最強 武田信玄に関するニュース

いざ出陣!!戦国レストラン「甲斐宝刀信玄館」、本日富士急ハイランドにオープン!

PR TIMES / 2015年07月11日10時41分

外観を戦国最強の騎馬軍団をイメージした「武田の赤備え」と武田家家紋「四つ割菱」、「武田二十四将」の家紋などで装飾し、館内は「風林火山」「合戦場」「川中島」「武田二十四将」をテーマにした装飾を施します。武田軍の軍旗に記されたといわれる「風林火山」をテーマにしたゾーンは赤で統一され、甲冑や櫓が配置されます。「合戦場」の雰囲気を再現したゾーンでは、陣幕が張られ、 [全文を読む]

上杉謙信は女だった!東村アキコ最新作「雪花の虎」全力最速レビュー

Woman Insight / 2015年09月11日11時00分

主人公は戦国最強と名高い、名将・上杉謙信。数多いる戦国武将のなかでも、その義理堅さとストイックさ、そしてミステリアスなところにファンが多い人物です。しかし、東村さんが描く謙信はただの強い武将ではありません。戦国の世を華麗に駆け抜けた、「女・上杉謙信」なのです! 【『雪花の虎』あらすじ】 時は戦国。越後の春日山城城主・長尾為景のもとに待望の第三子が誕生した [全文を読む]

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

サライ.jp / 2017年05月01日19時00分

前回の記事「おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは」では、最強の軍事力を誇る熊本城の魅力をご紹介しました。今回のテーマは「武田流築城術」です。城を築かなかったと誤解されがちな武田信玄ですが、実は優れた城を築いた戦国大名の代表格。武田氏の城の特徴をご紹介していきます。■信玄が城を築かなかったと誤解される理由信玄が残した言葉に「人 [全文を読む]

織田信長はやっぱり最強?「勝てる自信がある」と答えた人は

しらべぇ / 2016年09月04日05時30分

Andrew Blyth/iStock/Thinkstock織田信長は日本史上最強の人物である。彼は天下平定に至る明確なビジョンを持っていた。 そして寺社勢力に独占されていたあらゆる利権を解放し、それを各地方の隅々に行き渡らせたのだ。関所廃止や楽市楽座などの経済政策は、信長支配下の諸国に莫大な富をもたらし、文化発展を促す結果につながった。一方で、信長には敵 [全文を読む]

力を引き出す!日本におけるライバル関係5選

しらべぇ / 2016年01月04日16時00分

(3)武田信玄と上杉謙信川中島の合戦で5度戦った両者は、最強にして最大のライバルだ。戦国最強の武田騎馬隊と軍神と言われた上杉謙信率いる軍勢の戦いは熾烈を極め、多くの死者が出た。一方で上杉謙信は武田信玄が塩不足に悩んでいることを知ると、自国の塩を武田に送った。このことから、ライバルに施しを与えることを「敵に塩を送る」と言うようになる。(4)早稲田大学と慶應大 [全文を読む]

あの武田信玄も癒された源泉!?静岡県最強の「美人の湯」・梅ヶ島コンヤ温泉へ行こう!

GOTRIP! / 2015年08月13日04時03分

今回ご紹介するのは、あの武田信玄も癒されたかもしれない、静岡県最強の「美人の湯」・梅ヶ島コンヤ温泉です。 梅ヶ島村は、仁徳天皇の代に初めて金を朝廷に献上しており、延喜2年(902年)にも産出しているという記録があるほど、古くから非常に有名な金の原産地でした。 戦国時代になり、今川、武田、徳川の三代に渡って掘られ繁栄を極めていた場所、それが梅ヶ島金山でした [全文を読む]

史上最速の女刺客現る! 上杉謙信の命を狙う最強の女暗殺者。スリルと興奮の超絶エンタメ小説『暗殺者、野風』(著:武内涼)遂に、発売!

PR TIMES / 2017年06月01日12時09分

野花に似た凜とした美しさをもつその少女は、暗殺者の隠れ里から選ばれた最強の刺客であった。一方、野風を阻止すべく、敵方からは<多聞衆>という、屈指の猛者で組織された用心棒集団が野に放たれる。死んでゆく仲間、裏切り、蹂躙される故郷……湧き上がる怒りと哀しみが、孤独な野風を、恐るべき速さで敵を斬り裂く、赤き鬼神に変えてゆく―― ■著者プロフィール 武内涼(たけう [全文を読む]

戦国最強のケチ!徳川家康を天下人にした原動力は「蓄える力」にあった

サライ.jp / 2017年03月07日17時00分

文/澤田真一かの徳川家康は、近代以降の大衆からは、どちらかというと嫌われていた。それは江戸幕府を倒した明治新政府が印象操作をしたということもあるが、じつは最大の理由は、彼が恐るべき「吝嗇家」つまり「ケチ」だったからだ。便所紙ひとつの紛失も許さず、着物の新調を勧めた女中を叱る。黄ばみが目立たず長く履けるという理由で、薄黄色の褌を着用する。一方でつぎはぎだらけ [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

連載開始は15年1月30日、「ヤングアニマルDensi」では“2016年大河ドラマの主役一族を4コママンガ化! 「戦国最強の血脈」として名を馳せる真田家、その壮絶なる戦国人生の連続とは!?”と紹介されており、『真田丸』に乗っかる気満々のようにも見えるが、その描かれ方はかなり違う。 まず物語は、昌幸の父・真田幸隆がなぜ武田家に仕えることになったのか? とい [全文を読む]

