山口百恵 郷ひろみに関するニュース

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

* * *「ワイドショーや女性週刊誌の“顧客”に馴染みがあるから」というのが最大の理由ではあるのだが、ここにきてまた「花の中3トリオ」こと、山口百恵、桜田淳子、森昌子が“話題”を振りまいている。 日本テレビ系『スター誕生!』に合格し、芸能プロダクションからスカウトを受けてデビューをした3人。森昌子は抜群の歌唱力を誇り、桜田淳子はエンゼルハットと脚線美で男 [全文を読む]

「紅白歌合戦とジャニーズ事務所」の歴史に田原俊彦が残した功績

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月28日15時00分

女性アイドルに目を向けると、ピンクレディー、山口百恵、桜田淳子、天地真理、榊原郁恵、石野真子が2年目、キャンディーズが3年目と名だたるアイドルでもデビュー年の紅白出場はあまりに高い壁だったのだ。ただし、岩崎宏美と南沙織は1年目に出場を果たしている。名前が多数上がることからもわかるように、当時は女性アイドルのほうがスポットライトを浴びやすく、紅白選出において [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

山口百恵さんで「いい日旅立ち」。 「紅組の大トリを務める山口百恵に対抗できる同世代の歌手はいませんからね。白組のトリは次世代の氷川くんに任せましょう」 ステージ中央に置かれたマイクを拾い上げ、しっとりと歌い始める山口百恵。大みそかの夜、日本中が23年ぶりの美声に酔いしれる──。オヤジ視聴率60%は確実? 【関連記事】 1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」 [全文を読む]

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

『スター誕生』(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンに輝き、『せんせい』でデビューした森昌子は、その直後に同番組からスターになった桜田淳子、山口百恵と共に「花の中3トリオ」と呼ばれ、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎の「新御三家」と共に『明星』や『平凡』の表紙を飾ったり、毎日のようにあった生放送の音楽番組に出演していた。「どこにでも居るようなフツーの女の子が [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

──聖子、明菜ときたら70年代のスーパースター・山口百恵に触れないわけにはいきません。長谷川 80年の三浦友和との挙式は、赤坂のTBSから霊南坂教会までフラッシュの光がつながっていたって伝説がありますよね。二田 ワイドショーも女性誌も「百恵」の文字があるだけで数字が跳ね上がるんだよ。ある社の記者は、新婚間もない2人のゴミ袋をあさっていたくらい。石川 すごい [全文を読む]

現場リポート!玉袋筋太郎マスター「スナック玉ちゃん」で紅白歌合戦!

アサ芸プラス / 2015年12月24日17時59分

今年の出場歌手の一部を紹介すると、紅組はレベッカ、中原理恵、渡辺真知子、山口百恵、森昌子、小柳ルミ子。白組は殿さまキングス、吉川晃司、西城秀樹、野坂昭如、沢田研二、郷ひろみなどなど。選曲や人選はすべてお客さん任せだが、スナックに相応しい「往年の昭和紅白」に出場しそうな出場歌手を、お客さんが自発的にリクエストしてくるところがニクい。 宴もたけなわ、マスター [全文を読む]

【ドラマ・CD・書籍】多分野で実績を残した「トリプルスリー芸能人」を考察

しらべぇ / 2015年11月09日06時30分

山口百恵>△音楽:横須賀ストーリー(66万枚)◯視聴率:赤い疑惑(30.9%)◯書籍:蒼い時(198万部)<武田鉄矢(海援隊)>△音楽:贈る言葉(95万枚)◯視聴率:3年B組金八先生(39.9%)◯書籍:お~い竜馬(原作者・累計1500万部)<浜田雅功>◯音楽:WOW WAR TONIGHT(213万枚)△視聴率:明日があるさ(29.0%)△書籍:読め! [全文を読む]

百恵は“哀愁”、淳子は“意外性”

アサ芸プラス / 2013年01月29日09時59分

そして山口百恵と桜田淳子は、女優というジャンルにおいても非凡な才を発揮する。テレビが一家のものであった時代、2人は「ドラマ」で多くの人々を魅了した。 初ヒロインで淳子が女優開眼 沖縄海洋博を間近に控えた75年6月、そのドラマは格別な期待感を持たせた。主演が郷ひろみ、ライバルが西城秀樹、その恋人が桜田淳子、そして第1回のゲストに山口百恵─トップアイドルがそろ [全文を読む]

「待たされてばかり…」森昌子がチクリと嫌味を放った“永遠のスター”

アサジョ / 2017年05月29日07時15分

「花の中3トリオ」と呼ばれた山口百恵、桜田淳子らとの現在の交流を聞かれ「何年か前に体調を崩してお休みした時に、百(恵)さんとか淳ぺい(桜田)からメールとかお手紙が来たり、という程度」「時々、ふっとメールが入ったりするとすぐにその瞬間に戻れる。戦友ですね」と明かし、スタジオと視聴者を和ませた。 ところが、森と同時期にデビューし現在も活躍する“スター”に対して [全文を読む]

田原俊彦の新たな魅力、阿木燿子氏が16年ぶりに引き出すか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日16時00分

同曲の作詞は、山口百恵『横須賀ストーリー』『プレイバックPart2』、中森明菜の『DESIRE -情熱-』、郷ひろみの『How many いい顔』『ハリウッド・スキャンダル』などの大ヒット曲を生み出してきた阿木燿子氏が担当。阿木氏の田原への楽曲提供は2001年の『Dangerous Zone』以来、16年ぶりとなる。 2人は30年前、女性誌の対談で初対面。 [全文を読む]

