中国 始皇帝に関するニュース

加藤嘉一「“ゆるめる統治”と“束ねる統治”。米中の統治はあまりに対照的です!」

週プレNEWS / 2013年10月28日14時00分

それは、中国という国家の未来を考える上でも、非常に奥深い示唆を与えてくれました。 アメリカに拠点を置く生活も2年目に入りました。メインの仕事は「中国」と「米中関係」の研究ですが、個人的には「アメリカ社会の“リアル”を知る」というミッションを課しています。 ただ、住居を構えるボストンにいてばかりでは、アメリカ社会を理解することはできない。ボストンはアカデミッ [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

第二次徐福移民団もちろん中国系移民は、紀元前からいただろう。それ以上にものすごかったのが、六世紀、七世紀の半島系移民だ。仏教からなにから、いろいろ日本に教えてやった、などというが、実際は、数百年にも渡って連中は半島内でぐっちゃぐちゃな内戦をやらかし続け、その難民として、あっちからもこっちからも、なんどもかってに大挙して日本に逃げ込んでくる。そのせいで、日本 [全文を読む]

【新東方見聞録】秦始皇帝陵が「伝説」から「史実」になった瞬間(中国・西安)

GOTRIP! / 2017年01月24日05時30分

・秦始皇帝陵は「伝説」だった 中国・西安にある秦始皇帝陵。この遺跡にはじつに8,000体もの兵馬俑が眠っていました。 秦始皇帝陵の発見は、つい最近のこと。1974年に地元の農民が掘り出したのがきっかけです。ところが、「西安あたりに始皇帝陵がある。しかも数千体の人形も埋められている」ということは、紀元前から知られていました。 前漢の歴史家司馬遷が、『史記』 [全文を読む]

韓国、中国にとって最大の観光客送り出し国に―中国紙

Record China / 2016年05月21日02時40分

OTA(ネット上のみで取引を行う旅行会社)によると、韓国はいまや中国にとって最大の観光客送り出し国となり、増加率は前年同期比300%を上回っている。また、外国人観光客に最も人気が高い中国国内の観光地は、長城、頤和園、秦始皇帝陵、兵馬俑など歴史的に由緒ある地が顔をそろえている。金陵晩報が伝えた。●韓国、中国にとって最大の観光客送り出し国に中国国家観光局がこの [全文を読む]

反日を謳う中国共産党政権が日本の天皇に矛先を向けない理由

NEWSポストセブン / 2015年05月18日16時00分

あれだけ反日を謳う中国共産党政権が、絶対に矛先を向けない唯一の存在が、天皇である。天皇の持つ歴史や権威が中国にとってそれだけ特別なのはなぜか。産経新聞中国総局(北京)特派員の矢板明夫氏が解説する。 * * * 天皇皇后両陛下が4月、戦没者を慰霊するためにパラオを訪問したことを国営新華社通信などの中国の官製メディアが報じたが、日本絡みのニュースを伝える際によ [全文を読む]

香港大手紙「大和民族は中華民族の一部で中華の血脈」の広告

NEWSポストセブン / 2012年10月03日16時00分

ああ、中国琉球よ!〉 香港大手紙・蘋果日報(アップルデイリー)にこんな意見広告が掲載されたのは9月18日のこと。つまり、沖縄の人々に対し「中国の同胞だ」と呼びかけているのだ。日中争乱に触発された暴論かと思いきや、笑ってばかりはいられないという。在中ジャーナリストが説明する。 「近年、琉球王国復活論が中国の若者たちに熱狂的に支持されているんです。琉球は中国[全文を読む]

【リーガロイヤルホテル(大阪)】文化教室のレクチャーサロン「リーガクラブ」は懐徳堂共催講座「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講、第1回は中国をテーマに、「始皇帝と兵馬俑」を開催

PR TIMES / 2016年08月08日10時56分

1回目の「世界遺産-歴史と文化を巡る旅シリーズ ~中国~ 始皇帝と兵馬俑」を2016年9月14日(水)に開催。 リーガロイヤルホテル(大阪市北区中之島、総支配人 田辺 能弘)の文化教室「エコール ド ロイヤル」が運営する、55歳以上を対象としたレクチャーサロン「リーガクラブ」は、懐徳堂共催講座として、「世界遺産-歴史と文化を巡る旅」をシリーズで開講します。 [全文を読む]

