太宰治 島崎藤村に関するニュース

【変人ばっかり】童貞? 風呂嫌い? あの文豪たちの知られざる意外な一面とは

しらべぇ / 2015年02月14日08時00分

■芥川龍之介が好き過ぎて、殺人予告まで出した男:太宰治 画像出典:Amazon http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB%E5%A4%A7%E5%85%A8-%E5%A4%AA%E5%AE%B0-%E6%B2%BB-ebook/dp/B00HNCXFC8/ref=sr_1_8?ie=UTF8& [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

太宰治の自伝的代表作『人間失格』より。太宰治は、その繊細な性格ゆえ、今の言葉でいうと、完全にこじらせています。太宰にとって、幸福よりも不幸の方が心地よかったのかもしれません。 ■「阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている」 芥川龍之介が社会を痛烈に風刺した小説『河童』より。こう言われると人のことを馬鹿にできなくなりますね。 ■「智に働けば角が立 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

PR TIMES / 2016年10月17日15時20分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日15時00分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

親友に妻を”寝取らせた”谷崎潤一郎、“女遊び”に狂った石川啄木…『文豪ストレイドッグス』もビックリな文豪の“ゲス”エピソード

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日17時30分

太宰治が探偵だったり、芥川龍之介がマフィアだったり、そのぶっ飛んだ設定が大ウケしているが、あくまでフィクション(当たり前か…)。それでは実際の文豪たちの素顔とはどのようなものか。『「文豪」がよくわかる本』(福田和也:監修/宝島社)を読むと、「おっと…さらにぶっ飛んでいるではないか…」と唖然とする。 ◎石川啄木 「はたらけど はたらけど 猶わが生活(くらし) [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フランダースの犬』 作者不詳『マザー・グース』 吉田兼好『徒然草』 有島武郎『カインの末裔』 太宰治『斜陽』 スウィフト『ガリバー旅行記』 陳寿『魏志倭人伝 [全文を読む]

【書評】作家の肉筆手紙から読む作品の成立事情や自作への思い

NEWSポストセブン / 2016年04月11日16時00分

太宰治が出版社に原稿料の前借を頼む手紙。宮沢賢治(当時は無名)が岩波書店の岩波茂雄に、自費出版の詩集『春と修羅』を買ってくれと願う手紙(無鉄砲だがういういしくもある)。 こういう私信は、通常、受け取った側から古書店に流れる。著者はそれを古書市で見つけ出しては、買い求めてゆく。個人情報が言われる現代では自筆物蒐集も難しくなっていようが、有名作家の場合は「資料 [全文を読む]

「図書館へいらっしゃい」に救われた芸能人もいる──『太田光自伝』で明かされていた“居場所”としての存在意義

おたぽる / 2015年09月04日15時00分

太田は同時期に多くの小説を読み、島崎藤村や太宰治にハマっていたことも明かしている。部活動はたったひとりの演劇部に所属し、戯曲も多く読み、高校3年の文化祭では、一人芝居を打っている。表現者としての萌芽が垣間見える。 現在の太田光を形づくったものの1つに、高校の図書室があったことは確かだろう。逃げ場所としての図書館であっても、まったく無意味なものではないのだ [全文を読む]

小説が話題のピース又吉 月に1回母親に安否確認のメール

NEWSポストセブン / 2015年01月15日16時00分

過去のインタビューによれば、国語の教科書で読んだ芥川龍之介の『トロッコ』に感銘を受けたのがきっかけで、その後、太宰治や尾崎紅葉、島崎藤村、谷崎潤一郎など近代文学に手を広げていったという。 高校はサッカーの名門校に進学し、インターハイにも出場した。だが、他のメンバーがサッカー推薦で大学に進むなか、「お笑いの世界で生きていく」と決めていた又吉は、東京のNSC( [全文を読む]

フォーカス