水谷豊 西田敏行に関するニュース

日テレ「土曜夜9時」伝説の名作ドラマを振り返る

日刊大衆 / 2017年03月18日12時05分

水谷豊(64)が人間味あふれる教員役を熱演。タイトル通り、熱い心を持って教育現場の困難に立ち向かう姿が感動を呼び、平均視聴率は驚異の27.8%をマークした。まさに伝説のドラマといえるだろう。 さらに90年代、社会に大きな衝撃をもたらしたのが安達祐実(35)主演のドラマ『家なき子』だった。安達が演じたのは、不遇な人生を歩む主人公のすず。小学生ながら母親の手術 [全文を読む]

テレ朝『ドクターX』『相棒』がトップ独占、ワースト揃いのフジ! 10月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年10月23日12時45分

水谷豊主演の人気シリーズ『相棒 season15』は初回15.5%で2位に。前シーズンでは、法務省からの“出向”という形で、反町隆史演じる冠城亘が主人公・杉下右京(水谷)の“相棒”に就任。最終回で事実上、法務省をクビになった冠城は、警察学校での研修を終えて正式に警視庁入りし、今シーズンから再び右京が属する「特命係」の一員となった。しかし一方で、今回は右京 [全文を読む]

【ウラ芸能】深キョンに新境地…1月ドラマ視聴率(上)

NewsCafe / 2016年03月24日15時00分

2クール放送の別枠だけど、水谷豊(63)主演『相棒season14』(テレ朝系)も最終回で15・8%と有終の美だった」記者「4代目相棒役の反町隆史(42)は法務省を退官し、警察学校から出直すという設定で続投決定。次のシーズンの展開が楽しみです」デスク「六角精児(53)ふんする鑑識係の米沢が、警察学校の教官になるからスピンオフもやるだろうね」記者「初回視聴率 [全文を読む]

米倉涼子主演ドラマ『ドクターX〜』待望の続編決定も……テレ朝、視聴者は複雑な胸中

おたぽる / 2016年01月18日19時00分

第3シリーズの最終回(第11話)では、全シリーズで自己最高の27.4%をマークするなど、同局の“鉄板ドラマ”『相棒』シリーズ(水谷豊主演)を凌駕するほどのヒット作となった。 しかし、「役のイメージがつきすぎる」「高視聴率を期待されることがプレッシャーになる」などの理由で、米倉自身が幕引きを決断。第3シリーズの最終回は「続編なし」と思わせるような構成となった [全文を読む]

香里奈復帰作&篠原涼子『オトナ女子』が大コケ、最下位争い! 秋ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年10月27日14時31分

水谷豊主演の『相棒』は、これまで寺脇康文、及川光博、成宮寛貴とタッグを組み、今回から反町が4代目・相棒に就任。昨秋の『相棒season13』の初回19.8%には届かなかったが、今クール首位に輝いた。前シーズンは成宮演じる甲斐享が逮捕されるという衝撃的なラストだったこともあり、次の“相棒”に関心が集まっていたが、視聴者からは「反町かっこいい」「演技も良いし [全文を読む]

異例の6作品!日本アカデミー賞ノミネート発表

WEB女性自身 / 2014年01月16日16時00分

最優秀作品賞候補である優秀作品賞には『凶悪』(主演・山田孝之)、『そして父になる』(主演・福山雅治)、『少年H』(主演・水谷豊)、『舟を編む』(主演・松田龍平)、『東京家族』(主演・橋爪功)、『利休にたずねよ』(主演・市川海老蔵)の6作品が選出された。通常は5作品であるため異例と言える。その他にも、優秀アニメーション作品賞には『かぐや姫の物語』『劇場版 魔 [全文を読む]

打倒『半沢』に燃える絶好調のテレ朝『ドクターX』米倉涼子の美脚に1億円の保険を掛ける!?

日刊サイゾー / 2013年10月31日11時00分

テレ朝といえば、水谷豊主演の『相棒』シリーズが有名だが、米倉の『ドクターX』も同様の人気作にしたいそうで「今後のことも考え、テレ朝が米倉さんの美脚に1億円の保険を掛けるプランも浮上している」(ドラマ関係者)という。 テレ朝の行く末は、米倉の“美脚”にかかっている!? [全文を読む]

フォーカス