理化学研究所 小保方晴子に関するニュース

「STAP細胞」もしも成功していなかったとしたら・・・理研に法的責任はあるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月13日21時01分

理化学研究所の小保方晴子(おぼかた・はるこ)研究ユニットリーダーなどのグループが発表し、大きな注目を集めた「STAP細胞」。その論文に使われた画像やデータに不自然な点があると指摘されている問題で、新たな動きが起きている。共同研究者の山梨大学・若山照彦(わかやま・てるひこ)教授が「研究データに重大な問題が見つかり、STAP細胞が存在するのか確信がなくなった」 [全文を読む]

<STAP問題>マウスめぐる「疑惑」 小保方さんが「反論コメント」発表(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年06月18日14時31分

STAP細胞の論文不正をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが作ったとされる「STAP細胞」のもとになったマウスの由来に疑義が生じている。この点について、論文の共著者の一人である若山照彦・山梨大学教授は「僕の研究室のマウス由来ではない」と発表したが、小保方晴子リーダーは6月18日、それに反論するコメントを発表した。小保方リーダーは、弁 [全文を読む]

STAP問題、小保方氏は実験捏造していなかったと判明…小保方氏犯人説デッチ上げた犯人

Business Journal / 2016年07月01日06時00分

STAP細胞論文をめぐる研究不正事件で理化学研究所(理研)を退職した小保方晴子氏を、元理研研究員、石川智久氏が刑事告発した事件は5月、神戸地検の不起訴処分により終結した。神戸地検は「窃盗の発生自体が疑わしい」としたコメントをメディアに発表する異例の事態となった。 石川氏は2015年1月26日、「小保方氏がES細胞を盗み、STAP細胞と偽造していた」として理 [全文を読む]

STAP細胞はやっぱりなかった! 小保方晴子氏を踊らせたのは誰なのか

リテラ / 2014年12月19日13時45分

理化学研究所は本日19日に開いた会見で、小保方晴子氏が論文通りにSTAP細胞を作製できなかったことを発表した。今年4月の会見で小保方晴子氏は「200回以上作製に成功した」と胸を張ったが、今回の検証実験ではSTAP細胞をつくることはできなかった。同時に、丹羽仁史氏がリーダーとなっていた理研の検証チームも、期限である来年3月を待たずに検証実験を打ち切ることを [全文を読む]

「弁明の機会が与えられなかった」小保方さん弁護団が改革委員会に「意見書」(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月27日17時28分

STAP細胞をめぐる論文不正問題をきっかけに、理化学研究所が設置した「研究不正再発防止のための改革委員会」(岸輝雄委員長)。4月10日の第1回会合からほぼ毎週のように会議を開き、議論を重ねている。この改革委員会に、小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーの弁護団による「意見書」が提出されていたことがわかった。小保方リーダーの代理人をつとめる三木秀夫弁護士が [全文を読む]

「STAP細胞」論文の共著者・丹羽仁史氏が「記者クラブ」向けに会見

弁護士ドットコムニュース / 2014年04月07日13時22分

「STAP細胞」の論文不正問題で揺れる理化学研究所は4月7日14時から、東京・内幸町にある同研究所東京連絡事務所で、記者会見を開く。論文の共著者の一人で、小保方晴子ユニットリーダーと同じ理研発生・再生科学総合研究センターに所属する丹羽仁史プロジェクトリーダーらが、STAP細胞の真偽を検証する実験プロジェクトについて説明するという。 STAP論文の共著者が会 [全文を読む]

【小保方さん騒動】マスコミの「女性」利用がひと目でわかる、ねつ造疑惑前後の各社の見出しまとめ

ウートピ / 2014年03月21日10時00分

筆頭著者である理化学研究所(理研)の小保方晴子さんへのマスコミ報道がひどいと話題だ。論文発表時は研究者が「女性」であることを強調して持ち上げる記事が乱立したが、ひとたびねつ造疑惑が浮上すると、まるで手のひらを返したようにその女性性を攻撃する論調が目立つ。新聞や週刊誌の見出しから、その報道姿勢をまとめてみた。 STAP細胞論文発表時の見出しは、「おしゃれ」「 [全文を読む]

小保方晴子さんに偽ノーベル疑惑、謝罪会見で「リケオヤジ」に逆ギレあるか?

東京ブレイキングニュース / 2014年03月12日12時30分

「リケジョ」ともてはやされた小保方晴子さん(30)の論文に関して、相次ぐ画像流用や文言流用が発覚し、共同研究者である若山照彦氏(山梨大教授)や理化学研究所からも「論文取り下げ」が語られるなど窮地に立たされている。 一例を上げるだけでも小保方靖子氏がまとめた博士論文の序章33枚がほぼコピー&ペーストで作成されていたという疑惑や、STAP細胞論文の根拠となる画 [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

「彼女の執念のようなものを感じました」と語るのは、理化学研究所で働いていた元同僚女性だ。1月28日に出版された小保方晴子氏(32)の『あの日』(講談社刊)が話題に。253ページにわたる手記で、STAP細胞の捏造疑惑を真っ向から反論したものだ。担当編集者は「余計なノイズを発したくない」としながらも、本誌にこう答えた。 「執筆期間は昨年9月から12月まで。やり [全文を読む]

小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と...

リテラ / 2016年01月28日09時00分

さらには、STAP幹細胞への変化やキメラマウスの作製の過程で、小保方氏がES細胞を混入させたという可能性が取り沙汰され、理化学研究所の調査委員会の調査でも、小保方氏の実験室に残されていたSTAP幹細胞やキメラマウスがすべてES細胞由来であることが判明。「STAP細胞はなかった」と結論付けられた。 しかし、小保方氏は、STAP幹細胞の培養やキメラマウス作製は [全文を読む]

STAP現象は本当にあったの? 真実発見と研究不正の関係はどうなるの?

