現状 地球に関するニュース

地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

HANJO HANJO / 2015年12月15日13時15分

再開発が次々と進む都心部の現状に一石を投じた形だ。■地球温暖化と経済活動はトレードオフの関係? 続いて、COP21の話題に。COP21の取材に行った池上氏は、各国の温室効果ガス削減について、こう述べた。「京都議定書と同様、どの国も責任を負っているが、その責任の大きさには先進国と発展途上国で差異がある。ただし、以前とは異なり、発展途上国の問題意識は高まってい [全文を読む]

美しき地球を守れ!NASA、2100年までの地球気候変動のデータを発表

GIGAMEN / 2015年06月17日20時30分

データセットを一般公開したのは、気候変動によって脅かされる地球の現状と未来を世界中の人々が知り、対策を考案して実行することで、最悪のシナリオを避けることができると考えてのことだろう。 人類は多くを犠牲にして発展・繁栄してきた。取り返しのつかないことになる前に、できることから始めて我々が生き住まう美しき地球と自然環境を守りたい。 [全文を読む]

地球内部にはシリコンが詰まってる!? 東北大学研究チームの解明に、世界中が大興奮!

tocana / 2017年02月02日07時30分

月より遠いマントル――そのさらに奥まった場所にあるコアについては、知恵と仮定によって研究を深めるほかないというのが現状だ。とりわけその成分については長年の間、議論が続いていた。■謎として残る「第三の成分」日本の大学が解明 コアを構成する成分の85%は鉄、10%はニッケルであることが過去の研究で明らかとなっていたが、残りの5%については今日に至るまで未解明 [全文を読む]

宇宙人にも毛があった!? 隕石の中に地球外生命体の毛が混入!

ハピズム / 2013年04月19日21時00分

そのほかにも、科学者たちによって、地球外に由来すると「証明」されたケースはあっても、どれひとつとして正式に学会に認められていないのが現状だ。それが、何らかの圧力によって情報が闇に隠されているのか、学説としてまったく成立していなかったからなのかはわからない。 しかし、もしウォリス教授らの研究が学会で定説となれば、世界の科学・経済・文化などは根本的な変化を強 [全文を読む]

イケア・ジャパンはCOP21の開催に先駆け、サステナビリティキャンペーン「みんなで向きあう気候変動~地球をよくする快適な暮らし~」を展開します

PR TIMES / 2015年11月10日09時46分

イケア・ジャパンも気候変動に関する現状と緊急性を広く伝えたいと考えています。 =============================================== 動画「未来を照らせ、LED!!」について イケア・ジャパンは、振付師ラッキィ池田さんのご協力を得て、温暖化防止と難民支援という2つのテーマから成る動画「未来を照らせ、LED!!」(1分 [全文を読む]

タモリとサザンも参加!初期の「24時間テレビ」はこんな内容だった

しらべぇ / 2015年08月22日06時00分

■6:00「世界の福祉・日本の福祉」人間の誕生から老いまで、各国の政策を日本の現状と比較して、将来の進路を考える。■8:00 リレー中継「日本列島120分」全国各地のチャリティーの訴えと募金風景を生中継。■10:00 手塚治虫アニメ「100万年地球の旅 バンダブック」画像出典:Amazon昭和っ子(アラフォー)は、「24時間テレビ」といえば手塚治虫のアニメ [全文を読む]

もしも宇宙で病気になったら...? ロボットによる外科手術研究の今

tocana / 2014年04月19日13時30分

現状、それに対する解決策は、「飛行士たちが互いにロボットを使えるようにする」という非常にシンプルなもののようです。やはり宇宙飛行士には高い能力が求められますね。 資源とエネルギーの枯渇が懸念される今後、それらを求めて宇宙を探索することがあるかもしれません。そのような中、宇宙で使うことを目的としたこのロボットは、地上でも有効活用できそうですね。宇宙開発の技術 [全文を読む]

もう夢物語ではない! 今こそ「宇宙経済圏」の話をしよう

Forbes JAPAN / 2017年02月04日10時00分

宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去を目指す、日本を代表する宇宙ベンチャー・アストロスケールCEOの岡田光信に、宇宙経済圏の現状を聞いた。現在の宇宙ビジネス業界を理解するためには、「ノーマライゼーション(正常化)」がキーワードとなるでしょう。以前の宇宙業界は、宇宙開発のために研究が進められた先端技術を用いて、政府や宇宙機関を中心とした限られた専門家のみが活躍す [全文を読む]

【開催報告】2016年10月21日(金) 第53回 地域活性あんしん交流会「無農薬・無化学肥料でも多収穫を実現する奇跡の農業とは? ~世界の食糧不足問題の解決を目指す~」

DreamNews / 2016年10月31日10時00分

その後にケニアに井戸掘りに行ったり、日本の農家の平均年齢が65歳で跡継ぎがいないという現状を知り地元の高知県四万十へ戻り農業も始めました。 そして今年1月に、日本あんしん生活協会の交流会に参加したことがきっかけで野々川さんと出会い、高品質多収穫の農業について教えていただくようになりました。 野々川さんの農業技術を広めるため、今年9月には「日本オーガニック [全文を読む]

「奇跡の草・大麻」論者の窪塚洋介に国外で活躍してほしい理由

messy / 2016年10月27日23時00分

現状、大麻を扱うには免許が必要。戦前は多くいた麻の農家もいまや約100世帯に減った。いったい大麻とはどんな植物なのか? 僕は大麻の真実を知りたくて大麻研究の第一人者、中山康直さんに会いに行く。彼の住む大島へ向かうことにした』と語り、番組内で縄文エネルギー研究所所長の中山康直のもとを訪れていた。中山と窪塚は、後に『地球維新 Vol.1 エンライトメント・スト [全文を読む]