【都内から行ける初詣】2017年こそ収入アップ!金運が高まる最強神社5選

TABIZINE / 2016年12月29日12時00分

[新屋山神社] (次のページに続く) [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

さらに、戦国最強の武将とも言われる越後の上杉謙信が同率でランクイン。その後は、2017年のNHK大河の主役の井伊直虎や、江戸幕府の創設者である徳川家康。さらに、織田信長の寵愛を受けた小姓・森蘭丸が入っていました。一方、50代男性の3位は上杉謙信と、川中島の戦いで大バトルを繰り広げ、彼の最大のライバルと言われる武田信玄が登場。そのあとは、黒田官兵衛や伊達政宗 [全文を読む]

徳川家康はやっぱり最強?「倒せる!」と答えた人は1割未満

しらべぇ / 2016年12月12日17時00分

・合わせて読みたい→いつ掘るの? 今でしょ! 『徳川埋蔵金シリーズ』が林修先生で大復活(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」新武将『武田 勝頼(UR)』『黒田 官兵衛(SR)』登場!凶敵イベント『襲来!黒田官兵衛』開催中!

PR TIMES / 2016年10月14日18時28分

最強の家臣団と、最強の騎馬軍団を受け継いだが、長篠の戦いで敗れたことが契機となり武田家の衰退を招いてしまう。*****信玄の名は、アタシには重すぎたのかな…****▼黒田 官兵衛[画像2: http://prtimes.jp/i/18760/117/resize/d18760-117-855896-2.jpg ]豊臣秀吉に仕え、謀略や調略に秀でた戦国大名。 [全文を読む]

孫子のキモ「戦わずして、勝つ」を学びたい人に必見『まんがで身につく孫子の兵法』著者長尾一洋が、8月31日にTSUTAYAオンラインビジネスランキングでデイリー1位を獲得

DreamNews / 2016年08月31日12時00分

■『まんがで身につく孫子の兵法』著者長尾一洋 ・TSUTAYAオンライン http://bit.ly/2cpL664 ・キンドル電子書籍 https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01JADEBU2 ・アマゾン書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4860637321/ ・楽天kobo http://b [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

「山本直純による勇壮なテーマ曲に合わせて躍動する戦国最強の武田騎馬軍の活躍に胸が震える。本作の大きな特徴はコミカルな要素は一切ないことだ。 登場人物たちの闇へと焦点を絞り込み、映し出していく。狂気に奔る父親・信虎役の平幹二朗や女の色香に惑わされて謀反に向かう家老を演じた児玉清が印象深いが、圧巻は信玄を演じた中井貴一。 国を平穏に治めるためにかつての自分によ [全文を読む]

『信長の忍び』作者による新戦国ギャグ4コマ『真田魂』!人間臭くて笑えるキャラ設定にも注目!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

「戦国最強の一家」として名を馳せる真田家を描いた『真田魂』(重野なおき/白泉社)第1巻が4/28(木)に発売。 【人気連載マンガ】アニマルサラリーマンたちの、シュールで、世知辛い、資本主義会社員デイズなショートコメディ♪ これまで『信長の忍び』、『政宗さまと景綱くん』、『軍師 黒田官兵衛伝』などの戦国4コマを手がけた重野なおきの最新作となる本作『真田魂』は [全文を読む]

『真田丸』で注目の本多忠勝 ファンを惹きつける魅力

NEWSポストセブン / 2016年02月28日16時00分

「徳川四天王」の一角として、最強の武将と称される彼の史実を紐解くと、豪快な中に潜んだ繊細さや優しさを持つ忠勝像が見えてくる。ファンを惹きつけて止まない魅力はどこにあるのか。 2月14日放送のNHK大河ドラマ『真田丸』(第6回)でこんな場面があった。 大阪・堺を遊歴中に「本能寺の変」を聞かされた徳川家康は、難所「伊賀越え」を終え、居城である浜松城に戻り側室の [全文を読む]

キンドル電子書籍『まんがで身につく 孫子の兵法 (Business ComicSeries) あさ出版電子書籍』著者長尾一洋、まんが久米礼華が『実践経営・リーダーシップ』で1位を獲得中

DreamNews / 2015年12月11日18時00分

■キンドルカテゴリー4冠獲得 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ★キンドル電子書籍で『まんがで身につく孫子の兵法 (Business ComicSeries) (あさ出版電子書籍)』著者長尾一洋,まんが久米礼華 http://amzn.to/1OZVRX0 発売たちまち8万部突破 ! ≪売れ [全文を読む]

キンドル電子書籍『まんがで身につく 孫子の兵法(あさ出版)』著者長尾一洋,まんが久米礼華 が、9月26日27日キンドル電子書籍ストアにて、4カテゴリーで1位を獲得 2015年啓文堂ビジネス大賞受賞書籍

DreamNews / 2015年09月28日18時00分

■キンドルカテゴリー4冠獲得(現在3冠中9月28日現在) 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > ビジネス・経済 > 実践経営・リーダーシップ 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 投資・金融・会社経営 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > コミック 1位 ─ Kindle先行・限定タイトル のベストセラー★ [全文を読む]

武藤俊憲、武田信玄にあやかって3年ぶりV狙う

ParOn.(パーオン) / 2015年06月26日19時24分

「山梨といえば、最強の武将といわれた武田信玄のおひざ元です。やっぱり風林火山ですね。バーディは火の如く奪い、スコアが悪くなったら無理に攻めずに、動かざること山如し。ゴルフは流れが大切ですから。風林火山はゴルフに通じるところがあります」 今コースは、硬いグリーンに仕上がり、アップダウンや風によってマネジメントが重要視されるが、武田信玄の軍旗に記されたとされる [全文を読む]

フォーカス