松山ケンイチ ごくせんに関するニュース

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

02年の第1シリーズには、嵐の松本潤、小栗旬、成宮寛貴、上地雄輔、松山ケンイチなどが出演している。松本&小栗は、このおよそ3年後、『花より男子』(TBS系)でも共演。このドラマは大ブレイクし、一躍“花男”ブームを巻き起こした。そして松本の知名度が上がることで、嵐というグループ自体も成長を遂げた。 そして05年の『ごくせん』第2シリーズでは、KAT-TUN [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松山ケンイチ「松本潤は怖かった」 『ごくせん』時代の緊張感語る

TechinsightJapan / 2016年01月19日14時29分

松山ケンイチが嵐の松本潤と共演したドラマ『ごくせん』を振り返った。彼は撮影現場での松本潤の印象について「怖かったすよね」と明かすが、その松本も当時はキャスト全員が「殺気立ってた」と証言する。 14日放送の『VS嵐』にプラスワンゲストとして参戦した松山ケンイチ。松本潤と再会して、2002年に放送されたドラマ『ごくせん』第1シリーズの話題となった。当時、青森か [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

新人俳優の起用が多く、松本潤さん、小栗旬さん、成宮寛貴さん、石垣佑磨さん、上地雄輔さん、松山ケンイチさん、亀梨和也さん、速水もこみちさん、三浦春馬さん、小池徹平さん、小出恵介さん、水嶋ヒロさん、三浦翔平さん、ユージさん、他にも特撮系ドラマで大活躍している俳優さんなど、数多くのイケメン俳優を輩出しているのも特徴のひとつです。 不良を更生させようと、野球経験も [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、上地雄輔――皆、このドラマから巣立っていったのだ。■木皿泉という異才不思議なもので、1つのドラマの成功が、局の風向きをガラリと変えることがある。当時の日本テレビもそうで、『ごくせん』の翌年、一風変わったドラマが世間を賑わした。『すいか』である。脚本は木皿泉サン。当時は無名の脚本家で、あの三谷幸喜サンの出世作『やっぱり [全文を読む]

松山ケンイチ“究極ヨガボディ”に驚愕!向井理&田中麗奈もゲスト出演「夜会」

CinemaCafe.net / 2017年08月03日12時30分

「嵐」の櫻井翔と有吉弘行がMCを担当する「櫻井・有吉THE夜会」が8月3日(木)今夜放送され、舞台“劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風”に出演する俳優の松山ケンイチ、向井理、女優の田中麗奈の3名がゲストとして登場するほか、芦田愛菜と鈴木福も出演する。 松山さんは、2002年に「ごくせん」で俳優デビュー、2006年公開の『デスノート』シリーズで演じた [全文を読む]

周りにかわいがられないと消えてしまう…笑福亭鶴瓶が語る芸能界

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月23日12時13分

第1作からグルーの日本語吹き替えを担当する笑福亭鶴瓶と、ハリウッド映画吹き替え初挑戦の松山ケンイチ(バルタザール役)&生瀬勝久(グルーの双子の兄弟ドルー役)という、芸能界で生き抜くことの厳しさを知る三人が語った。 バルタザールに思うところはあるかとの問いに、鶴瓶は「いらんこと言わんでおいとこか……」と消極的。その理由はまさに苦い経験があったからだ。「22歳 [全文を読む]

嵐・松本潤が名優に成長するターニングポイントになった作品とは?

アサジョ / 2017年03月29日10時14分

“花だん”で共演した小栗旬と再会し、ブレイク前の上地雄輔、松山ケンイチなどがズラリとそろっていた。「軟派なイメージを一新したのが、2003年の『きみはペット』(TBS系)でしょう。TBSの連ドラ初出演となった松本は、年上美女役の小雪に甘えるキュートな男子。上目使いがかわいすぎると大評判で、キャリアウーマンが年下男子にハマる現象が増えました」(前出・アイドル [全文を読む]

放送禁止!? 成宮寛貴が出演した名作ドラマ

日刊大衆 / 2017年01月15日23時00分

ちなみにこの作品には、小栗旬(34)のほか、嵐の松本潤(33)、上地雄輔(37)、松山ケンイチ(31)、ウエンツ瑛士(31)らも男子生徒役で出演。今思えば相当な豪華キャストであり、これが見られなくなるのはあまりに惜しい。 2004年放送の『オレンジデイズ』(TBS系)は、名作との呼び声が高いドラマ。卒業を控えた5人の大学生の日常を描いたこの作品に、成宮は妻 [全文を読む]

フォーカス