【ABIリサーチ調査報告】消費者向け機器の精密全地球航法衛星システム(GNSS)受信機

DreamNews / 2016年09月28日10時00分

競争市場の現状を概観し、革新的な設計や価格をもたらしている主要企業について記載している。世界中に提供できる現実的なアプローチを実現することができるさまざまなプレシジョン技術を考察している。GNSSの利用が見込まれそうな消費者向け機器市場への採用の促進要因となる用途についてや、出荷数と収益の予測も行っている。This report focuses on th [全文を読む]

「人工流れ星」で世界的注目 日本のベンチャー企業ALEの挑戦

Forbes JAPAN / 2016年05月29日11時00分

現状、ライダー(LiDAR)や分光分析によるオーロラや流星の観測によって上層大気の計測が行われているが、これらの手法では特定の場所の計測を行うことができない。また、気球や気象観測ロケットでは高度に制限がある。計測手段が少ないため、上層大気に対する理解は深まっていないのが実情だ」と教授らは論文で述べている。これに対し、人工流れ星は大気に突入する日時や場所が [全文を読む]

歓迎か、警戒か? 地球外生命体をめぐって科学者が本気で議論!

tocana / 2015年03月11日07時30分

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/03/post_5879.html】■待つ「受動SETI」と積極的な「アクティブSETI」意見の対立 地球外知的生命体探査(SETI)は地球外生命体が発した電波を発見するべくすでに50年以上も解析し続けているが、はっきりとした結果をまだ検出できていないのが現状である。これまでの待つだけ [全文を読む]

モーニング娘。OGも登場!ファーウェイ・ジャパンのSIMフリー最新スマホ発表会レポート

ITライフハック / 2014年12月11日17時00分

「Ascend Mate7」「Ascend G620S」の2機種が地球を模した球の中から登場ファーウェイ・ジャパン端末統括本部プロダクトセンター商品企画部長の吉本晃氏は、同社の現状を紹介。2014年度は昨年の1.5倍以上のスマートフォン出荷(およそ8000万台)を目指してきたとのこと。さらに吉本部長は、総務省が2014年11月、SIMロックフリー製品の契約 [全文を読む]

聖学院大学が6月27日に特別講演会「ケニアのスラム街で生きる子どもたち」を開催 -- 地球のより良い未来について考える

Digital PR Platform / 2017年06月09日08時05分

講演では、オチエン校長と主宰の早川氏が、映像を交えながら、ケニアのスラムの現状や子どもたちに勇気や希望を与える活動について語る。また、将来、ケニアの障害児が社会へ出るためのサポートする夢を持って聖学院大学で特別支援教育を学んでいるケニア人留学生のドリス・アワンドゥ・アウィノさんとの意見交換の場も設けられる。概要は下記の通り。◆特別講演会「ケニアのスラム街 [全文を読む]

ナッツの殻から機能性材料の開発に成功~植物由来の環境調和型グリーンプラスチックを開発~

@Press / 2017年06月07日15時30分

現状: 昨今の環境問題である地球温暖化や化石燃料の枯渇の懸念から、地球環境に低負荷な持続可能社会の構築が求められています。特に、有限な化石資源に依存しない地球環境にやさしいカーボンニュートラル(注1)な非可食バイオマス(再生可能資源)の有効利用が大きく期待されています。 研究成果: 本研究ではこの非可食ポリフェノールであるカシューオイル(注2)に着目し、 [全文を読む]

安倍外交は物味遊山?総理の100カ国歴訪が評価されていない理由

まぐまぐニュース! / 2017年01月26日17時30分

先が見えない日米関係 トランプ氏は在日米軍の負担をもっと増やせと語り、現状日本の75%負担に更なる増加を要求。メキシコなどに工場を作ろうとするトヨタに対し、メキシコでの工場建設計画を撤回しなければアメリカで高い関税をかけるとツイッターで警告。その影響か、トヨタは本日1.1兆円投資すると表明。トヨタはアメリカでの雇用は減らさないなどの主張があるにもかかわら [全文を読む]

ロケット交流会2016、今年も11/19〜20に東京・お台場で開催

sorae.jp / 2016年11月18日21時00分

11/19(土) 司会:櫻井 健太郎 14:25~14:55 「国内における小型ロケット打上実験場の現状と今後」 和田 豊(千葉工業大学) 14:55~15:20 「競技ロケット世界選手権への道!!」 寺尾卓真(AEROSPACE CLUB JAPAN) 15:20~15:35 「音速突破ロケットの映像紹介」 石井 亮(武蔵野ロケットクラブ) 15:35 [全文を読む]

「電気自動車×自動運転」と太陽エネルギーがもたらすユートピア

FUTURUS / 2016年09月24日09時30分

各国での自動車と環境問題との現状は、どのようになっていますか? アメリカでいえば、国内最大の自動車市場といわれるカリフォルニア州で、ZEV(Zero Emission Vehicle)規制が強化されています。ZEVとは「温室効果ガスを一切排出しない電気自動車と燃料電池車」のことで、2018年以降のモデルに関して、各自動車メーカーは同州内で販売される台数の一 [全文を読む]

【ご案内】創立90周年・東レ先端材料シンポジウム2016

PR TIMES / 2016年08月30日10時06分

”をテーマに、東レが注力している「グリーンイノベーション」「ライフイノベーション」に関連する分野で特に活躍されているリーダーを学会・産業界から特別講師として招聘し、先端材料・先端技術を起点とするイノベーションの現状と将来動向についてご講演いただきます。日時等の詳細は下記の通りです。皆様のご来場をお待ちしています。 [画像: http://prtimes.j [全文を読む]

フォーカス