内容 小保方晴子に関するニュース

理研・笹井氏の遺書 何らかの意図で内容選別された可能性も

NEWSポストセブン / 2014年08月19日07時00分

このうち内容が事細かく明らかになったのは小保方氏宛てのものだけだ。しかも、笹井氏の死の当日には、小保方氏本人の手に渡る前にもかかわらず、その内容が報じられていた。 「先立つのは、私の弱さと甘さのせいです。あなたのせいではありません」 「絶対STAP細胞を再現してください」 「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩み直してください」 こうした文面は、話題を集 [全文を読む]

小保方晴子さん会見に潜んでいた2つの謎──「船場吉兆」「幸福の科学」との関係とは

日刊サイゾー / 2014年05月21日16時00分

同年12月に釈明会見を行ったが、記者の質問に対し、創業者の三女でもある湯木佐知子社長が長男の喜久郎取締役(いずれも当時)に話す内容を小声で指示。「頭が真っ白になって」など母親に言われたセリフをそのまま長男が繰り返す様がテレビで流れたため、社長は「ささやき女将」と呼ばれて世間の失笑を買った。 結果、店は廃業となったが、ここに同席していたのが三木弁護士だった。 [全文を読む]

小保方晴子氏がサイトを開設し英語で謝罪文公開!翻訳すると意外な事実が…

しらべぇ / 2016年03月31日23時31分

■小保方氏の謝罪文内容は...まずはじめに、2014年にネイチャー誌に掲載されたSTAP論文の内容について、皆さんに深い反省と心からの謝罪を示したいと思います。私はあの論文について強い責任を感じており、一人の科学者として軽率なミスをしてしまった事を恥じています。このウェブサイトを開設した目的は、STAP細胞は作り出すことができるという確たる証拠を得るため、 [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

当時、遺書にはこんな内容が書かれていたという。 《STAP細胞を必ず成功させてください》 小保方氏は14年12月に理研を辞職し、昨年11月には早稲田大学の博士号も取り消された。だが彼女はそれでも療養のなか、4カ月間かけて手記を書き上げた。そこまでして伝えたかったことは何なのか。まず彼女が訴えているのは「STAP現象は真実」ということだ。 そもそも理研は14 [全文を読む]

2人の超絶「自己愛」にボー然! 小保方晴子氏“手記”発売で、ベッキーにも暴露本オファーが……

日刊サイゾー / 2016年01月28日17時00分

その内容は、幼少期から現在に至るまでの人生と、論文騒動の「真実」を記すというもの。 ただ、中身の大半は一連の騒動に対する「弁明」が中心。論文を疑われた中での再実験に失敗した点には「私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と語り、論文の共著者であった若山照彦・山梨大教授が自分を追い詰めた、という内容もつづられている。 この小保方氏の手記出版に対し、言動が不倫 [全文を読む]

STAP細胞騒動が再燃…米研究者の新論文と”デマ・真実論争”の背景

デイリーニュースオンライン / 2015年12月14日12時00分

本当に証明されたと思うのは早い」と非難する声や、論文の内容自体が「細胞は『初期化』されてないからSTAP現象ですらない」として、小保方氏のアイデアを完全肯定するものではないと見なすユーザーも。デマ説に対して「ウソだったのか」とガッカリする人が出ている。 事態は収束するかと思いきや、SNSやネット掲示板にはデマ・真実と両方を主張する意見が飛んでいる。「俺は小 [全文を読む]

小保方さん弁護団がNHKに抗議文――代理人「本人はダメージを受けて動けない状態」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月06日17時20分

弁護団の三木秀夫弁護士が同日、内容証明郵便で発送したという。声明文は、今年3月のNHKの報道を問題にしており、「事実を正確に報道しないことによって誤った印象を流布したものであり、許容できるものではない」と非難している。また、理研にも同様の抗議文を送り、非公開のはずの調査委員会のヒアリング内容が報じられた点について「情報管理のあり方に対し強く抗議をする」と記 [全文を読む]

小保方晴子氏「ES細胞窃盗」告発でSTAP捏造犯は解明されるか

NEWSポストセブン / 2015年02月05日16時00分

今後捜査があれば、調査内容を提供するなど全面協力すべきです」 小保方氏の代理人・三木秀夫弁護士は、 「告発状が受理されるかどうかも不明だが、小保方氏がES細胞を窃盗したという事実はなく、その動機もない。伝え聞く告発状の内容は杜撰で事実に大きく反している」 と真っ向から反論するが、少なくとも「“STAP細胞”を作成するため」という動機は成立し得る。今のままの [全文を読む]

中国の流行語「番外編」5位に「小保方晴子」の名前が入った

NEWSポストセブン / 2014年12月26日16時00分

興味深かったのは、国が定めたベスト・テンと民間(ネットなどが中心となって調べたもの)のベスト・テンでは、その内容が大きく異なったことだ。 いずれも「人民ネット(民間の方は『人民日報海外版にも掲載』)」が掲載している。 まず国の方を並べて見ると、1位から順に、「依法治国」(法によって国を治める)、「失連」(行方不明となったマレーシア航空機の問題で使われた消息 [全文を読む]

小保方さんバッシングに疑問の声 過度な個人攻撃に違和感

tocana / 2014年03月18日09時00分

当時の報道内容を見返すと、『リケジョのエース メーカー各社も就職活動でリケジョを重視』『おばあちゃんのかっぽう着姿に好感 かっぽう着ブーム到来』『かわいすぎる研究者』 など、小保方個人がフューチャーされた。 その一方で、ツイッターやブログでは、画像の転用や文言の剽窃を指摘され、さらに研究者から「STAP細胞を再現できない」という声もあがっていた。 そして [全文を読む]

桐谷美玲「リケジョ」ドラマは「あの人」が大ヒットの鍵になる!?

