病気 西田敏行に関するニュース

北野武『アウトレイジ 最終章』に自信 次のバイオレンス映画は「オールスターズで」

エンタメOVO / 2017年10月07日17時42分

北野監督も「今回は西田さんがけがをしたり、塩見さんも病気になったり。でも体の具合の悪さが、初めて撮った時に、すごい迫力になったので “これは生かさなきゃいけないな”と思った」と告白した。 「でも、それを見ている俺が首をこうやって(曲げて)いるから、この3人は一体なんだろうと。病気グループになっちゃった」と語り、笑いを誘った。 また、最終章となった本作につ [全文を読む]

北野武、初日を迎えた『アウトレイジ 最終章』は「かなりの自信作です」

マイナビニュース / 2017年10月07日15時30分

最後にあいさつした北野監督は「今回は西田さんがケガをしたり塩見さんも病気になったりしましたが、最初撮った時にモノ凄い迫力で、これは生かさなければいけないなと思いました。それを見た自分が首を動かすなど、この3人は一体なんなんだと。病気グループになっちゃったよ」と笑わせるも、「上手いまとめ具合だと思っています。私の場合、評論家と喧嘩して人気がありませんが、あ [全文を読む]

「ドクターX」西田敏行から米倉涼子へ最高級ステーキを“あ~ん”してあげるプレゼント!

ザテレビジョン / 2017年10月06日07時00分

そして、「もし後輩たちが病気やけがをしたら、大門先生に診てもらえたらいいな(笑)」とリクエストしていた。 会見にはほかに、永山絢斗、内田有紀、鈴木浩介、田中圭、是永瞳、久住小春、陣内孝則、段田安則、草刈正雄らが出席した。 [全文を読む]

西田敏行、抱えられながら撮影!『アウトレイジ』壮絶なクランクイン

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月25日21時00分

そういうところも観てくださいね」と自身の病気を笑いに変えて会場を盛り上げる。 また脳出血後、久々の公の場となった塩見は「北野監督とまたお仕事ができたこと、わたしにとっては最高の喜びと最高の時間でした」としみじみ。さらに、鋭い視線で客席を見渡すと、腹の底から搾り出すようなドスの効いた声で『アウトレイジ 最終章』グッとくる映画です。よろしくお願いします」と力強 [全文を読む]

米倉涼子の魅力だけじゃない?テレ朝「ドクターX」失敗しない舞台裏を総直撃!(2)数字のための小細工一切なし

アサ芸プラス / 2016年11月19日09時57分

『この病気でこんな症状が出るはずない』とか、『この治療では決して治らない』といった、医学的に間違っている部分は、台本段階で十分に検討しています」 ドラマとは、大胆な荒唐無稽さが魅力である。しかし、それが宙に浮かないように、繊細にリアリティを練り込んでいるのだ。 [全文を読む]

“ヘビースモーカー“西田敏行さんも頸椎亜脱臼!? 椎間板ヘルニアを悪化させる喫煙習慣

ヘルスプレス / 2016年03月22日18時51分

頸椎症性脊髄症は、老化にともなって椎間板(脊柱を構成している骨の間に存在する円形の軟骨)が変性することや、脊椎を作る骨に棘が形成されることで、脊髄が圧迫される病気だ。 頸椎症性脊髄症の症状は「手足がしびれる」といった感覚障害や、「手指が使いにくい」「足がふらつく」などの運動障害だ。女性よりも男性に多く、特に激しい運動をしていた人や、喫煙者に起きやすい傾向 [全文を読む]

【デスノート!?】こん平復活も「笑点」の笑えない裏事情

デイリーニュースオンライン / 2015年08月29日09時00分

われわれ視聴者も、まだまだ病気との闘いが続くこん平の全快を祈るのみ。 待ったなしの高齢化番組 ……しかし別の意味で厳しい局面を迎えているのが、『笑点』という番組。この『24時間テレビ』でも羽鳥慎一アナウンサーの呼びかけに歌丸が反応できず、あわてて林家たい平がとりなす場面があった。無理もない話で、歌丸は79歳。6月に腸閉塞で入院して8月に復帰したばかり。その [全文を読む]

