説明 地球に関するニュース

地球外生命体発見!?注意しないといけない、宇宙人との付き合い方

しらべぇ / 2017年03月06日21時00分

少し説明すると、ブラック指令の力の源であり、円盤生物を操る水晶玉を奪うため子供たちが勇気を出してブラック指令に飛び掛かり水晶玉を奪う。でも、子供(このとき決定打となる噛みつきを放ったのが、幼少の杉田かおるさん)に手を噛まれ、「うわぁ、何をするぅ...!」と悶える姿は、円盤生物よりも先にブラック指令を撃破した方が被害が遥かに少なかったのではないか、と思うほど [全文を読む]

「この世界は真っ平らだ!」現代に語り継がれる地球平面説

しらべぇ / 2016年08月22日05時30分

滝なんかない」と説明するが、平民出身である水夫たちはそんな言葉に納得などしない。だからこそ、コロンブスの第1回航海は水夫の反乱をどうにか抑えながらの船旅だったのだ。だが、マゼランの船団が実際に地球を1周したことで地球球体説は実証された。この時マゼラン船団の航海日誌を書いていたアントニオ・ピガフェッタは、日誌の日付のズレから時差を発見する。こうしたことも、地 [全文を読む]

【環境汚染】地球は人間ごときに汚されるほどちっぽけな存在ではない

まぐまぐニュース! / 2016年12月02日04時30分

傲慢なインテリが「にわか知識」を広めている!? 利権に染まったインテリには、科学的事実は通用しない 筆者のブログで詳細に説明しているが、資源の枯渇の問題も同じで、石油を使い尽くす年限を計算するとおよそ600万年などの数字が得られて、普通に言われる40年とか50年という数字とはまったく違う。 まず、地球の陸地の面積は地球全体の3分の1だが、世界の都市の総面 [全文を読む]

2017年10月に惑星ニビルが地球に衝突!? なぜ人は世界の終わりに引きつけられるのか?

NewSphere / 2017年01月16日18時00分

1976年発売の著書『The 12th Planet』(第12惑星)で、3600年周期で地球に近づく、楕円形の軌道を持つ惑星ニビルを説明した。 しかしメトロ紙は、ニビルが「2015年9月や12月に地球に衝突すると広く予言されていた」が外れたと指摘している。さらにニビル以外にも、2012年に世界が終わるとした「マヤ暦による終焉説」や、宇宙人が2003年に地球 [全文を読む]

ヤバい!エジプトの雪「地球温暖化の影響か?」と騒がれる

秒刊SUNDAY / 2013年12月14日12時11分

ネットでは「十数年ぶり」「100年ぶり」「史上初」など様々な説明がされておりますが、地元メディアによると『十数年ぶり』とのこと。ただし雪が積もったのは「歴史上初」との声もあるため一概にどの情報が正しいとは言えない。なにはともあれエジプトに雪が降るということは珍しいことに変わりはないので、この地球規模の一大イベントに世界中の人が驚き情報が錯綜するのも無理がな [全文を読む]

地球への惑星の衝突が、生命の源となる「炭素」をもたらした?:研究報告より

sorae.jp / 2016年09月07日09時40分

専門家の中には地球の形成後、隕石や彗星が炭素を運んできたと考える人もいますが、やはりその膨大な量を説明することはできなかったのです。 しかしライス大学の実験による報告によれば、地球のコアの鉄はケイ素や硫黄の含有率が高く、そこに水星のような表面に炭素を豊富に含み、中心にシリコンや硫黄を豊富に含む惑星が衝突したというのです。なお水星のコアはケイ素を、そして火星 [全文を読む]

「お月さま」地球への小天体の複数衝突で誕生か 巨大衝突説を覆す新説

sorae.jp / 2017年01月11日16時09分

ジャイアント・インパクト説はこの点をうまく説明できていなかったのです。 今回イスラエルのヴァイツマン科学研究所のRaluca Rufu氏らチームはコンピューターでのシミュレーションの結果、小さな天体の複数回の衝突でも地球の周りに物質がディスク状に飛散することを突き止めます。やがて飛散物は小さな月(ムーンレット)となり、その小さな月が衝突して現在のサイズの月 [全文を読む]