アサジョ / 2017年01月28日10時15分

女子力ゼロの「女子モドキ」として、白衣姿で女子力の向上や「ビューティー研究」に取り組む内容だという。 木曜22時の枠で放送される同ドラマに対しては、フジテレビ社内でも期待の声が高まっている。「今クールの木10枠『嫌われる勇気』の初回視聴率は8.1%でしたが、『ヒトヒャク』なら二桁発進も充分可能なんじゃないですか。制作発表直後から原作コミックの売上も急上昇し [全文を読む]

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

彼女の持つ理知的で清楚な雰囲気を引き立てていました」 さらに対談の内容についても、首をかしげる。 「寂聴さんはご自身も昔バッシングを受けたという体験と重ね合わせ、“マスコミは初めから小保方さんを悪人として取り上げていた”とおっしゃっていますが、それはちょっと違う。小保方さんは若くてかわいくて割烹着ファッションという異色のスタイルと理系女子には珍しい“スター [全文を読む]

小保方さん、2年ぶり登場で新疑惑?謎のセレブ生活と”顔の激変”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月26日13時07分

一方で、手記では「報道内容はすべて若山先生からの一方的な情報のみに基づくもの」と不信感をぶちまけていた論文の共著者、若山照彦(49)・山梨大教授にはさらなる“口撃”も。 「人が変わるのか、もともとそうだったのを見抜けなかったのか」と辛辣だ。 ■高須院長の「出直すなら30万円で」発言 インタビュー後半では、「尊敬する人」として、「マザー・テレサ」を挙げるな [全文を読む]

買う必要なし! タダでもらえるから読んでみた『手塚治虫の霊言』のトンデモ“イタコ”芸

おたぽる / 2016年04月14日21時00分

要は、オーカワ氏がイタコとなって有名人などの霊体を降霊し、語った内容をまとめた本だ。 そのラインナップがまた、見境ないにもほどがあるのだ。 日蓮聖人、キリスト、天照大神、ソクラテス、坂本龍馬、オバマ、プーチン、スティーブ・ジョブズ、イチロー、秋元康、ビートたけし、菅野美穂、堺雅人、ローラ、小保方晴子、今上天皇、佳子さま……などなど、ザ・やりたい放題。 さら [全文を読む]

【STAP論文】若山教授、小保方氏を捏造犯に仕立て上げ…論文撤回理由を無断で書き換え

Business Journal / 2016年04月10日06時00分

2014年7月27日に放送されたNHKスペシャル『調査報告 STAP細胞 不正の深層』においても、若山氏の間違いが判明した後であるにも関わらず、小保方氏に疑惑があるという内容で報道されている。筆者はその当時からNHK報道の誤りを指摘してきた。 そして今に至るまで、小保方氏にとって有利な情報の報道制限が行われるようになった。●マスコミへのリーク 若山氏は論文 [全文を読む]

「小保方本」に「陰謀論が大好きな信者にとっての聖書」評

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

元少年Aの手記『絶歌』なら、共感するか批判するかはともかく、内容が本当か嘘かは議論にならないでしょう。そこが大きな違いですね。──中川さんは週刊ポストの連載コラム「ネットのバカ現実のバカ」で、ネット上で小保方氏を全面的に擁護する人たちを批判しました。中川:以前からネット上には小保方さんを支持するブログやフェイスブックのグループがあって、小保方さんも手記の「 [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

言い訳を並べるような本ではなく、ある意味、吹っ切った内容にしてほしいと思っています」(出版社関係者) たしかに今ということでいえば話題性があり、何があったのか真実が気になる人物だ。 また、同じく不倫で騒動となった女性も名前が挙がった。 「ベッキー事件で図らずもスポットライトが当たったのが同じく不倫で休業した矢口真里です。騒動から時間も経っており、元夫も番組 [全文を読む]

小保方晴子氏手記の読後感と「感じざるを得ない矛盾」

NEWSポストセブン / 2016年02月01日07時00分

しかし一方で、〈「(中略)できるだけ若山先生にご迷惑がかからないように証言します」という内容のメールを出した〉というから、彼女の中に矛盾した感情が渦巻いていたことがわかる(若山氏は「取材は受けない」と回答)。 理研の調査委員会は2014年12月、STAP細胞はES細胞が混入したものであると発表した。何者かが若山氏の研究室からES細胞を盗んだとして兵庫県警に [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

言葉遣い使いは丁寧ながらも、理研やかつての研究パートナーに完全に喧嘩を売っている内容です。これは小保方さんの宣戦布告と受け取っていいでしょう」 「私は業火に焼かれ続ける無機物になった」 冒頭から、懺悔のオンパレードだ。 「自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思います」 「重すぎる責任に堪え兼ね、死んでこの現状から逃れられたら」 と騒動を引き起こしたこ [全文を読む]

貫地谷しほり、痩せたのに賛否両論! 「小保方晴子と同じ運命」に戦々恐々?

日刊サイゾー / 2016年01月06日21時00分

しかし、推定Eカップと目される貫地谷のムッチリ体形を好む男性は多く、貫地谷演じるグルメライターが“初対面の男性たちと外食デートをする”という内容のドラマ『女くどき飯』(TBS系)が昨年1月に放送された際には、『しほりちゃんとデートしたい』『食事に連れて行くなら、しほりちゃんみたいな食べっぷりのいい子がいいな』など、評判が高く、今月から始まる同ドラマの続編を [全文を読む]

フォーカス