晩年 太宰治に関するニュース

「乙女の本棚」をのぞいたら想像よりスゴかった! 紗久楽さわさんが『王様のブランチ』に出るよ

ガジェット通信 / 2017年02月17日16時00分

1935年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。 《紗久楽さわプロフィール》 大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取 [全文を読む]

電子化時代の中で「古書」が紡ぐ物語――「ビブリア古書堂の事件手帖」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月06日11時50分

太宰治の珍しい書き込みがあるという『晩年』の初版本。50年前のある出来事の謎を解く鍵はすべてそこにある――。桜坂 洋×三上 延 対談「キャラ作りはサービス精神」 『ビブリア古書堂の事件手帖』の最新6巻が発売となった。TVドラマ化され、累計600万部を超えた本作は、読書好きのみならず世の中によく知られた作品となった。古書を巡る様々な事件。鎌倉を舞台にその謎を [全文を読む]

最果タヒが共通巻末エッセイを書く “乙女の本棚”シリーズ『女生徒』『猫町』『葉桜と魔笛』3冊集めると特製BOXを全員プレゼント!

PR TIMES / 2016年12月19日15時35分

1935年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。紗久楽さわ大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で [全文を読む]

日本の名作小説と人気イラストレーターのコラボ企画 “乙女の本棚”シリーズ創刊!太宰治+今井キラ『女生徒』、萩原朔太郎+しきみ『猫町』、本日11/25発売

PR TIMES / 2016年11月25日18時01分

1935年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。今井キラ兵庫県生まれ。ファッションブランドAngelic Prettyや雑誌、小説の装丁画などに作品を提供。作品集として『月行少女』『少女の国』、『パニエ 今井キラ ロリータ作品集』がある。他の追随を許さ [全文を読む]

坂口安吾もヒロポン常用者だった!? 薬物を大量摂取していた作家5選!

tocana / 2016年03月26日08時00分

晩年に書かれた『河童』『歯車』(ともに新潮文庫ほか)などは、妄想と現実が入り交じるドラッギーな世界観を表現しているといえるだろう。芥川は、自分とそっくりな人間が現れるドッペルゲンガー現象を恐れ、実際に遭遇したとも言われ、それが自殺の引き金にもなったといわれる。だが、ドッペルゲンガーは実在する現象ではなく、薬物中毒による妄想と見るのが現実的だろう。芥川は19 [全文を読む]

シリーズ累計600万部突破! メディアワークス文庫の大人気作品『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第6巻 12月25日発売

PR TIMES / 2014年12月25日10時29分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行、多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。同年10月にはシリーズ第2巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎め [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

代表作は『人間失格』『斜陽』『津軽』『晩年』など。女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人という。 森山が太宰の小説と出合ったのは、中学生時代という。学校を厭い、ストリートを学び舎と [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

左翼運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集は『晩年』。この時、27歳だった。太平洋戦争に翻弄された時代に妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。薬物中毒、女性問題、自殺未遂などの波乱に満ちた生涯から生み出された作品群は現在も多くの読者の支持を受ける。1948(昭和23)年、自伝的小説『人間失格』完成の1ヵ月後に玉川上水で入水自殺をと [全文を読む]

累計640万部「ビブリア古書堂」を巻末から読むべき理由

プレジデントオンライン / 2017年04月30日11時15分

第1巻には夏目漱石の『それから』や太宰治『晩年』、あまり知られていないかもしれませんが、私の好きな小山清の『落穂拾ひ』などが出てきます。そして、その本にまつわる謎解きが進められるという設定です。苦労したのは、古書の独特の味わいを読者にどうわかってもらうかでした。読者の人が興味を持ってくれる本が1冊でも増えればうれしい」(三上氏) ■数世代の成長と老いを見つ [全文を読む]

大人気ビブリオミステリが実写&アニメで映画化決定!『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ完結第7巻 2月25日発売!!

PR TIMES / 2017年02月10日11時30分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。 2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行。古書の魅力にあふれるストーリーは多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。2012年本屋大賞に文庫初でノミネート、第65 [全文を読む]

ディズニーランドを誘致した『全国女性街ガイド』著者の正体

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

晩年に自ら書き残した「経歴」によると、渡辺は大正2年、東京・根岸の洋食屋を営む夫婦のもとに生まれた。長男で妹が4人。関東大震災で家を失ったことで生計のため11歳からさまざまな職を転々とした後、電球や万年筆の工場労働者となる。そこで左翼運動に傾倒したようで、手帳には〈オルグ活動。何回もの逮捕・投獄〉という記述がある。その後、自身の姿を投影したかのような小説 [全文を読む]

「40年間のベスト400冊」第1位は『ビブリア古書堂の事件手帖』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月13日18時00分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っている。 2011年3月、シリーズ第1巻『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行。多くの書店員から支持を集め人気に火がついた。2012年、本屋大賞に文庫で初めてノミネートされたほか、『本の雑誌』が選ぶ2011年度文庫ベ [全文を読む]

メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』「本の雑誌」が選ぶ40年のベスト40[第1位]に輝く!

PR TIMES / 2015年05月12日13時39分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。 2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行、多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。2012年本屋大賞に文庫で初めてノミネートされたほか、本の雑誌が選ぶ2011年 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto1月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年02月06日11時41分

太宰治の著作『晩年』を巡る物語となっています。古書堂の主人・栞子さんとその店員・大輔さんの関係も進展!?古書が結ぶ二人の関係も見逃せない6巻です。 1月のランキングで注目したいのが、7位『流星ワゴン』と9位『21世紀の資本』。『流星ワゴン』は言わずと知れた重松清のベストセラーですが、この度テレビドラマ化でランキングに浮上!主人公は30代後半ですが、幅広い世 [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!

PR TIMES / 2014年01月24日11時54分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や、その背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行、多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。同年10月にはシリーズ第2巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さん [全文を読む]

『ビブリア』シリーズに登場する名作集めたアンソロジー登場

NEWSポストセブン / 2013年06月24日07時00分

ビブリア古書堂店主の栞子が危機に陥る原因となった『晩年』(太宰治著)、栞子をサポートする大輔がそのタイトルを読めなかった『蔦葛木曽棧』(国枝史郎著、読み方は「つたかずらきそのかけはし」)など、12編を収録。 収録作の思い出と創作秘話を三上が語ったエッセイもあり、本好きでなくてもおおいに楽しめる。 ※女性セブン2013年7月4日号 [全文を読む]

フォーカス