織田裕二 世界陸上に関するニュース

『世界陸上』MCを務める織田裕二 視聴者はどう思っている?

しらべぇ / 2017年08月10日20時00分

日本でもっとも落ち込んでいた人物といえば、やはり『世界陸上』(TBS系列)中継MCの織田裕二だろう。大会前に単独取材に成功し、ボルトの世界新記録更新を予言していただけに、結果にショックを受けていた。その様子は、ネット民から「明らかにテンションが下がっている」とツッコミが入るほどだった。ガトリンが勝ったので、心なしか織田さんのテンションが低い…#世界陸上20 [全文を読む]

『世界陸上ロンドン』のキャスターは11大会連続で織田裕二!ファンから喜びの声

しらべぇ / 2017年04月21日20時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)21日、TBSが今年8月に放送する『世界陸上ロンドン』のメインキャスターを、織田裕二と中井美穂が担当すると発表した。■11大会連続の出演2人は『世界陸上』をTBSが初めて中継した1997年以来、11大会連続20年目の出演となる。第1回放送時には、バラエティ番組にほとんど出演しなかったトレンディ俳優の織田が、どのよ [全文を読む]

織田裕二ナシじゃありえない!『世界陸上』MCに対する陸連の圧力に非難殺到

日刊サイゾー / 2015年09月02日17時00分

そのポイントとは、世界陸上をTBSの“名物番組”たらしめているメインキャスターの織田裕二。例年「たかがオリンピックですから。世界陸上が真の実力ですから」「事件はパリで起きてます!」などの暴言・迷言を連発し、同じくキャスターを務める中井美穂がなんとか火消しにかかろうとする様は、もはや“伝統芸”だ。賞賛と罵倒を一身に浴び続ける織田の勇姿目当ての視聴者も少なく [全文を読む]

織田裕二、ボルトの“ラストラン”に期待 「ボルト・ショーを見せていただきたい」

エンタメOVO / 2017年07月21日14時26分

「世界陸上ロンドン」の制作発表が21日、東京都内で行われ、11大会連続でメーンキャスターを務める織田裕二と中井美穂アナウンサー、スペシャルキャスターの高橋尚子氏、ゲストとして世界陸上ロンドン男子200m代表の飯塚翔太選手が登壇した。 2年に1度行われる陸上競技の世界最高峰の大会「世界陸上」。今回の開催地はイギリスの首都ロンドン。番組では、現地から10日間、 [全文を読む]

織田裕二も過剰絶叫!?TBS、「世界陸上はサニブラウンを推せ!」指令の裏事情

アサ芸プラス / 2015年08月23日17時59分

ところで「世界陸上」といえば、俳優の織田裕二がMCを務めるTBSの名物スポーツ番組。今年も熱い応援、歓喜、落胆が繰り返されることは間違いない。しかし、ここにきてTBSは例年以上に目の色を変えて、世界陸上の成功、そしてサニブラウンの大スター化を願っているのだとか。「TBSはいきなりトップギアに入れろとばかりに必死です。というのも、先日の『夏の甲子園』での不 [全文を読む]

『世界陸上』10回連続起用の中井美穂 その理由はどこに?

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

* * * 8月22~30日、TBS系で中継される『世界陸上2015北京』で、今回も織田裕二と共にメインキャスターを務めるのが、元フジテレビアナウンサーの中井美穂である。実に、二人とも連続で10回目なのだという。 中井さんが30歳でフリーになってから最初の大仕事が“世陸”。当時は、フリーになりたての人気女子アナを起用した…ということで、視聴者も納得してい [全文を読む]

『世界陸上ロンドン』開幕! 陸上競技の「好き・嫌い」を調査してみると…

しらべぇ / 2017年08月04日19時00分

大会の模様は、TBSが織田裕二・中井美穂のコンビで独占中継する予定になっている。■ウサイン・ボルトや400メートルリレーに注目今大会でもっとも注目されているのは、ジャマイカの英雄ウサイン・ボルトだ。長年、短距離界のトップとして君臨し、100メートルと200メートルで世界記録を持つ最速男は、今大会をもって引退する意向を表明している。また、日本の短距離走代表の [全文を読む]

ボルトの“脚のてかり”になぜか大興奮の織田裕二、2年後の北京大会にも内定か!?