宇宙人襲撃に備えて、地球を「迷彩マント」でカモフラージュする構想が科学界で浮上!

tocana / 2016年04月14日09時00分

はたしてそんなことが可能なのか? それにはまず、我々の側が現在どうやって“居住可能”な惑星の探査を行っているかを説明する必要があるだろう。太陽系では太陽にあたる恒星が観測の基本的なポイントになるわけだが、NASAの宇宙望遠鏡「ケプラー」などを駆使して恒星を観測した際に、恒星の前を横切る小さな“染み”が発見できれば、それは惑星であると考えられる。この観測方法 [全文を読む]

見ているだけで恐ろしくなり発狂したくなる比較画像

秒刊SUNDAY / 2013年12月19日00時48分

順番を追って説明をすると。右から順に「水星」「金星」「地球」「月」「火星」「木星」「土星」「天王星」「海王星」「冥王星」「ハウメア」「マケマケ」「エリス」である。冥王星以降は準惑星である。―太陽よりさらに大きな星太陽よりもさらに大きな星は広い宇宙の中にはやまほどある。現在発見されている中で最も大きいのは「おおいぬ座VY星」で太陽の1420倍と推定されている [全文を読む]

梅雨シーズンに読みたい! 子どもにも教えたくなる「天気」や「空」の本3選

Woman.excite / 2016年05月29日14時00分

わかりやすい挿し絵と文学的な説明文は、まるで神話のよう。自然の風景や動物の生態を知れば知るほど、見えてくる世界が広がります。思わず子どもにも教えてあげたくなるエピソードばかりで、夏休みの自由研究の参考資料にもおすすめ。雨の日は本をひらいて、小さな冒険をはじめてみませんか。 (有朋 さやか) [全文を読む]

でんぱ組.incが地球を救う!?独自エコアイデアを発表!

Smartザテレビジョン / 2016年04月07日01時51分

「私自身スマホゲームにハマっているのですが、これなら“重課金”しても地球に役立つから意味がある」という相沢の説明には、出席者一同も深く頷いていた。収録後、でんぱ組.incのメンバーにコメントを聞いた。古川未鈴「所長さん(※スプツニ子!)は本当に美しくて、私たちの生活範囲内では今まで関わることがなかった方だと思います(笑)。環境問題のことを含めて、物の考え方 [全文を読む]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#19 鉱物

NeoL / 2015年07月16日08時37分

もう少し説明すると、例えばある山で出会った石を拾った場所で撮影し、宇宙の平和を祈る。その石をいったん持ち帰り、今度は次の旅先へと連れていき、その旅先で出会った石と触れさせて2ショット撮影をする。そこでもまた宇宙の平和を祈る。前の旅から持参した石は、そこで出会った石と入れ替わってもらい、その場に置き去られる。新たな石は持ち帰り、次なる旅へと連れて行かれ・・ [全文を読む]

小笠原“新島”出現と太陽活動の意外な関係

週プレNEWS / 2013年12月03日10時00分

地球惑星科学の権威である東京工業大学・地球生命研究所の丸山茂徳教授はこう説明する。 「太陽の黒点数は極大期から次の極大期まで、従来はほぼ11年周期とされてきましたが、前回の2001年から12年が経過した今になっても、ピークにはまったく達していない。黒点の数が少ないということは、太陽から来るエネルギーが減っているということです。地球は温暖化が進んでいると一般 [全文を読む]

地球がメロンの大きさだったら…? 科学の世界のスケール感を知ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月30日11時30分