高須院長 中国人のマナーの悪さは歴史的な理由

NEWSポストセブン / 2016年07月09日07時00分

今回は「中国人のマナー」についてお話をうかがいました。 * * *──今回のテーマは中国人のマナーです。上海ディズニーランドがオープンして、来場者のマナーが問題視されていました。また、日本に来る中国人観光客のマナーの悪さも問題となることが多いように思います。高須:みんな勘違いしている。中国人には、マナーが良い人もいるんだよ。富裕層なんかは、かなり改善されて [全文を読む]

「日本人は中国人の末裔」の中国報道に日中ネットが熱論=中国は肯定の声が多く、日本は否定が圧倒的

Record China / 2016年03月30日01時10分

2016年3月29日、日本人の起源が中国雲南省方面から来た縄文人(倭人)や朝鮮を経由して渡来したモンゴル系の弥生人の混血であるとの中国ポータルサイト・今日頭条の分析記事について、中国ネットからは「中国人が日本人の祖先であることは疑いようがない」とのコメントが付く一方、日本ネットの受け止めは「そもそも中国なんて無かった時代の話だぞ」と話半分だった。 記事は、 [全文を読む]

中国が南シナ海に造る「万里の長城」の意外なもろさ

ニューズウィーク日本版 / 2016年03月17日17時00分

同海域の軍事拠点化を強引に進める中国を牽制するためだという。 ステニスの指揮官は「わが艦艇は見たこともないほどの中国人民解放軍の艦船に囲まれていた」と、波高き「戦場」を振り返った。古来中国が得意とする人海戦術に遭遇したわけだ。【参考記事】中国を牽制したい米国の切り札は「 同盟国」のインド 同じような戦術は紀元前の中国北部でも見られた。モンゴル高原から南進し [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

つまり中国の故事を例えに用い、信秀をほめたたえているのだ。「中国には唐の太宗や宣宗など、有能な人物が後継者争いで暗殺されるのを防ぐため、わざと『うつけ』を装い、のちに実権を握った例がいくつもある。当時の尾張は織田一族同士で戦い合う状況でいつ暗殺されてもおかしくない。信秀はいちばん優れた息子の信長にうつけを演じさせたのです」 この視点でこれまでの信長の定説を [全文を読む]

~感動の国 中国へ~『H.I.S. キングダム 秦の始皇帝ゆかりの地を巡る旅』発表!

PR TIMES / 2013年06月14日17時46分

また7月からは中国への観光及び出張される方々に向けた成田空港でのプロモーションの実施を予定しております。 『キングダム』は、中国の春秋・戦国時代を描いた物語で、二人の少年が夢を重ね、中国統一に向けて戦乱の時代を生き抜くストーリーとなっており、現在、週刊ヤングジャンプ(集英社刊)にて連載中、単行本は30巻(2013年6月時点)、2013年6月8日からはNHK [全文を読む]

【公演レポ】ユナク(超新星)、項羽と劉邦の間で揺れ動く女の葛藤、国と愛を巡る男の戦いを描いたミュージカル「花・虞美人」が開幕!

Wow!Korea / 2017年03月29日20時09分

中国で有名な「項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)」の物語に基づき、偉大なる女・虞姫(ぐき)にスポットを当てて描いた岡本貴也書き下ろしの完全オリジナルミュージカル「花・虞美人」。紀元前3世紀、中国の楚漢戦争を舞台に繰り広げられる項羽と劉邦の男の戦いと、虞姫の別れ、怨み、愛を惜しみなく描いた本作品の東京公演がいよいよ3月26日(日)から東京・赤坂ACTシアター [全文を読む]

ミカンはどこからやってきた?:古代渡来人の秘宝/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月15日06時31分

