戦国時代 武田信玄に関するニュース

【毎週5作品が無料】『歴史群像デジタルアーカイブス』週替り無料キャンペーンを開催! 全470作品を紹介するカタログも配信中

PR TIMES / 2015年06月18日18時09分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9949/180/resize/d9949-180-359116-1.jpg ]◇第1週 6月18日(木)~6月24日(水)「大坂の陣」特集<真田幸村と大坂の陣>豊臣家に引導を! 幸村の好敵手たち(大野信長)<真田幸村と大坂の陣>死ぬも生きるも共に 幸村の戦友たち(大野信長)<真田幸村と大坂の陣>真田丸、 [全文を読む]

【深読み民俗学】「姥捨て山」伝説に隠された、予言と残酷風習とは?

tocana / 2014年02月19日19時00分

そう、戦国時代、瞬く間に信州を制圧した、武田信玄没後の武田家滅亡を暗示していたのだ――。■人を大切にしない合理主義者「武田氏」の行く末を暗示【姥捨て山伝説:あらすじ】 姥捨て山伝説とは、ある国の殿様が、年老いて働けなくなった者を不要として、山に遺棄するようにというお触れを出したことから始まる。しかしある家では、山に老親を遺棄することができず、密かに家の床下 [全文を読む]

織田信長の改革を「経営のイノベーション」として見ると?

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日03時00分

天下統一こそなりませんでしたが、織田信長が行った数々の革新が戦国時代の終焉を早めた事実に疑いはありません。無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』に、信長の具体的なイノベーションと、我々現代人が彼から学ぶべきことが記されています。 戦国時代のイノベーション イノベーションということを言いだしたのは、オーストリアのシュンペーターという経済学者です。 少しやや [全文を読む]

歴史ドラマは間違いだらけ?信玄、謙信、政宗…名前を見るだけでわかる意外な人間関係

Business Journal / 2015年08月12日06時00分

例えば戦国時代後期、陸奥の伊達家は家格向上を図る意味もあり、足利将軍家から一字を賜ることに執心していた。10代将軍足利義稙の時代に当主となったのは伊達稙宗で、稙宗の嫡男である伊達晴宗は、12代将軍足利義晴の偏諱を受けている。 さらに、伊達晴宗の嫡男は13代将軍足利義輝の偏諱を受けて、伊達輝宗と名乗った。そして、伊達輝宗の嫡男が「独眼竜」で有名な伊達政宗だ [全文を読む]

武田信玄ゆかりの地・山梨県甲府市のタリーズコーヒー限定「信玄公ラテ」で歴史を感じてみてはいかが

GOTRIP! / 2017年01月05日10時00分

山梨県甲府市といえば、戦国時代の武将、武田信玄ゆかりの地としても有名です。 JR甲府駅前には、武田信玄公像が甲府の町を見下ろしています。 その甲府には、武田氏の家紋「武田菱」がアートされてるカフェラテが飲めるお店があります。 そのお店は、シアトル系コーヒーチェーン店で人気のタリーズコーヒー。 今回は、甲府市内のタリーズコーヒーで提供している「信玄公ラテ」 [全文を読む]

イラストで解説する『戦国ファッション図鑑』、2月10日発売 最高にポップな戦国ファッション・ブック!

PR TIMES / 2016年01月20日18時16分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5875/1030/resize/d5875-1030-328677-0.jpg ]インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、2月10日、立東舎レーベルより書籍『戦国ファッション図鑑イラストで解説する戦国時代スタイリング [全文を読む]

信玄から孫正義まで、デキるトップは「孫子」を参考にする

まぐまぐニュース! / 2015年09月07日00時00分

ただし、正しく理解するのは別ごとですが、戦国時代の武将もこれを必死に理解しようとしたことが察せられます。先日のNHKの番組でも、長宗我部元親がこの書を読み戦術に活かした逸話がありました。 孫子と言えば最も有名な武将は武田信玄です。武田信玄の「風林火山」がよく知られています。しかし、孫子からの忠実な抜粋であれば「風林火陰山雷」となるようですが、広告センスがあ [全文を読む]

