書籍 小保方晴子に関するニュース

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

その他、科学哲学、科学思想史、現代思想の分野に関心を持ち、雑誌や書籍の企画、編集なども行う。「STAP細胞の真実を追求する会」とは:STAP細胞事件の初期の頃から、STAP細胞および小保方氏に関心を持ち、雑誌、書籍、ネットで流れるSTAP細胞関連の情報を収集し、騒動の背景に何があったのかを分析、考察してきた会。渋谷一郎を中心に結成。(著者)渋谷 一郎(価格 [全文を読む]

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

【今回取り上げる書籍】『あの日』小保方晴子・講談社・1400円 去年オレが批判した『絶歌』(太田出版)著者の神戸連続児童殺傷事件の元少年Aでも同じことがいえる。大騒動を起こした人物は、その後手記を出せばとりあえずの数千万円を稼げる、というビジネスモデルをさらに確立したという意味で、本書は実に画期的である。元少年Aは犯罪者であり、本書の著者はそうではないとい [全文を読む]

STAP細胞騒動、小保方晴子氏を負傷させたNHKの追及は終わらない!? 取材本出版を画策か

日刊サイゾー / 2014年08月17日12時00分

継続して番組で使いにくくなった素材や、手に入れた情報などを基にSTAP細胞騒動の責任追及をしたノンフィクション書籍の出版を相談したというのだ。 話を受けた関係者と同じ出版社に勤務する編集者によると「NHKの報道チームは、この状況で公にしにくくなってはいますが、理研の内部資料A4用紙で2,000枚を超える量を手に入れている」という。 「あまり表立っていない理 [全文を読む]

買う必要なし! タダでもらえるから読んでみた『手塚治虫の霊言』のトンデモ“イタコ”芸

おたぽる / 2016年04月14日21時00分

オーカワ氏のイタコ芸ラインナップ 1年間に、個人として発刊した書籍の数が世界一多い「年間最多発刊書籍記録」のギネス・ワールドレコード保持者が誰だか知っているだろうか? それは、「K福の科学」の総裁・オーカワ氏! 最初にギネス認定された2011年には年間52冊発刊しており、「月4冊強ペースかよ!」とド肝を抜かれたものだが、12年にはさらに年間101冊と大幅に [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】小保方晴子手記出版の本音

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日18時35分

書籍の構成、ビジネスコミックのシナリオなども手がける。著書に『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』『COMIX 家族でできる 7つの習慣』(シナリオ。伊原直司名義)など多数 次回告知/デイリーニュースオンラインPresents『山本一郎・中川淳一郎・漆原直行トークイベント』 【日時】3月3日(木)19時30分スタート(18時30分開場) 【場所】阿佐 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2016年honto 1月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年02月04日11時57分

~2冊同時刊行で、ついに完結『居眠り磐音シリーズ』がワンツーフィニッシュ~ ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「ho [全文を読む]

「STAP細胞はありま~す」小保方晴子氏『あの日』に早大生激怒も、バカ売れで本人ウハウハ状態!?

日刊サイゾー / 2016年02月02日11時00分

STAP細胞のプロジェクトがあったはずの大学の博士論文のところまでちゃんと振り返ってもいないし、とても元研究者とは思えないほど主観的で、自分のイメージ回復用という感じで余計にガッカリしました」(同) ただ、書籍の売れ行きは良く、Amazonの売れ筋ランキングでも1位、都内の書店でも「発売から2日で17冊が売れた」という話を聞いた。本の中身は「若山照彦教授に [全文を読む]

元ジャニーズ・平本淳也が佐村河内守&小保方晴子問題を斬る!

東京ブレイキングニュース / 2014年04月21日15時00分

22歳のときに物書きデビューして以 来、34冊の書籍を発表。http://ameblo.jp/junya-hiramoto/ Written by 平本淳也 Photo by Asdrall Model [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】ベッキー”手記出版”の舞台裏とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年04月25日12時05分

書籍の構成、ビジネスコミックのシナリオなども手がける。著書に『ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない』『COMIX 家族でできる 7つの習慣』(シナリオ。伊原直司名義)など多数 次回告知/デイリーニュースオンラインPresents『山本一郎・中川淳一郎・漆原直行トークイベント〜4月の陣〜』 【日時】4月29日(金)19時00分スタート(18時00分開場) [全文を読む]

小保方本で批判の若山教授、反論できない理由…責任取らず科研費の受領継続、管理能力に問題

Business Journal / 2016年02月11日06時00分

小保方晴子氏が書籍を出した。『あの日』である。出版元の講談社もセールスに懸命だ。同社が出版する「週刊現代」や「フライデー」には関連記事が溢れている。 出版日の前日にいくつかのテレビ局からコメントを求められ、筆者も同書を読んだ。その中身は、かつての上司である若山照彦・山梨大学教授批判で溢れており、あまり読後感がいいものではなかった。筆者を含め多くの専門家は、 [全文を読む]

“ビッグダディ推し”に小保方さん問題…今週の「FLASH」がヤバすぎる!

メンズサイゾー / 2014年04月16日16時40分

小保方さんとの対談も書籍化される予定で『出版した暁にはFLASHに広告が入るんじゃないか』とも、ささやかれています」(前同) 「FLASH」の迷走は今後も続くのだろうか――。 (文=森シ) [全文を読む]

フォーカス