小保方晴子 博士論文に関するニュース

<小保方博士論文>「不正あったが学位取消に該当せず」早大調査委・配布資料(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月17日18時29分

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの「博士論文」をめぐり、早稲田大学の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)は7月17日、記者会見を開いた。調査委は、小保方リーダーの博士論文に数々の「問題点」を指摘しつつも、小保方リーダーの行為が「学位取り消しの規定にあたらない」と結論付けた。会見場で配られた報告書の全文は下記の通り。▼早稲田大学・大学院先進理工学研究 [全文を読む]

なぜ小保方さんは「博士号取消」でないのか?〜早大理工出身「理系弁護士」が読み解く

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月18日16時17分

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、大学院生時代に提出した博士論文の問題について、早稲田大学の調査委員会は7月17日、調査結果を公表した。調査委員会は、小保方さんの博士論文に複数の「不正」があったと認定しつつも、「学位取消には該当しない」と結論づけたが、ネット上では「理解できない」という批判の声が渦巻いている。なぜ、調査委員会はそんな結論に到達した [全文を読む]

早稲田はコピペしても「博士号」が取れる?小保方さんが「学位取消」にあたらない理由

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月17日23時16分

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが大学院時代に執筆した「博士論文」に盗用などがあると指摘されていた問題で、早稲田大学の調査委員会(小林英明委員長)は7月17日、小保方リーダーは「不正の方法」を用いたが「学位取り消し」にあたらないとする調査結果を発表した。小保方リーダーは2011年、早稲田大学先進理工学研究科に博士論文を提出し、博士号(工学)を取得し [全文を読む]

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。本書は、「STAP細胞は存在す [全文を読む]

小保方さん「早稲田大学の決定はとても不公正」博士号「取り消し」にコメント(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月02日18時30分

早稲田大学による元理化学研究所研究員の小保方晴子さんの「博士号」取消しについて、小保方さんは11月2日、代理人の三木秀夫弁護士を通じて、「今回の決定には失望している」というコメントを報道関係者向けに公表した。撤回された「STAP細胞」論文の筆頭著者だった小保方さんは、2011年に早大で博士号(工学)を取得。その後、小保方さんが提出した博士論文について、文章 [全文を読む]

陰謀論に傾倒!? 博士号剥奪の小保方晴子氏が声明発表で反撃の狼煙か

日刊サイゾー / 2015年11月07日19時00分

昨年STAP論文問題で物議を醸した小保方晴子・元理化学研究所研究員が反撃の狼煙を上げた。 小保方氏は2011年に早稲田大学で博士号を取得したが、その後博士論文にも画像の切り貼りやコピペが発覚したとして、早大は昨年10月に博士号取り消しを通達。1年間の猶予期間を与え、博士論文の再提出を求めたが、小保方氏はこれに応えることができず、先月末に博士号の剥奪が正式決 [全文を読む]

<小保方博士論文>早稲田大学への批判に対して「鎌田総長」はどう答えたか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月17日22時30分

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが早稲田大学の大学院時代に提出した「博士論文」について、早稲田大学の調査委員会は「著作権侵害行為などの不正はあったが、学位授与に重要な影響が与えたとまではいえないため、学位取り消しには該当しない」という判断を下した。 この調査委員会の報告を受けて、早稲田大学の鎌田薫総長は7月17日、東京都内のホテルで記者会見を開いた [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

STAP細胞をめぐる論文の不正が認定された元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が手記「あの日」(講談社)を1月28日、発売したのだ。 手記は全253ページ。小保方氏が科学者を志すようになった幼少期のエピソードから自身の半生を振り返っている。同著を読み終えた出版関係者が語る。 「文章もよく練られており、大きな論理の破綻もみられない。学生時代に作文で賞を [全文を読む]

早大、小保方氏の「博士号」に関する会見開催へ、代理人「現時点でコメントできない」

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月30日15時35分

早稲田大学は10月30日、STAP細胞論文の筆頭著者で、元理化学研究所研究員の小保方晴子さんの「博士学位論文」の取り扱いにかんする記者会見を11月2日に東京都内で開くと発表した。報道各社は10月30日、早稲田大学が小保方さんの博士号を取り消す方針を固めたと報じていた。 小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムのメール取材に対して、「( [全文を読む]

「3年あれば…」小保方晴子氏の“赤裸々な本心”を引き出した「あの人」

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時58分

世紀の大発見を成し遂げた「リケジョの星」から一転、日本中から疑惑の目を向けられている元・理化学研究所研究ユニットリーダーの小保方晴子氏。 12月19日、理化学研究所は会見を開き「小保方氏本人が参加した検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかった」と発表。同時に、小保方氏の退職も発表された。 実験の終了に際し、小保方氏は「このような結果にとどまってしまった [全文を読む]

小保方晴子氏の学位取り消し 早大に批判が相次いでいる理由

NEWSポストセブン / 2014年10月16日07時00分

早大は10月7日、小保方晴子氏の学位を取り消すと発表。しかしこの決定に批判が相次いでいる。「おおむね1年間の猶予期間を設ける」条件を付けたからだ。 猶予期間中に論文内容を訂正し、再度の指導や研究倫理教育を受けるなどの条件を満たした場合、博士号は維持されることになる。早大大学院で小保方氏とともに博士号をとった研究者はこの決定を重くみる。 「断固たる措置なら即 [全文を読む]

