジャー黒田破局危機(スポーツニッポン)、綾野剛と佐久間由衣熱愛(スポーツニッポン)、知念里奈と井上芳雄熱愛(デイリー [全文を読む]

NHK桑子真帆アナ、フジ谷岡慎一アナと熱愛に男性ファンが「結局、顔か…」

アサ芸プラス / 2016年01月10日09時58分

タモリに平気で『口数少ないですよ』などとツッコミを入れたりできることから、タモリから『あれは化けるよ』とお墨付きをいただいたという逸材です」(広告代理店関係者) ところが昨年9月、「NHKニュース7」で福山雅治と吹石一恵の結婚を伝える際に「私はショックで、思わずエッ! と声をあげてしまいました」と率直すぎるコメントを添えてしまった桑子アナ。このことで、せっ [全文を読む]

フォーカス