代表曲 山下達郎に関するニュース

山下達郎「クリスマス・イブ」超え果たす名曲つくるのは誰か

NEWSポストセブン / 2014年12月14日16時00分

間違いなく、山下達郎の代表曲であり、最高傑作の一つです。楽曲もアレンジも演奏も完成度が高いです。30年以上経った今でも古臭い感じがしないです。世代を超えて愛されていると言えます。やや余談というか、自慢ですが、一度だけ、15年前に山下達郎のライブチケットがとれて、生でご本家のこの曲を聴いたことがあります。そりゃ、感動しましたよ。NHKホールの一番後ろの方の席 [全文を読む]

山下達郎『クリスマス・イブ』が噴水ショーに!宮里陽太のライブも開催

dwango.jp news / 2015年10月14日19時37分

今年でデビュー40周年を迎えた山下達郎の代表曲の1つであり、国民的クリスマスソングの1つでもある『クリスマス・イブ』。 その『クリスマス・イブ』に合わせて、水と光と音楽が調和したドラマチックな噴水ショーが、JR川崎駅前の複合商業施設「ラ チッタデッラ」で開催が決定した。 「ラ チッタデッラ」では、今年もクリスマスシーズンの到来とともに、施設全体と、お客様を [全文を読む]

山下達郎ベスト盤リリース告知CMに笑福亭鶴瓶が友情出演

リッスンジャパン / 2012年09月19日14時00分

ベスト盤にも収録されている山下達郎の代表曲、「クリスマス・イヴ」や「アトムの子」を口ずさみ、ジャケットの達郎君のキャラクターをいじり、山下との想い出についてコメントするシーンも撮影。アドリブを連発し現場は笑いに包まれた。また、収録のクライマックスには鶴瓶が山下へ直電。「アルバムの感想から思い出話にまで発展、脱線していく」会話が繰り広げられ、いつしかCMの収 [全文を読む]

東野圭吾史上、最も泣ける感動作×山下達郎の主題歌は最高の相性!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

dmenu映画 / 2017年09月23日07時00分

そのメロディがシャッターを通して漏れ聴こえてきた時、3人は知り合いのアーティスト・セリの代表曲「REBORN」に酷似していることに気づき……。 山下達郎が模索と推敲の果てにクリエイトした主題歌「REBORN」 セリが歌うこの曲、原作では「再生」というタイトルが付けられていました。映画化にあたり、山下はこの劇中歌を1から創造し、かつエンドロールでは主題歌とし [全文を読む]

「オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~」のステージで豪華アーティストが競演!

okmusic UP's / 2016年03月02日14時00分

EPOは自身の代表曲の1つでもある『う・ふ・ふ・ふ』を披露し、会場を明るい雰囲気に包み込み、平松愛理はオールナイトニッポンのパーソナリティを務めているときにできた曲という名曲『部屋とYシャツと私』をしっとりと歌い上げた。 この後、大瀧詠一コーナーと題し、会場には大瀧詠一プロデュースによる山下達郎の『DOWN TOWN』のライヴ映像が流れ、坂崎幸之助/EP [全文を読む]

さかいゆう、中野サンプラザでのSPライブにてクリスマスカバーを披露!

okmusic UP's / 2016年12月26日18時00分

代表曲「薔薇とローズ」で会場と一体になった後は、音数をぐっと減らしつつも、よりグルーヴィーになった「よさこい鳴子踊り」(高知民謡カバー)を披露。最近のさかいのライブでは定番の2曲だが、新たなアレンジで、より一層新鮮に聴こえただろう。 続いて、メンバーと共にサンタの帽子をかぶった後は、この日のスペシャル企画、クリスマスカバーコーナーへ。山下達郎の名曲「クリス [全文を読む]

大本命の竹内まりやに断られ、薬師丸ひろ子が急浮上した『紅白』舞台裏

日刊サイゾー / 2014年12月01日13時00分

代表曲「セーラー服と機関銃」が有力とみられています」(同) 昨年ゲスト出演した時点で、“旬”は過ぎているようにも思えるが……。 [全文を読む]

紅白歌合戦 「紅白はとっくの昔に死んでいる」と音楽評論家

NEWSポストセブン / 2013年12月23日07時00分

もちろん、当時と今ではテレビを見る環境なども変わってきていますが、当時はその年を代表する歌手が出場し、その年の代表曲で1年の締めくくりとなってきました。だからそれだけ注目を集め、国民的番組といわれたわけです。今では、その年の代表曲がない歌手も出場し、過去のヒット曲を歌う歌手も珍しくなくなった。本来の紅白の主旨とは変わってきています。紅白というブランドの中で [全文を読む]

氷室京介、デビュー25周年記念ベストアルバムがオリコン1位を獲得!

okmusic UP's / 2013年08月27日08時00分

■アルバム『GREATEST ANTHOLOGY』2013年8月21日(水)発売 【初回限定盤】(2CD+1DVD) WPZL-30657-9/¥4,620 (税込) DISC-1:PiECE OF LOVERS(バラード・ベスト盤) DISC-2:INVARIANT SOULS(代表曲、未発表含む最新楽曲のアンセム盤) 初回限定盤 DVD:THE MOV [全文を読む]

NO MORE MUSIC Issue : 90’S TOKYO BOYS feat. Hiroshi Fujiwara

NeoL / 2017年08月02日19時00分

これは、自分たちの代名詞のようなタイトルの曲がバンドの代表曲になりやすいということで」 HF「生まれが90’Sってこと?」 ショウ「はい。90年、91年生まれで世田谷で育ってきたことを推し出してみました」 HF「イメージで言うと、90’Sに東京で遊んでいた人たちという感じがあるけど」 ショウ「そこともかかってくるので、俺らの話だけじゃない広がり方をしたらお [全文を読む]

