現在 小保方晴子に関するニュース

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

しかし、2015年11月27日にネイチャー姉妹誌でオンライン媒体の「Nature.com Scientific Reports」にSTAP細胞と同様の研究論文が掲載されるや、内外でSTAP細胞の真偽に関する議論が再び巻き起こり、小保方晴子氏の手記『あの日』が発売されると、すぐにAmazonのベストセラー第1位に躍り出るなど、現在、STAP細胞の真偽について [全文を読む]

小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息

NEWSポストセブン / 2016年02月09日16時00分

もし、本当にあったんだったら彼女の名誉は回復され、現在彼女は数々の名誉毀損訴訟を起こして訴訟成金になれるレベルであり、ポエム手記なんて出してる場合じゃねぇ。 要するに、こいつらは、「科学雑誌『ネイチャー』の姉妹誌」で発表されたとされる論文を誤読しているのである。この論文はあくまでも、「STAP現象は存在する」という人による論を紹介したうえで、「でも誰も証明 [全文を読む]

小保方晴子氏が公開したHP、サイバー攻撃受け一時ダウン…攻撃元特定へ

Business Journal / 2016年04月02日12時00分

現在は復旧している。 その原因について、小保方氏の代理人である三木秀夫弁護士は「何者かによってサイバー攻撃された」ことを明らかにした。 同HPは公開されてから一日で、有名大学や研究機関等も含め67カ国からアクセスがあったというが、そのアクセス集中に加えてサイバー攻撃を受けていたことが、関係者らの調査により、わかった。その方法は「DoS攻撃(Denial o [全文を読む]

STAP現象は本当にあったの? 真実発見と研究不正の関係はどうなるの?

マイナビ進学U17 / 2015年12月18日12時07分

現在、小保方さん応援派vs否定派の対立になっています。■「STAP現象」があってもなくても……ネット上の議論を冷静に見ている人もいます。例えば、病理専門医の榎木英介さんは次のようにいいます。「『STAP現象』のありなしは、研究不正のありなしとは別次元の話だ。」科学研究の世界では、研究者にモラル(倫理・道徳)が求められます。それなのに、小保方さんは、実験デー [全文を読む]

小保方晴子 上司との「公金不正使用」を共同研究者が核心証言(3)笹井氏と11ヶ月で55回も出張

アサ芸プラス / 2014年07月02日09時56分

現在、研究費の管理はとても厳しく、各研究室が独立して採算をとるように指導されているはずです。彼女は彼女で申請すればいいのですから、笹井さんのところが出張旅費を肩代わりする意味がわかりません」(共同研究者) 両名の間には、この他にも経費を「スワップ(=交換)」させている項目があった。笹井研が小保方氏個人の出張旅費だけではなくタクシー代も肩代わりして、小保方氏 [全文を読む]

「弁明の機会が与えられなかった」小保方さん弁護団が改革委員会に「意見書」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月27日17時28分

1 はじめに(1)懲戒の対象ともなる「研究不正」とその他の「不適切な行為」との区別を明確に示すことの重要性貴委員会では、現在、研究不正再発防止に向けて不正防止の課題や改善策の取りまとめがなされているが、真に適切な研究不正の再発防止策を検討するにあたっては、懲戒の対象ともなる「研究不正」とその他の「不適切な行為」との区別を明確に示すことがまず大前提として求め [全文を読む]

小保方晴子 涙の反論会見では発見できなかった真相(2)小保方氏を擁護する理研の上司との関係

アサ芸プラス / 2014年04月22日09時56分

「かつては違ったが、現在、各国の特許制度は出願の時期が早いほうに、優先的に認められることになっていて、特に産業化される見込みのある科学的な発見や発明は論文発表前に出願をするのが常識的となっています。日本の権利を守るためには、正当な出願だったと言えるでしょう」 しかし、この特許出願にも疑惑が浮上している。 科学部記者が説明する。 「論文調査の中間発表後、小 [全文を読む]

『婦人公論』で連載開始の小保方晴子氏 Googleは「かわいい」認定

しらべぇ / 2017年01月07日19時00分

日記によれば、小保方氏は現在、うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされており、食事療法を実践。また、メディアの追及などを避けるためか、新居に引っ越しており、ある程度平穏な暮らしが送れているようだ。■ネットでは批判の声が多数しかし、存在をじゅうぶんに実証することができず、関連して自殺者も出てしまった「STAP騒動」。そのせいか、ツイッターでは... [全文を読む]

「小保方晴子氏の事件が起きるまでは天国だった…」=理研に勤める中国人学者が見た日本の研究環境―中国メディア

Record China / 2016年11月02日07時50分

凌さんによると、理研には現在、研究員が約3000人おり、そのほとんどが3〜5年契約の任期制研究員。定年制の研究員はわずか300人ほどで、その半分が事務を行っている。「任期制の研究員はプレッシャーがある。契約期間内に一定の研究成果を出せなかった場合、契約を更新してもらえないだけでなく、他の機関に再就職するのも難しくなる。そのため、目前の功利を急いで求める研究 [全文を読む]

「日本神話」崩壊へ!不正はもはや「道徳では制御できない」段階に―華字メディア

Record China / 2016年05月18日07時10分

新華僑報網は、「1980年代から日本製は性能や質の高さから、世界で高い地位を築いてきた」としながら、「現在はさまざまな不正事件で“メイド・イン・ジャパン”の信用神話が瓦解している」と指摘する。 記事は、羽田空港の滑走路などを建設した東亜建設工業が、地盤改良工事で液状化を防ぐ薬液の注入量のデータを改ざんし、虚偽の報告をしていたことが発覚したことや、昨年10 [全文を読む]