手紙、といっても、中国ではトイレットペーパーのこと。登机、といっても、中国では飛行機搭乗のこと。同じ漢字だからといって同じものを指すとは限らない。 日本で最初の柑橘類の話と言えば、『魏志倭人伝』。倭の国の産品として、ショウガやタチバナ、サンショ、ミョウガもあるが、「もって滋味となすを知らず」とある。ここでいう「橘」は、前後の並びからして、香辛料の一種。七味 [全文を読む]

日本人は中国人の末裔なのか?中国ネットが議論=「疑問の余地なく中国人が日本人の祖先」「つまり日本人は雑種ということ」

Record China / 2016年03月27日23時00分

2016年3月25日、中国のポータルサイト・今日頭条は、日本人の起源について分析する記事を掲載した。 記事は、日本人は一部の少数民族を除いてほとんどが大和民族であるが、大和民族は縄文人と弥生人の混血であると考えられていると紹介。縄文人は、シベリア方面から渡ってきた人たちと、中国雲南方面から来た倭人で形成されるとした。一方の弥生人は、朝鮮を経由して渡ってきた [全文を読む]

日本人は「変態的な三国志」好き? 中国人の見る「日本人の崇拝する中国人5傑」

ZUU online / 2017年05月04日17時20分

中国のネットニュースサイト「今日頭条」に「日本人が最も崇拝する5人の中国人、あなたは誰を推す?」という記事が出た。前書きには、近代日本は中国に巨大な災難をもたらした。しかし歴史上、日本は中国のよき学生であった。唐朝以降、日本は中原文化に憧れ、不断に中原文化を学習した。それだけではなく日本人は中華歴代の英雄にも深く傾倒している。ここで紹介する5人は、日本人が [全文を読む]

中国のパクリに際限なし!兵馬俑をそっくりそのまま再現―中国メディア

Record China / 2017年02月10日19時50分

2017年2月9日、中国中央テレビによると、安徽省安慶市太湖県の「五千年文博園」にとてつもなく大規模な「ニセ兵馬俑」が出現した。陝西省西安市で出土した本物の兵馬俑をそっくりそのまま再現したと報じられている。 ニセ兵馬俑の出現を受け、西安市の秦始皇帝陵博物院は声明を発表。「兵馬俑」「秦俑」「秦始皇兵馬俑」「銅車馬」「秦始皇帝陵」などの始皇帝陵や兵馬俑に関する [全文を読む]

兵馬俑は古代ギリシャの影響を受けた?考古学の新説にキレる中国人

Record China / 2016年10月16日07時50分

秦始皇帝陵博物院の李秀珍(リー・シージェン)研究員によると、従来考えられていたよりもずっと早い始皇帝の時代から中国と西洋は交流があったことが明らかになったという。ウィーン大学のルーカス・ニッケル教授は、最近兵馬俑から見つかった曲芸師の像が古代ギリシャの彫刻との関連を示しており、古代ギリシャ人の職人が中国で兵馬俑製作を指導した可能性すらあると考えている。 紀 [全文を読む]

世界一周航空券でこんな旅【1】一生に一度はこの目で見たい世界遺産を巡る旅

TABIZINE / 2016年09月12日16時00分

1:日本→中国/万里の長城 スターアライアンスが提案する世界の偉大な建造物を巡る旅。 最初の目的地は中国の北辺にある万里の長城です。万里の長城とは長さ約2,400kmの巨大な城壁で、月からも見える唯一の建造物と一時期は噂されていましたよね? 春秋戦国時代に辺境を守るために作られ、秦の始皇帝がさらに大きくしたとは歴史の授業で習いました。まさに人類が作った歴 [全文を読む]

な、なぜ―「兵馬俑」の顔だけを映し続ける番組、ニコ生が放送

インターネットコム / 2016年01月08日15時00分

兵馬俑は、古代中国を統一した皇帝、秦の始皇帝の巨大な墓に埋まっていた陶器の人形だ。始皇帝が、来世にお供として連れてゆくための兵士や馬として作らせたのではないか、とも言われる。 およそ8,000体もある人形はすべて顔が異なり、それぞれ実在の人物をモデルにしたらしく、確かにどこかにいそうな顔をしている。ニコニコ生放送を運営するドワンゴによると、最近、中国のS [全文を読む]

フォーカス