『ドクターX』米倉涼子の健康法「現場でラジオ体操も」

WEB女性自身 / 2013年11月07日07時00分

ひとつずつイラストや映像で見ないと理解ができないので、もう少しやさしくしてほしいな、というのはあります(笑)」 米倉さんは、どんなに複雑な病気や手術でも、理解し納得したうえで撮影に挑んでいる。手術シーンはドラマの大きな見どころだが、前作、今作ともに、手術シーンを撮影するとチームの距離感がグッと縮まるという。 「本当の手術をしているわけではないのに、撮影する [全文を読む]

『ドクターX』、 新キャラ次々退場でネット騒然…物語も意味不明&超マンネリで飽き飽き

Business Journal / 2017年10月20日20時00分

第2話は、若手医師である伊東亮治(野村周平)の母・不二子(中田喜子)が珍しい病気にかかり、息子が勤める東帝大学病院で手術を受けることになった――というストーリー。 伊東は、忙しいからと院長回診に同行しないなど尊大な態度を取る若者として描かれており、医師免許がなくてもできる仕事は一切しないという未知子(米倉)に一方的にシンパシーを抱いている。だが、実績の裏付 [全文を読む]

北野武監督、次回バイオレンス作は“日本の役者オールスターズ”目指す

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月07日13時21分

でも、それを見ている俺が、首をこうやって(傾けて)いるから、このオジさんたちはいったい何だろうという、病気グループになっちゃって」と北野節を炸裂させ、会場を大いに沸かせていた。(取材・文:桂伸也) 映画『アウトレイジ 最終章』は全国公開中 [全文を読む]

帰ってきた“利用される男”が瞬間最高視聴率!『ドクターX』の独走が止まらない/第四話レビュー

messy / 2016年11月04日22時00分

というのも、術前に美音から「お姉ちゃん、相当悪いんですか?」と美麗の病気に気付いていたことを告白され、「2人とも助ける」と約束していたのです。まあ、約束なんてなくても成功してたでしょうけどね。どうしてこんなに敏腕なのに、いつまで経っても名前が知れ渡らないのか……。同ドラマ最大の謎です。 [全文を読む]

【ウラ芸能】深キョンに新境地…1月ドラマ視聴率(上)

NewsCafe / 2016年03月24日15時00分

本人の意思で出演は続けましたが、自由に動けないので通院しながら、座っての撮影でなんとか乗り越えたそうです」デスク「病気で言えば前後しちゃったけど、『スペシャリスト』の草彅の相棒役・南果歩(52)もブログで乳ガン手術を告白した」記者「夫で俳優の渡辺謙(56)が入院中に自身もついでに検査したところ見つかってしまったとか」デスク「視聴率の話に戻るよ。あとのドラマ [全文を読む]

松崎しげる、9月6日の“クロの日”に『黒フェス』開催

okmusic UP's / 2015年05月14日14時30分

そして、病気療養中の武瑠に代わり松崎が臨時ボーカリストとして加入したビジュアルロックバンドのSuG、スターダスト☆レビューは松崎が6月10日(水)にリリースする『私の歌~リスペクト~』内で「木蘭の涙」をカバーしたという繋がり。 清水ミチコは、彼女が2013年12月に開催した初の武道館ライヴの開会式での「君が代」斉唱を松崎が担当。葉加瀬太郎は松崎と同じレーベ [全文を読む]

いがらしみきお×松尾スズキ「お金を使わずに生きていく? 迷惑な男の話が面白い!」

週プレNEWS / 2015年04月10日11時00分

松尾 タケなんて、あんな病気ないですからね(笑)。でも、かむろば村自体、はた迷惑な人しか出てこない。正しい人って描きづらいし、僕はやっぱり欠落した人間が面白いと思っちゃうんですけど。その欠落を埋めようと過剰になってしまう人とか。 ―タケは元銀行マンで、顧客の人生をむちゃくちゃにする金というものを目の当たりにし、“お金恐怖症”に。普通の社会生活を送れなくな [全文を読む]

フジテレビが『SMAP×SMAP』『めちゃイケ』の高視聴率を素直に喜べないワケ

メンズサイゾー / 2013年04月09日19時00分

ところが、大塚キャスターは番組スタート前に病気が再発し、出演を当面キャンセル。後を任されたのは西尾アナだが、顔合わせの際に彼女と大塚キャスターが衝突したとの報道も飛び出した。これが災いしたのか、フタを開けてみると初回から2.1%と深夜番組並みの数字に。さらに3回目の放送の第1部では、1.9%という信じられないような低視聴率を記録してしまった。 一方の『女信 [全文を読む]

フォーカス