松山ケンイチ 珍遊記に関するニュース

よくやった! 松山ケンイチが映画『珍遊記』で全裸&おしり丸出し!屁も出すよ!【動画】

AOLニュース / 2015年12月19日12時00分

12/11(金)に公開決定が報じられるやいなや、Yahoo!TOP見出し掲載を始め、Twitterでは"松山ケンイチ"が6時間以上トレンド入りを果たしツイート数もわずか10時間で2万5千超え、Yahoo!「話題なう」では"珍遊記"の1位をはじめ "松山ケンイチ"が3位&"画太郎"も7位にランクインするなど、日本列島は狂喜乱舞の大騒ぎとなった本作。https [全文を読む]

松山ケンイチがチ○チン丸出し!? 漫☆画太郎『珍遊記』、クソな映画界に投糞できるか!?

おたぽる / 2015年12月15日15時00分

そして、スキンヘッドにパンツ一丁のメインキャラクター・山田太郎には、実写映画『デスノート』のLや、TVドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)など、多くのマンガキャラクターを演じてきた松山ケンイチを抜擢。松山は「しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせていただきました」と受けた理由を明かし、「自分としては良く脱げたほう」と、太郎のチ○チン [全文を読む]

松山ケンイチ主演!漫☆画太郎の『珍遊記』が実写映画化 「史上最低の糞映画にしろって言ったのに!」

AOLニュース / 2015年12月11日06時00分

映画『珍遊記』の主演を務めるのは、『デスノート』のL、『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザーⅡ世、「ど根性ガエル」のひろしなど、一癖も二癖もあるキャラクターに果敢に挑戦し、見事に演じ切ることで定評のある松山ケンイチ。本作では、坊主頭にパンツ一丁という山田太郎そのままの格好で、時にコミカルに時にアクションを交えながら、完全に振り切った演技を披露。 [全文を読む]

ウホッ! いいお尻……映画『珍遊記』松ケンの予想を超える“ケツ”晒しと、恐れを知らない原作者コメントにファン大喜び!!

おたぽる / 2015年12月20日11時00分

来年2月27日に公開される映画『珍遊記』が、18日に特報映像を公開したのだが、あまりの男らしさに、原作ファンと主演の松山ケンイチファンはおろか、別にそうでもない映画ファンまでもが驚きを隠せないでいる。 90年代、黄金期を迎えていた「週刊少年ジャンプ」誌上でも一際強い存在感を放っていた、マンガ『珍遊記』(作:漫☆画太郎/ともに集英社)。主人公・山田太郎は常に [全文を読む]

松山ケンイチは『白猫プロジェクト』廃人だった!? 『アニゲラ』で杉田智和らと“オタトーク”を展開し話題に

おたぽる / 2016年02月19日18時00分

2月18日放送のラジオ『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!』(文化放送超!A&G+)に、映画『珍遊記』の公開を27日に控える俳優の松山ケンイチがゲストで出演し、「杉田と松ケンの絡みとかレアすぎる」と話題になっている。 声優の杉田智和とフリーライターのマフィア梶田がパーソナリティを務める『アニゲラ』は、アニメやゲームなどにかなり詳しい杉田と梶田による濃い [全文を読む]

売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5

しらべぇ / 2016年12月06日06時30分

■第1位:松山ケンイチ(172票)(画像は『珍遊記 ―太郎とゆかいな仲間たち―』公式サイトのスクリーンショット)カメレオン俳優として人気を誇る松山ケンイチ。「デスノート」シリーズのLや『聖の青春』では3位の鈴木亮平に劣らぬデ・ニーロ・アプローチを見せ、さまざまな役を鬼気迫る演技で自分のものにしている。その一方で『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザーさん [全文を読む]

『珍遊記』まっ裸の松山ケンイチ、ぶちギレる倉科カナ・・・カオスすぎる予告編公開

AOLニュース / 2016年01月27日21時00分

https://youtu.be/zJUwYL0Ygeo <関連動画はこちら> 今回の予告編は、主人公・山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指すことになる坊主・玄奘(倉科カナ)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、妙にシリアスな映画のファーストシーンか [全文を読む]

