近藤真彦 郷ひろみに関するニュース

「紅白歌合戦とジャニーズ事務所」の歴史に田原俊彦が残した功績

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月28日15時00分

大晦日に行われる『第66回NHK紅白歌合戦』には、ジャニーズ事務所から近藤真彦、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneの7組が出場する。同じ事務所からの大量選出に批判的な声もあるが、事務所設立から53年間の紆余曲折を経て、現在の地位を勝ち取ったことは忘れてはならないだろう。ジャニーズ事務所は、設立当初から紅白歌合戦を席巻していたわけ [全文を読む]

「気持ち悪いからテレビ消して!」ジャニーさん絶叫...ジャニーズからソロデビューが消えた理由

東京ブレイキングニュース / 2013年11月18日11時00分

後にそれぞれがソロでデビューすることになるのだが、郷ひろみの離脱やソロ歌手の不調がトラウマになっていたのか、彼ら三人は「たのきんトリオ」としての活動で地道に地盤を固めてから満を持して田原俊彦、近藤真彦、野村義男(THE GOOD-BYE)と続けてソロでデビューさせている。 その後の活躍はご存じの通り。音楽賞レースは総ナメの連続で日本中がたのきんに沸いていた [全文を読む]

ソロ展開中の山下智久や赤西仁が目指すべきジャニーズの先輩像を考察

東京ブレイキングニュース / 2014年01月04日10時00分

だが、これまでにジャニーズ事務所からソロで成功したのは郷ひろみ、田原俊彦、近藤真彦の3人だけだ。後のひかる一平は大失敗で、中村繁之もイーグルスでデビューしているので当てはまらないうえにソロ歌手としても売れなかった。 個人的には川崎麻世こそ世界に通用するレベルで歌って踊れるスーパースターと認めたいが、すっかりバラエティ化してその才能を全く使ってないことに勿体 [全文を読む]

カバー続々『木綿のハンカチーフ』は太田裕美の手離れた

NEWSポストセブン / 2016年06月06日07時00分

『ザ・ベストテン』(TBS系・1978年1月~1989年9月)が最高視聴率を記録した日のベスト10 【1】ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ【2】白いパラソル/松田聖子【3】悲しみ2(トゥー)ヤング/田原俊彦【4】守ってあげたい/松任谷由実【5】もしもピアノが弾けたなら/西田敏行【6】まちぶせ/石川ひとみ【7】みちのくひとり旅/山本譲二【8】もういちど思春 [全文を読む]

SMAP、紅白歌合戦で禁断の立ち振る舞い? 独立騒動に新展開?

tocana / 2016年01月12日08時00分

出演には、そのV6に、近藤真彦、SMAP、TOKIO、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneと過去最多の7組が選出された。改めてジャニーズ事務所の芸能界における支配力を感じさせられたわけだが、中でも注目を集めたのは、紅白にてジャニーズ事務所内の派閥争いが反映されるかどうかだった。 今回でいうと、「近藤真彦、V6、TOKIO、嵐、関ジャニ∞がメリー喜多川と藤島ジ [全文を読む]

あのグループの人気が凄い… 女性に調査!部屋にカレンダー貼ったことあるアイドル

しらべぇ / 2015年11月10日17時00分

【20代女性】・嵐(3人)・SMAP(2人)・関ジャニ∞(2人)・KinKi Kids(2人)・堂本光一(2人)・堂本剛(2人)・GLAY(2人)【30代女性】・光GENJI(9人)・KinKi Kids(3人、「堂本光一」も1人)・SMAP(2人、「中居正広」も1人)・嵐(2人、「松本潤」も1人)・V6(2人)・L’Arc~en~Ciel(2人)【40代 [全文を読む]

ジャニーズ隆盛の礎を築いた田原俊彦 今なお光る功績の数々

NEWSポストセブン / 2015年06月21日07時00分

近藤真彦(50)は50~54歳の部でトライアスロンの日本代表に選ばれ、SMAP木村拓哉(42)の主演ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)や嵐・相葉雅紀(32)主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)も好調な視聴率推移を見せている。歌やドラマだけでなく、SMAP中居正広(42)やV6井ノ原快彦(39)などはバラエティ番組の司会者としても確固た [全文を読む]

