あの日 小保方晴子に関するニュース

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2016年4月22日に「STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実」を発売いたします。本書は、「STAP細胞は存在す [全文を読む]

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

【今回取り上げる書籍】『あの日』小保方晴子・講談社・1400円 去年オレが批判した『絶歌』(太田出版)著者の神戸連続児童殺傷事件の元少年Aでも同じことがいえる。大騒動を起こした人物は、その後手記を出せばとりあえずの数千万円を稼げる、というビジネスモデルをさらに確立したという意味で、本書は実に画期的である。元少年Aは犯罪者であり、本書の著者はそうではないとい [全文を読む]

トーハン調べ2016年2月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年03月08日16時00分

3位は前月に比べランクを大幅に上げた小保方晴子「あの日」。トーハン調べ2月期月間ベストセラーを発表いたします。石原慎太郎が政敵田中角栄を描いた「天才」が第1位。2位はお母さん方に大人気の「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」カール=ヨハン・エリーン著。3位は前月に比べランクを大幅に上げた小保方晴子「あの日」。 --------------------- [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年1月24日~2016年1月30日)

PR TIMES / 2016年02月02日09時11分

~話題の小保方晴子氏の『あの日』が、総合ストアランキング第1位!~株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型書店サービス「honto(http://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2016年1月24日~2016年1月30日)を本日発表いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/11577/126/ [全文を読む]

【小保方晴子氏『あの日』レビュー】描かれていたのは、少女マンガ的な半生とある人物への怒り

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月29日11時00分

真っ白な表紙に、センス良く配置された書体で「あの日小保方晴子」と書かれている。まるで名刺のようなデザインだ。だが悲しいかな。流通時についたのか、書店に平積みにされた本の2割程度がうっすらと汚れていた。なるべくきれいなものを選んで、レジに持っていくことにした。 小保方晴子さんが手記『あの日』(講談社)を出版するという情報が、インターネット上に出回ったのは発売 [全文を読む]

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」

Business Journal / 2016年05月30日15時00分

今回の大型企画は、小保方氏が1月に発表した一連のSTAP騒動を綴った手記『あの日』(講談社)を読んだ瀬戸内氏が、婦人公論編集部を通じて小保方氏に「直接会って話がしたい」と呼びかけたことがきっかけとなった。 瀬戸内氏は「婦人公論」の誌面上で、『あの日』を自ら書店に足を運んで購入し、3回も読んだと話している。これまで通院以外の外出はほとんどできなかったという [全文を読む]

小保方さんが瀬戸内寂聴との対談に登場! 二人で辛辣な若山教授批判、寂聴センセイに「小説の書き方教えて」

リテラ / 2016年05月24日06時00分

今年1月には小保方氏による反論手記『あの日』(講談社)が出版されたが、それでもなお小保方氏はメディアの前に姿を現すことはなかった。そんな小保方氏が本日5月24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)6月14日号で作家・瀬戸内寂聴氏との対談に会見以来2年ぶりに登場した。「小保方さん、あなたは必ず甦ります」と題されたカラー7ページに渡るこの対談は、「婦人公論」4月 [全文を読む]

小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息

NEWSポストセブン / 2016年02月09日16時00分

そして今、旬のバカは手記『あの日』(講談社)を発刊した「STAP細胞はありまぁ~す」で有名な小保方晴子氏を、ネット上で全面的に擁護するヤツらである。小保方氏は、同書の前書きで、彼女を支援する人々に感謝の意を示した。「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」というブログなどが名指しされた。 このブログは、もはや小保方信者と言ってもいい。ブログの説明 [全文を読む]

小保方晴子氏がHP開設、STAP細胞の作成方法を公開…「人類に大きく貢献」

Business Journal / 2016年03月31日18時00分

内容は小保方氏のレシピ(日本語でコツを意味)を含むSTAP細胞の詳細なプロトコル(作成手順)と、1月に出版された小保方氏の手記『あの日』(講談社)に書かれた検証実験結果が公開されている。今後、さらにSTAP細胞に関連する情報を公開していく予定だという。 「STAP HOPE PAGE」と名付けられた小保方氏のHPは、謝罪の言葉から始まっている。「STAP [全文を読む]

手記発売で反撃?なぜ小保方晴子女史はこんなにもバッシングされたのか

WEB女性自身 / 2016年01月28日20時00分

理化学研究所の元研究員、小保方晴子さん(32)が1月28日に講談社より手記「あの日」を出版しました。 リケジョの星 と呼ばれ、そのルックスからファッションやライフスタイルを取りざたされたと思えば一転、論文ねつ造に釈明会見と大々的なバッシングを受けた後、約2年程公の場から姿を消して今に至ります。そんな彼女が今回関係者へ手記という形で反撃に出たとあって、注目度 [全文を読む]