映画『珍遊記』倉科カナ、温水洋一、溝端淳平、ピエール瀧ほか追加キャスト発表!いろいろと衝撃すぎるビジュアルも公開

AOLニュース / 2015年12月25日12時00分

松山ケンイチが主演を務める映画『珍遊記』より、大注目の共演者6人が発表された。山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指す坊主・玄奘を演じるのは、ドラマ以外にも映画・舞台・CMなど、数々の話題作に出演している倉科カナ。そして山田太郎に恨みを持つ映画オリジナルキャラクターの龍翔を演じるのは、JUNONスーパーボーイ・コンテストグランプリ受賞をきっかけに、ドラマ [全文を読む]

斉藤工、主役断り再ブレークの機会逃す? 松ケン主演・実写版『珍遊記』舞台裏

tocana / 2015年12月16日09時00分

1990年から「週刊少年ジャンプ」で連載された漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、松山ケンイチ主演でまさかの実写映画化されることになった。 公開は来年2月27日。同作は坊主頭にパンツ一丁という主人公「山田太郎」の珍道中を描いたものだが、時には片乳を出したお婆さんや、巨大なウ○コが登場する理解不能な要素を併せ持つ。 これま [全文を読む]

冬ドラマの出演俳優で誰が好き?人気ランキングを発表

しらべぇ / 2017年01月08日08時00分

■第3位:松山ケンイチ(97票)(画像は人物相関図|TBSテレビ:日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』のスクリーンショット)3位は松山ケンイチ(31)。TBS系日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』に出演する。昨年は映画『珍遊記』や『聖の青春』に主演。男性からの人気が高く、男性全体では2位。20代男性で1位。■第2位:阿部サダヲ(119票)おはようございます [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

―出演者も倉科カナさん、溝端淳平さんをはじめ超豪華ですが、なんといっても主人公・山田太郎を演じるのは松山ケンイチさん! お ツルっぱげ頭にパンツ一丁ですからね。実は構想段階ではうち(鬼ヶ島)のアイアム野田って話もあったんですが、松山さんに決まって一気に映画のグレードが上がってしまいました(笑)。 今 本当に松山さん…なんで出たんだろう(笑)。でも、松山さ [全文を読む]

松山ケンイチ、倉科カナの「ち○こ」連呼の感想は?

Movie Walker / 2016年02月26日07時00分

主人公・山田太郎として劇中ほぼ全裸、もしくはパンツ一丁姿で暴れまくるのが、松山ケンイチだ。お下品で破壊的ギャグが炸裂する世界観を体現するために、「だらしない体にした」という役作りの秘訣から、続編の可能性までを聞いた。本作は、天下の不良少年・太郎が、坊主の玄奘とともに天竺を目指して旅する姿を描く物語。「画太郎ファン」を公言する松山は、「本屋で立ち読みをして、 [全文を読む]

松山ケンイチ「“山田太郎”って天敵がいないんですよ。その感じを演じながら楽しんでいましたね(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月15日17時30分

今回登場してくれたのは、伝説のギャグマンガを実写化した映画『珍遊記』で、主人公・山田太郎を演じ、公開前から話題騒然の松山ケンイチさんが登場。役づくりの参考にしたのは、なんと日本映画を代表するあの2役だとか――。 「山田太郎を演じることについての躊躇はまったくなかったですね。とてつもない個性を持つ原作の実写映画作品に出られるということは、チャレンジでもあるし [全文を読む]

