松山ケンイチ 森山未來に関するニュース

映画『怒り』劇中音楽を坂本龍一が担当、日本が世界に誇る“天才”が集結!

NeoL / 2016年06月22日21時52分

この他、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡といった人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が魅せる迫真の演技は重厚な人間ドラマを紡ぎ出す。さらに、日本が世界に誇る音楽家 坂本龍一も参戦。原作:吉田修一、監督・脚本:李相日、豪華キャスト陣と音楽・坂本龍一氏と、今年日本映画の金字塔となる作品が完成した。 常に革新的なサウンドを追求する姿 [全文を読む]

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【前編】

Movie Walker / 2016年09月17日12時30分

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡という主役級のスターたちが競演した『怒り』が遂に9月17日より公開となった。このドリームキャストが実現したのは、『悪人』(15)を手がけた李相日監督や原作者の吉田修一、同作の川村元気プロデューサーという最強の布陣が、さらに高い志をもって挑んだ映画だからだ。そのチームの指揮官である李監督に [全文を読む]

年上男性に目覚めた?広瀬すず、映画「怒り」出演で恋愛観に変化が!?

アサ芸プラス / 2016年10月24日09時59分

「物語は3カ所が舞台で、東京編は妻夫木聡・綾野剛、千葉編は渡辺謙・松山ケンイチ・宮崎あおい、沖縄編は森山未來・広瀬すずが出演しています。このキャストが発表された際、経験も実力もある他の6人と比べ、『広瀬すずで大丈夫なのか?』という声が上がっていたんです。ですが、共にオーディションで役を勝ち取った佐久本宝くんと、李監督に徹底的にしごかれて成長し、他の6人と比 [全文を読む]

松ケン、久しぶりの共演で「宮崎あおいは変人な女優」

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日16時55分

9月17日に映画「怒り」の公開初日舞台あいさつが行われ、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡など豪華俳優陣が顔をそろえた。 上映後の舞台あいさつとあって興奮冷めやらぬ空気の中、観客から出演者への質問タイムに。クリント・イーストウッドやクリストファー・ノーランなどハリウッドの監督と仕事をしてきたことを踏まえ、「渡辺さんから見 [全文を読む]

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【後編】

Movie Walker / 2016年09月17日12時30分

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡という豪華キャストたちが織りなす重厚なアンサンブル演技は、どこを切り取っても熱を放っている。チームをまとめ上げた李相日監督に、キャストたちとの撮影秘話をうかがった。八王子の閑静な住宅地である夫婦が惨殺された事件を皮切りに、ミステリーは三重奏として展開していく。整形して逃走中の犯人らしき男 [全文を読む]

広瀬すず、『怒り』で「自分の力の小ささを突きつけられた」

Movie Walker / 2016年09月13日13時00分

共演者とは、森山未來、渡辺謙のほか、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡といったそうそうたる実力派俳優のことだ。「この方々のなかで私は何もできないけど、李監督の下でどうしてもやりたいと思いました。いままで演じたことのない女の子の物語だったし、シリアスな作品はいつか絶対にやりたいと思っていたので」。沖縄パートでは、広瀬と同じくオーディションで大抜擢され [全文を読む]

映画『怒り』 東京・沖縄・千葉3つの舞台をテーマにした特別映像をGYAO!独占配信

PR TIMES / 2016年08月25日15時13分

本作は、『悪人』を生んだ吉田修一と李相日が再びタッグを組み、渡辺謙をはじめ、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡ら豪華俳優陣が集結。千葉・東京・沖縄を舞台に3つのストーリーが紡がれていく、感動のヒューマンミステリーです。 「GYAO!」では、3つの舞台をテーマにした特別映像と、各舞台のメインキャストとなる俳優の特別インタビュー映 [全文を読む]

松山ケンイチ“究極ヨガボディ”に驚愕!向井理&田中麗奈もゲスト出演「夜会」

CinemaCafe.net / 2017年08月03日12時30分

「嵐」の櫻井翔と有吉弘行がMCを担当する「櫻井・有吉THE夜会」が8月3日(木)今夜放送され、舞台“劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風”に出演する俳優の松山ケンイチ、向井理、女優の田中麗奈の3名がゲストとして登場するほか、芦田愛菜と鈴木福も出演する。 松山さんは、2002年に「ごくせん」で俳優デビュー、2006年公開の『デスノート』シリーズで演じた [全文を読む]

あなたは殺人犯ですか?殺人事件の犯人をめぐる群像劇「怒り」がついに配信開始!

PR TIMES / 2017年04月05日15時30分

名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。 【あらすじ】 ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。現場には、『怒 [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞:受賞結果一覧 最優秀作品賞は「シン・ゴジラ」

ガジェット通信 / 2017年03月03日23時00分

』(最優秀脚本賞) 中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』 久松真一/瀬々敬久『64-ロクヨン- 前編』 山田洋次/平松恵美子『家族はつらいよ』 李相日『怒り』 優秀主演男優賞 佐藤浩市『64-ロクヨン- 前編』(最優秀主演男優賞) 綾野剛『日本で一番悪い奴ら』 岡田准一『海賊とよばれた男』 長谷川博己『シン・ゴジラ』 松山ケンイチ『聖の青春』 優秀主演女優賞 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、上地雄輔――皆、このドラマから巣立っていったのだ。■木皿泉という異才不思議なもので、1つのドラマの成功が、局の風向きをガラリと変えることがある。当時の日本テレビもそうで、『ごくせん』の翌年、一風変わったドラマが世間を賑わした。『すいか』である。脚本は木皿泉サン。当時は無名の脚本家で、あの三谷幸喜サンの出世作『やっぱり [全文を読む]

