サッカー 平野美宇に関するニュース

日本の躍進は続くか、福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩―中国メディア

Record China / 2017年06月15日00時00分

日本人はコツコツと努力することにたけており、サッカーでの成功は良い例と言える。こうした地道な努力を卓球でも行い、大きな成果を得ている。中国は警戒を怠ってはいけない。現状維持や緩やかな進歩は退化に等しい。新世代の育成に力を入れる必要がある。これからは若者の時代だ。 今回のジャパン・オープン荻村杯には、女性世界ランク上位の丁寧(ディン・ニン)、劉詩●(リウ・ [全文を読む]

伊藤美誠、中村憲剛らの記録を掲載した「ギネス世界記録2018」発売

サイクルスタイル / 2017年09月01日08時15分

ギネスワールドレコーズジャパンは、卓球の伊藤美誠、サッカーの中村憲剛らの世界記録を掲載した書籍「ギネス世界記録2018」日本語版を9月7日(木)に発売する。 「ギネス世界記録」は、世界中の一番を収集し、一冊にまとめた書籍だ。世界100カ国以上、20の言語で発売されており、日本語版には日本で達成された記録150件以上を掲載。2018年度版には、卓球の伊藤やサ [全文を読む]

第一子誕生!福原愛の長女に早くも活躍が期待される「意外なスポーツ」

アサ芸プラス / 2017年10月17日09時59分

「そんな中、娘にぜひサッカーを! というサッカーファンの声が高まっています。というのも、なでしこの“レジェンド”である澤穂希が今年1月に女の子を授かったばかり。こちらも母は澤穂希、父は元Jリーガーという超サラブレッド。同じ年に生まれた2人が、いつの日か日本代表選手としてピッチに立つのを期待してのことなんです。確かに、もし2人がなでしこで共にプレーし、しかも [全文を読む]

「未来ノート-202Xの君へ-」 連動企画スタート

PR TIMES / 2017年09月01日15時30分

コーチに塚原直貴さん(富士通所属:北京五輪400mリレー銅メダリスト)、小島茂之さん(アシックスジャパン所属:シドニー五輪400mリレー6位入賞)、スペシャルゲストとして岡野雅行さん(サッカー元日本代表)をお招きします。 ※イベントの申し込みは9月5日正午迄。特設サイトからお申し込みいただけます。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

卓球・伊藤 美誠選手、ビデオゲーム「鉄拳」、ギネス世界記録に認定!

PR TIMES / 2017年08月31日09時27分

本日は、卓球・伊藤美誠選手、サッカー・中村憲剛選手、そして、ゲーム界からは、世界に人気を誇る『鉄拳』などが認定されたことを発表いたします。 2016年リオ・オリンピックで銅メダルを獲得した卓球の伊藤美誠選手(スターツSC所属)が、「オリンピックにおける卓球最年少メダリスト」として、ギネス世界記録に認定されました。[画像1: https://prtimes [全文を読む]

【プロ野球】初本塁打は17歳。初ノーヒッターは18歳。巷で話題の「最年少」のプロ野球記録は?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月26日16時05分

「15歳」で20歳以下の代表に選ばれたサッカー久保建英。 「16歳」で世界選手権銅メダルの卓球女子“みまひなペア”。 この1カ月程、各界で「史上最年少」や「10代の躍進」、「スーパー中学生」(伊藤美誠・平野美宇の“みまひなペア”は女子高生だが)といった話題が賑わいを見せている。 若くても18歳でプロ入りするプロ野球の場合、もちろん、「10代の躍進」はあり [全文を読む]

日本卓球「第2の平野美宇、張本智和すぐ出る」「10年後には中国との立場逆転」に中国の反応は?

Record China / 2017年06月21日22時40分

日本には頑張ってもらいたい」「日本の野心は小さくないが、中国も有望な若手が次々に出てくることを忘れてはいけない」などと日本がライバルとなることを好意的に受け止める意見がある一方で、「彼らは10年後も『10年後になれば…』と語っているはず」「中国サッカーが10年前、いずれ日本や韓国との立場を逆転できると言っていたのを思い出してしまう」といった声もあった。 ま [全文を読む]

<卓球>日本の台頭を恐れた中国、日本人選手の自国リーグ参戦を拒否?日本の報道に中国ネット「中国人はそんなにみみっちくない」―中国メディア

Record China / 2017年06月11日11時30分

サッカー中国代表をプレミアリーグに放り込んだら、強くなってW杯で優勝できるかな」「中国人はそんなにみみっちくない」といった反論が寄せられている。(翻訳・編集/増田聡太郎) [全文を読む]

テレ東が世界卓球&錦織圭で高笑い! フジテレビとの差は、どこでついたのか

日刊サイゾー / 2017年06月09日07時00分

現在開催中のサッカーのU-20W杯も放送権を持っているのはフジですが、期待されたにもかかわらず決勝トーナメントの初戦であっさり負けてしまいました」 勝負は時の運とはいえ、フジテレビの“引きの弱さ”は気になるところ。週刊誌記者がフジテレビの“惨状”を語る。 「週間視聴率ランキングの上位常連だった『サザエさん』は、『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)に押さ [全文を読む]

日本に抜かれる!?若手が続々台頭する日本卓球界に中国メディアが危機感

Record China / 2016年10月12日22時10分

記事は、東京五輪で中国を破ることを目標に掲げる日本の「恐るべき点」は、「差を認め、研究すること」にあるとし、短期間で急速な発展を遂げたサッカーと同様に、「長期的な視点に立って強化が進められている」ところが強みだと分析した。また、日本で張本智和などの中国系の選手も台頭していることに触れながら、同じように中国系の選手が多数いるシンガポールは力を失いつつあるこ [全文を読む]

フォーカス