大学 水卜麻美に関するニュース

第24回「女子アナの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年10月06日18時03分

高島アナは小学校から大学まで16年間を吉祥寺の成蹊学園に通った。高校時代は同校の強豪ラグビー部のマネージャーを務める一方、かなりのやんちゃぶりも発揮し、度々雑誌に登場するなどスーパー女子高生としても知られていた。いわゆるリア充だった。 これは僕の持論だけど、一般に女子アナになるような人たちは、高校までは比較的優等生で、大学でハジける人が多いように思う。化 [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

なかには、河野景子や永井美奈子のように、大学のミスキャンパスに輝いていた人もいたが、決して多数派ではなかった。90年代は手垢のついていない、つまりセミプロではないことが、女子アナ志望者に求められていたのだ。その傾向は、00年代に入ると一変する。「ミス慶應」出場者から中野美奈子(フジテレビ)、鈴江奈々(日本テレビ)、青木裕子(TBS)など、「ミス青学」出場者 [全文を読む]

国立大出身の女子アナが増加傾向 私大のAO入試導入も影響か

NEWSポストセブン / 2015年04月29日16時00分

昔から早稲田大学や慶應義塾大学出身者が多数を占め、高学歴ではないと就けない職業だといえる。最近も、傾向は変わらない。2010年から2014年までの5年間で、民放5局には計38人の女子アナが入社。出身校を見ると、水卜麻美アナ(日本テレビ)などを輩出した慶應大学が最多の9人。早稲田大学は4人。以前と比べれば、割合は減ったとはいえ、早慶が3分の1を占めている。 [全文を読む]

美女アナ「表⇔裏ギャップ度」ランキング<「生来の気質」編>日テレ・水卜麻美は“庶民派女子アナ”の代表格

アサ芸プラス / 2017年09月28日12時57分

父親は名門大学の教授で自身も慶應義塾大学卒のお嬢様ながら、その脱ぎっぷりのよさと同様、性格もかなり男前だという。「女子アナと飲むとなればオシャレな個室のある店というのが定番ですけど、脊山さんは赤ちょうちんでも大喜びで来てくれます。自分より年下のタレントやスポーツ選手、番組スタッフの悩み相談にも乗ってあげたり、面倒見もいい。あれだけ肌露出するのが大好きだか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】水卜麻美アナ、大林素子と並ぶレアショット バレーボールの特訓か?

TechinsightJapan / 2017年09月06日11時30分

水卜アナは中学から大学までバレーボールをやっており、バレー全日本女子の中田久美監督は憧れの存在だという。番組ではその中田久美監督の半生を描く再現ドラマに中田監督役で出演、高校に進学せず実業団バレーの道を選ぶ頃や解説者として五輪出場に浮かれる選手を「てめーらこのやろー」と叱る場面などを熱演した。 大林がブログで公開したのはジャージ姿で水卜アナと並ぶ姿なので [全文を読む]

水卜アナ「ミスコンに出られなかった」大学時代を告白

日刊大衆 / 2017年04月26日06時05分

そして女子アナを目指し、慶応義塾大学に入学。「地味な自分を脱却してアナウンサーになるぞ!」と意気込んで入学したものの、切なすぎる事件が起こった。それは「大学デビューを試みるも、カルチャーショックを受け挫折事件」。ブランドのバッグを持ち、眉毛を描いて茶髪にして入学式に乗り込んだのだが、フルメイクに巻き髪であか抜けた女の子たちを目のあたりにし「あ、間違えまし [全文を読む]

水卜麻美アナの激ヤセ写真を緊急入手! 日テレ人事部に詐欺扱いされた学生時代の1枚とは…

週プレNEWS / 2016年12月04日06時00分

大学の卒業式で撮影したものなんですが、ポッチャリした印象はまったくありませんでした。はかまの裾からチラリと見えた足首も、結構細かったと思いますよ」 入社後しばらくはその体形をキープしていたが、2年目あたりから変化が見られるようになったという。 「『ヒルナンデス!』の担当に起用されたのがキッカケですよ。当時、彼女はグルメリポートが苦手で、プライベートでも [全文を読む]

【女子アナ妄想箱根駅伝】スピードスター揃いの慶應義塾大学

NEWSポストセブン / 2015年01月05日16時00分

大学のプライドをかけて襷をつなぐ選手たちの姿に拍手を送らずにはいられなかった。仮に、年末年始の特番に引っ張りだこだった人気女子アナたちが出身大学別に分かれて戦えば、一体どの大学が強いのだろうか? 箱根駅伝と同様、距離の長い「花の2区」「山登りの5区」に有力ランナーを配置。1区はじめ往路には若手のフレッシュなアナを、プレッシャーのかかる復路にはベテラン中心 [全文を読む]

日テレvs.フジテレビ…情報番組リニューアルに隠された複雑な思惑とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年10月12日11時48分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

日テレ『ヒルナンデス!』水卜麻美アナ卒業で懸念される”視聴者離れ”

デイリーニュースオンライン / 2017年09月02日07時27分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

不人気で24時間マラソンが白紙に?りゅうちぇるの好感度が急降下なワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年08月01日11時45分

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

マラソン走者決まらず?感動の押し売り『24時間テレビ』が今年も物議

デイリーニュースオンライン / 2017年07月26日11時45分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する [全文を読む]

テレビ局員が実名暴露!! ご長寿番組の「ギャラ泥棒」「置物」芸能人は誰?

