今後 小保方晴子に関するニュース

理研退職の小保方晴子氏“海外進出”をバックアップする闇人物とは!?

日刊サイゾー / 2014年12月25日13時00分

今後の去就については、海外での再出発が有力視されている。 「一部では中国や韓国の研究機関から誘われているという報道もありましたが、今回の再現実験の前から、知人に『しばらく休んだ後に、海外の大学院に入り直したい』と漏らしていたと聞きました。また一説には、レベルの高くない辺境国の研究機関に出向く話もあるそうですが、いずれにせよ彼女をバックアップする関係者がいる [全文を読む]

<STAP問題>マウスめぐる「疑惑」 小保方さんが「反論コメント」発表(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2014年06月18日14時31分

そのうえで、「今後の理化学研究所の調査にできる限り協力し事実関係を明らかにできるよう努めて参りたい」と述べている。また、小保方リーダーの弁護団もコメントを発表。「小保方氏が若山研でお世話になっていた時期(2013年3月まで)は、小保方氏は、マウスや細胞を独立して入手できる立場にありませんでした。したがって、すべて若山研ルートで入手したものです」などと、小保 [全文を読む]

STAP問題、小保方氏は実験捏造していなかったと判明…小保方氏犯人説デッチ上げた犯人

Business Journal / 2016年07月01日06時00分

今後小保方氏は警察の詳しい取り調べを受けることになります」 これは、小保方氏が「容疑者」だと多くの読者に誤解を与える事ことになった。筆者はこの刑事告発不起訴について、「フライデー」編集部に電話して事実関係を確認しようとしたが、当時の編集長も記事を担当した編集者も異動になっており、詳しい話を聞くことはできなかった。●存在しない紛失・盗難届け 石川氏は、小保方 [全文を読む]

【小保方さん騒動】マスコミの「女性」利用がひと目でわかる、ねつ造疑惑前後の各社の見出しまとめ

ウートピ / 2014年03月21日10時00分

報道関係の方々におかれましては、どうか今がSTAP細胞研究の今後の発展にとって非常に大事な時期であることをご理解いただけますよう、心よりお願い申し上げます。 しかし、論文のねつ造疑惑が浮上すると、「女性であることを利用した」と袋叩きにするようなバッシングの嵐。 ■「小保方博士」が着せられた「灰色割烹着」 週刊新潮 2014年3月6日号 ■「STAP論文」事 [全文を読む]

小保方晴子氏がサイトを開設し英語で謝罪文公開!翻訳すると意外な事実が…

しらべぇ / 2016年03月31日23時31分

現在は準備するべき試薬や簡単な手順しか公開していないようだが、今後うつ病の治療が終わって体調が戻り次第、更なる情報が提供されるという。果たしてSTAP細胞は本当に存在したのか? 小保方氏の手順を実践する科学者は現れるのか? 今後の動きについても注視したいと思う。(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま) [全文を読む]

小保方氏の弁護士「NHKの人権感覚の鈍麻に驚く」 BPO審理入りのNスペを猛批判

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月20日18時16分

●「小保方氏の被害を回復するためにも、NHKは公式謝罪を」――今回のBPO審理入り決定についての感想と今後期待することは何でしょうか?「正式に審理入りすることとなりましたが、NHKの返答を見た限りでは、その人権感覚の鈍麻には驚く限りです。NHKの方々全員がそうであるとは決して思ってはいませんが、今回の番組作りをした企画者集団が、このようなあまりに酷い人権感 [全文を読む]

「STAP論文再調査せず」で理研退社濃厚の小保方晴子氏、海外移住を計画か!?

日刊サイゾー / 2014年05月09日16時00分

小保方氏の今後について、ある関係者は「理研という巨大組織を相手に訴訟を起こせば、時間も費用もかかる。その間、彼女は理研との雇用契約が有効となるので、別の機関で研究することもできない。そう考えると、泥沼の訴訟合戦になる可能性は低いのでは。彼女の元には米国や中国からオファーが届いているそうで、『日本に居ていいのか』の言葉通り、日本を離れて海外の機関で研究職に [全文を読む]

桐谷美玲「リケジョ」ドラマは「あの人」が大ヒットの鍵になる!?

アサジョ / 2017年01月28日10時15分

今後のプロモーションしだいでは、大ヒットも期待できる作品です。社内では『桐谷さんと『あの人』の対談を実現できれば大当たり確実』と話題ですよ」(フジテレビスタッフ) カギを握る「あの人」とはいったい誰のことなのか。スタッフが続けて明かす。「言うまでもなく『STAP細胞』の小保方晴子さんですよ。年明けから『婦人公論』で『小保方晴子日記』という連載をスタートし、 [全文を読む]

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

寂聴さんは心が広いから全面的に応援されているのでしょうけどね」(中野さん) 対談では、《小説の書き方も教えて下さい》と今後についても語った小保方さん。どう甦るのか注目である。 ※女性セブン2016年6月9・16日号 [全文を読む]

STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

Business Journal / 2016年05月21日06時00分

(文=上田眞実/ジャーナリスト) [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

もちろん、今後も芸能界で仕事をするなら難しいかもしれませんが、芸能界を離れるならば実現できるかもしれません。無論、そうなればうちの社もジャニーズを完全に敵に回すので、その覚悟は必要ですが…」(某出版社関係者) これが実現すれば大きな注目を集めるのは間違いないだろう。今すぐとはいかなくとも、いつか実現することを多くのSMAPファンも期待しているのではないだろ [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

