評価 始皇帝に関するニュース

なぜ日本では呂布の人気が高いのか?=「日本は強い者を崇拝する」「でも日本人が最も崇拝しているのは曹操」―中国ネット

Record China / 2017年01月27日23時30分

中国での呂布の評価は、勇敢ではあるものの智謀に欠け、利欲に目がくらみ、何度も裏切って自滅したとして、決して高くはない。 しかし、日本では呂布の人気が高いという。その理由について記事は、日本人の精神は少年の段階で止まっており、誰かを評価する際はその人の態度ではなく「一生懸命さ」や「情」があるかどうかを重視すると分析。日本人からすれば、呂布は一心不乱に乱世を懸 [全文を読む]

論語の失われた2篇が発見されるもその価値に評価分かれる

NEWSポストセブン / 2016年12月04日07時00分

しかし、他の専門家は「すでに論語は研究が尽くされており、わずかに2篇が発見されたとしても、全体像からみれば、ほんの一部でしかなく、孔子研究に及ぼす影響は微々たるもの」と学術的成果を低く見積もるなど、評価が分かれている。 [全文を読む]

仕事に役立つ「古典」の読み方

プレジデントオンライン / 2017年04月01日11時15分

司馬作品は小説としては評価できますが、ビジネススキルを養える本とはいえないでしょう。 一方で、ビジネスパーソンに人気が高く、意思決定を鍛えるうえで役立つ本としては、『失敗の本質』(中公文庫)が挙げられます。副題は「日本軍の組織論的研究」。 「ミッドウェー作戦」「ガダルカナル作戦」など6つの戦いから、日本軍と米国軍の組織的な特質を比較しています。70年以上前 [全文を読む]

真田丸『第19話』解説。なぜ天下人の秀吉に5つも城が必要だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月15日13時00分

#真田丸 — 夏海ケイ@オコノミミ配信&再掲載中 (@sirius1810405) 2016年5月15日 「全員が魅力的なクソ野郎」もう真田丸の評価はこれで決まりになりそう。 #真田丸 — 猫柳墓場 (@NM_amida) 2016年5月15日 あの山吹の花一輪のくだりは「実りのないもの」「何も贈れない境遇(=道灌の逸話)」で、最後に押し花を渡して「貴方は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮迫博之が“キングダム芸人”を公開。『アメトーーク!』で第2弾を放送かと注目浴びる。

TechinsightJapan / 2015年08月28日21時10分

2人は人気作品『キングダム』に登場するキャラクターのコスプレをしていると思われることから「え? 誰ですか?」「クオリティが高いのか低いのか、笑」とキングダムファンから厳しい評価も寄せられた。 『キングダム』は『週刊ヤングジャンプ』に連載中の原泰久さんによる漫画で、ゲームやアニメ化もされている。その昔、中国で大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政を [全文を読む]

フォーカス