マイナビ進学U17 / 2015年12月18日12時07分

■「STAP現象」がアメリカで再現されたの?皆さんは「STAP細胞」を覚えていますか? 2014年、理化学研究所(以下「理研」)の小保方晴子さんたちの論文が科学誌『Nature』に掲載されました。その論文にSTAP細胞が登場します。STAP細胞は、外から刺激を与えるとあらゆる細胞に変化します。そのため、病気や怪我で失った体の一部をSTAP細胞で再生できるか [全文を読む]

「3年あれば…」小保方晴子氏の“赤裸々な本心”を引き出した「あの人」

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時58分

世紀の大発見を成し遂げた「リケジョの星」から一転、日本中から疑惑の目を向けられている元・理化学研究所研究ユニットリーダーの小保方晴子氏。 12月19日、理化学研究所は会見を開き「小保方氏本人が参加した検証実験でSTAP細胞の存在を確認できなかった」と発表。同時に、小保方氏の退職も発表された。 実験の終了に際し、小保方氏は「このような結果にとどまってしまった [全文を読む]

小保方晴子氏は被害者か? 科学ライター「無視できぬプライミング効果と4つの推論」

tocana / 2014年12月23日08時00分

小保方晴子氏自身による検証実験が失敗、STAP細胞は事実上存在しないと理化学研究所が発表したのだ。 小保方さんが小保方さんでなければ、今回のような騒動は起きなかっただろう。小保方晴子氏が男好きのする、ちょっととぼけたカマトトっぽい女の子だったことが、すべての間違いだったのだ。 世紀の大発見をした、割烹着の天才美少女。しかしその実験は誰も再現できなかった。名 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堀江貴文氏、「“自己肯定能力が高い”小保方晴子さんはタレント向き」と断言。

TechinsightJapan / 2014年12月21日15時45分

理化学研究所は12月19日、東京都内で記者会見を開き、論文と同じ手法でSTAP細胞を作製できなかったことを発表した。理研としてはこれでSTAP細胞の存否問題に決着をつけたことになり、同時に小保方晴子研究員が21日付で退職することが明らかになった。一連の問題についてコメントを求められた実業家の堀江貴文氏は「自分が(STAP細胞を)作ったわけじゃないから…」と [全文を読む]

理化学研究所「STAP現象の検証結果」の資料公表(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日13時07分

理化学研究所(理研)は12月19日、これまで行ってきたSTAP現象の検証実験について、「STAP現象の確認に至らなかった」と結論付けたうえで、「本検証計画を終了する」と発表した。その際、小保方晴子研究員が取り組んできた再現実験と、同研究所の検証チームが行ってきた検証実験の経緯と内容をまとめた資料を公表した。資料の全文は次の通り。●STAP現象の検証結果20 [全文を読む]

小保方晴子研究員が「退職願」を提出「疲れ切り、大変困惑している」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月19日11時36分

STAP細胞の検証実験で存在が確認できなかったことを受け、理化学研究所は12月19日、小保方晴子研究員から12月21日付の退職願が提出されたことを発表した。理研は退職願を受理したという。小保方研究員の「与えられた環境の中で魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果にとどまってしまったことに大変困惑しています」とするコメントを発表した。 退職願を [全文を読む]

納得?意外?2014年「好感を持てた言葉」「嫌悪感を抱いた言葉」ランキング発表!

Woman Insight / 2014年12月08日11時30分

(221名) ……「花子とアン」での美輪明宏さんのナレーション 3位 ダメよ~ダメダメ(185名) ……お笑い芸人日本エレキテル連合の持ちネタ 4位 感謝で十分 (116名) ……青色LEDでノーベル賞の中村修二教授 5位 レジェンド (97名) ……スキージャンプ葛西紀明選手 5位 STAP細胞はあります (97名) ……理化学研究所の小保方晴子氏 6位 [全文を読む]

【理研・笹井氏自殺】NHKスペシャルで精神的に追い詰められていた?

東京ブレイキングニュース / 2014年08月07日14時00分

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター笹井芳樹副センター長(53)の自殺は衝撃的だった。記者の中には、「罪悪感」のようなものを感じている人間もいるようだ。それほど、熾烈な取材攻勢が彼を追い詰めていた。 例えば7月27日に放送された『NHKスペシャル 調査報告 STAP細胞 不正の深層』は、特に笹井氏とSTAP細胞の研究との関わりについて厳しく取り上げて [全文を読む]

小保方さん「処分」どうなる? 理研「新たな疑惑の調査結果が出たら、審査を再開」

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月04日21時19分

STAP細胞の研究不正をめぐる問題で、理化学研究所(理研)の小保方晴子ユニットリーダーに対する「処分」が宙に浮いたままになっている。この点について、理研は8月4日、STAP細胞の検証実験の結果と関係なく、新たに指摘された不正疑惑に関する調査結果が明らかになりしだい、小保方リーダーらの処分の審査を進める意向を表明した。日本学術会議が7月25日、検証実験の結果 [全文を読む]

なぜ、小保方さんは女性に嫌われる? 女が嫌いな女性タレントの特徴と一致!?

tocana / 2014年04月16日10時00分

STAP細胞は存在するのか、それともしないのか? 信憑性が失落している理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが発表した『STAP論文』。理化学研究所が、『STAP論文』に「不正があった」と発表したことを受け、小保方氏も先週、会見を開いて反論。不正ではなくミスだったと強調し、実験結果は捏造ではなく、「STAP細胞はある」と断言した。しかし、注目が集まったS [全文を読む]

フォーカス