中島みゆき 山下達郎に関するニュース

中島みゆき、ヒットシングルやアルバム未収録曲を収録した最新シングルコレクション発売決定!

okmusic UP's / 2013年08月26日13時30分

日常生活の中、孤独感を抱く日本人ひとりひとりにエールを送りつづける中島みゆきの、最新シングルコレクションが発売される。【その他の画像】中島みゆき「ひとりたちよ、ひとりたちよ。 ひとりは、ひとりぼっちじゃありません。- 糸井重里-」1975年のデビュー以来、時代を超えて愛される数々の名曲を世に送り出してきた中島みゆきの、最新シングルコレクションとなる『十二単 [全文を読む]

中島みゆき、ヒット曲満載の最新シングルコレクションを発売決定!

AOLニュース / 2013年08月26日18時50分

1975年のデビュー以来、時代を超えて愛される数々の名曲を世に送り出してきた中島みゆき。彼女の最新シングルコレクション『十二単 ~Singles 4~』が11月20日(水)にリリースされる予定であることが、25日深夜に放送された『中島みゆきのオールナイトニッポン 月イチ』の中で、本人の口から発表された。 ユーミン、山下達郎、高橋真梨子、さだまさし等、ビッグ [全文を読む]

【和田アキ子と大友康平が持ち歌を交換】ジワジワ売れ続けている男女逆転カヴァーコンピの続編が登場

リッスンジャパン / 2012年10月12日01時00分

他にも、秋川雅史が、中島みゆきをカバーした「地上の星 featuring 古澤巌(ヴァイオリン)」や、加藤登紀子の「花-Memento-Mori」(オリジナル:Mr.Children)も収録するなど、話題曲が満載。大友康平 - アーティスト情報なおプロデュースは、松崎しげるの「愛のメモリー」を14ヴァージョン詰め込みネット上でも話題騒然となったメガボリュー [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

そのかたわらセッション・ドラマーとしては久保田早紀/異邦人、アンルイス/恋のブギウギトレイン等々、大ヒット曲に参加し、それ以外にも、井上陽水、渡辺貞夫、MALTA、山下達郎、山口百恵、中島みゆき、松田聖子、the brilliant green、ケイコ・リー、コブクロ、JUJUなど、ジャズ〜ロック〜ポップスとジャンルの垣根を超え実力派アーティストから絶大な [全文を読む]

大人世代必見!伝説のJ-POP特集!!ビッグアーティストのミュージックビデオを5夜連続放送!

@Press / 2013年08月16日17時15分

■成熟の大人世代に捧ぐ! 伝説のJ-POPビッグアーティスト名鑑 <放送>8/19(月)~8/23(金)19:00~20:00 他 <8/19(月)のオンエアリスト> ・飾りじゃないのよ 涙は / 井上陽水 ・ワインレッドの心 / 安全地帯 ・地上の星 / 中島みゆき ・明日晴れるかな / 桑田佳祐 ・LuLu!! / 松田聖子 ・All That We [全文を読む]

日比谷野外音楽堂90周年を記念して開催される夢のイベントをWOWOWで放送。音楽シーンを代表するプロデューサー、小林武史・亀田誠治を中心に、豪華アーティストが集結した一夜限りの“音楽絵巻”。

PR TIMES / 2013年06月26日14時38分

さらに、Salyuの透明感あふれる歌声が印象的な荒井由実の「ひこうき雲」や、一青 窈がドラマティックに歌い上げた中島みゆきの「わかれうた」。豊かな情感を湛えた森山直太朗によるチューリップの「青春の影」に、宮田和弥が万感の思いを込めたRCサクセションの「スローバラード」など、楽曲の色あせることのない魅力がみずみずしく届けられたのも素晴らしい。 このほかにも [全文を読む]

矢沢永吉、桑田佳祐……100億円規模の資産を築く音楽界の大物たち

日刊サイゾー / 2012年12月23日12時00分

都内に建てた推定10億円の豪邸のほか、神奈川県内のスタジオ兼自宅など複数の住居を所有しており、不動産資産だけでも数十億円規模に上るそうです」(音楽事務所関係者) 女性ミュージシャンでは竹内まりや、中島みゆきの名前も挙がる。 「竹内さんはご主人の山下達郎さんとの共同資産ですが、早くから個人事務所を設立して印税管理をしたため、資産は50億円に上ると言われていま [全文を読む]

倖田來未も落選? バーニング周防氏の暗躍で演歌色が強まりそうな『紅白歌合戦』

日刊サイゾー / 2012年10月30日08時00分

NHKは以前の矢沢永吉や中島みゆきのような形を狙ってベテランの山下達郎にオファーを出していますが、本人はまったく出る気がない。レディー・ガガのような海外の大物出場候補も、今年はアテがありません。その代わり、出場枠の選定に強い影響力をもつ大手芸能事務所バーニングプロダクションの周防郁雄社長が今年もいろいろと動いており、そのことばかりが目立っている」(芸能雑誌 [全文を読む]

フォーカス