田原俊彦と近藤真彦の共演可能性 「あるとすれば2014年か」

NEWSポストセブン / 2012年07月11日16時00分

田原といえば、近藤真彦、野村義男とともに1979年の『3年B組金八先生』でドラマデビューを果たし、3人の頭文字を取った『たのきんトリオ』は当時の芸能界を席巻。郷ひろみの移籍以降、低迷していたジャニーズ事務所も彼らの大ブレイクで、息を吹き返した。 たのきん名義でシングルを出したことこそないものの、『ハインティーンブギ』『グッドラックLOVE』などの“たのきん [全文を読む]

沈黙続く松田聖子に、娘・沙也加を祝福する資格ナシ!? 乱れきった男関係は、いまだ断ち切れず……

日刊サイゾー / 2017年05月11日13時00分

聖子は沙也加を妊娠中にも田原俊彦とウワサになったり、ライバルの中森明菜の恋人だった近藤真彦との“ニューヨーク不倫”が一部マスコミに暴露された。 貞操観念がない聖子に、娘の同棲を反対する資格などない。ましてや、勘当するなんて筋違い。しかし、沙也加は聖子に逆らえず、頭を下げて和解。聖子が東京・世田谷区の成城に建てた豪邸に、聖子の母親と一緒に暮らすようになった [全文を読む]

田原俊彦、完全復活でも克服できないコト

NewsCafe / 2016年07月15日12時03分

デスク「今年初めからSMAPの空中分解騒動とか派閥騒ぎうんぬんで何かとお騒がせなジャニーズ事務所だけど、元ジャニーズの田原俊彦(55)がデビュー35周年という話題は嬉しい限りだね」 記者「『ビッグマウス発言』で干されたという伝説は小耳にはさんでますが、田原がスーパーアイドルだったとは、現役時代を知らないので何とも言えません」 デスク「若い世代はそうなんだろ [全文を読む]

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

『夜のヒットスタジオ』 放送局:フジテレビ系 放送期間:1968年11月~1990年10月 放送回数:1131回 主な司会者:前田武彦、芳村真理、三波伸介、朝丘雪路、井上順、古舘伊知郎、柴俊夫、加賀まりこ 最高視聴率:42.2%(1969年3月17日) <出場回数ランキング> 【1】五木ひろし:222回 【2】森進一:204回 【3】西城秀樹:190回 [全文を読む]

元ジャニーズ・平本淳也が語る"SMAP公開謝罪後"のジャニー&メリー帝国

東京ブレイキングニュース / 2016年01月22日20時10分

締めはいうまでもなく、現在も寵愛される近藤真彦で締めくくった。 白組に限れば、トップバッターからトリまで出場者の半数近くが、"ジャニーさん育ち"だった。総合司会を務めた黒柳徹子さんも故・森光子さん同様にジャニーズとは切っても切れない縁深い方。森進一さんの卒業があったことで、ジャニーさんも気合が入ったのだろう。これだけ縁深い人物を集めるのは2015年が最後の [全文を読む]

<SMAP解散騒動の本質>ジャニー喜多川氏の発明「アイドル量産システム」はもはや特許

メディアゴン / 2016年01月20日07時30分

・郷ひろみ(フォーリーブスのバックダンサー出身)・近藤真彦・田原俊彦・野村義男・シブがき隊・少年隊・SMAP・TOKIO・V6・KinKi Kids・タッキー&翼・NEWS・KAT-TUN・Hey! Say! JUMPなどなど。この一連のタレントの中で一番の重鎮は皆から「マッチさん」と呼ばれる近藤真彦(昭和39年生まれ51歳)である。こうしてみると、このア [全文を読む]

NHK紅白、大魚を逃して低迷

NewsCafe / 2016年01月11日16時00分

紅白はトリに近藤真彦(51)と松田聖子(53)という1980年代の2大アイドルを持ってきたんですが、NHKには『紅白卒業を決めた森進一(68)を無視して、なんであんな若造がトリなのか?』という苦情が老人から来ているそうです」というのはスポーツ紙デスク。 高齢者はNHKにとっては重要な"お客さん"だが、近藤の何が反感を買ったのか? 「やはり歌唱力のなさでしょ [全文を読む]

安室奈美恵、サザン桑田、EXILE…これが「紅白」で起きた10大事件簿だ!

