真実 小保方晴子に関するニュース

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。本書は、「STAP細胞は存在す [全文を読む]

小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息

NEWSポストセブン / 2016年02月09日16時00分

〈小保方晴子さんの発見は真実だった! ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。〉 あのよ…、んなわけねぇだろ。もし、本当にあったんだったら彼女の名誉は回復され、現在彼女は数々の名誉毀損訴訟を起こして訴訟成金になれるレベルであり、ポエム手記なんて出してる場合じゃねぇ。 要するに、こいつらは、「 [全文を読む]

STAP細胞騒動が再燃…米研究者の新論文と”デマ・真実論争”の背景

デイリーニュースオンライン / 2015年12月14日12時00分

STAP細胞はデマなのか真実なのか、ネット上で議論になっている。 米研究者が"STAP現象"について発表? STAP細胞ある? かつて大バッシングに晒された小保方氏のSTAP細胞問題。米研究者のチャールズ・バカンティ氏と日本の研究者である大和雅之氏がそれぞれ独立に"刺激で細胞が初期化される"アイデアを着想。そして大和教授が指導していた小保方氏の実験を通じ、 [全文を読む]

【小保方さん騒動】マスコミの「女性」利用がひと目でわかる、ねつ造疑惑前後の各社の見出しまとめ

ウートピ / 2014年03月21日10時00分

真実でない報道もあり、その対応に翻弄され、研究を遂行することが困難な状況になってしまいました。報道関係の方々におかれましては、どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。 しかし、論文のねつ造疑惑が浮上すると、「女性であることを利用した」と袋叩きにするようなバッシングの嵐。 ■ [全文を読む]

手記発売で反撃?なぜ小保方晴子女史はこんなにもバッシングされたのか

WEB女性自身 / 2016年01月28日20時00分

今回の手記発売においても、推定印税は700万円と言われており、真実の主張と謳いながらも金のニオイをどこか感じさせる部分に、真実のわからない外野はやはりマイナスの印象を抱いてしまうのかもしれません。■謝罪の前に来る後悔の念が彼女のスタンス?今回の手記では、まえがき部分で一連の騒動における謝罪、そしてサポートしてくれた多くの方への感謝の文面が並んでいます。しか [全文を読む]

2人の超絶「自己愛」にボー然! 小保方晴子氏“手記”発売で、ベッキーにも暴露本オファーが……

日刊サイゾー / 2016年01月28日17時00分

その内容は、幼少期から現在に至るまでの人生と、論文騒動の「真実」を記すというもの。 ただ、中身の大半は一連の騒動に対する「弁明」が中心。論文を疑われた中での再実験に失敗した点には「私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と語り、論文の共著者であった若山照彦・山梨大教授が自分を追い詰めた、という内容もつづられている。 この小保方氏の手記出版に対し、言動が不倫 [全文を読む]

気鋭の物理学者が批判的思考(クリティカル・シンキング)で、事件、事故の「謎」に迫る『物理学者が解き明かす重大事件の真相』マスコミが伝えない、事件・事故の真実を理系の目から解説いたします。

DreamNews / 2016年01月22日12時00分

マスコミが伝えない事件、事故の真実を理系の目から解明いたします。 ○福島第一原発の1号機は電源車の電源をつないだために水素爆発をおこしたのか? ○福島原発事故で放出された放射性物質が実際より高く見積もられている可能性とは? ○放射性セシウムは、ほんとうに癌の原因になるのか? ○福知山線脱線事故(2005年)はスピードの出し過ぎによるものではなかった。その真 [全文を読む]

STAP現象は本当にあったの? 真実発見と研究不正の関係はどうなるの?

マイナビ進学U17 / 2015年12月18日12時07分

「小保方晴子さんの発見は真実だった!」というタイトルとともに……。現在、小保方さん応援派vs否定派の対立になっています。■「STAP現象」があってもなくても……ネット上の議論を冷静に見ている人もいます。例えば、病理専門医の榎木英介さんは次のようにいいます。「『STAP現象』のありなしは、研究不正のありなしとは別次元の話だ。」科学研究の世界では、研究者にモラ [全文を読む]

案の定マスコミが「小保方晴子」さん知人・友人に殺到!ホームページ上で怒りの告白

秒刊SUNDAY / 2014年01月31日23時54分

真実でない報道もあり、その対応に翻弄され、研究を遂行することが困難な状況になってしまいました。報道関係の方々におかれましては、どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。(ホームページより抜粋)本人の取材だけにとどまらず近隣に住む住人、知人、友人に取材が殺到しプライバシーが守れ [全文を読む]

「小保方晴子さんを恨んでない」自殺した笹井氏の妻明かす

WEB女性自身 / 2016年03月17日06時00分

だから私は彼女に会って、いったい何が真実だったのかを聞いてみたい。もし彼女が科学者としてこの問題に向き合うつもりがあるのならば、今回のように気持ちや感情を書くのではなく、きちんとデータをもとに科学的な裏付けのある実験結果を示してほしい。今からでも遅くありません。そうしない限り、この問題は終わらない。そして、きっと主人もそれを望んでいるのではないかと思います [全文を読む]