ミュージックプランツ、作曲家の穂口雄右が名誉会長に就任

PR TIMES / 2017年03月29日12時32分

作曲家として、キャンディーズ「春一番」等のヒット曲を多数手がけ、キャンディーズ、郷ひろみ、岩崎宏美、アグネス・チャン、山口百恵などに作品を提供。また、自ら設立した音楽学校AMVOX(アムバックス)にて、若手作曲家の育成に注力。創作活動および教育活動を行う一方で、音楽の著作権関連の問題提起等、音楽業界のあり方に対する提言活動を積極的に行っている。現在、日本作 [全文を読む]

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月24日15時00分

誰もが知っているヒットソングには、誰も知らない謎と秘密があったのです!ユーミン、陽水、拓郎、中島みゆき、サザン、オフコース、山口百恵、松田聖子、チューリップ、キャンディーズ、ピンク・レディー、…。カラオケの持ち歌がもっと好きになり、挑戦したくなる歌がきっとあるはず! かつて文化放送の人気深夜ラジオ番組「セイ!ヤング」のパーソナリティーのひとりだった橋本テツ [全文を読む]

超大物プロデューサー、下半身の「過去」

NewsCafe / 2016年07月20日11時30分

過去に、テレビのワイドショーの中で、デヴィ夫人が酒井さんを目の前にして、俳優の川野太郎(56)との仲を指摘したこともあったし、さらにその以前には俳優、京本政樹(57)とも深い関係だって言われてたよ」 記者「へぇ~」 デスク「伝説の歌手、山口百恵(57)や松田聖子(54)、郷ひろみ(60)ら、1970-80年代の人気アイドル歌手を、当時のCBS・ソニー(現ソ [全文を読む]

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

その後、“日本にすごい番組ができた”と世界中に広まって、海外アーティストをキャスティングしやすくなりました」(疋田さん) ■百恵引退で放送後に『蛍の光』 山口百恵さんが1980年10月の引退前、最後に出演した番組が夜ヒットだった。百恵さんは『さよならの向う側』を熱唱。「放送はそのまま終了しましたが、出演者の誰もが名残惜しくて帰ろうとしない。そのとき、オーケ [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

作曲家として国民的スター山口百恵さんの楽曲を担当。作曲家としても超一流でありながら、ご自身も『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』などのヒット曲を出されています。それ以前は、松崎しげるさんをスカウトしてマネージャーを務めるなど、とにかくプロデュース能力に長けていた事が分かります。 自分を魅せる能力に長けたミュージシャンの“カリスマ演技” 1990年代に入ると、 [全文を読む]

吉永小百合、山口百恵、ピンク・レディー…芸能界を彩った女神たちの秘話

アサ芸プラス / 2015年08月05日17時58分

デビュー直後の山口百恵が「スター誕生!」のデビュー曲のコーナーに出ることになった時、司会者・萩本欽一への挨拶を拒んだというのだ。「萩本さんが後に聞いたところによると、百恵は『自分は有名になれない。たぶん1曲歌ったらサヨナラだから、挨拶に行ったら逆に失礼にあたる』と思っていたそうです」(前出・石田氏) ピンク・レディーがデビュー5年で数百億円を稼ぎ出しながら [全文を読む]

テリー伊藤対談「西城秀樹」(4)人気絶頂の時にはどんなデートを?

アサ芸プラス / 2015年05月07日17時57分

ということは、場合によっては西城秀樹と山口百恵が‥‥。西城 百恵ちゃんは、三浦友和と僕が好きだったんだよね。だから百恵ちゃんからラブレターもらったことあるよ。テリー え! それ、今でも持ってる?西城 もうない。今も持ってたら高い値がついたのかな(笑)。テリー 今だったら大変だよ、超お宝。じゃあデートはしなかったの、百恵ちゃんと。西城 しないよ。デートなんか [全文を読む]

本土民よ、『沖縄ベイ・ブルース』の歌詞に隠された本当の意味を知っているか? 米軍基地問題と守られなかった約束!!

tocana / 2015年02月03日18時00分

彼の作曲、妻の阿木燿子の作詞で、山口百恵の全盛期の楽曲を提供している。竜童は、夏川りみ、水谷豊、五木ひろし、郷ひろみなどにも曲を提供している。 『沖縄ベイ・ブルース』も、宇崎竜童作曲、阿木燿子作詞。R&Bのメンフィスサウンドに乗せた、切ないラブソング。だが、そこには深い意味が隠されている。 「約束はとうに過ぎて...」この歌い出しに出てくる「約束」とは、実 [全文を読む]

【ランキング】意外?2014年版ウェディングソングTOP20発表!

Woman Insight / 2014年06月12日18時00分

13位:愛の賛歌/エディット・ピアフ 13位:お嫁サンバ/郷ひろみ 15位:結婚しようよ/吉田拓郎 16位:君といつまでも/加山雄三 16位:ハナミズキ/一青窈 18位:愛をこめて花束を/Superfly 18位:バンザイ ~好きでよかった~/ウルフルズ 20位:ありがとう/いきものがかり 20位:秋桜/山口百恵 意外とド定番曲がズラリと並びました! そ [全文を読む]

ジューンブライドにちなみ「ウェディング(結婚)ソング」ランキングを発表!~音楽情報誌『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2014年06月12日11時20分

13位:愛の賛歌/エディット・ピアフ13位:お嫁サンバ/郷ひろみ15位:結婚しようよ/吉田拓郎16位:君といつまでも/加山雄三16位:ハナミズキ/一青窈18位:愛をこめて花束を/Superfly18位:バンザイ ~好きでよかった~/ウルフルズ20位:ありがとう/いきものがかり20位:秋桜/山口百恵【今回の調査結果について】6月の花嫁・6月の結婚といえば、ジ [全文を読む]

フォーカス