日刊サイゾー / 2013年08月21日13時00分

18日に閉幕した世界陸上の中継番組『世界陸上モスクワ2013』(TBS系)で、アナウンサーの中井美穂と共にメーンキャスターを務めた俳優の織田裕二。彼の暴走エピソードを、20日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。 織田は、1997年から9大会連続で出演し、ハイテンションぶりがたびたび話題に。2年前のアテネ大会では、男子ハンマー投げの室伏広治が金メダルを [全文を読む]

「世界陸上」MCで織田裕二がおとなしかったオトナの理由

アサ芸プラス / 2013年08月21日10時00分

やはり注目は、いまや夏の風物詩となった司会・織田裕二(45)のはしゃぎっぷり。ところがこの夏はなぜかおとなしかったともっぱらだ。 史上最速の男、ウサイン・ボルト(27)の3冠に沸いた「世界陸上2013」。選手以外で注目を集めたのが、今回で9大会連続のメインキャスターを務めた織田裕二だった。スポーツ紙芸能担当は話す。 「実は大会前、2年に1度の世界陸上を中継 [全文を読む]

織田裕二、『世界陸上』MC続投のウラで、TBSからオファー受けていた意外な人物

サイゾーウーマン / 2013年06月19日13時00分

TBSで放送される『世界陸上』メインMCに決定し、同局で会見を行った織田裕二。初MCとなる1997年から9回連続の就任で、すでに世界陸上=織田裕二という図式は、日本中に浸透している。しかし、今回の起用に関しては、クビと紙一重だったようだ。 一部報道でもあったように、陸上競技連盟(陸連)は織田の出演に、決していい顔をしていなかったという。 「『週刊文春』(文 [全文を読む]

織田裕二 陸連からTBSに要求が…“世陸”MC降板危機

WEB女性自身 / 2013年06月04日00時00分

世陸」といえば織田裕二(45)。あの“アツ〜い”ハイテンションな司会ぶりが定番のようになっていたのだが……。「実は、織田さんのMCに難色を示しているのは、陸連(日本陸上競技連盟)なんです。以前から陸連理事の間で『世界陸上』の中継は、娯楽色が強すぎるという意見が出ていた。織田さんのあのテンションが、スポーツ中継にはそぐわないということだそうです」(テレビ局関 [全文を読む]

放送事故寸前の暴走も……数々の伝説を残した織田裕二が『世界陸上』から撤退してしまう!?

日刊サイゾー / 2013年05月28日13時00分

2年に1度行われる「世界陸上」で、織田裕二の姿を見ることができなくなるかもしれない。今年は8月10日からロシア・モスクワで開催され、その模様は例のごとくTBSで独占中継される。 世界陸上といえば織田裕二。これまで男子ハンマー投げの室伏広治選手の奮闘に涙したり、男子100mで米国のタイソン・ゲイ選手を異常にひいきするなど、良くも悪くも数々の伝説を残してきたが [全文を読む]

織田裕二が「世界陸上」から消える説が浮上するザ・芸能界なワケ

アサ芸プラス / 2017年09月11日05時59分

俳優・織田裕二といえば、毎回、TBS系で放送されている「世界陸上」の中継番組での情熱的なMCぶりが広く知られている。 今年8月に2年ぶりで開催されたロンドン大会の中継番組でも、11回連続でコンビを組む、フリーアナウンサーの中井美穂を相手に終始ハイテンションで番組を盛り上げた。 今や同番組の“顔”と言ってもいい織田だが、その迷MCぶりが2度と見られなくなる可 [全文を読む]

