時代 始皇帝に関するニュース

【新東方見聞録】秦始皇帝陵が「伝説」から「史実」になった瞬間(中国・西安)

GOTRIP! / 2017年01月24日05時30分

そして時代を遡れば遡るほど、「史料にはあるけれどそれを裏付ける物証がない」ということが起こりやすくなります。 ・秦始皇帝陵は「伝説」だった 中国・西安にある秦始皇帝陵。この遺跡にはじつに8,000体もの兵馬俑が眠っていました。 秦始皇帝陵の発見は、つい最近のこと。1974年に地元の農民が掘り出したのがきっかけです。ところが、「西安あたりに始皇帝陵がある。し [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

そのせいで、日本の中枢も親百済派と親新羅派に分裂してしまい、聖徳太子から天智天皇の時代まで、がったがた。とくにひどい目に遭ったのが663年の白村江の戦い。滅亡した百済の連中に唆され、その復興に協力しようとしたら、ボロ負け。大国の唐からいらぬ恨みを買ってしまい、日本まで攻めてくるかもしれない、ということで、天智天皇は、都を近江に逃げ遷すようなありさま。そのく [全文を読む]

【今週の対決】この秋見たい「古代の王」展覧会

WEB女性自身 / 2015年11月16日06時00分

ピラミッド時代の女性たちの腕輪やアクセサリーはとってもおしゃれで、アイメークもばっちりしていたことがわかった。そして、黄金のマスクやクフ王の彫像の実物を拝見、紀元前に作られたマスクが意外と輝いていたのは驚いた。4千500年前のロマンを感じることができた! 【めた坊ジャッジ】兵馬俑のスケールに、ビックリ!今回は展覧会の大きさが決め手で始皇帝の勝利だ! [全文を読む]

兵馬俑は古代ギリシャの影響を受けた?考古学の新説にキレる中国人

Record China / 2016年10月16日07時50分

なぜ始皇帝の時代になって突然、等身大の陶像が作られるようになったのは大きな謎だったが、遠く離れた古代ギリシャの影響を受けたとの説が浮上している。秦始皇帝陵博物院の李秀珍(リー・シージェン)研究員によると、従来考えられていたよりもずっと早い始皇帝の時代から中国と西洋は交流があったことが明らかになったという。ウィーン大学のルーカス・ニッケル教授は、最近兵馬俑か [全文を読む]

なぜ同じ儒教文化なのに中国人の民度は日本人に及ばないのか?=「えっと、文化大革命って聞いたことがありますか?」―中国ネット

Record China / 2016年03月12日20時20分

タイでは公衆トイレに「使用後は水を流してください」と中国語で書かれていることなどを紹介し、「毛沢東時代以降、伝統文化の破壊と信仰への迫害が、信仰の欠如をもたらし、今の中国人の民度の低下をもたらした」という学者の意見を伝えた。 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「毛沢東時代の人々の民度は世界が称賛するレベルだった。現在の道 [全文を読む]

【公演レポ】ユナク(超新星)、項羽と劉邦の間で揺れ動く女の葛藤、国と愛を巡る男の戦いを描いたミュージカル「花・虞美人」が開幕!

Wow!Korea / 2017年03月29日20時09分

時は紀元前221年、史上初めて中国統一を成した秦の始皇帝の時代。虞姫と劉邦の結婚式当日に始皇帝の軍隊がその幸せを奪う。幸せから絶望への落差、凰稀かなめとユナクの感情演技に観客も悲しみの中に投げ込まれる。そんな虞姫を救い出すのは、始皇帝を討ち取るためにやってきた楚の旗を掲げた項羽軍。プレビュー公演では池田努が演じ、ワイルドさの中に純粋さが垣間見える項羽を熱演 [全文を読む]