小保方さんの処分は「執行猶予つきの有罪判決」 博士論文めぐり早稲田大学が会見

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月07日18時57分

STAP論文の筆頭筆者である理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、大学院時代の2011年に提出した博士論文をめぐり、早稲田大学は10月7日、東京都内で記者会見を開いた。 同大学は、「不正の方法により学位の授与を受けた」として、「博士学位の取り消しを決定した」としつつも、約1年の猶予期間を小保方リーダーに与え、その間に再教育を受けて博士論文を適切なもの [全文を読む]

小保方さんの博士号「学位を取り消す」早稲田大学が「猶予付き」の決定・配布資料(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年10月07日16時38分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダー小保方晴子さんの「博士論文」の不正疑惑について審査していた早稲田大学は10月7日、小保方さんの博士号について「学位を取り消す」と結論付けた。ただし、一定期間の猶予を設け、博士論文として適切なものに訂正された場合には、学位を維持するとした。今回の決定に関する記者会見の会場で、記者向けに配布された [全文を読む]

小保方晴子さんの博士論文「学位取り消しに該当しない」 早稲田大学が調査結果を発表

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月17日16時55分

理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの「博士論文」をめぐり、海外サイトなどの文章や画像の盗用が疑われていた問題で、早稲田大学の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)は7月17日、小保方リーダーの行為は学位取り消しにあたらないとする調査結果を公表した。 早大調査委は、博士論文に関して、小保方リーダーが「不正の方法」を用いたと認定したが、それが学位授与に「重 [全文を読む]

衝撃の大発見にも疑惑がついた小保方晴子さんの今後

アサ芸プラス / 2014年04月17日09時59分

4月9日、涙の会見で、オヤジの心をわしづかみにした小保方晴子さん(30)。ツイッター上では擁護派が否定派を2倍も上回る結果が出たが、否定的な意見をする評論家に犯行予告が届くなど、騒動はとどまる気配を見せない。ある科学者が語る。 「サイエンスの問題と、心情の問題を履き違えた人間があまりにも多いことにびっくりしました。この問題で『悪意の有無』は関係がない。彼女 [全文を読む]

小保方氏が培養し続けた黒い“煩悩細胞”(1)大学時代から高級ブランドを身につけて

アサ芸プラス / 2014年04月11日09時56分

所属する理研から論文の「捏造」と「改ざん」の烙印を押された小保方晴子さん。その足跡をたどると、どうにも信用しづらい「コピペ人生」が透けて見えてくる。“教授コロがし”でのし上がり、ブランド品に身を包みホテル暮らしする謎の資金源‥‥彼女が培養し続けた黒い「煩悩細胞」を告発する! 小保方晴子さん(30)の研究論文を、所属する理研が「捏造」「改ざん」と断じたのは、 [全文を読む]

小保方さん「コピペ論文」で揺れる早稲田大学――法学部に広がる「モカイ文化」とは?

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月27日10時37分

筆頭著者である理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、論文の画像を切り貼りしていたことや、博士論文で使用した画像を流用していたことなどが判明し、大きな問題になっている。STAP細胞の研究論文だけでなく、小保方さんが早稲田大学の大学院時代に執筆した博士論文についても、海外の文献を大量にコピーアンドペースト(コピペ)した疑いが指摘されている。その結果、小保 [全文を読む]

「STAP論文」小保方さんの画像流用を認定→調査委「かなりレアなケース」

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月14日22時16分

研究論文の筆頭著者である小保方晴子(おぼかた・はるこ)さんが所属する理化学研究所は3月14日、東京都内で記者会見を開き、研究論文の疑義に関する調査委員会の中間報告を発表した。 調査委員会は不自然と指摘された6つの点について調査しているが、2点については、「研究不正とはいえない」と結論づけた。残る4点については調査を継続している。そのうちの1つは、英科学誌「 [全文を読む]

小保方晴子さんに偽ノーベル疑惑、謝罪会見で「リケオヤジ」に逆ギレあるか?

東京ブレイキングニュース / 2014年03月12日12時30分

数々の「捏造疑惑」が噴出した小保方晴子さん。謝罪会見はあるのか? 世界が注目したSTAP細胞論文に「捏造疑惑」が持ち上がった。「リケジョ」ともてはやされた小保方晴子さん(30)の論文に関して、相次ぐ画像流用や文言流用が発覚し、共同研究者である若山照彦氏(山梨大教授)や理化学研究所からも「論文取り下げ」が語られるなど窮地に立たされている。 一例を上げるだけで [全文を読む]

「STAP細胞はありま~す」小保方晴子氏『あの日』に早大生激怒も、バカ売れで本人ウハウハ状態!?

日刊サイゾー / 2016年02月02日11時00分

「STAP細胞はありま~す」と、世間を騒がせた元理化学研究所・ユニットリーダーの小保方晴子氏が出した著書『あの日』(講談社)に、出身の早稲田大学理工学部の学生たちから怒りの声が上がっている。 「こっちはあの人のせいでレポートがやたら厳しくなったりしているのに、稼げるうちに金儲けですか」(理工学部3年) 「『入院して思考力と集中力が低下して、論文を書けない』 [全文を読む]

フォーカス