小保方晴子氏がサイトを開設し英語で謝罪文公開!翻訳すると意外な事実が…

しらべぇ / 2016年03月31日23時31分

現在は準備するべき試薬や簡単な手順しか公開していないようだが、今後うつ病の治療が終わって体調が戻り次第、更なる情報が提供されるという。果たしてSTAP細胞は本当に存在したのか? 小保方氏の手順を実践する科学者は現れるのか? 今後の動きについても注視したいと思う。(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま) [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】小保方晴子手記出版の本音

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日18時35分

ビジネス誌やパソコン誌などの編集部を経て、現在はフリーランス。書籍の構成、ビジネスコミックのシナリオなども手がける。著書に『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』『COMIX 家族でできる 7つの習慣』(シナリオ。伊原直司名義)など多数 次回告知/デイリーニュースオンラインPresents『山本一郎・中川淳一郎・漆原直行トークイベント』 【日時】3月3 [全文を読む]

2人の超絶「自己愛」にボー然! 小保方晴子氏“手記”発売で、ベッキーにも暴露本オファーが……

日刊サイゾー / 2016年01月28日17時00分

その内容は、幼少期から現在に至るまでの人生と、論文騒動の「真実」を記すというもの。 ただ、中身の大半は一連の騒動に対する「弁明」が中心。論文を疑われた中での再実験に失敗した点には「私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と語り、論文の共著者であった若山照彦・山梨大教授が自分を追い詰めた、という内容もつづられている。 この小保方氏の手記出版に対し、言動が不倫 [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

震災を契機に独立し、現在はフリージャーナリストとして週刊誌などで活躍中 [全文を読む]

気鋭の物理学者が批判的思考(クリティカル・シンキング)で、事件、事故の「謎」に迫る『物理学者が解き明かす重大事件の真相』マスコミが伝えない、事件・事故の真実を理系の目から解説いたします。

DreamNews / 2016年01月22日12時00分

チューリッヒ大学物理化学研究所、分子科学研究所を経て、現在兵庫県立大准教授。下條竜夫 著(理学博士 兵庫県立大学理学部准教授)(価格)1,800円+税 〈発売日〉2016年1月8日 〈出版元〉ビジネス社著者への取材、企画ご協力、読者プレゼントご対応も承ります。《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス社 広報担当:松矢 〒162-0805 東京都新宿区矢来町 [全文を読む]

名誉棄損で告訴連発…小保方、野々村がマスコミ相手に大逆襲!

デイリーニュースオンライン / 2015年08月24日08時00分

2014年、ニュースで話題になった2人は現在、何をしているのだろうか。「人の噂も七十五日」とはよくいったもの。すっかり忘れ去られた感があったが、このほど、両氏ともに久しぶりに話題になった。しつこく追いかけていたマスコミに対して「逆襲」したことが判明したからだ。 「人権侵害の限りを尽くした」(小保方) 元理化学研究所(理研)研究員の小保方晴子氏は、渦中にあっ [全文を読む]

小保方晴子「バラエティ起用計画」が頓挫…原因はアノ号泣議員だった!?

デイリーニュースオンライン / 2015年04月05日07時50分

大手広告会社・電通の「日本の広告費」によると、2000年のテレビ局の広告費は約2兆円だったが、2007年に2兆円を切り、現在は1兆7000億円と横ばいの状況が続いている。 「テレビ局は数字が命。これは昔も今も変わらない。だが昔は番組制作にも質が求められた。しかし今は違う。制作会社に丸投げ。制作会社側の企画を見て“数字取れそう”と思えば安易にゴーサインを出す [全文を読む]

「小保方晴子氏にならないで!?」韓国“美しすぎるリケジョ”クム・ナナに熱視線も……

日刊サイゾー / 2015年02月22日19時00分

現在も身長172cm、体重52kgの抜群のプロモーションを保っている。 いま最も韓国を沸かせる女性となったクム・ナナ。ただ、脚光を浴びる反作用で、後々どんなアラが見つかるかはわからない。小保方氏のような転落劇が起こらないことを祈るばかりだ。 [全文を読む]

仕掛け人はアノ男! “STAP細胞”小保方晴子氏刑事告発の裏側

日刊サイゾー / 2015年02月03日09時00分

現在は“ただの人”となり、喧騒から離れ、静かに過ごしている。 その矢先、理研OBの石川智久氏から、窃盗容疑で告発されてしまった。石川氏は昨年3月まで理研の横浜研究所に在籍。理研は一連のSTAP問題について「現存する万能細胞のES細胞が混入した」と結論付けたものの、肝心の「一体誰が、なんのために」という核心部分の明言は避けた。 これに憤りを感じた石川氏が、理 [全文を読む]

ピストン矢口vs岡村真美子vs小保方「つきあうなら誰?」 ネット上で議論勃発中

AOLニュース / 2015年01月16日12時00分

昨年は、1年を通して実に様々な女性有名人が注目を集めたが、そうした昨年の「話題の女性」について、現在、ネット上では「つきあうなら誰?」という議論が巻き起こっている。 現在、「矢口真里・岡村真美子・小保方晴子で付き合うなら?」というスレッドで、その候補として挙がっているのは、スレッド名が示すように、STAP細胞問題の小保方晴子氏と、謝罪会見を経て復帰を果たし [全文を読む]

フォーカス