『婦人公論』で連載開始の小保方晴子氏 Googleは「かわいい」認定

しらべぇ / 2017年01月07日19時00分

『小保方晴子日記〜「あの日」からの記録』と題された記事は、3ページ。初回は、昨年11月10日から始まり、連載を決意するに至るまでの2週間が綴られている。日記によれば、小保方氏は現在、うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされており、食事療法を実践。また、メディアの追及などを避けるためか、新居に引っ越しており、ある程度平穏な暮らしが送れているようだ。 [全文を読む]

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

2014年4月9日、大勢の報道陣とカメラの前で「STAP細胞はあります」と、弱々しい声をあげた“あの日”から2年――ついに小保方晴子さん(32才)が公の場に姿を見せた。 《この2年間、本当に命が尽きると感じていました》 《先生からのお手紙を読ませていただいて、まるで心が溶け出したような涙が溢れたのです》 “再起”の場に選んだのは、『婦人公論』(5月24日発 [全文を読む]

同世代の著者が克明に描く、世代論の最終形!『1982 名前のない世代』4/20発売

PR TIMES / 2016年04月14日12時12分

『絶歌』(元少年A)や『あの日』(小保方晴子)で再び注目を集める彼らに、時代が名前を付け損なったのはなぜなのか――― 株式会社宝島社は、本格評論本『1982 名前のない世代』を2016年4月20日(水)に発売します。 [画像: http://prtimes.jp/i/5069/360/resize/d5069-360-416864-1.jpg ] 本書は、 [全文を読む]

「小保方晴子さんを恨んでない」自殺した笹井氏の妻明かす

WEB女性自身 / 2016年03月17日06時00分

「『あの日』が大ヒットを記録し、小保方さんは3,600万円以上の印税を手にした計算になります」(出版関係者) 1月29日に発売された小保方晴子元研究員(32)の手記『あの日』(講談社刊)。発行部数は26万部を記録したいまも好調だという。STAP細胞の謎を残したまま理化学研究所を去った小保方氏。その手記は、再び世間の注目を騒動へと集めた。 週刊誌各誌は 14 [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】小保方晴子手記出版の本音

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日18時35分

でもこの、『あの日』に関しては、あぁ煙に巻きたいんだなぁってわかるんです。なんていうのかな? 突然科学者用語が乱立するとか。で、どう考えてもこのエピソード嘘だろとかね。横文字が増えたりとか、あのそのそれが増えたりとか。 漆原直行(以下、漆原) なんか言いくるめられちゃう感じが、若干あるんですよ。 山本 都合の悪い時に、早口になる人っているじゃないですか。あ [全文を読む]

「舐めたマネはするな」!?小保方晴子の任意事情聴取は「手記出版」への警告か?

アサ芸プラス / 2016年02月26日17時59分

「STAP細胞」をめぐる騒動で知られる小保方晴子氏が、手記「あの日」(講談社)を上梓し、話題を集めている。 小保方氏は手記の中で、〈私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた〉などと綴り、自身の潔白を主張している。 そんな中、同書の発売直後の2月17日には小保方氏が兵庫県警から参考人として任意で事情を聞かれたことが明 [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

ここ最近、神戸連続児童殺傷事件の加害者である少年Aが『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)を出版、さらにSTAP細胞問題で話題となった小保方晴子さんが手記『あの日』(講談社)を出版するなど、話題性のある人物ならば誰でも本を出している感のある出版業界。 過去に目を向けても暴露本や自叙伝など、形は違えど様々な人物の著書が出版され、賛否両論が渦巻くことも多い [全文を読む]

<論文投稿に踏み切った動機>小保方手記「あの日」と須田記者「捏造の科学者」をあわせ読んでみる

メディアゴン / 2016年02月07日07時40分

高橋秀樹[日本放送作家協会・常務理事/日本認知心理学会・心理学史研究会会員]* * *小保方晴子氏の手記「あの日」(講談社)では、「STAP細胞がある」ことを否定していない。筆者が最も分からないのは、研究者の目にさらされれば、バレると分かっている論文の投稿に、なぜ踏み切ったのか、である。手記の中で「殺意さえ感じられる取材名目のメールをよこした」と名指しされ [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2016年honto 1月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年02月04日11時57分

電子書籍ランキングでは、これまで沈黙を守ってきた小保方晴子の『あの日』が堂々の第1位で、2015年を席巻した『火花』も引き続きランクイン。惜しまれながら完結した『居眠り磐音シリーズ』は、性別を問わず人気で特に40代に人気が高いですが、20代は、西尾維新の物語シリーズ最新刊『業物語』が1位に登場。長編時代小説とライトノベルという対照的な世代による嗜好の違いが [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

1月28日に出版された小保方晴子氏(32)の『あの日』(講談社刊)が話題に。253ページにわたる手記で、STAP細胞の捏造疑惑を真っ向から反論したものだ。担当編集者は「余計なノイズを発したくない」としながらも、本誌にこう答えた。 「執筆期間は昨年9月から12月まで。やりとりはメール、電話、面談で行いました」 昨年9月といえば、理化学研究所の副センター長だっ [全文を読む]

フォーカス