ワールドツアー 平野美宇に関するニュース

石川佳純&平野美宇&伊藤美誠の卓球女子ライバル関係を紐解く

THE PAGE / 2017年09月24日11時40分

しかし、その後は4月のワールドツアー・韓国オープン準決勝で石川が平野をストレートで下し、先週インドで開かれたアジアカップ(アーメダバード/9月15〜17日)3位決定戦でも石川がフルゲームの激闘の末に平野を破って表彰台に上がった。これで今年の二人の対戦成績は2勝1敗で石川がリード。日本のエースの意地を見せている。 その一方で昨夏のリオ五輪後、長らくスランプ [全文を読む]

伊藤美誠、中村憲剛らの記録を掲載した「ギネス世界記録2018」発売

サイクルスタイル / 2017年09月01日08時15分

伊藤はこれまでにも「ITTFワールドツアーシングルス最年少優勝(14歳152日)」「ITTFワールドツアーダブルス最年少優勝(平野美宇選手との合計年数・27歳145日)「1分間の高速卓球ラリー最多数(180回)」の3つの記録が認定されている。 川崎フロンターレに所属する中村は、「Jリーグアウォーズ最優秀選手を受賞した最年長選手(36歳50日)」として、ギネ [全文を読む]

卓球・伊藤 美誠選手、ビデオゲーム「鉄拳」、ギネス世界記録に認定!

PR TIMES / 2017年08月31日09時27分

[画像1: https://prtimes.jp/i/6802/22/resize/d6802-22-506686-1.jpg ]伊藤選手は、これまでに「ITTFワールドツアーシングルス最年少優勝(14歳152日)」、「ITTFワールドツアーダブルス最年少優勝(平野美宇選手との合計年数・27歳145日)、「1分間の高速卓球ラリー最多数(180回)」の3つの [全文を読む]

激戦再び!まもなく卓球中国オープン開催=日中の豪華メンバー対決に注目―中国紙

Record China / 2017年06月13日18時50分

卓球のITTFワールドツアープラチナ・中国オープン2017が6月20日から25日に四川省成都市の四川省体育館で行われる。終わったばかりの卓球世界選手権に出場した中国の主力代表選手全てが同大会にも参戦する予定で、中国の最大のライバルである日本も主力代表選手全てを出場させる。同大会でも中国と日本の激突に注目が集まっている。四川日報が伝えた。 中国オープンには2 [全文を読む]

日本女子卓球最強神話が早くも終息に、中国がいなくても優勝できない日本―中国メディア

Record China / 2017年04月24日17時40分

卓球のワールドツアー、韓国オープンの女子シングルスで、シンガポールのフォン・ティエンウェイが優勝した。準優勝は日本の石川佳純。石川は準決勝で今季絶好調の平野美宇を破ったが、優勝できなかった。 15日のアジア選手権(無錫市)で平野美宇が中国勢を破って優勝したことで、日本メディア、日本選手は「日本最強」との幻想を抱いてしまったようだ。石川は韓国オープン前に日 [全文を読む]

卓球アジア選手権優勝の平野美宇、中国メディアは攻撃力備えた「ハリケーン」と称賛、「万里の長城を崩す日本人少女」と韓国メディア

Record China / 2017年04月22日21時00分

「例えば、2014年のITTFワールドツアー・ドイツオープン女子ダブルスで、伊藤美誠と『みうみま』コンビを組み、優勝。16年10月の卓球女子ワールドカップ女子シングルでは史上最年少で優勝し、金メダル独占状態だった中国に待ったをかけた」と報じた。 人民網は南寧晩報の記事を引用し、「極めて高い攻撃力を備えた平野選手は『ハリケーン・ヒラノ』との異名を取り、高く称 [全文を読む]

福原愛 来年復帰濃厚も「ママで五輪」へ待ち受ける険しい道のり

スポニチアネックス / 2017年10月14日10時23分

日本協会が指定するナショナルチームに入っていない福原が復帰した場合、自費でワールドツアーなどの国際大会に参加し、世界ランクのポイントを稼ぐ必要がある。 現在、日本女子は5位の石川佳純、6位の平野美宇、7位の伊藤美誠が上位にいる。さらに13位の佐藤瞳、14位の橋本帆乃香、15位の早田ひならが控えている。中国スーパーリーグから受け入れを制限されるほど日本勢はレ [全文を読む]

福原愛 来年復帰濃厚も「ママで五輪」へ待ち受ける険しい道のり

スポニチアネックス / 2017年10月14日08時16分

日本協会が指定するナショナルチームに入っていない福原が復帰した場合、自費でワールドツアーなどの国際大会に参加し、世界ランクのポイントを稼ぐ必要がある。 現在、日本女子は5位の石川佳純、6位の平野美宇、7位の伊藤美誠が上位にいる。さらに13位の佐藤瞳、14位の橋本帆乃香、15位の早田ひならが控えている。中国スーパーリーグから受け入れを制限されるほど日本勢はレ [全文を読む]

<卓球>日本が中国に完敗、伊藤美誠は悔し涙「何もかも相手が上回っていた」―中国メディア

Record China / 2017年06月19日11時30分

2017年6月18日、中国メディア・澎湃新聞によると、卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープンで、躍進が注目されていた日本勢の女子選手が次々に中国勢に敗れる結果となった。 中国は主力選手を休ませ、世界5位の陳夢(チェン・モン)以下、袁雪嬌(ユエン・シュエジアオ)、孫頴莎(スン・インシャー)、陳幸同(チェン・シントン)、王曼●(ワン・マンユー、●は日の [全文を読む]

福原愛、石川佳純ほかメダル取った卓球選手のCM契約料は?

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

まず、ナショナルチームの代表に選ばれるレベルの選手になれば、ワールドツアーの賞金があるが、優勝しても数十万円と微々たるものだ。2014年3月のドイツオープンで、史上最年少優勝した伊藤美誠・平野美宇が、優勝賞金50万円と聞いて目を丸くした姿が話題になったのを覚えているだろうか。億単位の賞金が用意されるテニスやゴルフとは雲泥の差である。 ところが、トップ選手に [全文を読む]

フォーカス