崔順実被告、朴大統領の退任後に同居を計画?五輪開催地の平昌に豪邸準備か=韓国ネット「始皇帝のまね?」「でも始皇帝は中国統一したじゃん…」

Record China / 2017年01月18日10時50分

そのために大統領になったんでしょ?」 「新しい維新時代を経て王政時代へ。VIP阿房宮を建てようだなんて、(大統領)退任後まで徹底して計画したね」 「余生は阿房宮じゃなくて監房宮で過ごすんだな」 「そのまま島流しのために造って生涯監禁しろ」 「秦の始皇帝のまね?でも、始皇帝は中国統一したけどね…」 「大統領退任後の大邱(朴大統領の地盤)は空き家になるってこと [全文を読む]

秦始皇帝陵で新発見、動物の大規模な副葬を確認―中国

Record China / 2016年11月25日20時40分

これは秦の時代の人が日常生活での経験により、各種動物の習性を徐々に把握し、飼育し利用することを学んだことを反映している」と述べた。 武氏によると、これまでの発掘調査と研究により、「珍禽異獣坑」からはシカ、ノロジカなどの草食動物と、雑食動物が出土している。「水禽坑」からは青銅製の鳥類46点が出土。うち鶴が6点、白鳥が20点で、その他はカリ・ガンなどの鳥類。上 [全文を読む]

「日本人は中国人の末裔」の中国報道に日中ネットが熱論=中国は肯定の声が多く、日本は否定が圧倒的

Record China / 2016年03月30日01時10分

2016年3月29日、日本人の起源が中国雲南省方面から来た縄文人(倭人)や朝鮮を経由して渡来したモンゴル系の弥生人の混血であるとの中国ポータルサイト・今日頭条の分析記事について、中国ネットからは「中国人が日本人の祖先であることは疑いようがない」とのコメントが付く一方、日本ネットの受け止めは「そもそも中国なんて無かった時代の話だぞ」と話半分だった。 記事は、 [全文を読む]

【夏の謎】花火っていつからあるの?「たーまやー」って何!?

Woman Insight / 2015年07月24日17時50分

いつの時代から何をきっかけに始まり、どのようにして全国に広まっていったのでしょうか。気になったので調査してみました。 Q.花火って、いつから始まったの? 花火のルーツをたどると……秦の始皇帝の時代、万里の長城で通信手段として使われた「のろし」をはじめとした、紀元前の時代にあります。 そこに始まり、近代的な花火は14世紀にイタリアで始まったと言われています [全文を読む]

仕事に役立つ「古典」の読み方

プレジデントオンライン / 2017年04月01日11時15分

ところが15世紀末のイタリアはいわば戦国時代。突如スペインの攻撃を受けたフィレンツェでは、クーデターが起き、マキアヴェリは騒ぎに巻き込まれ、冤罪で職を解かれ、収監されてしまいます。 そんな中、メディチ家が新国家を建設するという噂を聞きつけたマキアヴェリは、新国家と君主の在り方についての書物を献呈することで再就職しようと、半年足らずで『君主論』を書き上げます [全文を読む]

ミカンはどこからやってきた?:古代渡来人の秘宝/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月15日06時31分

しかし、垂仁の時代、奈良纏向宮まで三月ていどのところに、マンダリンオレンジがあったのだろうか。後の遣唐使のように蘇州~門司と東シナ海を渡るだけなら十日だが、冬の極寒の荒天に天気待ちをしていたら、かなり難しい。むしろ、国内のどこかだったと考える方が妥当だろう。ここで、700年ころの「今の橘」が、『魏志倭人伝』のころの日本野生の「昔の橘」とはまったく別物であ [全文を読む]

論語の失われた2篇が発見されるもその価値に評価分かれる

NEWSポストセブン / 2016年12月04日07時00分

篇数や順序もそれぞれで少しずつ違っているが、後漢時代(25~220年))末期に「魯論語」が現在伝わっている論語としてまとめられている。 現在の論語は全20篇で構成され前10篇を「上論」、後10篇を「下論」と呼ぶこともある。 今回発見されたのは3種類の論語のうちの「斉論語」とみられる。論語の新たな内容とみられる2篇の竹簡が発見されたのは中国内陸部の江西省で [全文を読む]

「項羽と劉邦」を新解釈! 始皇帝亡き後の乱世を描く中国歴史大河アクション開幕!!