清純派・倉科カナの「ち○こ」発言にファン驚愕...映画『珍遊記』での弾けっぷりに賞賛の声

メンズサイゾー / 2016年01月30日12時00分

俳優の松山ケンイチ(30)主演で伝説のギャグ漫画を実写化する映画『珍遊記』(2月27日公開/山口雄大監督)の予告編が公開され、女優の倉科カナ(28)の弾けっぷりに驚きの声が上がっている。 同作は1990年代の「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫☆画太郎のギャグ漫画『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』を基に、札付きの暴れん坊・山田太郎(松山)と坊主の [全文を読む]

マキシマム ザ ホルモン、漫☆画太郎原作の映画『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』に楽曲使用が決定

okmusic UP's / 2016年01月14日16時00分

松山ケンイチ主演で実写映画化される、漫☆画太郎原作のギャグ漫画『珍遊記』。本映画にホルモンの楽曲がバトルソングとして使用されることが決定した。ホルモンのアルバムジャケットイラストでおなじみの漫☆画太郎先生とのタッグがついに映画で実現する。 【その他の画像】マキシマム ザ ホルモン1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を [全文を読む]

小栗『信長』松ケン『珍遊記』橋環『セーラー服』……今年も話題作(問題作候補?)がそろい踏みの実写化映画をざっくりと紹介!

おたぽる / 2016年01月02日16時00分

松山ケンイチのプリ尻ともに注目。 ■『セーラー服と機関銃 -卒業-』&『血まみれスケバンチェーンソー』3月5日 “セーラー服+ゴツイ武器+美少女”という、世の男性が大好きな類の作品が奇しくも同日公開なので、あわせてご紹介。原作は赤川次郎の小説だが、取り上げてみた、30年以上にわたって愛されてきた『セーラー服と機関銃』。主演に挑むのは、“千年さん”こと橋本環 [全文を読む]

「原作レイプ」のB級作品も多いのに… 日本映画が漫画原作ばかりの背景とは?

tocana / 2015年12月29日15時00分

主演を務めるのは松山ケンイチ、監督は『地獄甲子園』『魁!! クロマティ高校』など数多くの漫画原作を実写化させてきた山口雄大である。 このところ、往年の名作漫画の実写化が多い。2014年度公開作品をざっと見ても能年玲奈が不良少女役を演じたことで話題となった『ホットロード』や、ルパン三世を小栗旬、峰不二子を黒木メイサが演じた『ルパン三世』、染谷将太主演による名 [全文を読む]

「とにかく明るい安村がいる」「小雪のせいで」松山ケンイチ、“激太り”にマスコミ大混乱

サイゾーウーマン / 2015年12月28日09時00分

俳優・松山ケンイチの“激太り”が、一部マスコミの間で大きな話題になっていたという。20日、都内で行われた主演映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開予定)の先行上映会の舞台挨拶に登壇した松山は、「二重あごで顔が真ん丸、胴回りも恰幅がよくなっており、 とにかく明るい安村がいるのかと思った」(映画ライター)そうで、現場がざわついたという。 松山 [全文を読む]

松山ケンイチが激太り! “低視聴率男”のレッテルがストレスに?

おたぽる / 2015年12月28日09時00分

20日、来年公開予定の映画『の・ようなもの のようなもの』のPRイベントが行われ、主演の松山ケンイチと北川景子が出席したのだが、「マツケン、激太り!?」「北川の隣りにいるから余計に顔がむくんで見える」など、ネット上で松山の激太りを指摘する声が上がっている。 「松山は、2011年に女優の小雪との結婚を発表した後にも激太りを指摘されたことがあるのですが、その時 [全文を読む]

映画『珍遊記』特報で全裸の松ケンが大暴れ!

Movie Walker / 2015年12月18日09時30分

漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を松山ケンイチ主演で実写化する映画『珍遊記』(16年2月27日公開)。先日、実写映画化と公開決定が発表され話題を呼んだ本作の一端が垣間見られる特報映像が早くも解禁された。 まず、本作の配給元である東映のお馴染みのマークが、まさかの“うんこ”(しかも湯気付き)で登場する冒頭から衝撃的なこの特報。そして、山田太郎を演じる松山が全 [全文を読む]

フォーカス