この本のほとんどがイラストとその簡単な説明だけで描かれており、科学の世界におけるサイズ感……スケールを体感できるように構成されているのです。。 例えば、地球がメロンだとするならば、太陽は1.5km先にある直径14mの気球。気球の太陽に合わせて太陽系の惑星を見ていくと、火星は気球から2.3kmのところにあるミカン(6.8cm)だし、はずれにある天王星は気球か [全文を読む]

誰にも説明できない、しかし確かに存在する「アレ効果」の謎! 相対性理論の間違いが証明される可能性も!?

tocana / 2016年12月30日13時00分

■日蝕が地球と人類に与える影響 地球のあらゆる生命活動の源は、つまるところ太陽に行き着く。植物は太陽光を利用して光合成を行い、その植物を草食動物たちが食べることから食物連鎖が始まる。太陽がもしもなかったら、こうした生態系は途端に維持できなくなる。『旧約聖書』の「創世記」を引用するまでもなく、昼間に太陽が輝き、陽が沈むと夜の帳が降りるという営みは、おそらく地 [全文を読む]

【悲報】「ダークマター円盤による地球滅亡、いつ起きてもおかしくない」学者が警告! 最新ダークディスク理論が激ヤバ

tocana / 2016年12月18日07時30分

ニューヨーク大学の生物学者マイケル・ランピーノ博士が、その仕組みを説明している。「天の川銀河にはサイクルがあります。太陽系は、銀河平面に浮かび、引っ張られ、通り過ぎ、平面上へと戻ることを繰り返しているのです」「論文執筆者であるハーバードの友人たちは、銀河にはダークマターが凝集した薄いディスクがあり、太陽系は、ダークディスクを3500万年に1回通ると考えまし [全文を読む]

宇宙最強のテニスプレーヤー「テニボくん」が漫画から飛び出す!10月31日 小江戸蔵里のキャラクター祭りに参加し、子供たちに挨拶を指導

@Press / 2015年10月14日10時30分

■キャラクター説明「テニボくん」は地球で礼儀正しい挨拶やマナーを学び、あいさつキャラクターとして地域の子供たちに礼儀正しい挨拶を広めています。宇宙最強のテニスプレーヤーでしたが、地球の重力で動きが鈍くなり、キャラクターとして挨拶推進活動をしています。名称 :宇宙最強のテニスプレーヤーテニボくん所属 :あいさつ向上委員会所属生まれ :宇宙 ケロタン星(カエル [全文を読む]

三菱自、「2015年小学生自動車相談室」を開設

JCN Newswire / 2015年07月14日16時26分

- 「クルマの最新安全技術」では「誤発進抑制機能」や「オートストップ&ゴー」など最新技術の説明を分かりやすい解説で掲載しました。(2) 入手方法・問い合わせ先上記の「小学生自動車相談室」の窓口(期間外は「お客様相談センター」)にて受け付けます。送料は無料です。工場見学の参加者にも配布しており、一部の系列販売会社の店頭でも入手可能です。3.子供向けホームペー [全文を読む]

五・七・五(俳句・川柳)を投稿してプレゼント(商品券2,000円)をもらっちゃおう!

PR TIMES / 2012年12月05日11時46分

◆Let's 五・七・Go! キャンペーン説明ページ http://earthtime-club.jp/campaign/2012senryu/ ◆「地球時間(あすたいむ)倶楽部」TOPページ(会員登録) http://earthtime-club.jp/ ------------------------------------------------- [全文を読む]

驚異の的中率『MEGA地震予測』が指摘する「2017年ここが危ない」

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日22時00分

そういった短期的・長期的変動を、様々なパラメーターを用いて分析することで、地震の前兆を捉えようとしているのです」 ↑電子基準点から得られる座標値(X,Y,Z)の意味 従来の地震学による予知と自らが行う地震予測との違いについて、村井教授は医者と患者の関係になぞらえて、こう説明する。 「従来の地震予知は、患者の過去の病歴を調べて、それだけを材料に今後どうなるか [全文を読む]

フォーカス