堂本剛「出会えて本当によかった」吉田拓郎への熱い思い

ザテレビジョン / 2017年07月21日20時50分

97年の夏にリリースされたデビュー曲「硝子の少年」は、作詞を松本隆、作曲を山下達郎が手掛け、彼らの代表曲の1つになった。この20年間、常にクオリティーの高い楽曲を生み出してきた彼らが、その音楽性をさらに育むことになったのが「LOVE LOVE あいしてる」(フジ系)であることは間違いない。この番組もデビュー記念日の7/21に、16年ぶりに復活。堂本剛も収録 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】KinKi Kids『硝子の少年』は松本隆にも“転機”だった ジャニーさんの注文は「ミリオンね」

TechinsightJapan / 2017年02月26日21時30分

KinKi Kidsの代表曲でもあるが、松本隆にとっても大きな転機となる1曲なのだ。2月23日に放送されたNHK Eテレ『ミュージック・ポートレイト 松本隆×斉藤由貴 第2夜』のなかで松本隆が「1990年くらいに一回クローズしたんだよね」と当時を振り返った。作詞家として松田聖子の楽曲や寺尾聰『ルビーの指輪』など数々のヒット曲を生んだ彼だが、その陰では「1位 [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年06月16日16時22分

3曲目は、初のコラボレーションが実現した、REBECCAのNOKKOを迎えての楽曲で、REBECCAの代表曲、「RASPBERRY DREAM」。ホーンセクションやキーボードアレンジが特徴的なオリジナルのアレンジを変更して、TRICERATOPSのメンバーとNOKKOのタンバリン佐橋佳幸のギターというシンプルなアレンジを施した、「RASPBERRY DRE [全文を読む]

吉田山田、スペシャルイベントで山田義孝が「横浜マラソン2016」に出走することを発表

okmusic UP's / 2015年12月27日16時00分

来年の47都道府県ツアーについても触れ、音楽を直接届けることへの想いを述べて、代表曲「日々」を披露して終了。アンコールに出演者全員で登壇し、抽選会を実施。そしてここで、メンバーの山田から「来年の横浜マラソン走ります!」と、来年の3月13日に行われる『横浜マラソン2016』に、ゲストランナーとして山田義孝が出走することが発表された。昨年も実施された横浜マラソ [全文を読む]

AZUが聖夜にスペシャルライヴを開催

okmusic UP's / 2014年12月27日14時00分

厳かな照明とキャンドルライトに照らされたステージにあがると、クリスマスの夜らしく「WHITE CHRISTMAS」のカバー~AZU自身のクリスマスソング「WONDERFUL♥Xmas」のクリスマスメドレーから始まり、教会でのライヴにぴったりの「I LOVE YOU」「Ring~M&M~」、母親への感謝の気持ちを歌った「Angel」、来年1月14日リリースの [全文を読む]

大滝詠一、ベストアルバム『Best Always』詳細発表

okmusic UP's / 2014年10月31日20時00分

「幸せな結末」「君は天然色」「恋するカレン」など、今やスタンダードとも言える代表曲の数々はもちろんのこと、オールタイムベストという名にふさわしく、初出のシングルバージョンを中心に、はっぴいえんど時代からソロ時代、ナイアガラレーベル設立以降のナイアガラトライアングルvol.1、vol.2などの楽曲で構成されている。 さらに、2003年にリリースした最後のソロ [全文を読む]

川畑 要、3ヶ月連続アコースティックワンマンを完走

okmusic UP's / 2014年06月30日15時30分

アンコールでは、CHEMISTRYの代表曲に数えられるヒットナンバー「SOLID DREAM」をソロバージョンでも披露し、「この曲の歌詞に当時、自分自身何度も救われた」「これからも(CHEMISTRYの)色々な曲を歌っていきたい」と語った。また、最新シングル「Half Moon feat.鈴木雅之」も、ソロ・アコースティックバージョンで披露され、大盛況の [全文を読む]

大貫妙子、40年にわたる音楽活動集大成のアニバーサリーライブをWOWOWでオンエア!

PR TIMES / 2014年05月10日10時10分

軽やかな初期の代表曲「都会」やロマンティックな「夏に恋する女たち」、心浮き立つキュートな「ピーターラビットとわたし」、切なくも美しい物語のような「突然の贈りもの」など、多彩な楽曲で聴く者を魅了していく。トップクラスの実力派ミュージシャンによる演奏も必聴だ。この日は小倉博和(ギター)、鈴木正人(ベース)、沼澤尚(ドラムス)、フェビアン・レザ・パネ(ピアノ)、 [全文を読む]

GILLE、カバー・アルバム第2弾をリリース決定!初の全国ツアー開催も

AOLニュース / 2013年07月09日18時15分

今年8年半の活動に終止符を打った、FUNKY MONKY BABYSの代表曲「ヒーロー」、映画『レ・ミゼラブル』の劇中歌として再評価を集めている「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」、世界的大ヒットを記録しているOne Direction「Live While We're Young」など、その内容は多彩かつ豪華。 また、このアルバムに関し [全文を読む]

GILLE、カバーアルバム第2弾リリース&初の全国ツアー決定

okmusic UP's / 2013年07月08日20時30分

この他、バンドとしての絶頂期を迎えている“サカナクション”の「アルクアラウンド」、国境を越えて活躍するジャズ・バンド“PE’Z”との競演でストリート感溢れる仕上がりの“いきものがかり”「じょいふる」、こちらもワールドワイドな活動を続けるJazztronikプロデュースによる“山下達郎”の名曲「JODY」(「悲しみのJODY」英語バージョン)、今年8年半の活 [全文を読む]

フォーカス