日本には、「孫子の兵法」にある4文字で超有名な武将になった人物がいる=中国メディア

サーチナ / 2017年07月09日15時12分

日本の戦国時代を代表する武将・武田信玄が軍旗に記したいわゆる「風林火山」は、中国の古典名著である孫子の一節から引用したものであることが知られている。中国メディア・今日頭条は7日、「孫氏の兵法はどれだけすごいのだ そのうちの4文字だけ学んだ人物が、日本を代表する武将になった」とする記事を掲載した。 記事は、用兵における「聖人」と称される孫子こと孫武が著した世 [全文を読む]

NHK大河『直虎』は謎だらけ…実は男?女性説の根拠資料は信憑性乏しく誤伝多い

Business Journal / 2017年01月11日19時00分

昭和44年(1969年)のNHK大河ドラマは、戦国時代が舞台の『天と地と』だった。これを視聴していた北海道釧路市在住の主婦が、先祖伝来の書状が自宅にあることに気づき、調査を依頼した。すると、書状には「山本菅助」という名の武将名が記されていたことがわかったのだ。 歴史に詳しい方なら、甲斐の戦国大名・武田信玄の配下に「山本勘助」という名の軍師がいたことをご存 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

■なぜ信長がわからないのかがわかった! これまで『信長燃ゆ』や『蒼き信長』など、織田信長という戦国時代の英雄にこだわって小説を書いてきた。それは、私の中で「信長とは何者か?」という疑問がずっとあったからだ。わからないから、少しでも理解しようとして書く。30年近く、そんな作業を繰り返すことで、なぜ信長がわからないのかということがはっきりした。 原因は、織田信 [全文を読む]

戦国武将の経営術。信長は「マネジメント力」でも日本を変えた

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日04時30分

話を飛躍させますが、戦国時代でも、とうぜんマネジメントがあって戦国大名は自身の生き残りと領土拡大のため、領民や家臣に対する統治活動や領地争いの軍事活動やそのための経済活動が行なわれていました。 ここで戦国大名の統治活動という言葉を使いましたが、ある本によるとNHKの『真田丸』の真田氏や四国の長宗我部氏さらに後北条氏などは領民への慈しみがあったかのようです [全文を読む]

ゴールデンウィーク&母の日「体験型サービス」~武将と姫に変身!フォトプラン~

@Press / 2016年04月14日10時30分

【プラン1】武将に変身!が大人気!戦国時代のヒーロー真田幸村“赤い甲冑プラン”ドラマで採用中の衣装と同様の本格派2016年3月からは、ドラマで注目を集めている真田幸村の赤い甲冑を再現した衣装を着て撮影する「真田幸村赤い甲冑プラン」を設けました。実際にドラマで採用されている衣装を担当する企業に注文し、実物の甲冑を再現した総重量約20kgの本格派(兜だけで1k [全文を読む]

真田丸登場の女性が愛される理由とは? とり・薫の魅力

NEWSポストセブン / 2016年02月27日16時00分

「これまでも『おんな太閤記』や『江~姫たちの戦国~』など、戦国時代を生き抜く女性を扱った大河ドラマは、数多くありました。彼女たちは動乱期を強く生き抜き、気丈に男たちを支えてきましたが、その振る舞いはやはり遠い時代の振る舞いでした。 しかし、『真田丸』に出てくる女性たちは、どこかあっけらかんとして、時には男たちに意見することもある。その姿は現代人にも通じ、共 [全文を読む]

いざ出陣!!戦国レストラン「甲斐宝刀信玄館」、本日富士急ハイランドにオープン!

