結婚 平幹二朗に関するニュース

徹子の部屋で判明! 中年アイドル入籍…16年結婚回顧

NewsCafe / 2016年12月30日10時30分

デスク「今年結婚したビッグカップルを、何組か回顧していこうか。初陣は、女優の北川景子(30)とミュージシャンのDAIGO(38)だったね」 記者「プロポーズソングが用意周到的にCD化されたのはさておいて、久しぶりの2ショット会見はよかったですね」 デスク「昔は金屏風を背中に、そろって会見したもんだけど、最近はSNSでの報告で終わるのが主流になっちゃってるか [全文を読む]

佐久間良子の『私の履歴書』で元夫の平幹二郎が新発見し驚く

NEWSポストセブン / 2012年02月28日07時00分

元夫・平幹二朗についても、出会いからロンドンへの〈愛の逃避行〉を経て1970年の結婚、そして心が離れていった心情まで、こと細かに告白している。 〈夫婦となるとこちらが見たくないものまで見えてしまう。相手を十分に見極める時間が少なかったせいもあるだろう。「結婚してから初めて分かった」ということも少なくはなかった〉(2月19日付) 〈平さんとの意識のズレは、 [全文を読む]

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」

日刊サイゾー / 2016年11月03日09時00分

キャスティングでいつもライバルとなる近藤正臣さんが74歳、石橋蓮司さんが75歳と、それでも7~8つ違っていましたから、貴重な存在でしたよ」(芸能事務所関係者) 1970年に結婚した女優の佐久間良子と84年に離婚してからは、独身生活を謳歌していたという。 「夕食はもっぱら、ひとりで行きつけのイタリアンで食べていましたよ。とにかくワインが好きで、いつでも飲んで [全文を読む]

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

「1970年に結婚した佐久間良子さん(77才)と1984年に離婚してから30年以上、独り暮らしを貫いてきました。多忙な中でも、掃除も洗濯も買い物も朝食の用意も全部1人でやっていた。朝食は和洋の2パターンを日替わりで。毎朝のストレッチも欠かさなかった。“細心の注意を払って日常生活を送ること”で、80才を超えても現役でいられたんでしょう」(平を知る関係者) 独 [全文を読む]

義理の息子を愛して、身を滅ぼす。ギリシャ悲劇と現代の感覚を繋ぐのは、大竹しのぶの“女として”の現役感

messy / 2017年05月10日14時00分

太陽神ヘリオスが愛の女神ビーナスの浮気を目撃し夫へ告げ口をしたため、その復讐にビーナスはヘリオスの子孫すべてに「夫以外のものへ恋をし、国を破滅させる」と呪いをかけました(劇中には出てきませんが、クレタ島ミノス王と結婚したフェードルの母親は牡牛に恋をさせられ、牛の頭をした怪物ミノタウルスを産んでいます。ミノタウルスを退治した英雄がテゼ=テセウスです)。 太陽 [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

「額に を書いて離婚会見に登場した(明石家)さんまさんが、日本人の離婚観を変えるきっかけになりました」と語るのは、30年以上、芸能界の結婚・離婚を取材してきた芸能レポーターの川内天子さん。川内さんは、さんま・大竹しのぶ以前と以降で、芸能界の 昔のオトコ史 は変わったという。 「有名人の離婚は昔から大きなニュースとして取り上げられ、会見も数多く行われてきま [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(3)松田聖子のあの名言は…

アサ芸プラス / 2016年06月27日05時57分

当時、郷との交際は約4年に及び、結婚も噂されたが、「聖子の親の反対や、結婚後は家庭に入ってほしいという郷との意見の衝突もあって別れたそうです。聖子は“悲劇のヒロイン”として世間の同情を集めました」(芸能記者) だが、この会見にはウソがあったと石川敏男氏が指摘する。「郷ひろみは会見することも知らなかった。おまけにあんなセリフも言っていないそうです。その頃、聖 [全文を読む]

フォーカス