「小保方本」に「陰謀論が大好きな信者にとっての聖書」評

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

そのうちのひとつ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」というブログが去年12月、「ネイチャー」の姉妹誌で発表された論文を好意的に解釈して「小保方さんの発見は真実だった」と騒いだんです。 そのことをコラムで「バカ」と批判したら、猛烈な抗議が来ました。抗議の記事についたコメント欄では「嫉妬狂いしたコラム」「鬼畜ライター」「怪しい工作員」などと罵倒 [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

まず彼女が訴えているのは「STAP現象は真実」ということだ。 そもそも理研は14年に行われた再現実験で「STAP現象は確認できなかった」として実験を打ち切っている。だが彼女は再現実験の際も「STAP現象は、たしかに確認されていた」と反論しているのだ。この点について冒頭の元同僚女性が語る。 「事実ならば、かなり重大なことです。その後のステップであるキメラマウ [全文を読む]

STAP細胞「あって当然」という意見も! 小保方氏が『あの日』で語った真実をめぐる科学畑の見解とは?

tocana / 2016年01月29日11時00分

本書には、帯の「真実を歪めたのは誰だ?」という一文とともに、まるで身の潔白や告白を含意するかのような真っ白い装丁がなされている。また、前書きには「この本の中に真実を書こうと決めました」とあり、STAP細胞が実在することを一貫して主張してきた小保方氏の決意が込められていることは間違いない。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/ [全文を読む]

小保方さん手記発売「弱さや未熟さもさらけだして真実を書いた」代理人がコメント

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月27日11時00分

小保方さんの代理人をつとめる三木秀夫弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「明日出版されることは真実です。本人が体調が悪い中で、あった事実を書いた本です。ぜひお読みください」とコメント。 執筆の動機について、「未熟であった点の反省はしているが、ここまで社会を大きく騒がせたこの出来事に対し、このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さ [全文を読む]

小保方晴子氏とばびろんまつこの心理分析 女の嘘の特徴は?

NEWSポストセブン / 2015年12月14日16時00分

恐怖に対する自己保身から、無意識に嘘のスキルが洗練されてしまうんです」とは、『自分のついた嘘を真実だと思い込む人』(朝日新書)の著書がある精神科医の片田珠美さん。 女性の嘘には他にも特徴があると語るのは、『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』(光文社新書)の著書がある精神科医の岡田尊司さん。「過去には『性的被害に遭った』という女性の嘘により、冤罪で相手の人 [全文を読む]

「STAP細胞はあるのか」という論調から離れる小保方弁護団の戦略 by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年04月22日12時13分

つまり真実はさて置き、もしかして法廷の場に立った場合、「どうやったら勝つのか」に小保方さん側の弁護団がシフトしているように感じられるのだ。 つまり、問題が「STAP細胞の有無」ではなく「裁判に向けてどちらが世論の同情を集めるのか」という事を重要視しているとも取れる。もし、論文がねつ造であるという事が裁判で認められたら、小保方さんの科学者生命は断たれるだろう [全文を読む]

小保方晴子さん「不服申し立てに際してのコメント」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月09日12時40分

STAP現象は何度も確認された真実です。私はSTAP現象に出会って以降、この現象を発表する使命感と共に、毎日実験に取り組んでまいりました。そして、この現象のメカニズムが詳しく理解され、いつか多くの人に役立つ技術にまで発展させていける日を夢見てきました。どうかSTAP現象が論文の体裁上の間違いで否定されるのではなく、科学的な実証・反証を経て、研究が進むこと [全文を読む]

上原多香子に今井絵理子、上西小百合も…”魔の1983年度生まれ”の現状は?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月09日18時15分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

哲学、経済学、古代史、文章作法を、気鋭の物理学者が科学の目で読み解く!! 『物理学者が解き明かす思考の整理法』 理科系から見た文科系の世界

DreamNews / 2017年02月24日10時00分

<本書の内容>第1章 なぜ日本人は哲学がわからないのか ―― 「哲学」とはアリストテレス哲学のことである第2章 星占いの科学 ――なぜ日本人は星占いが大好きなのか第3章 歴史の謎を天文学から明らかにする――女王卑弥呼とは誰だったのか?第4章 金融工学とはどういう学問か ――金融工学のみではお金儲けはできない第5章 現代物理学は本当に正しいのか? ――副島隆 [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

言い訳を並べるような本ではなく、ある意味、吹っ切った内容にしてほしいと思っています」(出版社関係者) たしかに今ということでいえば話題性があり、何があったのか真実が気になる人物だ。 また、同じく不倫で騒動となった女性も名前が挙がった。 「ベッキー事件で図らずもスポットライトが当たったのが同じく不倫で休業した矢口真里です。騒動から時間も経っており、元夫も番組 [全文を読む]

フォーカス