織田裕二の世界陸上実況がだんだん大人しくなっている理由

WEB女性自身 / 2017年07月22日16時00分

俳優の織田裕二(49)とフリーアナウンサーの中井美穂(52)が7月21日、都内で行われたTBS系「世界陸上ロンドン」の制作発表会見に出席した。 2人は1997年のアテネ大会からコンビを組んでメインキャスターをつとめ、今回で11大会連続となるだけに息もピッタリ。8月4日スタートの今大会ではジャマイカの「世界最速の男」ウサイン・ボルト(30)がラストラン。織田 [全文を読む]

「世界陸上」では大げさな反応でも…坂上忍が驚いた「織田裕二の自然な演技」

アサ芸プラス / 2017年06月26日17時59分

同年代でね」と前置きしてから「織田裕二」と明かしたことが反響を呼んでいる。 坂上と織田は同じ67年生まれ。91年公開の映画「就職戦線異状なし」で初共演した織田を見た坂上は「この人、自然な演技するな」と感じたという。俳優としてのキャリアは坂上のほうがはるかに長いが、監督は坂上の演技にダメ出しするのに対し、織田にはまったくしなかったと説明。「オレから見たら織田 [全文を読む]

「世界陸上」織田裕二&中井美穂が11大会連続でメインキャスターに!

Smartザテレビジョン / 2017年04月22日06時55分

8月4日(金)からTBS系で放送される「世界陸上ロンドン」のメインキャスターが、織田裕二と中井美穂に決定! 2人は1997年のアテネ大会以来ちょうど20年目、11大会連続のメインキャスターとなる。20年目という節目の年となった今大会、織田&中井のゴールデンコンビが、現地ロンドンから10日間、過去最長の93時間にわたって放送。番組コンセプトは「すべてがつなが [全文を読む]

織田裕二「土屋太鳳への神対応」に、称賛の嵐!

日刊大衆 / 2016年10月14日20時00分

ネットではこの件について話題にしている人が多く、同コーナーで激走を終え、力尽きた土屋に対して織田裕二(48)が見せた対応が“紳士的”だったという声が目立っている。 「土屋は3周目まではトップで走っていました。途中でリオ五輪に出場したモハメド・ファラー選手(33)などの男性選手たちに抜かれてしまったんですが、なんとか最後まで走りきり、ゴール後に床に倒れてしま [全文を読む]

織田裕二、IQ246の“天才貴族役”に「ミスキャスト!」の声 ディーン・フジオカとの交代要請止まず?

おたぽる / 2016年09月19日12時00分

10月からスタートする新ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)で、主演の織田裕二が演じるのは、代々、IQ246の超頭脳が遺伝するという貴族の末裔、ということなのだが、キャスティングが発表されて以来、「ミスキャスト!」「頭良さそうにも、品がありそうにも見えない」などと、否定的な意見が殺到してしまっている。 織田といえば、大人気シリーズ『踊る大捜査 [全文を読む]

中井美穂の急速劣化の裏で織田裕二がまったく歳を取らない理由とは?

アサジョ / 2015年09月04日09時59分

先日、女性週刊誌で反町隆史と松嶋菜々子夫妻の別荘に現れ、釣りを楽しんだと報道された織田裕二。 織田といえば、8月30日に閉幕した「世界陸上」の中継で、相変わらずのハイテンションぶりを見せていたが、視聴者からは「まったく歳をとっていない」という驚きの声が上がった。テレビ関係者が語る。「今年の織田さんは、以前にも増してアグレッシブになっていたように見えました。 [全文を読む]

織田裕二、中井美穂10大会連続世界陸上キャスターに

Smartザテレビジョン / 2015年05月22日10時00分

また、織田裕二と中井美穂が10大会連続でメーンキャスターを務めることが決定。織田は「気が付けば10大会目なんですね。言われるまでは全然分かりませんでした(笑)。僕たちは北京の現場から選手の熱さ、会場の熱気を日本の皆さんに“つなげたい”と思っています」とコメント。 一方、中井は「毎回何が起こるか分からないので、とっさの出来事に対応しながら冷静さと安定感を持 [全文を読む]

フォーカス