子供 武田信玄に関するニュース

【おんな城主直虎】前半と後半で大きく変わる「男優陣の顔ぶれ」

しらべぇ / 2017年04月02日10時00分

主人公の子供時代の回は考慮に入れないとしても、主人公の周りの男たちが次々に途中退場してしまう大河ドラマは非常に珍しい。そして「◯◯ロス」で空いた穴を、全く別のキャラクターが埋めるという構図だ。まるでサッカーを見ているよう。『直虎』での織田信長は、歌舞伎役者の市川海老蔵が演じる。また、盗賊団の頭・龍雲丸は柳楽優弥が務めるということもすでに発表済みだ。あとはこ [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】井伊直虎と地震の「意外な関係」

GOTRIP! / 2017年02月15日19時30分

ある年の元日、地元の神社の神主さんが井戸で子供を拾いました。その子供こそがのちの共保で、井戸伝説はここから派生します。この井戸は今も井伊谷の農地の只中にあり、連日多くの観光客を集めています。 井伊氏は強運に恵まれていた、という見方もできます。そもそも地震がなければ重要拠点の領主として名を馳せることはなく、また男子後継者を失った際の「中継ぎ投手」が極めて優 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。真田幸村は存在しなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日06時00分

九度山配流時代には子供が7人も生まれましたし、自分の家臣を養うにも難儀し、経済的に困窮していたようです。兄の信幸や上田の旧臣から仕送りをしてもらい、周囲からもたびたび借金をしていました。とはいえ、借りたお金を焼酎代につぎ込んでいたわけではないでしょう。来るべき時に備え、捲土重来(けんどちょうらい)を図り、再軍備のためにお金を使ったこともあったのではないでし [全文を読む]

京大入学3兄弟 勉強法は「お金で子ども釣り漫画買い込む」

NEWSポストセブン / 2014年11月27日07時00分

「お金で子供を釣るなんて、ひどい大人ですが、ちょっと読み始めると面白くなって、最終的には、お金がもらえなくても読んでましたね」(宝槻さん、「」内同) 小学校に入ったばかりの息子たちの地頭を鍛えるために、まずオヤジが取り組んだのが優秀な家庭教師であるマンガを買い込むことだった。そしてそれが成功すると、映画『椿三十郎』や『レインマン』など、子供でも感動できるビ [全文を読む]

ふるさと納税 ダイビングライセンスツアーや1日村長体験も

NEWSポストセブン / 2014年09月28日16時00分

例えば、年収400万円で、夫と専業主婦の妻、高校生の子供の計3人世帯の場合、2000円を除いた後の1万4000円まで控除される。つまり、1万6000円を寄附しても、実質の自己負担額はわずか2000円になる。 この制度が人気の理由は、寄附すれば自己負担額以上の特典が期待できることだ。 「実質2000円の負担で約5000円相当の食べ物や名産品がもらえるんです [全文を読む]

大河ドラマでの怪演が話題騒然――春風亭昇太が今川義元“愛”を語る!

週プレNEWS / 2017年06月12日17時00分

まず、義元は5番目の子供だったのに今川家の家督を継いでいます。継承権が下位の義元は出家して、京都のお寺で勉強していますが、今川家の当主となった兄の氏輝(うじてる)は病弱だったようで、義元は京都から駿府(すんぷ・今の静岡市)に呼び戻されます。でも、しばらくしたら家督を継いだ兄が亡くなるんですよ。しかも、2番目の兄・彦五郎も同じ日に亡くなる。 ―義元がふたり [全文を読む]

隠し子から大出世。江戸の知られざる名君・保科正之の数奇な運命

まぐまぐニュース! / 2016年12月14日04時45分

されば、お気持ちのみ頂戴つかまつります」 ついに自分の子供と世間に認めることなく逝った父・秀忠を恨むことなく、その遺志に義理立てし、また自分を受け入れてくれた高遠保科家への感謝を忘れず、かつ、言い寄ってくる人々にも恥をかかせない、という、心配りをする正之だった。 家光と正之 ひょんな事から、正之が自分と血を分けた異母弟であることを知った家光は、素知らぬふり [全文を読む]

激動の「真田丸」 草刈正雄『昌幸は最後まで諦めないですよ』

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日12時00分

昌幸を演じる草刈正雄は「昌幸は子供みたいな男でね、出浦昌相(寺島進)も同じようなところがあって、昌相とのシーンは好きなんですよ。やんちゃ坊主がそろって『あそこの学校殴り込みに行こうぜ』と言っているような感じで。昌幸自身は、天下をどうこうというより、昌相の言葉もあったけど、『戦場でないと生きられない』というそんな感じなんでしょうね」と明かすが、そんな昌幸に [全文を読む]

武田家当主 「織田家の子孫の方とは毎年お会いしています」

NEWSポストセブン / 2016年07月16日16時00分

戦国大名は血を絶やさないように子供が何十人もいたりする。その子たちを別の家に養子に出したり、嫁がせたりする。ですから大名家は婚姻関係をたどるとみんな親戚になるんです。 ※週刊ポスト2016年7月22・29日号 [全文を読む]

武田家と上杉家当主 末裔ならではの気苦労を語る

NEWSポストセブン / 2016年07月14日16時00分

子供の頃はそれが嫌でしょうがなかった。それに知られた時の周囲の反応が面倒くさい。「世が世なら側にも寄れませんな」なんて言われると、もう鬱陶しい。 武田:同じですね。まあ、私はそう言われたら「もう一度、その時代に戻りたいな」とチクチク返していましたけど。 上杉:ワハハ! しかし実際のところ、知られたくないというのが本音です。だから自分から「○○の末裔」と売り [全文を読む]

独占インタビュー「圭、エースをねらえ!」 あの名作漫画の著者・山本鈴美香先生が錦織とマイケル・チャンに泣いた

週プレNEWS / 2014年09月22日06時00分

子供でも、育つ時はかわいそうで、本当に親が抱きかかえて歩きたいくらいなんですけど。でも本当にかわいければ上手に怪我させて大けがにならないような範囲で擦りむかせたりして。それと同じじゃないかって思うんですよ。 ―そこでまた、錦織選手が成長と共にチャンコーチに巡りあったことは運命的ですね。 山本 本当にそうですよね。私はチャンコーチがって聞いただけで人生は小 [全文を読む]

「韓国反日映画」 韓国国内で異例ヒットもそのトンデモ中身とは?

アサ芸プラス / 2014年09月19日09時52分

日本で坂田金時が『金太郎』というおとぎ話で語り継がれているように、韓国では子供たちにも聞かされる偉人です。しかし、以前の作品に比べて、この映画はダメですね。チャンバラばっかりしていて、歴史考証がムチャクチャで人間ドラマが薄い。喜ぶのは若者や子供ばかりで、大人はみんな『つまらない』と言っています」 このジャーナリストが指摘するのは、当時の船。すでに「亀甲船」 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(1)平均視聴率40%「独眼竜政宗」が変えた大河の歴史

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時54分

政宗は死の床で、子供の頃の優しかった母の姿を思い出し、わだかまりが全て解け、息を引き取るのだ。 今までの大河では考えられないこのラストシーンこそ、「政宗」ヒットの秘密が隠されていると言っていい。 ジェームス三木氏がこのラストシーンを振り返る。 「それまでの大河ドラマの主人公といえば、英雄・偉人ばかり。でも、もうやり尽くされていて新鮮味がない。そこであえてロ [全文を読む]

フォーカス