PR TIMES / 2016年08月25日12時25分

しかし、中央による強権的な統一は歪みを生み、時代は再び動乱の気配を帯びる。そんな中、劉邦とその幼馴染である盧綰は、始皇帝に献上される物資を奪って 圧政に苦しむ村々に配り歩いていた。見かねた秦の猛将・董翳は、 反逆者を捜し出すため村に火をかけるのだが――!? これは、乱世で自らの信念を貫いて抗う劉邦と盧綰、二人の少年の物語である。 【試し読み】 無料マンガ [全文を読む]

日本人は中国人の末裔なのか?中国ネットが議論=「疑問の余地なく中国人が日本人の祖先」「つまり日本人は雑種ということ」

Record China / 2016年03月27日23時00分

中国漢民族との直接のかかわりは、秦や漢の時代に戦火を逃れてやってきた渡来人がいるだけで、それほど大きな影響はないと論じた。 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「疑問の余地なく中国人が日本人の祖先」 「日本人も朝鮮人も韓国人もベトナム人もミャンマー人も、みんな中国人の末裔」 「秦の時代に100人の少年少女を連れて行ったのが [全文を読む]

『修羅の門』川原正敏氏の新作発表に『キングダム』ファンが悲鳴!?「ネタバレしちゃう…」

おたぽる / 2016年02月09日21時00分

同誌のインタビューで、川原氏は『項羽と劉邦』を学生時代に買い、描きたい題材として温め続けていたと語っており、第1、2話合計202ページのボリュームという力の入れよう。河原氏は『修羅の門』のスピンオフシリーズ『修羅の刻』も手がけ、長年にわたり人気を博しているだけに、川原版『項羽と劉邦』に期待するファンも多いだろう。 ところが、このうれしいニュースを素直に喜 [全文を読む]

香港で中国の言論弾圧が本格化。次のターゲット・台湾はどうなる?

まぐまぐニュース! / 2016年01月27日19時00分

馬英九政権時代には、旺旺(ワンワン)グループのような親中派の台湾企業による台湾メディアの買収が相次ぎました。また、東森テレビをはじめ、台湾メディアを買収しようとする中国企業の動きも活発でした。これらに対して、台湾国内では大きな懸念と反発を招いてきました。 そもそも台湾でも戦後、長きにわたり言論弾圧が行われてきました。いちばん有名なのは、柏楊(ポーヤン)氏が [全文を読む]

『世界史88の裏側をのぞく 摩訶不思議な裏歴史の真相を紐解く』著者裏世界史研究会がキンドル電子書籍ストアランキングにて3つのカテゴリーで1位を獲得中 摩訶不思議な世界史をごらんあれ

DreamNews / 2015年11月12日18時00分

学校などでの歴史の授業といえば、年号を覚えたり、 教科書にそって時代のうわべをなぞる程度でしか学べないことが多い。 このように、歴史には、ウラを読めば続々と新たな事実が隠されている。 自分の読み方しだいでは、いままで覚えていた「事実」がひっくり返ることだってあるだろう。 歴史はひとつではないのだ。 ■目次 ●第1章 身も心も凍る世界史のミステリー ●第2 [全文を読む]

大人気マンガ「キングダム」の世界を知る大兵馬俑展

Walkerplus / 2015年10月29日10時20分

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心とした戦乱の世を描いた、大人気マンガ「キングダム」。テレビアニメ化もされ、単行本の累計発行部数1600万部以上を誇るといわれる同作品が、10月27日から2016年2月21日(日)まで、東京・上野公園にある東京国立博物館で開催される、特別展「始皇帝と大兵馬俑」とコラボする [全文を読む]

Pen「いま読みたい、日本のマンガ」特集7/15発売!

@Press / 2015年07月15日14時00分

株式会社CCCメディアハウス(本社:東京都目黒区、代表取締役:中西一雄)は、現在連載中の人気作品を中心に、時代を映し出す注目のマンガを100作紹介するPen最新号、「いま読みたい、日本のマンガ」特集を2015年7月15日に発売いたします(一部地域は発売日が異なります)。 「いま読みたい、日本のマンガ」詳細 URL: http://www.pen-onlin [全文を読む]

フォーカス