PR TIMES / 2015年07月11日10時41分

戦国時代の合戦場にいるかのようなレストラン「甲斐宝刀信玄館」で、戦国最強の武将・武田信玄さながらに「ほうとう」を味わい、フジQの食のエンタテイメントをお楽しみ下さい。 【施設概要】 ■名称 甲斐宝刀信玄館(かいほうとうしんげんやかた) ■規模 座席 292席 ■開業 2015年7月10日(金) ■主なメニュー [画像2: http://prtimes.j [全文を読む]

結婚相談所サンマリエ、歴史を知りながら料理を楽しむ『郷土料理Cooking婚活』山梨・武田信玄編を10月26日(日)東京都内で開催! ~前回の参加者のうち“一年以内に結婚したい”男女が約半数~

@Press / 2014年10月07日16時00分

・前回の「郷土料理Cooking婚活」の様子http://www.atpress.ne.jp/releases/52132/img_52132_1.jpg■10月26日(日)は山梨県・武田信玄にまつわる郷土料理をCooking歴史が好きな方はもちろん、歴史に詳しくない方もお料理が好きなら楽しむことができる今回のテーマは、戦国時代、甲斐国(現在の山梨県)の戦 [全文を読む]

「直虎」松平健、浅丘ルリ子との共演は『デビュー作以来で緊張した!』

ザテレビジョン / 2017年08月30日00時00分

――江戸時代の殿を演じるのと戦国時代の武将を演じるのでは、心構えは違うものですか? もちろん。江戸時代は天下泰平ですから、少し“のほほん”としたような印象ですけど、戦国時代となると生死を掛けた人生ですから、それなりの表情と緊張感を持って臨んでいます。 ――戦国時代を取り上げた時代劇の醍醐味(だいごみ)は何ですか? やはり大人数での戦場に、煌びやかな甲冑( [全文を読む]

大河ドラマでの怪演が話題騒然――春風亭昇太が今川義元“愛”を語る!

週プレNEWS / 2017年06月12日17時00分

そして師匠は戦国時代に大変詳しく、しかも義元は師匠の故郷・静岡の人ですから、今回の役は特に思い入れがあったのでは? 昇太 収録前に静岡で講演会をやったんですが、そのときいろんな人たちから「今川義元をよろしくお願いします。頑張ってください」って手を握られましたからね(笑)。 今川義元については、中学生の頃から研究本を読んできました。僕は当時から古城巡りが好き [全文を読む]

真の敵は酒中にあり!? 戦国武将と酒をめぐる喫驚エピソード4つ

サライ.jp / 2017年06月11日17時00分

戦国時代当時、塩は金にも値した。現代でも熱中症予防には「水と塩」と盛んに言われているが、戦場で身体を動かす者にとって塩は欠かせない。武田信玄は内陸国の太守であるが故に、いつも塩の確保について頭を悩ませていたという。だがそれは、日本食の欠点である「塩分過多」をもたらす要素でもあった。戦国時代に「減塩」という現代的な概念は影も形もない。上杉謙信は現代よりも塩辛 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

にわかに脚光を浴びた直虎ですが、戦国時代の人物としては知名度が低く、実際に謎の多い人物でもあります。今回は、地元ながら「実は一番びっくりしている」という静岡県浜松市周辺に取材に行ってきました。 平安時代から千年続く名家、井伊家の始まりの場所 まずは直虎のルーツ、井伊家のあらましをたどってみましょう。井伊家は寛弘7年(1010年)、共保(ともやす)が初代と [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

尾張国の武将から、天下統一一歩前まで行った大英雄で、もはや説明不要の戦国時代の重要人物。その常識破りの言動から、若い頃から「うつけ(まぬけ)」と呼ばれ、快進撃を続けたそのカリスマ性の高さを見れば、納得の結果かもしれません。続いて2位にランクインしたのは、ご存知の通り、今年のNHK大河の主役に取り上げられた真田幸村。戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下と [全文を読む]

フォーカス