今後の活動も気になるところだ。 (文/浅間三蔵) 浅間三蔵1978年、神奈川県生まれ。大学卒業後、大手新聞社に入社。社会部記者として警視庁や司法関連を担当する。震災を契機に独立し、現在はフリージャーナリストとして週刊誌などで活躍中 [全文を読む]

小保方さん「早稲田大学の決定はとても不公正」博士号「取り消し」にコメント(全文)

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月02日18時30分

一方、小保方さんはコメントの終わりで、「私の研究者の道は不本意にも門が閉じられた」としながらも、「いつか議論が研究の場に戻る日を期待し、今回の再提出した博士論文や関連するデータは年度内をめどに随時公開していく」と今後の展開を示した。小保方さんが代理人の三木弁護士を通じて公表したコメントの全文は以下のとおり。●今般の早稲田大学の決定について2015年11月2 [全文を読む]

「小保方晴子氏にならないで!?」韓国“美しすぎるリケジョ”クム・ナナに熱視線も……

日刊サイゾー / 2015年02月22日19時00分

今後、ES細胞の窃盗で刑事告訴されるという話が持ち上がるなど、ほんの1年前まで喝采を浴びていた時の人が、いまや犯罪者予備軍にまで落ちぶれてしまった。 小保方氏ほど世界的注目を集めているわけではないが、お隣・韓国でもいま、一人の女性科学者がスポットライトを浴びている。彼女の名は、クム・ナナ。来る3月、アメリカの「国立がん研究所ジャーナル(Journal of [全文を読む]

小保方晴子氏「ES細胞窃盗」告発でSTAP捏造犯は解明されるか

NEWSポストセブン / 2015年02月05日16時00分

今後捜査があれば、調査内容を提供するなど全面協力すべきです」 小保方氏の代理人・三木秀夫弁護士は、 「告発状が受理されるかどうかも不明だが、小保方氏がES細胞を窃盗したという事実はなく、その動機もない。伝え聞く告発状の内容は杜撰で事実に大きく反している」 と真っ向から反論するが、少なくとも「“STAP細胞”を作成するため」という動機は成立し得る。今のままの [全文を読む]

「3年あれば…」小保方晴子氏の“赤裸々な本心”を引き出した「あの人」

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時58分

今後、彼女自身による詳細な説明がない限り、STAP細胞の真相は迷宮入りとならざるを得ないが、なんと「小保方氏の本心」を引き出した人物がいた。 STAP細胞に関する小保方氏の赤裸々な気持ちを「守護霊」から引き出し語っているのは、幸福の科学総裁の大川隆法氏。 これまでも「霊言」として、多くの歴史上の偉人からメッセージを引き出している(!?)大川氏だが、『小保方 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堀江貴文氏、「“自己肯定能力が高い”小保方晴子さんはタレント向き」と断言。

TechinsightJapan / 2014年12月21日15時45分

小保方氏の今後について話が及ぶと、金曜アシスタントのミッツ・マングローブが「彼女を一人にするのは心配…」と不安そうに何度も口にする。最悪な事態を心配しているようだが、堀江氏はそれを強く否定。小保方氏のような自己肯定能力が高い人は一人でも生きていけるし、芸能界向きでもあるのでオファーも沢山あるはずだと断言した。 「タレントや芸人になれるんじゃないの?」と堀 [全文を読む]

STAP細胞、小保方氏の今後は科学評論家? 科学ライター「一度のミスで科学界追放はおかしい」

tocana / 2014年12月20日20時00分

すでに博士号が取り消された小保方氏だが、今後彼女が研究・活躍する場は残されているのだろうか? サイエンス・ライターの川口友万氏に伺った。 「こう考えてみてください。ニュースになるほどの大きな不祥事を起こしたサラリーマンが、同じようにサラリーマンとして一般企業に再就職できるでしょうか? できないですよね。特に小保方さんの場合は、最初の大きな研究で騒動を起こ [全文を読む]

<STAP検証実験>理研が中間報告「いまのところ、STAP細胞はできていない」

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月27日17時44分

今後はこれまでと違うマウスを使うなど、異なる手法で引き続き検証するという。 一方で、実験を統括する相澤慎一・理研CDB特別顧問は、「STAP細胞があるかないかという質問に答えることはできない」「最終報告ではない」「まだ検討中」と繰り返し述べ、当初の予定どおり、検証実験を3月まで継続する意向を示した。 また、小保方晴子ユニットリーダーについては、7月から検証 [全文を読む]

<笹井氏死去>理研「小保方さんも非常にショックを受け、職員がサポートしている」

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月05日14時30分

今後、把握したい」と語った。 不正行為が認定されたSTAP細胞の論文について、笹井氏は小保方晴子ユニットリーダーの指導役をつとめたとされている。小保方リーダーについて、加賀屋室長は「非常にショックを受けていると報告を受けた」と述べ、理研として「信頼できる職員をつけて、サポートにあたっている」ことを明らかにした。 今後、STAP細胞をめぐる調査に与える影響に [全文を読む]

フォーカス