アサ芸プラス / 2015年12月30日09時59分

・中森明菜と近藤真彦のくどい演出(84年) 熱愛中だった明菜とマッチ、さらには聖子と郷ひろみまでステージでダンスを踊らせるNHKらしからぬ演出。・宮沢りえは入浴シーンからの中継(90年) 物議をかもした長渕剛の「3曲中継」の直後、りえはビルの屋上でバスタブに入って歌ったが、不評に終わった。・司会者に気持ち悪いと言われた女(77年) ちあきなおみが鬼気迫る表 [全文を読む]

紅白美女17人の“ピンク合戦”を先取り生中継!「中森明菜が連続出場できない理由」

アサ芸プラス / 2015年12月27日17時57分

1年たってもいまだに体調は万全ではなく、生放送で満足に歌える状態ではないために断ったのでしょう」(芸能レポーター・石川敏男氏) 白組では、19年ぶりに復帰が決まった元カレ・近藤真彦(51)との共演も見てみたかったが、来年以降に持ち越しとなった。 一方で、3年連続で元カップルの郷ひろみ(60)とNHKホールで“夜をともに”過ごすのは松田聖子(53)である。「 [全文を読む]

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

(初)「私以外私じゃないの」(2015) 18. ゆず(6)「かける」(2015) 20. 氷川きよし(16)「男花」(2015) 21. 細川たかし(39)「心のこり」(2010) 23. 関ジャニ∞(4)「前向きスクリーム!」(2015) 26. 三代目J Soul Brothers(4)「Summer Madness」(2015) 27. 福山雅治( [全文を読む]

【紅白】曲順発表!小林幸子は“ニコ動”とコラボ

Smartザテレビジョン / 2015年12月24日16時40分

白組のトリはことし歌手デビュー35周年を迎えた近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、大トリは紅組の松田聖子「赤いスイートピー」に決まった。 トップバッターはことし100枚目のシングルをリリースした郷ひろみの「2億4千万の瞳―エキゾチック・ジャパン―」。ベテラン勢が最初と最後を飾り、66回目の紅白を盛り立てる。 4番手に立つ伍代夏子は「東京五輪音頭」を披 [全文を読む]

近藤真彦、ツッコミどころ満載のタレント性

NewsCafe / 2015年12月21日16時00分

ジャニーズ事務所の最年長タレント、近藤真彦(51)が「時の人」状態になっている。 「叩かれまくり、ツッこまれまくり。今回ほど話題になる年はもうないでしょうね」とはジャニーズウオッチャー。 話題のトップはやはりNHK「紅白」への出演だろう。 「歌手活動35周年は分かりますが、だから何?って感じですよね。近年はヒット曲がないどころか、レースやスポーツばかりやっ [全文を読む]

乃木坂46生田絵梨花&HKT48森保まどか ピアノで大物と競演

dwango.jp news / 2015年12月02日22時00分

2日はグランドプリンスホテル新高輪「飛天の間」から生放送され、AKB48、ももいろクローバーZといった若手アイドルから、近藤真彦、嵐などジャニーズアーティスト、西野カナ、氣志團、秦基博などのJ-POPアーティスト、和田アキ子、郷ひろみ、髙橋真梨子らの大御所まで超豪華な顔ぶれが揃った。 FNS歌謡祭の真骨頂と言えば、ここでしか見られないあっと驚くコラボレーシ [全文を読む]

フォーカス