映画『怒り』高評価も、映画界から不満の声「吉田修一さん原作の作品は、もう……」

日刊サイゾー / 2016年10月24日21時00分

『悪人』は結局、8つの映画祭で20もの賞を獲得しましたが、映画関係者の間では『怒り』はそれを超えるんじゃないかって話です」(映画関係者) 主演の渡辺謙をはじめ、宮崎あおい、森山未來、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すずと、今の日本映画界を代表するようなメンバーをそろえたのも、原作者である吉田氏の強い要望があったようだ。 「吉田さんは『悪人』でかなり評価 [全文を読む]

映画『怒り』の渡辺謙 広瀬すずだけを激励しなかったワケ

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

『怒り』は2人の他に、渡辺謙(56才)、綾野剛(34才)、松山ケンイチ(31才)、宮崎あおい(30才)、広瀬すず(18才)ら豪華キャストの熱演が話題で、「今年の映画賞は総なめ」(映画関係者)ともいわれるほど。妻夫木は同性愛者のサラリーマン役、森山は沖縄の無人島に住み着いた旅人役だ。 「出演者が撮影現場で一堂に集まる機会がなく、クランクアップ後の打ち上げが [全文を読む]

『君の名は。』『聲の形』『怒り』と話題の日本映画が上位を独占!

Movie Walker / 2016年09月21日15時12分

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡…といった主役級スターの各々が、李監督の妥協なき演出によって新境地を見せており、映画ファンからの強い支持を得たようだ。 新作では、スティーヴン・スピルバーグ監督が久しぶりにファンタジーに挑んだ『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』が8位にランクイン。主演のオスカー俳優マーク・ライ [全文を読む]

映画『怒り』で妻夫木聡と綾野剛のBL絡み 腐女子萌えまくり

NEWSポストセブン / 2016年09月19日16時00分

主演の渡辺謙を筆頭に、松山ケンイチ、森山未來、宮崎あおい、広瀬すずなど、豪華キャストが共演することでも注目を集めているが、映画公開前から一部の「腐女子」たちの間でも大きな話題を呼んでいたのだという。 腐女子とは、男性同士の恋愛、友情(BL=ボーイズラブ)に“萌える”女子のこと。彼女たちが特に注目しているのは、同作に出演している妻夫木聡と綾野剛なのだとか。自 [全文を読む]

日頃のストレスを映画で解消! 『マッドマックス』『怒り』『アングリーバード』など「怒り」映画をピックアップ

AOLニュース / 2016年09月17日17時00分

そしてこの度、"怒り"にまつわる映画をラインナップ!『怒り』(16)<関連動画はこちら>『悪人』が国内外で高い評価を得た、原作:吉田修一×監督:李相日の2人が再タッグを組み、主演の渡辺謙を筆頭に、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡、オーディションを勝ち抜き出演を決めた広瀬すず、名実ともに日本映画界を代表する超豪華な俳優・スタッフ陣が集って [全文を読む]

宮崎あおいが涙!渡辺謙に「お父ちゃんと会えなくなっちゃうのがさみしい」

Movie Walker / 2016年09月17日13時50分

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李監督が舞台挨拶に登壇し、観客とのティーチインに答えた。宮崎は父親役の渡辺について「今日から映画が始まり、明日から“お父ちゃん”とはもう会えなくなっちゃうのかと思うと、寂しいところがあって」と涙ぐんだ。 宮崎は「現場でもすごく支えていただいた。自分の居場所を作っていただいた。お父ちゃん [全文を読む]

『君の名は。』の次は“えぐられる娯楽”『怒り』。川村元気プロデューサーを直撃

Movie Walker / 2016年09月15日14時35分

渡辺謙を筆頭に、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡という人気実力を兼ね備えた俳優陣が白熱の演技を魅せる。原作者の吉田から「『オーシャンズ11』(01)のような豪華キャストを」というリクエストが入ったそうだが、その言葉にふさわしい豪華な布陣となった。「3人で相談して、キャスティングは僕が動いていきました。『悪人』でがっちりやったチ [全文を読む]

渡辺謙が『怒り』監督を大絶賛!「李相日は日本映画界の宝」

Movie Walker / 2016年09月14日21時02分

『悪人』(10)に引き続きメガホンをとった李相日監督と、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡のキャスト陣7名が登壇し、舞台挨拶を行った。 本作は、9月10日(現地時間)に第41回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門にて公式上映がされたばかり。当日会場に出席した李監督、渡辺、宮崎は、客席で本編を鑑賞した際の感 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】広瀬すず「にやにやとまらない」と思わせぶりツイート 会った相手は誰か憶測が飛ぶ

TechinsightJapan / 2016年09月12日12時30分

主演の渡辺謙をはじめ宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛、森山未來、松山ケンイチといったキャストたちと久々に、あるいは初めて会えたということも考えられる。 出典:https://www.instagram.com/sakurako_ohara 出典:https://twitter.com/kimiuso_movie (TechinsightJapan編集部 真紀和 [全文を読む]

フォーカス