彼女 北村一輝に関するニュース

【エンタがビタミン♪】大島優子は『ヤメゴク』の現場で「存在感ゼロ」と北村一輝。「鼻にティッシュ詰めるな」とも。

TechinsightJapan / 2015年04月11日18時15分

彼女はそんな心を映し出すかのような黒い喪服姿をしている。大島優子は役作りで「現場では一切笑わないようにしているが、個性的なキャラクターが多く、堤幸彦さんのギャグも盛り込まれる中で、笑いをこらえるのに必死」だと明かす。自分だけシリアスな演技をすることもあるので、周囲には本当にふざけないで欲しいと北村を睨んだ。 『ブランチ』のMC、谷原章介は北村一輝と何度も一 [全文を読む]

北村一輝、美女とデート ひざまずきネックレスを首にかける

NEWSポストセブン / 2013年05月30日07時00分

彼女は都内で働く20代の一般人女性です。今年のはじめに知り合ったそうですよ。北村くんは今、語学力をつけようと、外国人男性2人とルームシェアをしているんです。最近は海外での撮影も多くなって、東京にいることが少ないんですが、なんとか彼女との時間もつくっているみたいですね。ついこの前も、シルク・ドゥ・ソレイユのマイケル・ジャクソンのトリビュートショーに行って [全文を読む]

大野智主演『セカムズ』第9話で描かれたドラマ的な“奇跡”は、ハッピーエンドに繋がるのか?

リアルサウンド / 2016年06月15日06時10分

(参考:大野智、小池栄子の“大人の色気”にモンモン!? 『セカムズ』第8話の意外な展開を振り返る) 前回の終盤、物語におけるメンターである村沖舞子(小池栄子)から、「弱い自分に向き合って、本当に好きな人にアタックすること」とのアドバイスを受けた零治は、さっそく彼女が勤めるステイゴールドホテルの側で待ち伏せし、勤務後の彼女を掴まえて思いの丈を伝える。しかし翌 [全文を読む]

三池崇史と日活大好き!『KILLERS』監督、「どこまでヘンタイが許されるのか分からなかったよ」

AOLニュース / 2014年01月31日22時00分

日本人俳優では、北村一輝、高梨臨、黒川芽以、でんでん(!)という精鋭が参戦! ええセンスやなあと感心するが、当初ヒロイン・久恵役は「もっとアグレッシブな女優を希望していた」(ティモ)そうで、「彼女は見た目に純粋な人だったので、こういう映画を紹介することに気が引けた(笑)」と理由がオモシロい。ただ! 「彼女が入ったことで、映画はラッキーな方向に向かったよね [全文を読む]

実力派としてブレイクの兆し?16歳の女優、山口まゆに期待!

Movie Walker / 2017年02月11日10時28分

そんな彼女の出演作がこの春、立て続けに上映される。まずは2月11日(土)公開の『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』。いわずと知れた人気ドラマの劇場版第4作で、山口が演じるのは、かつて犯罪組織に誘拐された少女という物語のカギを握るヒロインだ。 10歳の時に誘拐された少女の“7年後”を演じるのだが、劇中では描かれないその [全文を読む]

堀北真希ほか「酒豪」で知られる美女タレント

日刊大衆 / 2017年01月01日16時00分

5月19日に、東京都内で行われたアルコールメーカーのオープニングパーティーに出席した堀北の夫で俳優の山本耕史(40)が、彼女の酒豪ぶりを明かした。2人でしょっちゅう酒を飲んでいるといい、「奥さんが酔っ払うのは見たことがない。僕より強いんですよ」と語った。山本も酒好きとして有名なので、それより強いとは相当なつわものに違いない。 堀北と同じく女優で、関西のバラ [全文を読む]

