結婚相手 織田裕二に関するニュース

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ 】今週末みたい映画ランキング(11月2日付)

ガジェット通信 / 2016年11月04日19時52分

愛する妻子の幸せのために、残された時間を使って妻の最高の結婚相手探しに奔走する主人公・修治を織田裕二が熱演。 彼の妻を吉田羊、修治が見初めた妻の結婚相手を原田泰造、結婚相談所を営む修治の元仕事仲間を高島礼子が演じる。 ■関連映像:ボクの妻と結婚してください。 特報(http://yahoo.jp/Y1Cr5D) ボクの妻と結婚してください。 特報(htt [全文を読む]

吉田羊が織田裕二の妻役を語る「愛について改めて考えさせられた」

Movie Walker / 2016年11月04日14時57分

修治は、彩子にとって最高の結婚相手を見つけようと、お見合いパーティに参加したり、結婚相談所を訪れたりする。初めて脚本を読んだ時、吉田はその修治の行動に戸惑ったそうだ。「私自身は、修治さんの余命が半年だとわかったら、最後の瞬間まで2人の時間を過ごしたいと思うし、そこに第三者がいてほしくないとも思ってしまう。でも、彩子さんはあくまで死にゆく修治さんの心を大切 [全文を読む]

織田裕二 中島美嘉のサプライズをまさかのネタバラし

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

同作は、織田裕二演じる放送作家の三村修治が膵臓がんで余命6ヶ月と診断され、家族に残せる「最後の企画」として、妻・彩子(吉田羊)の結婚相手を探すという物語。修治が見初めた相手・伊東正蔵を演じるのは、ネプチューンの原田泰造だ。 ちなみに、中島はサプライズで『Forget Me Not』を歌う予定だったが、織田が「今日、生で聴けるんですよね」とまさかのネタバラ [全文を読む]

中島美嘉、織田裕二主演映画で“心に響く”主題歌を歌う

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日12時04分

本映画は、テレビ業界で働く敏腕放送作家が余命宣告を受け、愛する家族の未来のために、妻の「最高の結婚相手」を探し出すという、ある男の一風変わったエンディングノート「ボクの妻と結婚してください。」が原作。斬新な設定と心温まる物語が支持され、世代を問わず恋愛バイブルの一つとなっている。 その原作を基に、「阪急電車 片道15分の奇跡」('11年)などを監督し、繊 [全文を読む]

もしも余命1ヶ月と言われたら…「相手のために離婚する」人

しらべぇ / 2016年11月16日08時30分

主演の織田裕二・吉田羊の演技や、「余命半年」と宣告された主人公が妻のために新しい結婚相手を探すストーリーに、号泣してしまう人が続出している。では、もしもこの映画のように自分が余命宣告されたら...配偶者に何をしてあげるだろうか。■若い人ほど「生きてるうちに別れる」既婚者を対象に「余命1ヶ月と言われたらどうするか」しらべぇ編集部で調査したところ、9.8%の人 [全文を読む]

年金「空白の5年間」問題解決には「65才まで働く」がベスト

NEWSポストセブン / 2012年06月01日07時00分

※女性セブン2012年6月14日号 【関連ニュース】広がる年金不安に専門家「破綻しない、納めた方が得」と断言国民年金 月400円上乗せ「付加年金」で受け取り額増やせるスタッフ300人に1500円の弁当買った織田裕二に内田有紀対抗女が結婚相手に望む「年収600万円」は独身男の5.7%だけ美尻アイドル 岩場でスカートをたくし上げて白下着チラ見せ [全文を読む]

フォーカス