スタイル 森口博子に関するニュース

パクチーをたっぷり使ったスペイン料理

ぐるなび / 2016年11月02日11時10分

小田急小田原線・代々木上原駅から徒歩1分ほどにある同店は店名「シラントロ」(スペイン語でパクチー)にちなんで「冷製シラントロパスタ」や「大山鶏のシラントロライムソース」など、あらゆる料理にパクチーをあわせる独自スタイルが通の間で人気を集めているスペイン料理のお店。 お店のメニューとして「緑のパエリア」(2日前予約制)を紹介。お米を魚介のだしで炊く際に特製 [全文を読む]

岸谷香生誕前夜祭 森口博子、高橋みなみと共演

dwango.jp news / 2017年02月19日21時21分

2017年、たったひとりのスタイルで全国を回るツアー、バンドスタイルでのツアー、音楽制作も予定されている。今年の活動も注目だ。 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

さらに、このスタイルを真似たのが、翌85年10月スタートのテレビ朝日『ニュースステーション』だった。ちなみに、逸見アナは85年4月にスタートした『夕やけニャンニャン』の中で、ニュースを紹介するミニコーナーに中継で登場。軽妙なアドリブのやりとりで一躍人気を博し、その勢いで88年フリーに転じる。そして国民的人気司会者として一世を風靡したのは承知の通りである。だ [全文を読む]

語っていいとも! 第18回ゲスト・芳本美代子「なんか、コケちゃあ起き上がってルンルンしてた感じです(笑)」

週プレNEWS / 2016年02月28日12時00分

―でもやっぱりバスケが好きでバッシュ履いててっていう、自分の中でのスタイルはあったんですね。 芳本 うーん、でも普通にその頃、流行ってたんですよね、コンバースのカラーバッシュとか。なので、ファッションの一環だったのかな。 ―コンバース、流行ってましたねー。じゃあバスケに青春賭けてた道が急に変わってとかでもなく。昔から歌手やアイドルに憧れは? 芳本 あの… [全文を読む]

知られざる「怪人」タモリ伝(4)元青年隊“あさりど”が語るタモリの一面

アサ芸プラス / 2013年11月20日10時00分

それは、日本で唯一にして絶後のスタイルであった──。 「寝坊しました、すいません!」 血相を変えて飛び込んできたのは、9代目の「いいとも青年隊」に選ばれた「あさりど」の堀口文宏である。正午からの「笑っていいとも!」の生放送に間に合わせるため、通常はスタジオアルタに9時30分に入る。ところが、その日は本番ギリギリに到着──。 「タモリさんに謝りに行ったら『反 [全文を読む]

SMAP育ての親・飯島女史の手腕が光る、Kis-My-Ft2のバラエティ戦略

サイゾーウーマン / 2012年03月20日08時00分

そういう意味でも今回、ベテラン芸人の濱口をメインに各芸人をゲストとして迎えるスタイルは正解なのでは?」(同) [全文を読む]

フォーカス