サイゾーウーマン / 2017年07月03日11時45分

東京大学を卒業しているという“高学歴”を買われて早くから起用されたものの、特に気の利いたコメントをするワケではないため、降板説が絶えなかったんです」(テレビ局関係者) また、メインMCの小倉智昭とは何度も不仲説が浮上し、週刊誌で報じられたことも。 「ただ、小倉が不穏な空気を察したのか、次第に菊川をイジり始めたんです。彼女もやり返すようになっていき、最近は2 [全文を読む]

最速デビューを果たした元ミス慶應ほか大物新人の女子アナが民放各局に!

週プレNEWS / 2017年04月30日06時00分

学生時代は安藤優子キャスターに憧れ、慶應義塾大学のメディア・コミュニケーション研究所で勉強するなど、ルックスだけではない、努力家の一面もある。 若手の台頭が著しいテレビ東京において、早くも『次期エース』の声が局内から上がっています」(テレビ東京関係者) 日本テレビで注目なのは、同じく慶應義塾大学出身の佐藤梨那(りな)アナ。小学校から大学までバレーボール部に [全文を読む]

“女性好き”じゃなかったの!?TBSの“Fカップアナ”電撃結婚にファンが落胆

アサ芸プラス / 2016年06月07日09時59分

小学校から大学まで女子校で育ち、宝塚の男役的人気を博して愛の告白をされたこともあったそうですよ」(芸能ライター) そんな彼女の「カミングアウト」を期待し、応援していた局内の「ファン」は、この電撃婚発表で大いに落胆。業界初の“女性好き”疑惑を隠れ蓑に、熱愛をカモフラージュしてきた「技」に驚きを隠せないという。 林アナは寿退社を返上し、大先輩の吉川美代子よろし [全文を読む]

現役女子アナ出演 マウンティングや就活婚活事情も…赤裸々告白のイベント開催

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月08日18時43分

女子アナ試験を受けようかどうか迷っている大学1、2年生も、華やかな一面だけではない女子アナの実情を知っておく良い機会です」(霜田明寛氏)就職活動の話はもちろん、局アナの先輩後輩関係、フリー転身、女子アナの恋愛事情、女子アナ30歳定年説、身につけたいエロスといったディープな話まで展開する予定だ。「就職活動とは、その後の人生プランを考える機会。最近は、若い頃か [全文を読む]

日テレ笹崎里菜アナ、同期のライバルは「第2の水ト麻美」

アサ芸プラス / 2015年06月08日17時58分

こういった部分もなんとなく、水卜アナのブレイクのキッカケと酷似してるんですよ」(前出・女子アナウォッチャー) 大学在学中から付き合っていた彼とは交際継続中との噂も聞こえてくる尾崎アナ。タレント然としていない、“普通っぽさ”がなくならないことを祈るばかりだ。 [全文を読む]

お酒を飲んだらこうなります…美女アナ16人の酔っぱらい度を徹底比較(1)NHK鈴木アナは酒量が凄い

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時55分

大学(明大)時代から合コンで鍛えられて、とにかく酒が強かった。新人時代は朝の生放送が終わったあと、昼間からビールジョッキで豪快に飲んでいました」 だが、昨年離婚をしてからは、おとなしくなってしまったという。 「結婚前は毎日飲んでいたのに、今は子供もいるので、週1日。誰からも飲みに誘われず、1人飲みが多いそうです」(日テレ局員) 女子アナ界の頂点に君臨し [全文を読む]

“神対応”1位は田中みな実、ワーストは…カメラ小僧が選ぶ女子アナ好感度ランキング

デイリーニュースオンライン / 2014年12月08日06時50分

毎年、各有名大学の卒業式に大挙して押し寄せるカメラ小僧たち。テレビ局に入る前の女子アナを長年見てきている彼らだからこそ知る、女子アナたちの素顔があるようだ。 卒業式での対応に人間性がにじむ 着物で卒業式に出る姿を掲載するのは、週刊誌のグラビアページではもはや毎年恒例の企画となっている。そのため女子アナに内定した人は撮影と取材があるのは織り込み済み。メークも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バナナマン・日村がたじろいだ、夏目三久の圧倒的な美しさ。「光り輝き過ぎて、焦った」

TechinsightJapan / 2014年12月07日19時25分

所属事務所のプロフィールによると彼女の身長は170センチとあり、中高は新体操、大学はスペイン舞踊で鍛えた夏目の立ち姿は凛として美しい。共演者が驚くほどの小顔がより強調されるショートカットで、女性の局アナとは一線を画するモード系のファッションを好む彼女。女子アナ界では異質な存在である。 毎年恒例『第11回 好きな女性アナウンサーランキング』(ORICON S [全文を読む]

フォーカス