大野智、小池栄子の“大人の色気”にモンモン!? 『セカムズ』第8話の意外な展開を振り返る

リアルサウンド / 2016年06月08日09時12分

さらに、前話で村沖にフラれたステイゴールドホテル社長・和田英雄(北村一輝)が、彼女が好きなのは零治だと本人に吹き込んだため、いよいよ話の方向性がおかしくなる。体調が悪い零治に付き添い、自宅マンションを訪れた村沖は、彼のためにおかゆを作り、頭におしぼりを乗せ、洗っていない足までマッサージする。その包み込むような母性に、零治がすっかり惚れてしまったのは仕方の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】常盤貴子、北村一輝は「笑顔がかわいい“殿”」

TechinsightJapan / 2015年12月22日21時00分

トークショーの前に行われた会見では、劇団の看板女優「彼女」を演じる常盤貴子が「舞台女優という設定だったので、すごいプレッシャーがありました。日本中の演劇関係者には見てほしくない。24日は皆さんどこかに出かけてください(笑)」とまさかの「見ないで」発言。「(演劇の)名作をかいつまんで(劇中で)やらせていただいているので、恥ずかしいかぎりなんですけど」と謙遜し [全文を読む]

本田翼、綾瀬はるかと坂口健太郎を奪い合う 「今夜、ロマンス劇場で」追加キャスト発表

モデルプレス / 2017年10月16日05時00分

色の無い世界・モノクロ映画の中から現れた彼女は、色のある現実世界を体験していく。“逢いたい”という気持ちが“奇跡”を起こし、出会うはずのなかった2人は次第に惹かれ合っていくが…というストーリーが繰り広げられる。 監督は劇場公開版『のだめカンタービレ 最終楽章 前編/後編』で映画監督デビューを果たした武内英樹氏、オリジナル脚本を手掛けるのは宇山佳佑氏。 ◆綾 [全文を読む]

LiLiCo「22年ぶり」加納典明撮影の写真集を発表

日刊大衆 / 2017年06月01日08時35分

加納は「22年前の彼女はすごく澄んでいたが、どこか寂しげだった。そんな彼女も今や芸能界でしたたかに生きている。尊敬します」とLiLiCoを高く評価した。一方のLiLiCoは、22年前の加納を振り返り「あのときは怖かったです」と告白。「オレ、逮捕後だったからな」と加納が切り返し、会場の笑いを誘った。 フォトブックの中で使われている小道具や衣装を自ら用意する [全文を読む]

木村拓哉ロングインタビュー第1弾が到着!

Entame Plex / 2017年01月17日12時00分

彼女が苦しめば苦しむほど、万次としてはアクセルの回転数があがる。小柄な彼女ですけど、杉咲さんの存在は僕の中では、すごく大きな存在でした」と、杉咲が大きな存在となったことを告白。また、三池監督は、木村との顔合わせについて「非日常的な物語を作っている分だけ、リアルな木村拓哉という人物を逆に感じることができたと思います。自分のようなエンターテインメントを作ってい [全文を読む]

嵐・大野智『世界一難しい恋』かわいいシーン激減も、北村一輝の“絶倫フェイス”が大活躍!

日刊サイゾー / 2016年06月03日00時00分

さらに、「彼女にもっともふさわしい役職は、社長秘書じゃない。恋人だ」などと、あの“絶倫フェイス”でささやき続けた結果、零治もその気に……。 その夜、熱っぽい零治を、自宅で看病する舞子。寝不足の零治を気遣い、足のマッサージを始めると、零治は夢心地に。次の朝、それを和田に電話で自慢すると、「付き合ってもいない女に、いきなり足の裏をマッサージしてもらうなんて、エ [全文を読む]

17才の現役女優猫「あなご」 2月に初主演ドラマの放送決定

NEWSポストセブン / 2016年01月03日16時00分

撮影会の整理券はあっという間になくなり、運よくゲットできたファンは、愛らしい彼女の姿にメロメロ…。 「今日はわたしのためにお集まりいただき、ありがとうございます! ファンのかたと直接お会いできるのは、女優としてとってもうれしいことだわ」 そう言って胸を張るあなごだが、売れっ子になるまでの道のりは決して順調ではなかった。 「6歳までは、ごく普通の飼い猫とし [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(4) 低視聴率請負人は誰だ!

アサ芸プラス / 2012年06月15日10時54分

「彫りの深い北村一輝(42)と平板な顔の上戸彩が父娘だったり(「ひと夏のパパへ」)、13歳も年上の中居正広(39)と幼なじみ(「婚カツ!」)だったりと、彼女の場合はミスキャストが多かった印象があります」 そうはいっても最近の上戸に対して、テレビコラムの連載を持つライター・吉田潮氏が、 「『絶対零度』(10年・フジ系)の段階で、低視聴率女優を抜け出しました [全文を読む]

中居正広主演、TBS日曜劇場『ATARU』の共演者続々決定! Kis-My-Ft2の玉森、AKB48研究生の光宗からローラまで、各分野の「ATARU」キャストが豪華共演!

PR TIMES / 2012年03月27日13時03分

大物タレントまでが彼女の素振りを真似し、本業のモデルやバラエティーのゲストだけでなく、TV番組の初司会やCDデビューとその活躍の場を瞬く間に広げ、今年「当たりまくっている」彼女が、連続ドラマ初出演までも射止めた。 [全文を読む]

本田翼、綾瀬はるかと坂口健太郎を取り合い 『今夜、ロマンス劇場で』追加キャスト発表

ORICON NEWS / 2017年10月16日05時00分

色の無い世界・モノクロ映画の中から現れた彼女は、色のある現実世界を体験していく。“逢いたい”という気持ちが奇跡を起こし、出会うはずのなかった2人は次第に引かれ合っていくが、美雪にはある秘密があった。 社長令嬢・成瀬塔子を演じる本田は、役柄や時代背景が経験したことのない設定だったと振り返り、「自分にとっては全て新たな挑戦の作品でしたが、監督から細やかなアドバ [全文を読む]

本田翼、綾瀬はるか&坂口健太郎と三角関係に!『今夜、ロマンス劇場で』追加キャスト

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月16日05時00分

色のないモノクロ映画の中から飛び出したお姫さまは色のある現実世界を体験していくのだが彼女には秘密があって……。(編集部・海江田宗) [全文を読む]

飯豊まりえ、刑事役初挑戦で「新たな一面をお見せできると思います」

ザテレビジョン / 2017年09月20日19時01分

そんな一生懸命な彼女を頑張って演じたいと思いながらも、シャツの襟を立てて、ボタンをあけて、という“ブルゾンちえみ”さんのような大人の女性スタイルにはなれそうになくて(苦笑)。 高校でも第一ボタンまでしっかり閉めていたので、「ボタンを一つ閉めさせてください」ってお願いしちゃいました(笑)。 私が生まれたのが1998年だったんですけど、その翌年にこの事件が起き [全文を読む]

飯豊まりえ、“新人刑事”に初挑戦! 「ブルゾンちえみのような大人の女性スタイルに」!?

CinemaCafe.net / 2017年09月20日08時00分

そんな一所懸命の彼女を頑張って演じたいと思いながらも、シャツの襟を立てて、ボタンをあけて、という“ブルゾンちえみ”さんのような大人の女性スタイルには慣れそうになくて(苦笑)。高校でも第1ボタンまでしっかり閉めていたので、『ボタンをひとつしめさせてください』ってお願いしちゃいました(笑)」と明るく語りながらも、「私と同世代の皆さんはこの事実を知らない人が多い [全文を読む]

岩田剛典&山本美月出演!傑作サスペンス「去年の冬、きみと別れ」が映画化決定!

Woman Insight / 2017年08月01日15時00分

彼女との結婚を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは・・・不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大だった。その真相に近づくにつれ、いつの間にか彼は、抜けることのできない深みにはまっていく――。 ■監督:瀧本智行 ■脚本:大石哲也 ■出演: 岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Br [全文を読む]

フォーカス